日本 株 bcg。 IASR 29

日本株、次がソ連株 (No.1316) : 土星の裏側

日本 株 bcg

世界のBCG接種状況(ReseachGateより)• A(黄色)はBCG接種を義務づけている国で、日本、中国(武漢を除く)、韓国(大邱を除く)、ロシア、インド、ASEAN諸国、中南米(エクアドルを除く)など、例外なく死亡率が低い(人口100万人あたり死者1人以下)。 B(青)はBCGの義務化をやめた国。 EUでは1980年代からBCGを任意にし、日本のようなハンコ型ではない新しい株になった。 右の表のように(小国とイランを除くと) 死亡率のワースト10はすべでBCGを義務化していない国だ。 特にBCG義務化をやめたスペイン(死者93人)と義務づけているポルトガル(死者6人)の差が印象的だ。 C(赤)はBCGを義務づけていない国で、イタリア(死者136人)、オランダ(死者25人)、アメリカ(死者4人)。 この傾向から考えると、アメリカの死者はこれから数十倍に増えるおそれが強い。 の報告は「集団免疫ができるときの死者は(何もしないと)全米で220万人」と予測している。 JSatoNotesより によると、ドイツは1998年にBCG義務化をやめて新しいタイプのBCG株を使うようになったが、図のように(ソ連から導入された) 日本型のBCGを義務づけていた旧東ドイツ地域では感染率が低く(1万人中500人以下)、新型の旧西ドイツ地域では高い(1000人以上)。 一見この地図と合わないのはBCGを義務づけているイラン(死者27人)だが、イラン製の特殊なBCG株を使っている。 日本型のBCGを接種しているイラク(死者0. 9人)とは対照的だ。 BCGを義務化するかどうかよりも、日本型のBCG株がコロナに有効で、新しい株がコロナにきかないのかもしれない。 武漢や大邱は、局地的に多くの人が密集して接触したことや院内感染による例外的な「感染爆発」だったと思われる(中国のBCG株も中国製)。 「ダイヤモンド・プリンセスで日本人の発症率は低くなかった」という反論もあるが、BCGの免疫効果が弱く、大量のウイルスが体内に入ると発症すると考えれば説明がつく。 これは普通の感染症も同じで、免疫は完璧なものではない。 医学的にBCGの有効性が確認されたわけではないが、世界各国で臨床試験が始まっている。 は「BCGでコロナの抗体ができるかどうかは疑問だが、人体への影響を弱めることは考えられる」という専門家の意見を紹介している。 疫学的な相関関係は完璧なので、偶然の一致とは考えにくい。 いずれにせよ日本人が集団免疫に近い状態にあることは十分考えられるので、どれぐらいの比率で抗体をもっているかを政府がでサンプル調査する必要がある。 それによって今後の防疫対策は大きく変わる。 追記:NHKによれば、オーストラリアの研究機関が新型コロナウイルスに有効かどうかを確認するため、医療従事者4000人を対象にBCGの臨床試験を行うと発表した。 これまでの研究では、類似したウイルスに感染した人にBCGを使うと、ウイルスの数を減少させる効果が認められたという。

次の

新型コロナウイルスとBCGの接種率とその株との関係について

日本 株 bcg

はたして医学的な因果関係は証明できるでしょうか(写真:yukiotoko/PIXTA) 一部のメディアで話題になっているのですが、「新型コロナウイルスによる感染症に対してBCGワクチンが有効ではないか」という仮説があります。 2011年に学術論文として発表されたBCG接種に関する世界地図と現在世界で猛威をふるっているコロナウイルスの感染地図が非常に酷似しているというのです。 (「The BCG World Atlas: A Database of Global BCG Vaccination Policies and Practices」Reserch Gate) その状況を詳しく分析したオーストラリア在住の日本人のブログが世界的な注目を集め、この仮説が広まりました。 March 26, 2020」JSatoNotes これらの話をまとめてみると、このような傾向が見られるようです。 この話をわたしたちはどのように受け止めればいいのでしょうか。 私は医学の専門家ではありませんから、医学における科学的な効果については論じることができません。 一方で、私の専門分野は経済学であり、その経済学では統計学を必要とすることから「コロナBCG有効説」についても統計的な考察の箇所については専門的知識から読み取ることができます。 そしてどうやらこの話は医学と経済学それぞれの視点で違う対策が見えてくるようです。 日本ワクチン学会が「コロナBCG有効説」について「科学的に確認されていない」という根拠は、西洋医学が因果関係の研究で成り立っていることに関係すると思われます。 「コロナBCG有効説」ではコロナが広がっている国や地域、抑え込まれている国や地域とBCG接種状況に高い相関関係がみられることから「何かの関係があるのではないか?」という仮説が提唱されているのですが、今の状況では決して「BCGワクチンが新型コロナに有効かどうか」の因果関係ははっきりしていません。 ですから医学的には「確認されていない」という結論に現時点ではなります。 これが医学者の視点であり立場であり、当然と言えるでしょう。

次の

BCGワクチンと新型コロナウイルス

日本 株 bcg

京阪神も緊急事態宣言から脱しそうであり、欧米から不思議の目で見られるコロナ対応。 囁かれたBCG接種の対新型コロナ免疫効果が、日本株で歴然と効いていると数字に現れました。 ミラクル日本の秘密が解けました。 日本株接種国は人口百万人当たりの感染者が概ね百~2百人、百万人当たり死者はことごとく一桁で済んでおり、死者で数百にもなる欧米各国と桁が二つ違います。 新型コロナ感染上位20とBCG日本株接種国の一覧をを基本に、やなどで得た接種データを加え作成しました。 統計はロイターまとめを採用し日本株全員接種国を色分けしました。 (各種BCG接種が新型コロナウイルス感染にどれほど効果があったか、世界的な感染拡大でデータが出そろってきました。 一時期は全国民BCG接種し、まだ7割くらい接種経験者がいる英仏などで感染者、死者が多く、過去に全員接種なしの国と大差ありません。 欧州でBCGはデンマーク株が主流で、これには対新型コロナ抑制効果は無いようです。 感染者急増して2位になるのに、人口百万人当たり死者が「19」と一桁少ないロシアが疑われています。 しかし、中国のような極端な統計操作は無いようであり、百年前、日本株と同時期にフランスから分与された古いロシア株を全員接種し続けた効果のようです。 ロシア株はインドやブルガリアのメーカーを通じていくつかの国に渡っています。 ブラジルのモロー株も古く、少しだけ日本株に似た性質を持ちます。 オリジナルBCGに最も近いと言われるのが日本株「BCG Tokyo 172」で、副作用が無く生菌数がずっと多い特徴があります。 接種国ではサウジアラビアの百万人当たり感染者が「1647」と多めですが、これは社会の下支えになる外国人労働者に多発したためでしょう。 他の日本株接種6国は「214」から「88」でしかなく、2千~5千の欧米とは別世界です。 百万人当たり死者はサウジ「9」が最高で、次いでフィリピンの「8」、日本の「6」です。 イラクの百万人当たり「3」で実死者「127」は隣国イランの大流行、死者「7057」と対照的であり、驚異的と受け止められました。 必ずしも豊かでなく医療充実でない国が並んでいます。 先日ので指摘したように日本人の自他を思いやるマナー、連帯意識は新型コロナウイルス感染症抑制の大きな武器になっています。 さらにこの一覧で他の日本株接種国もそろっての抑制健闘を見れば、BCG日本株に重症化抑止・死者を抑えるだけでなく、感染抑制効果があると考えざるを得ません。 機序として自然免疫の強化や訓練免疫といった新たな知見が唱えられています。 強制措置もなしに緊急事態宣言も解除が近い、なぜ日本は悲惨な欧米のようにならないのか、「ジャパニーズ・ミラクル」と言われたりして海外メディアも不思議でならないようですが、守護神BCG日本株の存在は意外に見落とされていると思います。 BCGの新型コロナ抑制効果について、オーストラリアやオランダで医療関係者に接種して比較する検証テストが始まっています。 しかし、上で見たようにBCGデンマーク株で比べても意味は無いと思われます。 カナダが2012年から日本株を一部に接種しており、対象が先住民や結核への高リスク者で、医療関係者が含まれます。 一国で数千人から1万人以上の医療関係者コロナ感染を出している欧州諸国に比べてカナダがどうなっているのか、騒ぎが収まったら比較できるでしょう。 今のところカナダで医療関係者感染増についてのニュースは見た事がありません。 BCG日本株の安全性は確立されています。 訳が分からない新型コロナワクチンを各種開発してむやみに試す前に、BCG日本株を量産して世界中で接種する方が賢い気がします。 BCG日本株は現状では各国で使用が予定された子供の分しか在庫はありません。 でご覧になれます。

次の