アロマ スプレー の 作り方。 体をひんやりさせるアロマスプレーの作り方!

エタノールやウォッカでアルコール除菌スプレーを自作!手指消毒用アロマスプレーの作り方!

アロマ スプレー の 作り方

シュッとスプレーするだけで体をクールダウンできる、ひえひえスプレーを作りませんか?市販品でも、シャツに吹き付けるスプレー、シャワー後に肌につけるローション、ウエットシートなど、涼感を得るためのアイテムは沢山売られていますが、あれはどういうものかと言うと、ぜーんぶ一緒。 メントールでスースーさせています。 さて、成分がメントールなら、自分で簡単に作ることができるんです。 メントールは、ハッカ(ペパーミント)に多く含まれている成分なので、ハッカのアロマオイルを使えば誰でも瞬時にスースー!用意するのは、ハッカ油、エタノール、精製水の三つ。 自作なら予算1,500円くらいで、市販のスプレー10本ぶんくらい作ることができます。 メイク前に体にシュッシュすると、汗を抑えた状態でお化粧できます。 お風呂あがりにシュッシュもいいですね!また、ハッカには、虫除け、臭い消し、殺菌効果もあります。 一本アロマオイルを買えば、夏が過ぎても様々なものに流用できます。 では、用意するものと作り方をご紹介します!この夏はレッツスースー!(文:金曜大工 2015年8月6日)• 関連記事• 材料費100円でできるリースの作り方をご紹介!ベースとなる輪っかを100円ショップで購入し、適当な庭木の葉を少し切ってきます。 フレッシュリースはやがて枯れてしまいますが、12月の恒例行事として毎年違うデザインのものを作... お気に入りの包装紙を使って、簡単に綺麗な紙袋を作る方法をご紹介します。 これは紙袋屋さんに教わった方法です。 市場に出回っている紙袋は製袋機という機械で作られていますが、これと同じことを機械でやっているだけなんです。 しかも、穴に紐を通す作業はすべて手作業なんですって!知ってました?というわけで、これならプロと同じクオリ... ライブやフェスなどのイベントに、花冠を着けて参加する「花冠女子」。 元々はアメリカのライブ発祥のファッションですが(60年代のウッドストックではないかと…たぶん)可愛いものに敏感な日本の女子の間に流行中ですよね。 最近では、特別なイベントだけでなく友達と遊ぶときにもカチューシャ感覚で身に着ける女子が増加しているとか!そ... シュッとスプレーするだけで体をクールダウンできる、ひえひえスプレーを作りませんか?市販品でも、シャツに吹き付けるスプレー、シャワー後に肌につけるローション、ウエットシートなど、涼感を得るためのアイテムは沢山売られていますが、あれはどういうものかと言うと、ぜーんぶ一緒。 メントールでスースーさせています。 さて、... スポンサードリンク.

次の

アロマオイルを使った虫除けスプレーの作り方

アロマ スプレー の 作り方

お部屋にシュッとふるだけでさまざまな効果が期待できるルームスプレーは、 いろいろな目的で使えるのでとても便利です。 精油 エッセンシャルオイル を1種類、 もしくは数種類の精油(エッセンシャルオイル)をブレンドして簡単に作ることが出来ます。 アロマルームスプレーの基本の作り方を覚えてしまえば、 あとは精油(エッセンシャルオイル)を目的別に変えるだけです。 自分のお好みの精油(エッセンシャルオイル)を混ぜてブレンドしてもいいですよ。 まずは、アロマルームスプレーの基本の作り方です。 アロマルームスプレーの基本の作り方レシピ 【用意するもの】• 無水エタノール:5ml• 精製水:45ml• スプレー容器に無水エタノール5ml(小さじ1杯)に精油10滴を入れよく混ぜ合わせます。 精製水45mlを加えて混ぜます。 使うときにはよく振るようにします。 【補足】 ・無水エタノールがなかったり、無水エタノールがあまりお好きでない方は 無水エタノールの分を精製水にかえてもかまいません。 その場合は精油 エッセンシャルオイル は水には溶けないので、さらによく振ってからお使いください。 ・容器はガラスの遮光ビンがよいとされていますが、スキンケアではないアロマルームスプレーなどでしたら、プラスチックの容器でもかまわないです。 精油(エッセンシャルオイル)の原液ですとプラスチックの容器を溶かしてしまうことがありますが、 希釈されたものであればそれほど心配はないと思います。 アロマルームスプレーを作ろう!メニュー.

次の

エッセンシャルオイル(精油)の使い方

アロマ スプレー の 作り方

虫除けスプレーのレシピ:希釈率2. Witch Hazel Water(ウィッチヘーゼルウォーター) 50ml• 精製水 ミネラルウォーターの場合は硬水 50ml• Citronella(シトロネラ)16滴• Lemon Eucalyptus(レモンユーカリ)10滴• Lavender(ラベンダー)8滴• Geranium(ゲラニウム)6滴• Tea Tree(ティーツリー)4滴• Rosemary(ローズマリー)4滴 *• Peppermint (ペパーミント)2滴*• Leucidal Liquid SF 80滴(保存料:オプション) 上記の材料を分量を測って、ボトルに入れて混ぜるだけで完成!ご存知の方も多いでしょうが、水と油は乳化剤を入れない限り完全には混ざりません。 スプレーをご使用の前には、よく瓶を振ってくださいね。 ちなみにメインの原料に使っているウィッチヘーゼルは、抗菌・抗炎症・抗酸化作用があり虫刺されや傷口などの応急処置にも使われるハーブのエキスです。 虫除けスプレー作成時に注意したいこと• ウィッチヘーゼルが手に入らない!という人は代わりに無水エタノールを5mlに精製水を55ml(1:9の割合)でベースを作ってもOK。 レシピのようにアルコールフリーではないので、 敏感肌の人は注意しましょう。 米印がついた2つのオイルはお子さんのいるご家庭では注意を。 ローズマリーは12歳以下、ペパーミントは2歳以下の子供への使用は推奨されていないので配合しないようにしましょう。 今回紹介している虫除けスプレーを保存料を入れずに作った場合は、冷暗所または冷蔵庫で保存して 1週間~2週間で使い切るのをお忘れずに。 肌に使うアイテムの場合は希釈率は2%以下が推奨されていますが、効果がイマイチだったので紹介しているレシピは2. 5%で配合しています。 お好みでアロマのバランスを変えたり、2%以下に調整したい場合は合計アロマ量を40滴以下に減らしてください。 自然派保存料:Leucidal Liquid SFとは でも少し触れましたが、保存料・添加物が入っていないナチュラルな手作りコスメは消費期限が短いです。 賛否両論ありますが、もし今後も衛生面に配慮しながら自分でDIYを続けたいという事であれば、 最低限の保存料を配合することは安全な選択肢だと私は考えています。 私が色々とリサーチをして使うことにした天然由来の保存料は、Leucidal Liquid SF。 (おそらくルシダルリキッドと読む)この保存料はラクトバチルスという 乳酸菌を発酵させて作成された善玉菌を主成分としています。 このラクトバチルスという乳酸菌は、ザワークラウトやキムチといった発酵食品を作るのに欠かせない微生物の一種として知られています。 この乳酸菌がその環境を酸性化することによって他の微生物の成長を妨げると共に、抗菌作用をもたらすペプチドを生成するため細菌やカビの繁殖を防いでくれます。 EUのオーガニック認定機関であるEcoCert(エコサート)も認証済みの天然抗菌添加剤で、アメリカでは化粧品や日用品を取り扱う際に合成保存料の規定が厳しい、Whole Foodsでも認可されています。 また原料はNonGMO(遺伝子組み換えでない)で添加物不使用と、化学保存料に比べて安心して使用できると言えるでしょう。 他にもNataPresなど自然派由来の保存料があるので、興味がある人は調べてみてくださいね。 そして保存料をレシピに入れたとしても、「少なく作って早く使い切る」というルールを常に心がけましょう。

次の