グラブ ワークス ホームページ。 【これで不安なし】グラブワークスのオーダー方法や納期を徹底解説

ワークスペースのホームページの理解

グラブ ワークス ホームページ

「見せ方」「伝え方」で広告の効果は変わります。 ご予算を効率的に活かすために、広告媒体や仕様のご提案もいたします。 ご期待に応えるだけでなく、それを越えて行く仕事を日々目指して「実績と信頼」を積み重ねます。 差し支えない範囲でお客様の現状をお話しください。 具体的な解決策をご提案いたします。 活動開始から16周年を迎えました。 ありがとうございます。 神奈川県横浜市都筑区で活動中の個人デザイン事務所です。 東京都内のデザイン事務所勤務の後、2003年に個人事務所を開業。 以来、チラシやパンフレットなどの広告印刷物やホームページ各種の企画・デザイン全般を承っております。 ご依頼頂いた期待と責任にお応えできるよう、一つ一つの案件に丁寧に取り組んで参ります。 今後とも、宜しくお願いいたします。 構築 看板デザイン、パッケージデザインも承っております ウェブサイト(ホームページ)の企画・制作と保守管理 写真撮影およびイラスト制作 主な営業エリア 横浜市/川崎市/東京都南西部 (その他近郊エリアの方もご相談ください。 可能な範囲でご対応致します) 制作環境 【パソコン】 ・iMac 5K(3. 8 GHz Intel Core i5) ・MacBook Pro(2. 8 GM ・FE 24-70mm F2. 8 GM ・FE 24mm F1. 4 GM 他 その他 (公益財団法人)東京都中小企業振興公社 よくあるお問い合わせ.

次の

ワークス恵光/ワークス恵光/岐阜市公式ホームページ

グラブ ワークス ホームページ

「見せ方」「伝え方」で広告の効果は変わります。 ご予算を効率的に活かすために、広告媒体や仕様のご提案もいたします。 ご期待に応えるだけでなく、それを越えて行く仕事を日々目指して「実績と信頼」を積み重ねます。 差し支えない範囲でお客様の現状をお話しください。 具体的な解決策をご提案いたします。 活動開始から16周年を迎えました。 ありがとうございます。 神奈川県横浜市都筑区で活動中の個人デザイン事務所です。 東京都内のデザイン事務所勤務の後、2003年に個人事務所を開業。 以来、チラシやパンフレットなどの広告印刷物やホームページ各種の企画・デザイン全般を承っております。 ご依頼頂いた期待と責任にお応えできるよう、一つ一つの案件に丁寧に取り組んで参ります。 今後とも、宜しくお願いいたします。 構築 看板デザイン、パッケージデザインも承っております ウェブサイト(ホームページ)の企画・制作と保守管理 写真撮影およびイラスト制作 主な営業エリア 横浜市/川崎市/東京都南西部 (その他近郊エリアの方もご相談ください。 可能な範囲でご対応致します) 制作環境 【パソコン】 ・iMac 5K(3. 8 GHz Intel Core i5) ・MacBook Pro(2. 8 GM ・FE 24-70mm F2. 8 GM ・FE 24mm F1. 4 GM 他 その他 (公益財団法人)東京都中小企業振興公社 よくあるお問い合わせ.

次の

【これで不安なし】グラブワークスのオーダー方法や納期を徹底解説

グラブ ワークス ホームページ

懐かしい・・・。 なんか涙出てくる・・・。 今回はミズノではなく(笑) 「グラブワークス」 について紹介していきたいと思います。 あなたはグラブワークスをご存知ですか?現在話題のグラブオーダー専門メーカーですね。 またグラブワークスでオーダーする事を決意。 遊びたいんや。 Contents• はじめに グラブのオーダーというと自由度がありオリジナルのグラブが手に入る反面、高額で敷居が高いイメージがあります。 しかし、そのイメージは多くのメーカーでは当てはまりますが、Twitter等で話題のメーカーである「Gloveworks(以下グラブワークス)」には当てはまりません。 今回はそんな「グラブワークス」について、実際にオーダーした内容を含め、オーダーの手順についても説明させていただきます。 グラブワークスとは グラブワークスは、1995年に設立されたアメリカのグローブメーカーです。 オーダー専門のメーカーとなっており、既製品のグラブは無く、取り扱っている店舗も国内では無いようです。 アメリカのメーカーではありますが、生産は韓国となっています。 メジャーや韓国プロ野球では使用している選手もいるようですが、国内で使用しているプロ選手はいません。 ちなみに使用している選手は、一部では「Gloveworker(グラブワーカー)」というそうです。 下記はグラブワークスのグラブを使用しているMatt Magill選手です。 引用: 実際に注文するには 注文はでシミュレーションをしながら行います。 手順は以下の通りです。 各仕様について、詳細を説明します。 ) GAME DAY(韓国で加工されたステアハイドを使用) PRO STEERHIDE(日本で加工されたステアハイドを使用) PRO KIP(日本で加工されたヨーロピアンキップを使用) サイズ(サイズは手首の土手部から人差し指先端までのサイズ) グラブは10. 5インチ〜13. 5インチが指定可能 ファーストミットは11. 5インチ〜12. 75インチが指定可能 キャッチャーミットは31. 5インチ〜34インチが指定可能• 選択は右側のイラストに反映されますので、色々とトライしながら選択すると良いです。 右のグラブの左下にある矢印を操作することで、イラストを回転させることができ、捕球面や四本指側の表示も可能です。 ヘリ革、ハミダシ、紐、縫い糸の選択が可能です。 選択できるのは、手首部、親指部、手の平部、捕球面です。 選択可能な内容について、それぞれ説明します。 手首部 無し デフォルト(グラブワークスのラベル) テキスト(14文字以内) ロゴ(ファイルアップロードが可能) フラッグ(各国旗) イメージ(グラブワークスのロゴ他) 親指部(テキスト) 無し テキスト(14文字以内) 親指部(丸刺繍) 無し デフォルト(グラブワークスのロゴ) 番号 国旗 手の平部 無し テキスト(10文字以内、2行不可) 捕球面 選択した革につき二種類の刻印が選択可能• 右上の「PURCHASE NOW」を選択することで注文画面に進めます。 各仕様について、三面の絵を見ながら確認し、問題がなければ「PROCEED TO CHECKOUT」を選択します。 内容をしっかり確認しましょう。 画面に沿って必要事項を記入し、確定すると注文完了になります。 しかし気になる点や疑問点がある場合は、注文前にコンタクトを取って確認した方が良いと思います。 仕様を考えるヒント グラブワークスは制作事例がネット上に多く掲載されていることも特徴です。 特には頻繁に更新されていますし、一般ユーザーが公開している投稿も多くあります。 また、 シミュレーションではバックスタイル(バックモデル)は一つしか選べませんが、実際には複数種類あります。 バックモデルとは以下のようなものですね。 引用: 後述するように、四本指側の刺繍や漢字の刺繍も可能ですが、 シミュレーションでは選択できません。 やはり気になる点は、コンタクトを取って確認した方が良いと考えます。 実際にグラブワークスで購入してみました。 納期は2ヶ月程。 私が購入したのは、GAME DAYの11. 5インチになります。 浅村栄斗選手(埼玉西武ライオンズ)を意識しつつ、派手なカラーリングにしてみました。 グラブはDHLにて、 韓国から中国を経由し、注文から二ヶ月で届きました。 (これは私が注文後に追加で数点注文をつけたためです)。 他のユーザーを見ると、二ヶ月かかることは少ないようです。 追加で注文したのは、人差し指部の刺繍と、手の平部を刺繍している部分です。 追加注文でしたが、快く対応頂きました。 使用した感想としては、値段よりは革は良く感じます。 捕球音も「パチっ」としており良いです。 革が薄く軽い感じがし、操作性が良い一方で一番鳴るポイントで取ると、軟式でも人差し指が痛いです。 全体の感想としては、値段を考えると大満足です。 以下が私がオーダーした実際のグラブです。 グラブワークスでオーダーするメリットとデメリット 以下が私が購入した経験をもとに考える、グラブワークスでオーダーするメリットとデメリットです。 値段以上ではあるが、実際に制作可能でも、シミュレーションでは選択出来ない項目が多く、別でコンタクトを取る必要が発生してしまう• 勢いで二個目をオーダーしそうになる まとめ 実際にオーダーすると、仕様をあれこれ考えている時間も楽しく、待っている時間のワクワクも楽しく、届いてから使用するのも楽しいことが分かると思います。 完全に 自分だけのオリジナルグラブが破格で手に入るのは、正直驚きです。 それだけに、買ったらすぐに次のが欲しくなってしまいます。 ちなみに グラブワークスは定期的に20%オフを行っています。 直近だと、アメリカの独立記念日、ブラックフライデー等です。 これらのチャンスにオーダーすることで、通常よりもさらに安くオーダーすることが可能になります。 また、現在グラブの制作は韓国(もしくは中国)で行っているようですが、日本で生産する計画もあるようです。 その際は価格帯を含め、どのような品質のグラブになるのか楽しみです。 この記事で一人でも多くのグラブワーカーが、増えることを願っています。 以上、グラブワークスオーダー(注文)方法・評判・納期を購入者が徹底解説…の話題でした! 👇👇👇👇.

次の