アパレル バイト 学生。 【2020年版】大学生におすすめのバイト17選!大学生5000人の評判は?(バイトあれこれ)|t

アパレルバイトは大学生可が多い【仕事内容や人気ブランド・入りやすい店も紹介】

アパレル バイト 学生

【就活】アパレルバイト経験者が就活で有利な理由とは? みなさん、こんにちは。 なまけものです。 (アパレルバイトの詳細記事は下記リンクからお読みいただけます。 ) 「アパレルバイトをしているけど、就活にどう繋げればいいのかわからない」 「就活で有利なスキルが身につくバイトがしたい」 という学生さんは、ぜひご参考にしてみてください!• そもそもバイト経験は就活で有利に働く? 本題に入る前に、 『 バイト経験は就活で有利に働くのか?』という疑問にお答えしておきたいと思います。 結論から言うと、答えは イエスです。 就活中の面接では、よくバイトについて質問されることがあります。 面接時にされるバイトに関する質問 例) ・バイトで辛かったエピソードはありますか? ・バイトで頑張ったことはなんですか? ・なぜ今のバイトを選んだのですか? 面接官が上記のような質問をする意図は 「仕事に対する熱意」や 「働きぶり」、さらに言えばその就活生の 「人となり」を知るためです。 普段の学生生活やサークル活動、ゼミ等では見られない一面を、バイトの経験談から探りたいという狙いがあります。 つまり、これを言い換えると サークルやゼミでの実績が皆無であっても、バイト経験次第で十分ほかの就活生よりも目立つことができるということです。 アパレルバイト歴4年のかわうそちゃん、説明よろしくっ!笑 フリが雑なんじゃああああ。 (気を取り直して) 以下では、私がアパレルバイトを4年間続けたからこそ、就活で有利になったなと感じた3つのことをご紹介します。 社会に出た時に、自分で何も考えず指示がないと動けない「指示待ち人間」では成果を出すことはできません。 だからこそ、主体性のある就活生が面接官から評価されます。 アパレルの接客にはマニュアルやテンプレートのような「これさえ言えば売れる!」といった魔法の言葉は存在しません。 上手くいかない時は、どうすれば問題が解決できるのかを自分で考え行動することが当たり前の環境になります。 その 上手くいかないときに自分が何を考え、どう行動したかを面接官に伝えることにより、主体性をアピールすることができました。 お客様ファーストを意識し、自身の個人予算がお店の売上に直結することを理解してたからこそ改善に至った。 コミュニケーション能力と聞くと、【ハキハキ明るく話す力】だと認識している方も多いと思いますが、実はそれだけではありません。 ・相手の意図や気持ちを察し先回りをして対応する力 ・相手や状況に合わせた言葉遣いができる力 ・自分の意見を相手に失礼のないように伝える力 上記のような能力もコミュニケーション能力に含まれており、アパレルバイトではこれらの能力も身に付きます。 アパレル店員をしていると、1日に何人ものお客様にお声がけをし、1人のお客様に1時間以上付きっきりで接客することもよくあります。 目線や表情、触った商品から状況を分析して会話を展開していく力が自然と身に付いていたため、 面接官の質問を正確に理解し、最も適した答えを出すことができました。 質問に対する答えは以下のA. Bどちらがより説得力があると言えるでしょうか? エピソードA「私が〇〇をしたことにより、お客様に喜んでいただきました。 」 エピソードB「私が〇〇したことにより、個人予算の達成率を3か月連続で110%超えることができました。 」 より具体的で、説得力のあるエピソードは当然エピソードBになります。 数字を追ってバイトしている大学生はそうそういません。 アパレルバイトでは 自分の頑張りや行動が数字となって表れるため、他の就活生よりも一歩リードした「学生時代に頑張ったこと」を面接官に話すことができます。 まとめ.

次の

アパレルスタッフのメリット・デメリット

アパレル バイト 学生

スポンサーリンク 体力を使う アパレルのバイトは基本的に立ち仕事。 お店によっては、高いヒールを履きながら1日中動き回るので、足に大きな負担がかかります。 働き始めは、 「足が浮腫んだ」「フットケアが大変」などがきついと感じるもしれません。 服がたくさん入った重い段ボールを運んだり、売り場のレイアウトを頻繁に変えることも多く、腕力も使います。 セール時期になると、店頭で大きな声を出して呼び込みをさせられます。 土日に休めない アパレルのバイトは、 カレンダー通りの休みではないので、友人と休みを合わせるのが難しいかもしれません。 土日や祝日はお客様がお店に殺到し、セールや年末年始ともなれば、朝早くから夜遅くまで働き、商品の値付けや売り場の準備に追われるでしょう。 逆に、「平日に休みたい」という人にはおすすめのバイトです。 平日はどこに行っても空いているので、1人で出かけるのが好きな人には向いています。 ノルマがある アパレルショップによっては「ノルマ」が課せられる場合があります。 「今月はコレを何個売れ!」などのノルマをプレッシャーに感じる人も多く、思うように売れなかったときは落ち込みます。 厳しいお店では、こともあるとか。 お金がたまらない 店頭に立つアパレル店員は、お客様の憧れであり、お手本でもあります。 そんな店員がダサい服を着ているなんて厳禁。 ショップ店員は、自分のお店の服を買い、常におしゃれである必要があるのです。 自社の洋服は社割で安く買えますが、毎シーズンごとに新しい服を買うので、お金がたまりにくいです。 働く目的が「お金」だけでは、きついと感じて長く続かないバイトです。 アパレルでバイトをするメリットは? コレだけきついことがあるアパレルのバイト。 ですがもちろん、働くメリットもあります。 たとえば、お気に入りのブランドの洋服が安く手に入ること。 定価の50~80%OFFで買えるのは当たり前。 給料が洋服代として消えてしまいますが、その分、 ファッションセンスが磨かれること違いなし。 ハイブランドのお店で働けば、芸能人に会えたり、あなたが接客をする、なんてチャンスもあるでしょう。 他にはない「達成感」と「やりがい」を感じられますよ。 まとめ アパレルのバイトがきついと感じる瞬間は以下の5つ。

次の

【2020年版】大学生におすすめのバイト17選!大学生5000人の評判は?(バイトあれこれ)|t

アパレル バイト 学生

アパレルでバイトするメリット• アパレルでバイトするデメリット• バイトに求められるスキル• 好きなブランドで効率よく稼ぐ方法 学生がアパレルでバイトすることで得られるメリット 洋服、ファッションが好きなら、学生のうちに経験しておくことをオススメしたい。 将来の仕事にできるかどうかを判断できる これはどの業種でも同じかもしれないが、例えばサラリーマンのような仕事は学生ではほとんどないはずだ。 学生が営業してるなんて聞いたことないからね。 アパレルの強みは学生のうちからアルバイトで仕事内容を経験できるってことだ。 基本的には• 販売・接客• 裏方業務(ストック管理) の2つに分類される訳だが、現役のアパレル販売員の意見として、 特に裏方の仕事をガッチリこなしてくれる学生バイトはめちゃくちゃ重宝される。 基本的にブランドで働く働く社員っていうのはそれぞれ役割を任されていることがほとんどなんだ。 販売・接客だけでなく数字を追いかけたり、顧客にDMを送ったり、売場を整えたり、やることが沢山あるんだ。 そんな中、裏の仕事を完璧にこなされた日には本当に心から感謝の言葉が出るんだよ。 もちろん、繁忙期やセール時期になれば、ガンガン店頭で接客してくれれば、それだけ店舗の売り上げも伸びる。 任せられる仕事が限られているからこそ「何をしなければいけないのか」が明確なんだ。 任せられた仕事をこなしつつ、社員がどういう動きをしているのか、アパレル業界は1年を通してどういったスケジュールで動いているのかっていうのを見てみるといい。 そこで、自分に合っている!と感じれば将来的に「アパレルの仕事」も選択肢に入るだろ?それに今後はAI化が進み、人ができる仕事は減っていくと言われている。 ファストファッションは無人レジ化が進んでいるものの、セレクトショップやラグジュアリーブランドでは接客がなくなるとは到底思えない。 つまり、 将来働く仕事の選択肢としては大いにありだと思っている。 アパレル業界の流れはどのブランドも大きく変わりはしない。 それにアパレルでバイトをしたいってことは洋服やファッションが好きなんだろ?好きなことを将来的にも仕事にできるなら最高じゃないか。 学生のうちから将来の選択肢を増やせるのは大きなメリットだとは思わないかい? 周り(友人)からオシャレだと思われハッピーになれる 自分のステータスが上がるって事は嬉しい事だ。 ファッションの最前線で働いていると、職場の先輩からいろんなことを教えてもらえるし、その年のトレンドがわかるようになる。 何よりもファッション好きがアパレルで働いていて、好奇心が沸かないわけがないんだ。 アパレル業界で働き、新作をチェックし、お客さんに何が似合うのかを日々考えながら接客するんだ。 あ、これ僕(私)にも似合うかも・・着たい!欲しい!ってなるのが服好きの性(さが)ってもんだよ。 そんな日々を過ごしていて、オシャレにならないわけがないと思わないかい?なんでもそうだが、 なりたい自分があるのであれば、なりたい自分になれる環境に身をおくことが大事だ。 と一目おかれるようになる。 そうなるとどうだい?ばちくそハッピーだろ? そして学生時代の課題でもある彼氏・彼女問題もファッションに無頓着でダサいやつよりも、オシャレに敏感なあなたの方がモテるのは間違いない。 オシャレだと思われてマイナスになる事は何一つない。 オシャレに行こうぜ。 通常のバイトよりも時給が高い 全てのブランドが高いわけではないのだが、ある一定のブランド以上になると時給はかなり高くなってくる。 通常のバイトであれば、800〜900円くらいがいいところだろう。 しかし、アパレルの中でも「ラグジュアリーブランド」と呼ばれるレベルになるとアルバイトとはいえ時給が1000円を超えることも珍しくない。 実際、私が働くラグジュアリーブランドにも学生バイトは数名いるが、なかなか良い給料をもらっているようだ。 特に繁忙期の補助スタッフとして雇われているバイトの時給はさらに上がる。 当然、繁忙期なので忙しいし、残業だって発生してくるのは避けられないが、「お金」という点で見ればかなり割はいいはずだ。 ファッションにさほど興味がなく、お金が目的でも十分に候補に入ってくるはずだ。 お金を稼ぐついでにオシャレになれるなんて最高だなオイ。 チームワークを経験できる 個人事業主の一人社長でもない限り、仕事はチームで行うことが基本だ。 それぞれに役割があり、分かりやすいところだと「予算を達成する」という共通の目的がある。 店長をはじめ、この予算を達成するために日々試行錯誤し、その手段にはもちろんバイトであるあなたの力も当然考慮されている。 これらがうまく噛み合った時に、ギリギリで組まれている予算を達成することができるんだ。 で、この達成感っていうのが仕事の醍醐味だと言ってもいい。 達成できた時に初めて自信がついたり、やってて良かったと達成感を得られるんだ。 学生のうちからこの感覚を得られるのは将来のためにも非常に大きなメリットだと言える。 仕事って嫌なことばかりではないんだよ。 おしゃれな彼女(彼氏)をGETできる可能性が高まる 当たり前だが、働いているバイトスタッフも当然ながらおしゃれで可愛い(かっこいい)人が多い。 たまにお主、ジャニーズか?ってレベルだってやってくる。 私はもうおじさんで結婚もしているので、そんなウキウキ気分にはなれないが、これが学生なら最高じゃないか? 学校では良い人がいなくても、フィーリングが合えば 職場で彼氏(彼女)が見つかる可能性があるんだ。 しかも、おしゃれである可能性が高い。 ついでにスタイルも良い可能性が高い。 バイトといえ店頭で接客することも考慮して雇っているからね。 ブランドイメージにマッチするように基本的に極端にダサい人は雇わない。 雇う側としても、かっこよくて(可愛くて)スタイリッシュな人を雇いたいと思うのは当然だ。 これはワンチャンあるぞ。 学生アパレルでバイトするデメリット バイトとはいえ仕事だ。 楽しいことばかりではないんだ。 自社ブランドを着用しなければならない 最初に断っておくが、全てのブランドで求められるわけでない。 一部ではバイトであろうと、自社ブランドの着用を求められることがある、ということだ。 働くブランドが好きであれば、もしかしたらそこまで苦ではないかもしれないが、自社ブランドを着用しなければならないという事は、それだけ購入しないといけないって事だ。 先輩から貰えたりもするが、それでも最低限は購入しなければならないだろう。 バイトする目的が「お金」であれば、自社ブランド着用のブランドは、面接へ行く前に避けるんだ。 制服支給のブランドがおすすめ 制服が支給されるブランドは限られるが、ラグジュアリーブランドでは基本的に制服が支給されることが多い。 先ほども少し触れたが、ラグジュアリーブランドのバイトは基本給が高い傾向にあるので、自社ブランドを買ってまではちょっと・・・って方には刺さるはずだ。 制服も支給なので買う必要はないし、時給もいいからね。 それにラグジュアリーブランドはファッションの最前線だ。 つまりファッション業界のトレンドをいち早く知ることができるし、客層も基本的にお金持ちが多い。 お金持ちと話す機会なんて早々ないからね。 社会勉強にもなるので一石三鳥くらいになるだろ? アパレルは楽しいぞ。 まずは怖がらずに飛び込んできてほしいんだ。 好きなブランドで効率よく稼ぐ方法 アパレルでアルバイトをする場合、基本的に求められる仕事は• 販売・接客• 裏方業務(ストック管理) だと最初に伝えているね。 よほど好きなブランドがある!っていうのでなければ、私はラグジュアリーブランドで働くことを激しくおすすめする。 ラグジュアリーブランドは取り扱いも高額商品が多く、見ているだけで楽しい。 1着数十万円の洋服なんて普段は見ることも少ないからね。 それに早いうちから「ホンモノ」に触れていることで、感性も豊かになるし選択肢も広がる。 何よりお客さんの質が高い。 何かしらの社長さんをしてる方が多く、話していても常に勉強になるし得られる知識だって、学校では教えてくれないことも教えてくれることもある。 良い意味で刺激がたくさん受けることができるのが、ラグジュアリーブランドなんだ。 おすすめはiDA!その理由は? iDAはアパレルに特化しているエージェントで、その中でもラフジュアリーブランドの求人にとにかく強い。 私が働くブランドへ面接に来るバイトの方もほぼiDAだ。 また、これまでの取引実績も豊富で、そのまま正社員に上がっていくスタッフもいる。 実際に私のブランドでもiDAでアルバイト入社し、正社員になったスタッフがいるんだ。 全く知らない・興味がないブランドは嫌だろ?私だってそうだ。 どうせなら好きなブランドで働きたいからね。 要望が全て通るわけではないが、あなたの希望が実現する可能性が高いのがiDAなんだ。 ここで全てを書いてしまうと、かなり長くなってしまうので、興味が出た方は下記記事を読んで見てほしい。

次の