アットノン 効果。 小林製薬のアットノンは、どれくらいの期間塗り続けたら効果があるでしょうか...

アットノンとケシミンの違い?顔のシミやニキビ跡にもに効果的なのは??

アットノン 効果

ヒルドイド市販はドラッグストア(薬局)で普通に販売されています。 ただし、ヒルドイドという名前では販売されていません。 違う名前で販売されています。 HPクリーム、HPローション• ピアソンHPクリーム、ローション• アットノン ヒルドイド市販は 保湿効果をうたった商品がほとんどですが、アットノンは 傷痕をキレイにする効果を強調した塗り薬です。 メーカーのホームページによると、アットノンは毎年100万個以上売れているそうで、評判も良好のようです。 また、ネット上ではアットノンについてこのような書き込みもあります。 リスカ(リストカット)の痕が消えた!• シミが消えた!• 顔のニキビ痕が消えた! 本家ヒルドイドを解説した後、アットノンとケロイド、肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)、ニキビ痕の関係について解説します。 ヒルドイドの効果(作用) ヒルドイドには3つの効果があります。 保湿効果• 血行促進効果• 傷痕をキレイにする効果 (ケロイド除去など) 1. 『』 ヒルドイドは アンチエイジングクリームや 化粧水としてネット上では紹介されています。 それは 保湿作用があるためでしょう。 保湿作用とは、肌の角質層の水分が逃げるのを抑える作用のことで、保湿作用は肌の バリア機能を改善します。 血行促進効果 血をサラサラにしそうですが、あくまで表面の血流を改善する効果です。 この効果を利用して、ヒルドイドはしもやけ治療にも使われています。 傷痕をキレイにする効果 ヒルドイドは、 ケロイドや 肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)と呼ばれる、盛り上がった傷痕をうすくする効果があります。 アットノンはケロイドや肥厚性瘢痕に効く? アットノンの効果は守備範囲が広いです。 傷・やけどの跡の皮膚のしこり・つっぱり(顔面を除く)• 肘・膝・かかと・くるぶしの角化症• 手指の荒れ、手足のひび・あかぎれ• 乾皮症• 小児の乾燥性皮膚• しもやけ(ただれを除く)• 打身・ねんざ後のはれ• 筋肉痛・関節痛 出典:小林製薬HP アットノンはこのような傷痕に効果があります。 アットノンを塗ることで、傷痕が目立たなくなり、傷痕が残らないようにするのです。 また、表向きにはケロイドと肥厚性瘢痕への効果については何も語られていませんが、アットノンはヒルドイドと同じ成分を同用量含んでいるため、同じような効果があると考えられます。 アットノンでリスカ(リストカット)の痕が消えた!• アットノンでシミが消えた!• 顔のニキビ痕が消えた! (ネット上では)アットノンはあらゆる跡を消す万能薬のように語られていますが、かなり疑問です。 アットノン以外の要因(自然治癒?)で傷痕が消えたのではないでしょうか。 ただ、ケロイド体質の方は、ニキビをかいて傷ができ、ケロイド状になる場合があります。 ニキビ由来のケロイド状の痕であるなら、アットノンは効果があるかもしれません。 『』 アットノンの使い方 1日1~数回、適量を患部にすり込むというのが、アットノンの基本的な使い方です。 ただし、アットノンを塗ってはいけない状態があります。 かさぶたや、かさぶたができている途中のところ• 傷がジュクジュクしているところ• 傷が治りきっていないところ (出血しているところ) アットノンは傷・かさぶたには使えません。 傷にアットノンを塗ると、血行改善効果が働いて出血が長引く可能性があります。 純粋な傷にはが有効です。 『』 アットノンは傷が治って新しい皮膚ができたところに使う塗り薬です。 メーカーによると、傷痕になってから1. 2年経過した傷痕にも効果があるそうです。 4種類のアットノンの違い アットノンといえば アットノンジェルが有名ですが、ローションとコンシーラーが2016年に新発売になり、ジェル、クリームと合わせてアットノンは4種類になりました。 どの種類のアットノンを使っても 効果は同等ですので、好みのアットノンが使えます。 アットノンジェル ジェルのアルコール由来の臭いが少しありますが、迷ったらアットノンジェルです。 塗り心地がさっぱりしているため、あらゆる傷痕に使用しやすいからです。 ただし、塗ったあとはしっかりのばさないと、塗ったところがテカります。 アットノンクリーム アットノンクリームは白色のクリームで、塗り心地がしっとりしていてベタベタしません。 ただ、傷痕にわざわざクリームを選ぶ理由はない気がします。 『』 アットノンローション アットノンローションは、よくわからないアットノン系塗り薬です。 なぜ、傷痕にローションなのでしょうか?他のヒルドイド市販をおすすめします。 『』 アットノンコンシーラー コンシーラーとは珍しい剤形ですが、女性なら想像がつくと思います。 アットノンコンシーラーは肌色のクリームで、傷痕の色を目立たなくカバーしてくれます。 傷痕を隠しながら治したいという方には、アットノンコンシーラーをおすすめします。

次の

アットノン、ケシミンは効果絶大!?色素沈着を綺麗にしよう!

アットノン 効果

アットノンはヒルドイドと同成分のヘパリン類似物質が含まれています。 ヒルドイドは、もう何十年も前から皮膚科などで処方されている薬です。 処方箋があれば、200円ほどで手に入れることができます。 しかし、わざわざ皮膚科を受診して、初診料やら診察費など取られるなら、 手軽に薬局で購入できればと考えてる人もいます。 そんな時は、アットノンは便利な医薬品ですね。 ヘパリン類似物質は、アットノンだけではなく、 ヘパソフトや再肌、HPローションなどの市販薬にも含まれています。 小林製薬さんは、昔から在る薬を、 さも最近開発されたように販売するのがとっても上手いですね。 注目されなければ、埋もれてしまいますからw 傷痕を完全に消すことは無理ですが、薄くすることにはある程度効果があります。 処方薬にヒルドイドという軟膏があるのですが、青あざを消すとかけがのあとの浮腫の治療などにも使われます。 細胞レベルで血流量を増やす、血液凝固をおさえる、組織の癒着をおさえるなどの作用があるので、私も形成外科での縫合痕にせっせと塗っていました。 アットノンもヒルドイド軟膏と同じヘパリン類似物質という成分なので、同様の効果があるのではないでしょうか。 私の場合もだいぶ効果がありましたよ。 ただし2週間では無理ですね。 私は半年以上朝晩2回塗りました。 そんなにすぐ効く魔法の薬はないですよ。 ちなみにアットノンは、打ち身の青あざなどに塗ると1〜2日で薄くなります。

次の

ニベアにアットノンを混ぜると夢のエイジングクリームに

アットノン 効果

【第2類医薬品】アットノンEX クリーム 15g 参考価格1,404円 引用元: そもそも、傷跡は、ケガをした時に周囲のコラーゲンを使用して傷跡を修復しようとします。 炎症がひどかったり、乾燥がひどかったりすると、傷の修復も遅れやすくなります。 さらに、血流が悪いと、コラーゲンが異常に産出されて盛りあがったり、赤みを帯びたりするでしょう。 それが後に傷跡として残るようになるのです。 そのような傷跡が残るメカニズムに注目したのがアットノンです。 アットノンのヘパリン類似物質の水分保持作用、抗炎症作用が血行促進作用を促します。 さらに、グリチルリチン酸が傷跡に残った赤みを抑制させ、アラントインがダメージを受けた表皮の再生を促す効果をもたらします。 また、アットノンは、用途に応じて様々な形状で販売されています。 定番のクリームタイプをはじめ、ジェルタイプや、ローションタイプ、コンシーラータイプまであるのです。 自分の傷跡に合わせて使用できるのがアットノンシリーズの魅力でもありますね。 そんなアットノンシリーズのそれぞれの効能、効果をはじめ、どのような使用法が効果的なのかを説明いたします。 関連記事 透明ジェルタイプ:アットノンEX アットノン コンシーラータイプ 引用元: 「傷跡を隠しながら治したい…」と言う人にオススメなのが、肌色のクリーム剤であるコンシーラータイプのアットノンです。 洋服で傷跡を隠すのは限界があるため、こうしたコンシーラータイプのアットノンを使う事にとって、傷跡を隠す事ができるでしょう。 肌への密着性が高い点も特徴です。 ジェルタイプやクリームタイプのアットノンと同様、 出血性血液疾患系の持病をお持ちのかたや目周り鼻腔などのデリケートで薄い粘膜には使用を避けたほうが良いです。 塗るときの注意点としては、患部に適量塗ったら、指で境目をなじませるようにトントン優しく叩きながらつけると自然に仕上がります。 ローションタイプ:アットノンL アットノンローション 引用元: 傷跡ややけどなどが広範囲にある場合に塗りやすいのは、白色乳液剤のアットノンのローションタイプです。 乾燥肌による搔きむしり跡などの広い範囲でできてしまった傷跡などに満遍なく行き渡ります。 ほかのアットノンよりも広がりやすいため、 粘膜系のデリケートな部位での使用は気をつけましょう。 アットノンの口コミ 知名度や宣伝効果の高いアットノンの使用者は多いです。 効果を十分実感している人がいる傍で、イマイチ効果を実感できていない人もいます。 果たしてその差はどのような点から生じてしまうのでしょうか。 アットノンの口コミから検証して見ましょう。 これは多くの女性に使ってほしいなとおもえる商品です。 私は高い確率で蚊に噛まれた跡や火傷の跡がきれいになりました! もう本当にすごく嬉しいです。 引用元: 手術跡、ニキビ跡、虫刺されと引っ掻いた跡、リスカの跡に使っています。 どれも物凄く薄くなり、傷跡がなくなっている部分もあります。 どの傷跡にも長期で使用しないと効果はありません。 最低でも3ヶ月は使い続けないと大きな効果は分からないと思います。 はっきり言うとアットノンはコスパが悪いです。 効果が出てくるのも人それぞれだと思います。 が、とてもじっくり気長に塗り続けたい人は使ってみてもいいと思います。 私はこれからも使い続けます。 引用元: 昔から傷が絶えず、跡が残ってしまったものもあったので使ってみました。 が、全然意味がない。 口コミを見ると効果あった人もいるみたいなので、やっぱり古い跡には効かないのでしょうか。 引用元: 口コミを総合的に検証すると、アットノンを使用している人は、蚊に刺され跡や、火傷跡などに効果を実感し、十分に満足している事がほとんどでした。 効果の現れている人の中には、「3ヶ月は使用継続した方が良い」という意見も多数です。 たしかに肌の生まれ変わりであるターンオーバーについて考慮すれば何本か使用する必要があるでしょう。 こうしたことから、1本で効果を期待していた人は「アットノンはコスパが良くない」と思ってしまいがちです。 中には、アットノンを継続使用しているにもかかわらず「効果がなかなか現れなくて断念してしまった…」という方は、かなり古い傷跡に使用していることが多いです。 白っぽくなった古傷跡にはアットノンの効果は期待できないと言って良いでしょう。 考え方を変えれば、 傷跡の色素沈着を発見したら、すぐさまアットノンを使用すれば、効果は期待できると言うことにもなりますね。 傷あとを残したくない人にアットノン アットノンは、「傷跡を残さないように色素沈着を改善したい」「角化異常により傷跡が盛り上がってしまった」という悩みを持つ人に効果の期待できる医薬品と言えます。 ちなみに、紫外線が当たる事で、できやすくなるシミや、ホルモンバランスが乱れる事によって生じてしまう肝斑に使用しても効果は期待できないでしょう。 こうしたシミや肝斑には、美白効果のある美白化粧品をセレクトする事や、肝斑に効果的な内服薬などを服用することが望ましいのです。 関連記事 関連記事 アットノンは、あくまでも 傷跡による色素沈着に対応する薬品であることを念頭において使用する必要がありますね。 また、アットノンだけに頼らずに日常生活においては、次の3点に気をつけながら生活することがアットノンの効果を発揮させる近道です。

次の