リゼアン ガチ。 「リゼアンはガチ」笹木咲、リゼアンのリングフィット配信の様子を妄想する [ニコニコあっぷる]

#リゼアン #リゼ・ヘルエスタ 私はガチだよ。

リゼアン ガチ

聞いてくれよリゼー」 「はいはい」 「ちゃんと聞いてる?」 「聞いてるよ」 リゼと夜に通話するのも珍しくなくなった。 昔は、身分の違いとかそんな面倒くさいことにとらわれていたのだけれど、リゼがその壁を壊してくれてからはもう竹馬の友だ。 もはや親友と言ってもいいのでは? でもそんなことを口にするのは少し怖い。 もし私の思う返事とは違う言葉が返ってきたらと思うと、胸が痛くなる。 だけど聞いてみたい気もするのだ。 何度もリゼに私たちの関係のことを聞いてみようと思ったのだけど、どうしても踏ん切りがつかない。 私たちはもう親友と言っていいのだろうか? 「でもとこちゃんももうすっかり馴染んだよね」 「戌亥が同期でよかったよ、ほんと。 他の人だったらこんな仲良くなれていたかはわからないからさ。 戌亥が一緒になってからリゼともより一層仲良くなれた気がするし」 これは紛れもない本音だった。 リゼと戌亥と一緒ににじさんじに入ってきて、さんばかとしてここまでやってきた。 もちろんぶつかることもあったし、けんかしたこともあった。 でもそのたびに仲直りして、一層仲良くなれた気がするはずだ。 「でもアンジュも変わったよ」 「え? そう?」 「うん。 昔は友達なんか私ぐらいしかいなかったのに、今じゃ、にじさんじでいろいろな人とコラボしてるもんね」 「そう……だね!?」 「え? アンジュ? どうしたの?」 思わず声が裏返ってしまった。 これはまずい。 「なにかあった? 大丈夫?」 「リゼ……」 「なになに?」 「もしかして、寝ようとしてない……?」 通話越しにベッドが揺れる音がした。 そして今も衣擦れの音が聞こえる。 これはたぶん、リゼがベッドの上でごろごろしている音だろう。 えっちシチュマスターの私にはわかる。 そんな異名は自分の配信でしか言わないけど。 「おー、よくわかったね。 だいじょーぶ、まだ寝ないから」 「いや、それはいいんだけど……」 「……? 変なアンジュ」 「…………!」 おいおい。 なんだよ今のセリフ!? 今のセリフは、奥さんの妹さんが旦那さんに対して言うセリフっぽくない!? 奥さんが外出してるときに、薄着の妹さんを見て、少し変な気持ちになっちゃった旦那さんが格好を注意しようとしてやっぱりやめたときに妹さんが旦那さんに対して言うセリフっぽくない!? やばい。 変な妄想ばっかりしてたら頭がおかしくなりそうだ。 ちゃんとリゼと話そう。 リゼの話に耳を傾けよう。 そうしないと私の精神がもたない! 「なんでもないよ。 「えっ、えっ」 思わず変な声が出る。 待ってよ。 だめだ、寝落ちはだめだ。 なんでこんな変な気持ちになるんだろうか。 もしかして、リゼが相手だからなのだろうか。 …………。 いや、違うなこれは。 これは単なる私の性癖だわ、うん。 とにかく今日はもう寝よう。 まだ寝るには早い時間だけど、これ以上起きていたら妄想がとまらなくなってします。 そういえば、今日もリゼに私たちの関係について聞くことができなかった。 明日こそは聞こう、聞いてやろう。 毎日毎日そんなことを思っているけど、今まで聞いたためしがない。 少し怖い。 もし、親友じゃないと言われたら。 友達じゃないよと言われてしまったら。 ……まさか。 きっとリゼと私は親友のはずだ。 いつまでも憶病な私は、なにも聞けないまま悶々とした夜を過ごす。 だけど、今のままでも別に悪くない。 人と人の関係なんて口に出さなくてもきっといいものなのだ。 だけど、言葉にしたいという気持ちも私にはあって、そんな私を今日も私は抑え込む。 「アンジュ、めちゃめちゃ慌ててたな」 思わず笑みがこぼれてしまう。 予想以上の反応だった。 寝たふり作戦大成功。 音声だって録音してある。 アンジュにははやく自覚してほしい。 私はもうこの気持ちを自覚しているというのに。 これはきっと罰だ。 いつまでもあやふやにしている罰だ。 「どうだ。 気にさせてやったぞ、意識させてやったぞ。 女としての私をな!」 高らかに、しかし小さな声で宣言する。 メスライオンが私のそばによってくるので、私はゆっくり頭をなでてやる。 「私だけ、ずっとこんな気持ちなんてずるいよねー?」 「みゃー」 「よしよーし!」 「みゃみゃ」 私はいつまでも待ってやる。 アンジュから確かめてくるのを。 もし聞かれたら、そしたら私は言ってやるのだ。 「じゃなきゃ、ここまで一緒にいないって」 ここまで読んでいただきありがとうございます。 こちらはpixivに投稿した二次創作とまったく同じものです。 次から二次創作を投稿する際には、ブログの方には少し話を付け加えて投稿しようと思いますので、確認していただけるとうれしいです。 またにじさんじの二次創作を小説を書くつもりでいます。 今のところのアイデアとしては ・アンジュがたくさんの女子から誰が本命なのか聞かれる修羅場話 ・にじさんじデスゲーム のふたつを考えています。 いつ公開になるかはわかりませんが。 気長に待っていただけるとうれしいです。 それでは。

次の

【10分でわかる】リゼアンはガチなのか?【黎明期編】 [ニコニコあっぷる]

リゼアン ガチ

人には幾つの感情があるのだろうか。 もし感情を自分が取り出したい時にだけ、取り出せるのならこんなに悩まなくて済むのだろう。 ただそれは人といえるのか、それは私と言えるのだろうか、知らない感情に悩み苦しむからこそ、生きているのではないだろうか。 今私はそう思う。 ------------------------------------------------ 「リゼアンはガチやん」 「違います。 」 何度目なのだろうか、このやり取りは。 笹木さんと会ってプライベートな話をすると、いつも終着点はこの話になってしまう。 「でも、今は一緒に住んでるんやろ?」 「そうですけど、それは私の親が心配した事と、家賃的な問題で…」 「本当にそれだけなん?」 「それだけですよ」 それだけだ。 1人で住むより安全性も高いし、家賃も一人暮らしに比べて断然安い。 そしてなにより、私の家族もアンジュが近くに居たほうが安心するというのも事実だ。 「それって、もしアンジュに恋人ができたらどうするん?」 「え?」 「だって、同棲しとるんやったら、彼女とか彼氏を部屋に連れてくることも出来ないやろうし、そうなったら一人暮らしと違って色々と不便ちゃうんか」 「それは…そうですけど、でもお互いにそんな予定はないですよ」 「なんで言い切れるんや」 「それは…」 「それは?」 「アンジュが、私に恋人ができるのは嫌だって」 ------------------------------------------------ 「最近どうなん」 「え?何が?」 自室で仕事をしていたら、気づいた時には外は明るくなっていて、LINEには同棲相手のリゼから笹木さんとご飯を食べに行くと連絡が入っていた。 そのまま寝てもよかったのだが、モーニングが開いている時間となっては足を向かわせずには居られなかった。 そして今、戌亥のお店でモーニングを貪っている。 「リゼはんと同棲始めたんやろ?何もないって事は無いやろ」 「んー…だってリゼとは一週間だけど同棲した事あるしなぁ、楽しいよ」 「でもアンジュは彼氏欲しいんやろ?同棲しとったらリゼはんどうするん?」 「それは…作らないよ、当分は」 「あんなに欲しい言うとったのに、何か心境の変化でもあったん?」 「リゼが、私に恋人ができるのは嫌だって」 ------------------------------------------------ 『それって恋愛感情やないんか?』 今日の朝、笹木さんにそう言われた。 私のアンジュに対する気持ちは、恋愛感情なのだろうか。 そんな簡単に言い表せるモノなのだろうか。 アンジュに恋人ができるのは嫌だ、一緒に居る時間が減ってしまうだろうから。 アンジュの恋人になりたい、そんな欲求はない。 アンジュについて知らないことがあるとストレスに感じてしまう、知り尽くしておきたいから。 アンジュが私に恋人を作ってほしくないというなら、作らない。 この感情は何なのだろう。 ------------------------------------------------ 『それ、恋人と何がちがうん?』 今朝、お店で戌亥にそう言われた。 確かに同棲は、一般的に恋人同士でやるものだが、同棲というより私たちの場合はルームシェアと言ったが正しいだろう。 恋人が出来て欲しくないと思うのは、10年来の友人だから、ただ寂しさを感じるだけ。 リゼの恋人になりたい、そんな事を考えたことはない。 彼氏が欲しいと嘆いていた私だったけれど、リゼが恋人を作らないでほしいというなら、そうしよう。 この関係は何なのだろう。 ------------------------------------------------ 「ただいま」 「おかえりー」 ぐるぐると頭を回していると、思い出したように眠気に襲われ、朝食を済ませて戌亥のお店を出た。 眠気に落とされてしまう前に、家に帰って寝ようと、今帰ってきた。 「リゼもおかえり」 「うん、とこたや元気だった?」 「勿論元気だったよ、また3人でご飯食べよって言ってた」 家に帰って、実際にリゼを目の前にすると、先ほどまで悩んでいたことが薄れていく気がした。 「今から寝るの?」 「うん、流石に眠いや」 「夜ご飯になったら起こすね」 「うん、ありがとう」 そういって自室に戻った。 この感情の名前は知らないし、分からないけれど、今この関係が永遠に続くなら、知らないままでいいのかもしれない。 そんな事を考えながら、襲い掛かってくる眠気に体を預けて、毛布を深くかぶった。 ------------------------------------------------ 先ほどアンジュがとこたやのお店から帰ってきて、相変わらずの生活リズムで就寝に入っていった。 日中生活の私と合わない生活リズムにも、もう慣れてしまった。 アンジュが帰ってくるまで、朝に笹木先輩に言われた事が頭の中をぐるぐると占領していたが、アンジュの顔を見たら、少しだけスッキリした気がする。 笹木さん曰く独占欲が恋愛感情だと言うのなら、アンジュに対して、自覚してしまう程の独占欲を感じている私は、恋をしているのだろうか。 だけど、アンジュに対して恋人らしい事がしたいなんて、思った事は無い。 ただアンジュが、さっきみたいに私のもとに毎日帰ってきてくれれば私はそれだけでいい。 今はまだ、この感情の名前は知らないし、これから先どう変化していくかも分からない。 だけど、私が帰ってくる場所がアンジュで、アンジュが帰ってくる場所が私であるなら、今はまだ分からないままでいい。 無感情。

次の

「リゼアンはガチ」笹木咲、リゼアンのリングフィット配信の様子を妄想する [ニコニコあっぷる]

リゼアン ガチ

VTuber紹介 にじさんじより、2019年3月22日に。 ヘルエスタ王国の第二皇女。 頭にひよこの執事のセバスピヨを乗せている。 ヘルエスタ王国の特産品はうなぎパイだが、静岡にあるわけではない。 アンジュ・カトリーナとは10年来の仲で頻繁にコラボが行われており、リゼアンweekでは一週間に渡り同居しながら配信が行われた。 中の人・魂・前世 みあ 根拠 配信時の特徴的な声が一致。 アンジュ・カトリーナ ツートン とにじさんじ加入前から非常に仲の良い点が共通。 最初にコラボした先輩ライバーが笹木咲 ぱすと であり、意外な組み合わせとの反応が多かったが、動画でのコラボや、一緒に宿泊した報告などから分かるように、以前から親しい仲であったことと関連性が高い。 ぱすとなら私の隣で寝てるぜ。 弟がお家にいる時間帯に実況を撮ってしまったんですが、弟が絶対に物音・生活音を立てないように気を遣ってくれていました。 ごめんねって言うといいよって返ってきます。 怒ってもいいんだよというと実況頑張れと返ってきます。 木霊でしょうか。 いいえ、マイエンジェルブラザーです。 情報 ニコニコ動画でのゲーム実況を中心に活動していた。 頭の回転が早く丁寧な実況やリアクション、見やすい編集が高い人気を集め、公式生放送やにも出演している。 ではマインクラフトの生放送が行われ、現在もアーカイブが視聴できる。 同じ実況者のツートンと仲がよく、2人のラジオ企画である「ツートン西むきゃみあ東」や、ニコニコ公式生放送であるゲーム実況天国「まるこレディーオ」のゲスト出演など、多くの生放送でコラボしている。 おすすめ動画 【ピカチュウ版】 ポケモンマスターにならなきゃ part1 【実況】.

次の