スープ ジャー レシピ 簡単。 スープジャーのお弁当レシピ20選|パスタ/リゾット/おかゆ/スープ

こんな簡単でいいの!?材料入れて放置の「スープジャー弁当」レシピ

スープ ジャー レシピ 簡単

スープジャーの保温機能を存分に活かしたレシピです。 押し麦にたっぷりと水分、豆乳を染み込ませることによって美味しさが格段にアップ!不足しがちな食物繊維もたっぷりと入っているので、栄養バランスも良いです。 味付けは市販品を使うことで、調理の手間が格段に楽になりますよね!押し麦が無い場合は白米に変更しても良さそうです。 【材料】 1人分 押し麦45g、生しいたけ 4等分に切る 2枚、長ねぎ 1. 「スープジャー」は0. 3Lサイズを使用します。 氷が入っているので、食べるころにはしっかりと冷えていて、夏バテでもサラッと食べてしまいそう!冷蔵庫に余っている野菜をチョイスして追加しても良さそうですね。 パスタなどと組み合わせても美味しそうです。 3Lサイズのスープジャーを使用します。 保温調理を利用した、料理です。 朝に準備しておけば、昼食時に調理完了!お米を炊く手間も省けて、忙しい朝にもぴったりですね。 鶏肉のうま味が米と大根にしっかりと染み込みます。 大根の葉っぱは小口切れにする。 鶏ひき肉がほぐれたら、あられ切りをした大根と酒を加えて、沸騰したらアクを取る。 残りの材料を全て加えて全体を混ぜる。 やっぱり夏といえばカレーですよね!準備さえできれば、キャンプなどのアウトドアでも作ることができます。 ごろっと野菜が入った満足感たっぷりなカレーです。 お好みで野菜を足すのも良さそうです。 スープを多めにし、米を一緒に入れてリゾット風にするのも良いかもしれませんね! 【材料】 1人分 かぼちゃ 2. 沸騰したら3分ほど煮込む。 とろみがつくまで煮込む。 食欲がなくなりがちなジメっとした夏場でもあっさり食べれますよね!そうめんはひと口サイズにまとめておかないと、くっついてしまうので注意が必要です。 くるっとまとめて、食べやすいようにしておきましょう。 スープジャーは380mlサイズを使用しています。 ざるにとって流水で洗う。 冷水で絞めてから、よく水気を切る。 宮崎の冷や汁風に仕上がります。 暑い夏には冷や汁で食欲も回復!薬味がたくさん入っているので、食べやすく、とてもヘルシーな一品です。 たっぷりと食べたい方はそのまま量を増やすだけで満足感あります。 忙しい朝でも簡単にお弁当が準備できるのは、嬉しいですよね。

次の

スープジャーのお弁当レシピ20選|パスタ/リゾット/おかゆ/スープ

スープ ジャー レシピ 簡単

最近、スープジャーが大人気ですよね! スープジャーとは、密閉と保温ができる保温弁当箱の一種で、フードコンテナ、スープボトルとも呼ばれます。 中におみそ汁やスープを入れて、お弁当と一緒に持ち歩けば、ランチタイムに温かい一品を食べることができます。 でも実はそれだけじゃなく、スープジャーならではの保温力を利用して、簡単な調理ができるんです! 例えばそう、 「お粥(かゆ)」 上は、ポップデザインがかわいい rickeというシリーズのスープジャー。 今回はこちらのスープジャーを使って、お粥を作る実験をしてみたいと思います。 ちなみに、他にもいろんなデザインのスープジャーが販売されていますよ。 というわけで、今回は実際に作りながら、おすすめの簡単アレンジレシピなどをご紹介しますね。 MEMO ここでご紹介した、スープジャーの「余熱」について。 おかゆだけでなく、スープやお味噌汁、温かいご飯をお昼まで温かさをキープする上でも重要なポイントなので、お使いのスープジャーで思ったほど保温効果を感じられないときは是非試してみてくださいね。 お粥ランチにぴったりのおすすめスープジャーは? 今回この実験で使用した rickeというシリーズのスープジャー。 保温力だけで調理するので、電気代も節約できてエコ。 そのうえ、ヘルシー。 アレンジしがいがあるので、毎日楽しみです! 材料入れて放置でOK!簡単に「温泉たまご」を作る裏ワザ スープジャーの保温力で作れるのは、お粥だけではありません! つづいては、スープジャーの保温力を利用して、簡単に温泉卵を作る裏技をご紹介します。 スーパーでも売っていますが、生卵にくらべるとかなり割高。 でも、スープジャーがあれば簡単に作れるんです! 今回も、当社の撮影室で実際に作ってみました。 (お湯はまだアツアツなので、ヤケドに注意!) 殻を割ってみると… ちょうどいい柔らかさにかたまっていました。 まさに、温泉たまご! 今回も使ったのは、ポップデザインがかわいい rickeのスープジャーです。 スープジャーでたまご料理をつくるポイント 温泉たまごを作るときのポイントは、 冷蔵庫から取り出したばかりのたまごを使わないこと。 たまごがいい感じです。 おいしそう~! 温泉たまごよりすこし固めですね。 上手に作るコツは、スープジャーを予熱する時に、たまごも温めはじめることだそうです。 失敗するとたまごがうまく固まらず、生卵っぽい仕上がりになるのだとか。 スープジャーで作れるお粥ランチとたまご料理! ぜひ一度お試しあれ!.

次の

【スープジャー】すぼらレシピ紹介!入れるだけで完成するから長続き!

スープ ジャー レシピ 簡単

こんにちは!温かいスープがあるだけで満足感が得られます! 冬に人気があるお弁当用品、それは 魔法瓶でできた「スープジャー」です。 寒い冬でもランチの時に、温かいスープ・汁物を食べられるスープジャーを買ったので、色々なレシピを試しています。 朝、手の込んだスープを作るのは大変なので… ずぼらレシピでスープジャー生活を長続きさせたい! 「せっかくスープジャーを買ったけど、調理が面倒で使わなくなった…」には、なりたくない! スープジャーのアレンジが上手くなるためには、4つのポイントがあります。 ずぼら用の具材を用意しておく• ずぼらレシピの味付けを覚える• 具材の予熱を忘れない• 前日の残り物をアレンジする ダイエットにもなるヘルシーなスープジャー生活をご紹介します。 【スープジャー】簡単すぼらレシピで長続き! 「ずぼらスープジャー」具材の準備 時間のない朝にわざわざ鍋を取り出してスープを作るのは大変ですよね。 そのため私は、 簡単にスープを作るためのスープジャー具材を用意しています! もちろん、冷蔵庫にある野菜やハム・ウインナーなども使えますが包丁・まな板を出して切るのが面倒。 常備しておくと簡単にスープジャーレシピが完成する食材もあるんです! <私が常備しているズボラレシピ用の食材>• 乾燥わかめ• 冷凍肉だんご• 冷凍餃子• 冷凍野菜(人参・ネギ・きのこ等) 乾燥食材の春雨・わかめ・ごまは、腐りにくい食材なので常備しやすいです。 (スープジャーに入れる量はこれぐらい) 冷凍庫にストックしておくべき食材は、肉団子・餃子・野菜です。 肉団子と餃子は、ズボラレシピのメイン食材になります! ウインナーやベーコン、ちくわなどもスープジャーに入れるだけで火が通る食材なので使いやすいですが…肉団子・餃子の満足感がスゴイ! ずぼらスープでも、美味しくて満足感のあるレシピにしたいなら肉団子・餃子はおすすめです。 野菜は、前日にカットしておいても良いですし、朝カットしても大丈夫です。 ただ、私は面倒な作業が嫌なので…事前に冷凍しておきます。 ネギは刻み、人参も薄く細切りにして、冷凍用のフリーザーバッグに入れておくだけ。 (ゴボウ・きのこ類も冷凍可能です!) ここらへんは、お好みの野菜でOKです。 個人的には、 彩りが良くなるのでネギ・人参は欠かせません。 そのためには、味付け方法を覚えておくと楽です。 朝、スマホでレシピを調べながら調味料をはかって作る…のは面倒ですから。 私が実践している、味付けパターンをご紹介します! <ずぼらレシピの味付け6パターン>• コンソメスープ• 中華スープ• 塩スープ• チゲスープ• コーンスープ(インスタント)• 卵スープ(インスタント) 6パターンあれば、飽きずに毎日違うスープを持っていけます! 鶏ガラスープを薄口醤油・めんつゆ・白だしに変えても美味しくなりますし、コンソメを昆布だし・和風だしに変えても良いです。 具材を変えることで同じ味付けでも変化するので…変化は無限大。 調味料の分量は、スープジャーの大きさによって異なるので各自調整してください。 「サーモスの380ml」を使用している我が家では、味の中心になる調味料(鶏がらスープやコンソメ類)は小さじ2、その他は少々…といった感じです。 味の濃さが不安だな…という場合は、先にスープ(お湯+調味料)を作ってからスープジャーに注ぐと安心です。 味パターン6つを具体的に紹介していきます! 卵スープ インスタントの卵スープ スーパーなどでも見かける卵スープも、ずぼらレシピの1つに加えています。 ふわふわ卵・わかめが入ったスープは味付けがされているので、少し具材をプラスで追加するだけで食べ応えがアップします! 私は、春雨を入れたり白菜(キャベツ)を入れて量を増やしています。 【ずぼらスープジャー】前日の残りアレンジ 前日の残り「シチュー」・「ミネストローネ」をスープジャーへ スープジャーに調味料・具材を入れるだけのスープも美味しいんですが、 たまには前日の残り物も持って行きたいですよね! シチュー・カレー・豚汁などを作った翌日は、ぜひスープジャーに詰めていきましょう! その際、 きちんと加熱して熱々の状態でスープジャーに入れるようにしてください。 前日に茹でた「パスタ」でスープパスタ(アレンジ) 我が家では、 前日にペンネ料理を作ったら茹でたペンネを取っておきます! (茹でる前のパスタをスープジャーに入れてお昼まで放置する方法もありますが…失敗が怖いので茹でたパスタを使用しています) コンソメスープ・コーンスープにいれたら立派なスープパスタになります! 今回は、ホワイトスープ(牛乳・コンソメ・ニンニク・粉チーズ・塩)にペンネ・ベーコン・キャベツを入れています。 ただ、1つだけ注意点…というかポイントがあります。 お湯を注ぐ前に具材を温めておく必要がある! 具材が冷えているのにお湯を注ぐと…火が通らない可能性がありますし、スープの温度もぬるくなってしまいます。 温度が低くなると野菜が煮えない…という失敗の原因になってしまいます。 「スープジャーを事前にお湯で温める」ということを知っている人は多いですが、具材の温度は忘れがちなので注意してください。 具材の予熱方法は、2つあります。 常温の具材・冷凍具材をスープジャーに入れます。 上から熱湯を入れて5分ほど放置すると、冷たい食材の中まで温かくなります。 お湯だけ捨てた後、調味料を入れて再び熱湯を注げば完成! 要は、スープジャーの中の温度を下げないならば、どんな方法でも大丈夫! (春雨や乾燥わかめなどは、加熱せずにそのままスープジャーに入れて大丈夫です。 amazon >> 肉団子は「業務スーパー」の激安商品を冷凍庫にストックしています。 参考記事 >> 餃子は「王将の業務用」が安くて美味しいのでスープジャーにも使っています。 参考記事 >> まとめ 入れるだけで作れるスープジャーのレシピをご紹介しました。 スープジャーは、毎日同じメニューだと飽きてしまいますし、手が込んだスープも毎日作るのは大変です。 春雨などの乾物、冷凍食材を使うことで、具材のチョイスに悩むこともなくなります。 また、味付けは、インスタントと自分の味付けを使い分けて色々試してみると好みのスープが分かってきます! 朝から包丁を握ったり、鍋でコトコト煮込むのは大変なので手抜き・ずぼらしつつスープジャー生活を楽しみましょう! ありがとうございます。

次の