卵 チャーハン。 「チャーハンに卵をいつ入れる?」を科学で検証!パラふわにするにはコレ

今日の献立は「グリーンアスパラとベーコンの卵チャーハン」

卵 チャーハン

スポンサーリンク どうも、Mormorです! 今日は次女が「チャーハンが食べたい!」と言うので、ニンニク卵チャーハンを作ってみました。 ウチの子供達は普段夕食を近所のウチの実家で食べており、次女はウチの父が作るチャーハンが大好物なのですが、それがニンニクと卵だけのチャーハンなので、「チャーハン」と言えばニンニク卵チャーハンなのです。 チャーハンにはスープが付き物なので、卵スープも作る事にしました。 今回は2人分x2回で4人分を作りました。 2人分の卵2個を割って溶き卵を作ります。 これは4人分(約ニンニク2個分)です。 スライスして、芽の部分を取り除いておきます。 油はサラダ油でもオリーブ油でも良いです。 焦げない様に火加減は弱火〜中火位で調整します。 ニンニクがきつね色になるまで炒めます。 ご飯を入れて良くかき混ぜて、全体に火が通るまで炒めます。 火加減は中火位です。 お米1粒1粒にコーティングする様に、良くかき混ぜます。 こんな感じに混ざればOKです。 全体に白い所が無くなる位まで良く混ぜます。 卵が固まらない内に手早く混ぜます。 水分が飛ぶまで混ぜながら炒めます。 味を見て、足りなければ塩を追加します。 お好みで胡椒を少々振っても良いです。 次女が胡椒がダメなので、我が家では子供の分には入れず、大人の分だけに入れています。 これでチャーハンは完成です。 スープ用は1個でOKです。 今回は4人分作ったので、水4カップ(800CC)と、調味料を倍量入れています。 卵が固まったら火を止めて完成です。 次女は「おいしい!」と言ってチャーハンもスープも完食でした。 部活から帰ってきた長女もちゃんと食べてくれました。 と言う訳で、ニンニク卵チャーハンと卵スープでした。 少ない材料と調味料で簡単に出来るので、是非お試しください。

次の

パラパラチャーハンのレシピを<銀座アスター>が伝授。プロ並みの味を作る裏ワザとは?

卵 チャーハン

スポンサーリンク どうも、Mormorです! 今日は次女が「チャーハンが食べたい!」と言うので、ニンニク卵チャーハンを作ってみました。 ウチの子供達は普段夕食を近所のウチの実家で食べており、次女はウチの父が作るチャーハンが大好物なのですが、それがニンニクと卵だけのチャーハンなので、「チャーハン」と言えばニンニク卵チャーハンなのです。 チャーハンにはスープが付き物なので、卵スープも作る事にしました。 今回は2人分x2回で4人分を作りました。 2人分の卵2個を割って溶き卵を作ります。 これは4人分(約ニンニク2個分)です。 スライスして、芽の部分を取り除いておきます。 油はサラダ油でもオリーブ油でも良いです。 焦げない様に火加減は弱火〜中火位で調整します。 ニンニクがきつね色になるまで炒めます。 ご飯を入れて良くかき混ぜて、全体に火が通るまで炒めます。 火加減は中火位です。 お米1粒1粒にコーティングする様に、良くかき混ぜます。 こんな感じに混ざればOKです。 全体に白い所が無くなる位まで良く混ぜます。 卵が固まらない内に手早く混ぜます。 水分が飛ぶまで混ぜながら炒めます。 味を見て、足りなければ塩を追加します。 お好みで胡椒を少々振っても良いです。 次女が胡椒がダメなので、我が家では子供の分には入れず、大人の分だけに入れています。 これでチャーハンは完成です。 スープ用は1個でOKです。 今回は4人分作ったので、水4カップ(800CC)と、調味料を倍量入れています。 卵が固まったら火を止めて完成です。 次女は「おいしい!」と言ってチャーハンもスープも完食でした。 部活から帰ってきた長女もちゃんと食べてくれました。 と言う訳で、ニンニク卵チャーハンと卵スープでした。 少ない材料と調味料で簡単に出来るので、是非お試しください。

次の

お手軽料理!今日のレシピ:ニンニク卵チャーハンと卵スープ

卵 チャーハン

中華料理の定番メニュー焼きめしこと「チャーハン(炒飯)」。 その名の通り、炒めた飯に味付けをする料理ですが、ご飯がべちゃっと固まってしまったり、ダマになってしまったり、意外と難しい料理でもあります。 今回は、そんな チャーハンの基本的な作り方と ご飯がパラパラになるコツを写真と動画でご紹介いたします。 美味しいチャーハンの3つのポイント 1.冷やご飯で作る 炊きたてのご飯には水分が多く含まれており、それがご飯同士がくっつく原因になります。 冷やご飯を電子レンジで1分~2分ほど加熱して、水分を飛ばし、ほぐれやすくしておくと、パラパラとしたチャーハンが作れます。 2.火加減は強火 強火で一気に火を通します。 家庭用コンロの強火はお店の強火とは何百度も差がありますが、出来るだけ高い温度で具材の水分をさっと飛ばせるとベストです。 テフロン加工のフライパンの場合は空炊きすると傷んでしまう場合がありますので、お気をつけください。 3.具材は少なめに 具材はネギ・チャーシュー・ニンジンなど3種類くらいがベストです。 具材が多いとその分、水分量も増えるので、ご飯がべたつきやすくなってしまうためです。 また具材に水気の多いものは、しっかりと水気を切ってから加えましょう。 基本のチャーハンの作り方 <材料( 1人分)> 卵 1個 油 大さじ1 冷やご飯 茶碗1杯分 お好きな具材 (ネギ、チャーシュー、ニンジン、タマネギなど) <下準備> ・卵は溶いておく ・入れる具材は先に炒めておく ・冷やご飯は電子レンジで1分~2分ほど加熱しておく <作り方> 1.フライパンを強火でよく加熱する。 水を一滴垂らしてすぐに蒸発するくらいに加熱します。 2.油を多めに入れて馴染ませ、溶き卵とご飯を順番に加えて手早く混ぜる。 溶き卵を入れると上記の写真のようになります。 すぐにご飯を加えて、空気を含ませながら、ご飯がつぶれないよう切るように混ぜましょう。 3.炒めておいた具材も加えて、木べらなどで切るように混ぜて行く。 ご飯が具材と卵としっかり混ざるように混ぜて行きます。 4.最後に塩、胡椒、醤油などで味付けをする。 パラパラチャーハンの作り方 憧れのパラパラチャーハンに近づくための、簡単な方法をご紹介。 一工夫するだけで、ご飯がくっつきにくくなりパラパラチャーハンが簡単に作れます。 正統法ではないので、本格チャーハンに比べて味は少し劣るかもしれませんが、お米がパラパラとするのは間違いないです。 1.卵とご飯を予め混ぜる とても有名な方法ですね。 卵とご飯を予めしっかりと混ぜ合せてから炒めることで、卵が米粒にコーティングされて、パラパラとした仕上がりになります。 卵の量が多かったり、しっかりと切るようにご飯を炒めて行かないと、 になってしまうので注意。 2.油をご飯に混ぜる ご飯に予め油を混ぜておくと、これも卵と同様に米粒に油がコーティングされて、パラパラとした仕上がりになります。 油分が多くなるので、卵を炒める時の油分を気持ち減らすなどして全体量を調節してください。 3.マヨネーズを混ぜる ご飯にマヨネーズを混ぜておくことで、油と卵により米粒がコーティングされて、パラパラになります。 さらにマヨネーズが炒められることで香ばしさが加わり、味に深みが生まれます。

次の