バッタ 飛来 日本。 サバクトビバッタの現在地はどこ?最新2020年7月の地図情報

【驚】日本列島を害虫から守っていたのはカビだった!あのバッタの大群も日本のカビで終息

バッタ 飛来 日本

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【サバクトビバッタ】最新の現在地はどこ? サバクトビバッタの現在地は、国際連合食糧農業機関(FAO)のホームページを見ると確認できます。 FAOのホームページで確認できるサバクトビバッタの情報は、2020年5月27日付のもの。 で、最新のサバクトビバッタの現在地は大まかに、 ・ケニア、ソマリア、エチオピアなどを中心とした東アフリカ ・サウジアラビアやイラン、イラク、イエメンなどの中近東 ・インドの北西部とインドのお隣のパキスタン となっています。 2020年6月2日時点 FAOのホームページには、サバクトビバッタの現在地が示されるデータエクスプローラがありましたので、それぞれの状況を画像で見ていきましょう。 ではまずは、今回の蝗害の発生源となってしまった東アフリカ周辺から。 続いては、サウジアラビアやイラン、イラク、イエメンなどの中近東。 こちらも全体的にサバクトビバッタが繁殖しているのが分かります。 成虫の集団はイラクやイエメンに集中している感じですね。 成虫の集団は東アフリカほどではありませんが、幼虫の数がかなり多いようです。 駆除が追いつかなければ、これらの幼虫もいずれ成虫として増殖、拡大、分散をしていく可能性があるかもしれません。 最後は中国と隣接するインドとその隣のパキスタンです。 インドの北西部がエグいことになっていますね・・・。 ちょっと見づらいですが、パキスタンにも成虫の集団や幼虫がいるのが確認できます。 ちなみに、2020年5月4日のリスクマップでは、インドにサバクトビバッタ存在は確認されていませんでした。 もしかすると、1ヶ月くらいの間に餌を求めて移動したのかもしれません。 下の画像が5月4日のリスクマップ 中国や日本にサバクトビバッタは侵入するのか? インドまでサバクトビバッタが来ているのなら、隣接する中国にも侵入し、いずれに日本にも来るのでは?と思ってしまいますよね。 結論から言いますと、 サバクトビバッタが中国に侵入する確率はほぼないようです。 理由は「広大なヒマラヤ山脈がサバクトビバッタの行く手を阻んでいるから」です。 サバクトビバッタは気温が低くなると飛行できなくなるので、高いヒマラヤ山脈を超えることはまず不可能。 その証拠に中国ではサバクトビバッタの蝗害は歴史上1度もありませんし、 現在も中国に侵入している情報はありません。 突発的な偏西風などで山脈を超える可能性はゼロではないようですが、普通に考えて中国にサバクトビバッタが侵入するのはありえないようです。 中国に入れないのであれば、 サバクトビバッタが日本に来ることもまず考えられません。 「海を渡る可能性もあるのでは?」という声もあるようですが、過去のサバクトビバッタの動きから見てそれも現実的ではないようです。 サバクトビバッタの日本への侵入については別記事にまとめましたので、詳しいことは以下の記事を参考にしてみてください。 関連: 【サバクトビバッタ】今後の移動経路の位置も 東アフリカからインドまで繁殖と拡散をしてきたサバクトビバッタですが、上述したように中国に侵入することはできません。 ではインドまで来たサバクトビバッタは、今後どこに移動するのか気になりますよね? 実は長年サバクトビバッタを追い続けているFAOは、 サバクトビバッタの今後の移動経路の位置も予想してホームページに記していました。 というわけで、早速FAOが示す今後のサバクトビバッタの移動経路の画像を見てみましょう! まずは、被害が拡大しているインドやパキスタン付近のサバクトビバッタの動きから。 その後は赤色の点線で囲んだあたりで夏の繁殖を迎えるんでは?というのがFAOの今後の見方のようです。 インド。 西からラジャスタンに到着した春の育った未成熟な大人のグループと群れは、州の東部を東に移動し、マディヤプラデーシュ州とマハラシュトラ州の中央州に移動し続けました。 5月26日の時点で、少なくとも1つの群れがボパールの北東に達していた。 これらの動きの多くは、ベンガル湾のサイクロンアンファンからの強い西風と関連していた。 制御操作が進行中です。 7月までラジャスタンでは侵略の連続的な波がいくつか予想され、 インド北部をビハールとオリッサまで東向きに急増し、その後西向きに動き、モンスーンに伴う風の変化でラジャスタンに戻る。 これらの動きは、群れが繁殖し始め、移動性が低下すると停止します。 群れは南 インドに到達する可能性が低い、ネパール、バングラデシュ。 引用: 中国へは入れないにしろインド北部に甚大な被害を与えそうですね・・・。 次は東アフリカ付近のサバクトビバッタの今後の移動経路を見てみましょう。 現在東アフリカのサバクトビバッタは、4月~6月に繁殖している個体や集団がインド、パキスタン方面に移動するようです。 先程の「赤い点線の部分に集結するのでは?」ということのようですね。 で、そのほかにもいよいよ西アフリカの方まで移動して、 アフリカの大部分に被害を及ぼすのではないかと予想しているようです。 東アフリカは、 現在の状況は、東アフリカでは非常に憂慮すべきまま ケニア、 エチオピア、および ソマリアは、食料安全保障や生活に前例のない脅威に直面しています。 現在の繁殖による新しい群れは、6月中旬以降に発生し、収穫の開始と同時に発生します。 その後、群れが インドパキスタン国境の両側に沿って夏の繁殖地に移動するだけでなく、 スーダンやおそらく 西アフリカに移動するリスクがあります。 引用: FAOはサバクトビバッタが西アフリカまで行く可能性は少ないとしつつも、繁殖具合によっては 西アフリカも警戒が必要としています。 ちなみに、西アフリカにも砂漠があり元々サバクトビバッタはいるようですね。 2003~2005年には西アフリカでサバクトビバッタの蝗害があったとのこと 一度西アフリカまで移動してしまったら、環境の相性も手伝ってサバクトビバッタがさらに勢いを増す可能性は少なくなさそうです。 【サバクトビバッタ】最新の居場所と今後の動きについてのまとめ 2020年5月27日時点のFAOのデータでは、 東アフリカ、中近東、インド北西部、パキスタンなどがサバクトビバッタの居場所になっているようです。 東アフリカのサバクトビバッタはインド・パキスタン付近へ移動し、 一部は西アフリカまで行くのでは?と予想されています。 あくまで予想なのでこの先さらに勢力を伸ばすのか、落ち着くのかがわかりませんね~。 食用として活用出来ればまだいいのですが、現実的にそれは難しいようです。 日本には来ないとはいえ、地球規模で考えたら相当ヤバいことですよね。 蝗害での食糧不足など、日本人にも出来ることがあるといいのですが・・・。

次の

動画

バッタ 飛来 日本

バッタの大群の大きさや現在地、今どこまで来てる? バッタの大群はなぜ大量発生した? バッタの大群はなぜ大量発生した? 現在各地に『蝗害 こうがい 』をもたらしているバッタの大群ですが、過去にも数十年に一度くらいの頻度で大量発生していました。 最初はアフリカ東部の ケニアやエチオピアとその周辺で群れを成します。 その数がなんと 3600憶~4000億という驚きの数で大群化しているので遠目でみると砂嵐のような光景だそうです。 それが農作物を食い散らすので食料難に陥り、日本にも影響があると言われています。 大量発生の原因はアフリカの乾燥している砂漠で雨期が来て雨が降るとバッタのエサになる草が育ちます。 普段なら雨期はあまり長く続かず、草はすぐ日照りで枯れるのですが、まれに長い期間で雨期が続くことがあります。 するとエサとなる草が生え続けバッタの繁殖が進みます。 バッタは繁殖力が高く、あっという間に仲間が増えてしまい新たなエサを求め群れを成して飛ぶようです。 バッタは大群化することで1日に100キロ以上も移動でき、小さな群れもどんどん合流するのでさらに大集団になるようです。 地球温暖化で大雨が続いたことが原因みたいですね。 恐ろしいの一言しかでませんね。 バッタの大群の大きさや現在地・進路状況は? バッタの大群は現在地や進路状況ですが、パキスタンからインドの広い範囲で存在しているようです。 エチオピアやケニアなどで大量発生したバッタの大群は東へ進み5月末にインドに到達しています。 正確なことはわかりませんが 、6月ごろに中国の国境に侵入する恐れがあり、中国では大量のガチョウを10万羽用意しているのだとか。 バッタの大きさですが 形態 成虫のオスの体長は40-50mm、メスの体長は50-60mmであり、蝗害を起こすバッタの中では大型の部類に入る。 とのことでした。 もしかしたら大きいバッタもいるのかもしれません バッタの大群は今どこまで進行? 現在のバッタの進行状況や今どこまで来ているのか気になりました。 東に進み、現在はインドに進出したようです。 バッタの大群は日本に来るのか? バッタの大群は日本に来るのか? バッタの大群は日本に来るのか1番気になることですよね。 現在パキスタンまで到達したサバクトビバッタは、今後どこまで進むのだろうか。 サバクトビバッタは、高度は海抜2,000mまで上昇することが出来るが、それ以上は気温が低すぎ、上昇できないとされている。 そのため、山脈地帯より先には行かないと考えられている。 世界気象機関の資料によると、サバクトビバッタの到達限界は、「Limit of invasion area」に書かれている線になる。 なので、 中国大陸や日本列島には到達することはなさそうだ。 日本にはくることはなさそうとのことです。 今までに他国からバッタの大群が飛来したことは少ないので、基本的には大丈夫なのかもしれませんね。 日本でバッタの大量発生してしまったら、パニックでは済まないと思います。 ネットでの反応がとても気になりますよね。 バッタの大群のネットの反応は? バッタの大群のネットの反応はどうなんでしょうか? バッタの大群日本に来ないよね…? — LIL. — エース18 Acenumber018 かなり恐怖な声が多くありました。 日本には来ないということですが、安心できないですよね。。 バッタの大群のまとめ 今回は 『バッタの大群の大きさや日本に来るのか?現在地や今どこまで進行?』と題して調べていきました。 バッタの大群はなぜ大量発生した?• バッタの大群の大きさや現在地・進路状況は?• バッタの大群は今どこまで進行?• バッタの大群は日本に来るのか?• バッタの大群のネットの反応は? 最後まで読んでくれてありがとうございます。

次の

バッタ大量発生の現在地はどこ?日本に来る?怖い・ヤバイという声多数!

バッタ 飛来 日本

スポンサーリンク バッタの大群が発生するのはなぜ? バッタの大群が日本に来たら コロナ以上に外に出れない 日本は今まで以上に対策に尽力してほしい — ツイッターおもしろ動画 haripotago そもそもなぜ、突発的にバッタの大群が発生するのでしょうか? こどもでもわかりやすいように解説したサイト から引用してみます! 繁殖環境によって集団行動をするバッタが発生する 空が暗くなるほど巨大なバッタの大群が飛んできて農作物を食い荒らす。 昔から世界各地でバッタが大量発生し、人々を苦しめてきました。 普段は単独行動を好むバッタが集団行動するようになる変化を「相変異」といいます。 仲間が少ないときのバッタを「孤独相」、多いときのバッタを「群生相」と呼びますが、相変異はバッタの大量発生と重要な関係があります。 なぜ相変異が起こるのか。 アフリカの半砂漠地帯に棲むサバクトビバッタを例に解説しましょう。 いつも乾燥している砂漠ですが、雨季に雨が降ると、バッタのエサとなる草が生えてきます。 バッタは、その先に雨が降っていることの多い季節風に乗って移動し、エサにありつきます。 そして、お腹いっぱいになると卵を産み始めます。 雨は数日しか降らないので、草は1か月ほどで枯れてしまいます。 孵化した幼虫はその前になんとか成虫になるものの、その場では生活できず、新しいエサ場を求めて旅に出ます。 ところが、珍しく大雨が降ると、草が枯れるのが遅くなるため、バッタは旅に出ずに数世代連続して繁殖します。 バッタの繁殖力は高く、あっという間に仲間の数が増えます。 草が枯れ始めると、草が残っている狭い範囲にたくさんのバッタが集まってきて、ますます数が多くなります。 仲間が多くなるとバッタの体に変化が起こります。 仲間と群れるようになり、翅が長くなって飛びやすい体になります。 これが相変異です。 実験の結果、バッタは仲間の姿や匂いではなく、ぶつかり合いに反応して相変異を引き起こすこと、そして、その接触刺激を触角で感じていることがわかってきました。 群生相になると1日に100km以上も飛び、途中で小さい群れ同士が合流し、群れはますます巨大になっていきます。 バッタの大群は、大雨によって引き起こされた群生相の大集団なのです。 (国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター・任期付研究員 前野ウルド浩太郎) (引用: ) 簡単にまとめると、 原因は大雨です! 大雨が原因で砂漠の草が枯れにくくなると、一箇所に大量のバッタが大繁殖してしまうんですね。 そこの草が枯れると、また草を求めて旅にでるのですが、そのうち小さい群れ同士が合体して、どんどん巨大化してしまうというわけです! おそろしいですね。 また、 「なぜ群れるようになるのか」というメカニズムまでは解明されていないようです。 今回大発生したサバクトビバッタは、海抜2,000mまで上昇することが出来ますが、それ以上は気温が低すぎ、上昇できないとされています。 なので、中国大陸や日本列島には到達することはなさそうですね。 しかし、油断は禁物です。 日本でも蝗害の発生例は確認されています。 今から92年前、日本で最後のバッタの大群攻撃を受けたのが宮古島です。 1928 年(昭和 3 年)5 月、フィリピンのルソン島でバッタが大量発生し、台湾と石垣島、 宮古島にも飛来して農作物に大きな被害が出ました。 この件に関して、興味深い資料を発見したので興味のある方は下のリンクからぜひチェックして見てください! まとめ さて、今回はアフリカのバッタが日本にくるのか?ということについて調べてみました! 今回、アフリカ東部で発生したサバクトビバッタが日本に被害をもたらす可能性は限りなく低そうですが、バッタの被害という点では、日本も全く関係ない話ではないということですね! フィリピン、台湾など、比較的日本に近い国で、大量発生することがあれば、日本にやって来る可能性も高いと思われます。 これに関しては対策のしようがないので、どう備えればいいのかわかりませんが、日本でもバッタによる被害がもたらされる可能性もあるということが知れたので、最低限の心構えはできたかな〜という感じですね笑 今回の件で、またなにか情報が入り次第こちらに追記していきたいと思います!.

次の