二 重 全 切開。 【経過写真】二重切開のダウンタイムの腫れ、抜糸後の様子@品川スキンクリニック表参道院

二重術切開でキレイな二重に

二 重 全 切開

切開法は、二重のラインにしたい部分を切開することで、理想的な二重ラインをデザインする施術です。 同時に、目の上の余分な脂肪を取り除くことができるので、目元の腫れぼったさを解消することもできます。 糸で留めるだけの埋没法と違い、二重にする力が強いので、術後、一重まぶたに戻ってしまう可能性はほとんどありません。 また、二重ラインのデザインの自由度も飛躍的に高まります。 東京美容外科では、埋没法と同様、切開法でも、術後の腫れを極力避けるための工夫をしています。 一般的な二重の幅であれば、大きな腫れは1週間〜10日程度で引きます。 その後、完全に腫れが引くまでに半年程度かかりますが、お化粧をしていただけば普段の生活には支障がないでしょう。 まぶたが重くなり、目が開けにくい方は、目の開きを改善することもできます。 その場合、悩まされていた頭痛や肩こりの症状が軽減する可能性もあります。 そこで切開法では、切開した部分から皮下組織と瞼板、挙筋腱膜を極細のナイロン糸で結んで連結させて、二重のラインをつくります。 二重まぶたのデザイン ひとくちに二重まぶたと言ってもさまざまなデザインがあります。 切開法で可能なデザインは5つです。 自然な奥二重に 一重まぶたよりも目が大きく見えて、違和感がなく自然です。 末広型の二重 日本人に最も馴染みやすい、ナチュラルな二重まぶたです。 平行型の二重 末広型に比べ、くっきりとした目元の印象を与えます。 幅の広い平行型の二重 パッチリとした華やかな印象に。 埋没法より、切開法のほうが向いています。 目を大きく見せる二重 目を開きやすくすることで、黒目がしっかり出て、パッチリした目になります。 東京美容外科「切開二重 全切開 」の特徴• 1 経験を積んだ医師が担当• 2 ご希望の二重ラインを実現• 3 縫合部分が目立たない モデルやタレントのような目元を実現! 東京美容外科では、経験を積んだ医師がお一人おひとりのまぶたの皮膚の厚さ、脂肪の厚さ、筋肉の厚さ、眼瞼腱膜の強さなど、さまざまな要素を丁寧に診察します。 また全体の顔立ちも見ながら、患者様とデザインについて徹底的に話し合います。 目元の手術にはミリ単位の繊細な技術が要求されますが、東京美容外科でメスを握るのは、形成外科認定の資格を持ち、美容外科医師として10年以上の経験のある医師だけです。 憧れのモデルやタレントのような目元を叶えることも可能です。 希望なさる二重のラインにそって切開し、高度な技術で縫合するので、目を閉じても傷跡が目立ちません。 手術方法• デザイン まずはカウンセリングで、まぶたの皮膚の厚さ、脂肪の厚さ、筋肉の厚さ、眼瞼腱膜の強さなどを医師が丁寧に診察します。 その後、患者様のご希望の二重ラインを伺い、デザインをシミュレーションします。 局所麻酔 局所麻酔をします。 ご希望の方には事前に麻酔クリームを塗布するので、注射針を刺す痛みはほとんどわかりません。 切開 二重を作るラインにそって皮膚を薄く切開します。 脂肪除去 必要に応じて余分な脂肪も除去します。 これにより、腫れぼったい目元がすっきりします。 縫合 皮膚と皮下組織、瞼板、挙筋腱膜を極細のナイロン糸で結んで連結させます。 東京美容外科では、高度な技術と長年の実績で、傷跡が目立たないよう美しく仕上げます。 二重まぶたの完成 目を開けると、二重まぶたになります。 術後5日~1週間で抜糸をし、その翌日からはアイメイクが可能です。 皮膚の厚さや脂肪の厚さ、筋肉の厚さ、眼瞼腱膜の強さといった目元の状態と、全体の顔立ちによって異なります。 たとえば、ご自身では「幅広の平行型にしたい」と思っていらしても、目元の脂肪が分厚い場合は、幅の細い末広型にしたほうが自然でかわいらしくなるという場合があります。 それでも無理をして幅広い二重を作ったりすると、傷跡が目立ったり、かえって腫れぼったく重たい印象を与える目元になることも。 満足して頂ける仕上がりにするには、カウンセリングで患者様の目元の状態を正しく診断する医師の審美眼が大切。 その上で、ご希望を伺いながら、何度もシミュレーションをしてデザインを決めていくことが重要です。 一度、切開法を受けると、その後のやり直しは非常に困難です。 まずは、形成外科認定医の資格を持ち、美容外科医医師としての経験も10年以上と長い、東京美容外科の医師にご相談ください。 麻酔 局所麻酔• 施術時間 60分• 傷跡 目立ちません• 入院 不要• 通院 必要•

次の

切開法(全切開)による二重まぶた整形

二 重 全 切開

重瞼術全切開法は美容外科の基本中の基本の手術ですが、その分、奥深く、結果が患者様に長期間影響を与えるという意味で非常に重要な手術と考えています。 一重(ひとえ)瞼がコンプレックスで悩んでいるという方や、内反睫毛で困っている方、眼瞼下垂で目が重くなって困っているという方のための手術となります。 眼瞼下垂の方のみ保険適応となります。 一重まぶたの方と二重まぶたの方は眼窩隔膜や眼窩脂肪、ROOF(瞼あたりにある脂肪層)などの位置や量が違っており、手術によりそれらの位置を変更する必要があります。 ですので、単に上眼瞼の余っている皮膚をきり、折り曲げて縫い合わせるというだけでは綺麗な二重瞼にはなりませんし、もし一時的に二重瞼のラインができてもすぐに元に戻ってしまうでしょう。 そのため単に皮膚を切って縫い合わせるだけでなく、必要に応じて眼窩隔膜を切開し、眼窩脂肪の一部を摘出、ROOFも一部摘出する必要があります。 その上で重瞼固定を行います。 一時的に傷が目立つのはやむを得ませんが、最終的には二重術の手術をしたこを他の人に言わないとわからないような自然な二重を作ることが大事であり理想的です。 はるべく腫れが少ない治療を目指します。 徐々に落ち着いてきますので心配はいりません。 女性の場合はメイクアップで十分カバーできるレベルかと思います。 ケロイド体質の方は1年程度赤みが残ることがあります。 なるべくこれらの副作用が出ないように細心の注意を払っておりますが、内出血は個人差がありますが多少は起こる可能性があります。 縫合不全は稀です。 わずかに左右差が残ってしまう場合が普通で完全に左右対称にする、ということは困難ですのでご了承ください。 その場合、他の方法を使って再手術を行います。 その場合、眉下切開術などと組み合わせるといいでしょう。 こちらは数ヶ月で回復してくるでしょう。 患者様の希望をあらかじめよく聞き、シュミレーションすることでなるべく、このようなことがないように細心の注意を行います。 そのほかご不明な点がありましたらスタッフにお尋ねください。

次の

二重整形をやり直したい! 2回目以降の埋没法、切開法【2020年最新】

二 重 全 切開

ダウンタイム中はまぶたの腫れ方自体に左右差が出るため、二重幅も左右差が出てしまうのです。 また、施術を施してから数日間は「寝起きはむくんで二重の幅が広くなるが、数時間経つとむくみが引いて幅が狭くなる」というように、 一日の中でも腫れの具合が変化します。 再手術をしてから「元の二重の方がよかった」と後悔しないためにも、2回目以降の二重整形のタイミングや方法は詳しくチェックしておきましょう。 二重整形の再手術について 埋没法の再手術について 埋没法はやり直しできる? 💡 注意 医師によって考え方が異なりますが、 埋没法のやり直しの回数は通常2~3回までが限度です。 埋没法でも回数を重ねるとまぶたに負担がかかってしまうため、永遠に二重の修正ができる万能な施術というわけではではありません。 また、何度も二重が取れてしまうようであれば、まぶたへの負担や金銭的な視点から見ても切開法での手術を選ぶ方が望ましいでしょう。 埋没法の抜糸について 基本的に埋没法は、二重幅を変更する場合 抜糸を行わずに施術をすることがほとんどです。 しかし、2回目の埋没法を行った際に三重になってしまうケースや、そもそも埋没法を取りたい場合などは、抜糸を行うこともできます。 ただし、埋没法の糸は 時間が経つと抜糸が難しくなるので、早めにクリニックに相談しましょう。 二重整形の抜糸については以下の記事で詳しく掲載していますので、気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。 📌 3回目以降の再手術は注意 実は、 3回目の埋没法はまぶたの状態が悪いと受けられない可能性があります。 なぜなら、何度も繰り返し埋没法を行うことで、まぶたの中には糸が溜まってしまうからです。 もちろん埋没法はアレルギーなどの異物反応が起きないナイロンの糸を使用していますが、何度も施術を受けることで人体に悪影響を及ぼす可能性もあります。 また、たとえ毎回抜糸をしていたとしても、まぶたに施術を受けたダメージは蓄積されるものです。 そのため、 3回目の二重整形は切開法も視野に入れてみましょう。 特に、埋没法がすぐに取れてしまう方は、まぶたが厚いなどの理由で体にあっていない可能性があります。 再び失敗を繰り返さないためにも、自分のまぶたの状態に合った施術法を選びましょう。 切開法の再手術について 切開法はやり直しできる? 💡 注意 切開法の再手術内容は、• 前回の切開線を切開する。 癒着(ゆちゃく)を外す。 新しく内部処理をし、新たに二重を作る という大掛かりな手術になります。 そのため、 切開法の再手術は難しいと診断される可能性が高いです。 また、仮に2回目の切開法を受けられたとしても、もう一度切開することで、まぶたにかなりの負担がかかってしまいます。 1回目の整形が気に入らなかった場合、 2回目をするべき? 二重整形の完成までに埋没法なら3か月、切開法だと6か月かかると言われています。 整形をしてからしばらくの間は、まだ腫れが残っていて本当の二重幅になっていないのです。 ですので、二重整形をしたばかりの方は 二重に違和感を感じてもすぐに再手術をせずに、しばらく様子を見てください。 もし上記の期間が経過しても二重に違和感を感じるようであれば、再手術を受けることも一つの手です。 その際に保証が付いたプランであれば費用もかからずに受けることもできます。 二重整形の保証について 埋没法は極細の糸で二重にしているため糸が取れてしまったりゆるんでしまい、二重のラインが消失してしまうこともあります。 そのため 二重のラインが消えたときの対策として保証制度を設けているクリニックが多いです。 保証期間も1年保証から永久保証まで様々あります。 また、埋没法にはベーシックな埋没法から糸が取れにくい埋没法など種類も豊富なので、手術内容によっても保証内容が異なります。 さらにクリニックによっては、抜糸や幅の変更などが保証内容に入っている場合もあります。 何かあったときの為にも、 二重整形の保証は事前に確認しておくことをおすすめします! 📌 2回目の二重整形の費用は? 2回目の二重整形は保証が付いている場合、期間内であれば無料で施術を受けることが出来ます。 しかし、そもそも保証の無いプランや保証期間を過ぎている場合は、施術料金がかかってしまいます。 修正の費用はまぶたの状態やクリニックによっても異なりますが、 1回目に埋没法をした場合には留めた糸を抜糸する場合は、二重の施術費用とは別に抜糸の費用が必要です。 「予算を一回目の施術料金の金額で考えていたのに抜糸の金額もかかって予算より多くなってしまった」ということも少なくはありません。 2回目の二重整形の費用は、事前にクリニックに問い合わせて確認しておいてくださいね。 【まとめ】2回目の二重整形の注意点• 2回目の二重整形からは 抜糸などの追加料金がかかる場合アリ• 3回目以降の二重整形は 切開法がおすすめ 二重整形のやり直しは、 最初の二重整形の時よりもっと医師との話し合いが大切になります。 1回目に感じた点や気になることはすべてカウンセリングで伝えるようにしましょう。 それが2回目の 二重整形を成功させるコツです。 また、再手術でもう一度失敗してしまうことが心配な方は、 1回目とは別のクリニックで診察を受けることも選択肢に加えてみてください。

次の