運転 免許 証 正式 名称。 フォークリフト免許の正式名称・履歴書への書き方・1t未満

運転免許証

運転 免許 証 正式 名称

免許を取得していません• そもそも免許を持っていないという声もありましたが、取得している場合はそれがアピールに繋がることもあります。 この記事では、普通自動車運転免許を取得されている就活生が履歴書に記載する際の正しい書き方や、正式名称など、おさえておきたいポイントをまとめてご紹介していきたいと思います。 (2017年1月時点、キャリアパーク調べ) 自動車免許を履歴書に書く際は、正式名称に気をつけて書く必要がありますが、その詳細を知っている人は半数にも満たないようでした。 もし間違って記載してしまうと、選考に通りにくくなる可能性もあるので、この機会に履歴書・エントリーシートへ自動車免許取得の旨を書く際の事を知っておきましょう。 道路交通法改正前に普通自動車免許をとった場合の正式名称、そしてそれ以降に普通自動車免許をとった場合の正式名称、また、AT限定の場合の正式名称など様々なパターンを紹介していきます。 しかし、せっかく免許証を持っているのですから、しっかり正式名称で書き込みましょう。 入社後、転勤する可能性があります。 地方に行けば、必ずといっていいほど車移動が必須になってくるものです。 そんなとき、普通自動車免許があれば困りませんよね?そういった事態を想定して、面接官も履歴書でチェックしている場合があるようです。 履歴書に運転免許取得済みと書いておくことが、アピールに繋がる場合もあります。 普通自動車免許は正式名称で記入する 普通自動車免許を履歴書に記入するときは、正式名称で書く必要があります。 普通自動車免許の正式名称は、「普通自動車運転免許」です。 普通自動車運転免許を正式名称で書くほかにも、その種類についても明記しておくと採用担当者に親切でしょう。 ここからは、普通自動車運転免許の種類についてご紹介していきます。 AT限定のときは明確に書く 普通自動車運転免許を取得する際に、マニュアル(MT)かオートマチック(AT)を選べます。 オートマッチ(AT)を選択すると、マニュアル車は運転できません。 そのため、オートマチック限定の人が履歴書に記入するときは、「普通自動車運転免許(AT限定)」と書くのが正しい記載です。 普通自動車運転免許には第一種と第二種がある また、普通自動車運転免許には第一種と第二種という種類もあります。 第一種は一般的な免許であり、多くの人がこちらに該当します。 第二種は、旅客を運送する目的で取得する免許です。 バスやタクシーなどの旅客自動車を運転する場合に必要になるため、試験の難易度が高く設定されています。 第一種を取得している人は「普通自動車第一種運転免許」または、そのまま「普通自動車運転免許」でも大丈夫です。 免許証の左下を見て取得日を確認する 運転免許の取得年月日を忘れた人は、運転免許証の表面左下に注目しましょう。 「他」の欄に、普通自動車運転免許の取得年月日が記載してあります。 なお、二輪免許や原動機付自転車免許も持っているのであれば、同じく正面左下の「二」「小」「原」にそれぞれの免許が発行された日が書いてあります。 それぞれの正式名称と、正確な取得年月日を履歴書に書き込みましょう。 普通自動車運転免許は、平成19年6月2日に改正されました。 それまでは、普通免許と大型免許のみでしたが、新しく中型免許が新設されたのです。 改正前の普通自動車運転免許は、車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満でした。 それが、改正後には車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満になりました。 改正前に普通自動車運転免許を取得している人は、車両総重量8トンの中型免許を取得しているものとみなされています。 法改正以前に免許を取得している人の履歴書の書き方 上記でご紹介したように、平成19年6月2日以前に普通自動車運転免許を取得した方は、運転免許証の更新時に表記が変わっています。 では、履歴書に記入する場合には、どのようにすればいいのでしょうか。 多くの就活生は該当しませんが、念のためにご紹介しておきます。 平成19年6月1日までに運転免許を取得している場合、「中型自動車免許(8t限定)」もしくは「中型自動車第一種運転免許(8t限定)」が履歴書に書き込むべき正式名称です。 準中型免許が平成29年3月に新設される 平成19年に改正された普通自動車運転免許ですが、約10年経過した平成29年3月に再び改正されます。 今回の改正で、普通自動車運転免許と中型免許との間に「準中型免許」が設けられるのです。 それにより、普通自動車運転免許の、車両総重量と最大積載量の範囲が縮小されます。 これまでの普通自動車運転免許は、車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満でした。 改正後は車両総重量3. 5トン未満、最大積載量2トン未満になります。 そして、準中型免許の車両総重量が3. 5以上7. 5トン未満、最大積載量が2トン以上4. 5トン未満になるのです。 そのため、平成19年6月以降に普通自動車運転免許を取得した人は、準中型免許の範疇に入ることになります。 普通自動車運転免許を持っていなくても取得できる 新たに設けられる準中型免許ですが、普通自動車運転免許を持っていなくても取得可能です。 準中型免許は、普通自動車運転免許と同じく18歳以上が取得できます。 これまでは中型免許の取得可能年齢は20歳以上で、経験年数も2年以上必要でした。 準中型免許は18歳で取得できるので、高校を卒業した後に大型ではないトラックの運転手として仕事をすることができます。 既得権保護の観点から運転できる車に変更はない 現在、普通自動車運転免許を取得している人は、既得権保護の観点から運転できる車に変更はありません。 現行制度の普通自動車運転免許を取得している人は、車両総重量5トンまで限定の準中型免許とみなされます。 平成19~29年3月の間に普通自動車運転免許を取得した人の書き方 平成19年6月2日~29年3月1日に普通自動車運転免許を取得した人の正式名称はどうなるのでしょうか。 この場合は、「準中型自動車運転免許(5t限定)」「準中型自動車第一種運転免許(5t限定)」となります。 平成29年3月以降に履歴書を提出する場合は、このように記入するようにしましょう。 普通自動車運転免許は取得と改正のタイミングを踏まえて正式名称で履歴書に記入しよう 普通自動車運転免許の履歴書への書き方についてご紹介しましたが、いかがでしたか。 履歴書の資格欄に運転免許を記入する場合は、取得年月日とともに正式名称を書く必要があります。 平成19年に改正がおこなわれましたが、約10年後の平成29年3月に「準中型免許」が新設されます。 これにより、平成19年6月~29年3月までに普通自動車運転免許を取得している場合の正式名称は「準中型自動車運転免許(5t限定)」となります。 運転免許の取得年月日と改正のタイミングを踏まえて、正式名称で記入するようにしましょう。

次の

運転免許の正式名称&履歴書へ書き方

運転 免許 証 正式 名称

免許の種類を確認する 自分が保有している運転免許の種類も履歴書に記載する必要があります。 運転免許はいくつかの車種があり、自分のみで運転するのであれば第一種、仕事として客を乗せるのであれば第二種と細かく分類されていることが特徴です。 大型免許と普通免許自動車、バイクといったいくつかの運転免許を所有している人もいるでしょう。 いくつかの運転免許を所有しているのであれば、取得したタイミングが古い順に、可能であれば全ての運転免許を記載する方法が有効です。 例えば、第一種と第二種を取得している場合、「平成28年4月 普通自動車第一種運転免許 取得」だけではなく「平成29年10月 普通自動車第二種運転免許 取得」と記載します。 しかし、運転免許の他にもいくつかの資格や免許を持っている場合、履歴書に全ての資格を記載しきれないので、履歴書を提出する会社の業務にかかわるもの以外は省略してもよいでしょう。 取得のタイミングに注意する 2017年3月12日以前に普通免許を取った場合は、更新すると「準中型」と変更されます。 更新の前に履歴書を記入する際には、現在手元にある免許証に書かれている名称を記載しても問題はありません。 自動車交通法が2017年3月12日に改正されたことによって、普通自動車免許は分類が変更されました。 新しく普通自動車免許を取得すると車両総重量3. 5tの車両まで運転可能ですが、改正以前に取得している場合には引き続き5tの車両まで運転することが可能です。 法改正によって、2007年6月にも内容が変更されています。 最近になって普通自動車免許を取得した人は問題ありませんが、今後法改正によって免許の分類が変わる可能性もあるため定期的にチェックする必要があるでしょう。 履歴書に記載する自動車・バイク免許の正式名称は? 自動車バイクの免許は15種類あり、履歴書に記載する場合には正式名称を記載しなければなりません。 15種類の免許の正式名称を一覧で確認し、正しく記載しましょう。 普通免許 正式名称:普通自動車第一種運転免許 2. 大型免許 正式名称:大型自動車第一種運転免許 3. 中型免許 正式名称:中型自動車第一種運転免許 4. 普通二輪免許 正式名称:普通自動二輪車免許 5. 準中型免許 正式名称:準中型自動車免許 6. 原付免許 正式名称:原動機付自転車免許 7. 大型二輪免許 正式名称:大型自動二輪車免許 8. 小型特殊免許 正式名称:小型特殊自動車免許 9. 大型特殊免許 正式名称:大型特殊自動車免許 10. 大型特殊第二種免許 正式名称:大型特殊自動車第二種免許 11. 普通第二種免許 正式名称:普通自動車第二種運転免許 12. 中型第二種免許 正式名称:中型自動車第二種運転免許 13. 大型第二種免許 正式名称:大型自動車第二種運転免許 14. 牽引第一種免許 正式名称:牽引自動車第一種運転免許 15. 牽引第二種免許 正式名称:牽引自動車第二種運転免許 所有免許の確認方法 自動車、バイクの運転免許証の種類は非常に多いですが区分は3つであり、運転免許証にはそれぞれ1つずつのみ記載されます。 そのため、同じ区分でいくつかの運転免許を所有している人は、取得した運転免許全てを運転免許証のみで確認できません。 区分2に記載されているのは、一番に取得した免許についてです。 同じカテゴリーでいくつかの運転免許を取得しているのであれば運転免許証の左下を見るだけでは判断できないので、運転免許センターや運転免許試験場で運転免許経歴証明書を発行してもらい、確認しなければなりません。 履歴書に免許や資格を記載する際には、正しい正式名称で、取得日も記載する必要があります。 書き方のポイントを確認して、書類選考に備えましょう。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

玉掛免許の正式名称とは?玉掛免許を持っていると転職にも有利になる?

運転 免許 証 正式 名称

中型車免許の正式名称(履歴書で困らない書き方)|合宿免許ネクスト• シーズンで探す• 各月から探す• 季節から探す• 安い!お得!• キャンペーン• 激安・格安プラン• 選べる教習所• グループ校 静岡• グループ校 長崎• グループ校 栃木• グループ校 全国• 教習所 関東• 教習所 中部• 合宿免許を知る• じっくり読もう• いっぱい知ろう• 普通車のこと• 中型車のこと• 大型車のこと• 大型二種のこと• お役立ち情報• 手続きに役立つ• 合宿免許に役立つ• お問合せ• 会社情報• 中型車の旅客運搬などがない職場へ持参する履歴書などの場合は、中型自動車免許と記載するだけで特に問題はないかと思います。 しかし、4tトラックなどを扱うような職場の場合は、注意が必要です。 このような乗り物を扱う職場への面接で使用する履歴書には、普通自動車第一種運転免許とだけ記入すると、面接官に「中型のトラックは運転できるの?」と確認されてしまうかもしれません。 実は、平成19年以前に普通自動車免許を取得された方の場合ですと、総重量8tまでの4tトラックなどの運転が可能となっているのです。 しかし、法改正後に普通免許を取得された方の場合、総重量5t未満までのものしか運転できないことになっています。 そのため、資格取得欄に「普通自動車免許」とだけ記入すると、面接する側ではどちらか判断できないといった問題が出てくるのです。 もしも、平成19年以前に普通免許を取得された方で、免許証の条件欄に「中型車は中型車(8t)に限る」などと記載がある場合は下記のような記載が正式名称となります。 長らく自分は普通免許だと思われていた方もいらっしゃるかと思いますが、道路交通法改正以前に普通免許を取得された方は、免許証の種類欄が「中型」に書き換わっているはずです。 正式名称は中型自動車第一種運転免許(8t限定)となりますので、ご注意くださいね。 中型二種免許を取得している場合の正式名称 中型免許を取得している場合、履歴書に記載する自動車免許の正式名称は少しばかりややこしい面があります。 特に道路交通法改正以前に普通免許を取得された方は、ご自身でもよく理解されていない場合が多いようです。 多少間違っても面接などで大きく問題となることはありませんが、ご自身がお持ちの免許資格はやはり正式名称で書けるようにしておくと安心です。 特に、車両を使うような職業の場合は、細かく免許証の確認を行うため、免許資格の有無は非常に重要となるのです。 面接において有利となることもありますので、間違いの内容記載するようにしましょう。 Consulting.

次の