配信者 事故。 富士山滑落のニコ生配信者、下山しても危機的だったか 専門家「17時には真っ暗。コースが分かっていても...」: J

女性配信者が生放送中に死亡事故 バスと衝突する映像 ※動画とGIF※

配信者 事故

ご視聴ありがとうございました。 こんな弁護士におすすめ ・交通事故事案を強化したい弁護士 ・これから交通事故事案を手がける弁護士 ・人身傷害保険の仕組みと人身傷害保険を利用した解決法を学びたい弁護士 講義内容 自身にも相当の過失があると考えられる場合、相手方の資力が十分ではないと見込まれる場合等には、 相手方に対する請求だけでは十分に損害を回復できないことも多い。 その場合、相手方に対する損害賠償請求だけに固執せず、人身傷害保険という自分の保険を 使うことは、被害回復のための有用な手段の1つです。 依頼人に損をさせないための人身傷害保険の仕組みと人身傷害保険を利用した解決法を 多くの交通事故事案を解決してきた経験を持つ講師が直伝。 講師詳細 講師名 平岡 将人 氏(弁護士法人サリュ 代表弁護士) 講師紹介 昭和52年、埼玉県生まれ。 中央大学法学部卒業後、 平成18年弁護士登録時より弁護士法人サリュに在籍。 平成26年より同法人の2代目の代表に就任。 交通事故における障害者の差別的な運用にNOを突きつけた、 さいたま地裁平成27年3月20日判決(控訴審東京高裁平成28年1月20日判決) など数多くの実績を残す。 「お客様の喜びがサリュの喜び、常に本気の事務所を目指して」 多くの弁護士・リーガルスタッフとともに、日々邁進している。 第一東京弁護士会 所属/元埼玉弁護士会人権擁護委員会所属 副委員長 第一東京弁護士会人権擁護委員会所属/日本交通法学会所属/経営法曹会議所属 著書一覧 「国・裁判所・保険会社の不合理な真実虚像のトライアングル」(幻冬舎)を はじめ、多数の著作を執筆するほか、「後遺障害等級14級9号マスター講座」等 の交通事故被害者を救う賠償交渉のノウハウに関するセミナーで講師を務める。 その他のセミナー.

次の

【放送事故】女配信者殺害予告をされる【ぶりたん】

配信者 事故

今回、ご紹介するのは配信時に載せたい音だけ載せるというもの。 今回の設定を行うことで、 1.音声事故が起きない 2.配信者、視聴者の音量を別々で調整できる ということができます。 全部フリーソフトだけで完結するので、是非設定してください。 音声事故をしたくないとは、配信者なら誰しも思うでしょうし、 音声が、 配信者にとっては小さいけど、視聴者にとっては大きい というしばしば起こる現象を、配信者が我慢して小さくしたりせずに済みます。 他にも配信中に、 ・版権アウトな曲を聴きたい ・他の人の配信を聴きたい ・通話音声を載せたくない とかも解消します。 私は特に2つ目の、他の人の配信をよく見てます。 それがネックで、配信したくてもできないことがありましたが、今はネックがなくなり配信しやすくなりました。 それでは紹介させていただきます。 1.必要なソフトウェア 今回は OBS、 VB-CABLEというフリーのソフトウェアを使います。 以下のリンクからインストールしてください。 両方ともインストールまでは簡単です。 VB-CABLEのみ、少し注意が必要なので書いておきます。 ダウンロードした圧縮ファイルを解凍 2. 簡単に言うとよわよわPC用。 VB-CABLEは音声デバイスとして常駐します。 セットアップは簡単なので割愛。 2.OBSの設定 デスクトップにショートカットが作成されているのでそこから起動。 OBS起動するとなんか聞かれますが、よく読めばわかるので割愛。 1)シーンの追加 赤枠のプラスマークを押すと、シーンの名前を付けるウィンドウが出るので配信したいゲームの名前とかを付けてください。 2 )デスクトップ音声を消す 諸悪の根源。 一番楽なんですが、コイツのせいで事故る。 ミュートにして、非表示にしましょう。 以下の、 何もない状態でOKです。 これで、 1.音声事故が起きない を無事達成できましたがこの状態では、 配信に載せたい音が無い状態なので、以下からが配信に載せる音声の設定。 2)ソースの追加・聴く音声の設定 自分が聴く音声です。 配信には音載ってるけど自分は聞こえないんじゃ配信のモチベ激減です。 一番大事。 赤枠のプラスマークを押すと右側にメニューが出てきます。 その中にある、「音声出力キャプチャー」を選択。 「聴く用」のような分かりやすい名前にしてOKを選択。 次にどの音声デバイスを配信に載せるかっていうところです。 規定から、「 CABLE Input VB-Audio Virtual Cable 」を選択。 3)配信出力用の音声 入力と同じ、「音声出力キャプチャー」を新たに作成。 「配信出力用」のような分かりやすい名前にしてOKを選択。 すると「聴く用」と同じような画面が出るので、「聴く用」と同じ音声デバイスを選択。 4)配信に載せる音声、聴く音声の音量切り分け 歯車マークを押した後、オーディオの詳細プロパティを選択。 オーディオの詳細プロパティが出てくるので、以下の通り設定。 聴く用 :モニターのみ(出力はミュート) 配信出力用:モニターオフ あとはどう調節するかですが、バーをいじるだけなので難しいことはないと思います。 見た通り、左に寄せると小さく、右に寄せると大きくなります。 これで、2.配信者、視聴者の音量を別々で調整できるようになりました。 OBS側の設定は完了。 今後は既存の設定として使えるようになるので、以上で設定した2つを選択することで同じ環境にすることができます。 あとは残すところ、配信に載せたい音の音声デバイスを「 CABLE Input VB-Audio Virtual Cable 」に変更するだけ。 3.配信に載せる音の設定(アプリごとの設定) Windows10向けの設定。 1)配信に載せたいアプリケーションを起動する ゲームやブラウザを起動してください。 2)配信に載せたいアプリケーションの出力デバイスをCABLE Input VB-Audio Virtual Cable に変更する 左下の"ここに入力して検索"に、「 サウンド ミキサーのオプション」を入力してEnter 僕はPuyoPuyoTetrisを配信に載せたいのでここの出力だけ規定から、「 CABLE Input VB-Audio Virtual Cable 」に変更。 以上で、今回はPuyoPuyoTetrisが配信音声に載るようになりました。 他のGoogleChrome等の規定のデバイス(CABLE Input略以外のデバイス)の音声は、配信上には載りません。 この設定は載せたいアプリ毎に必要です。 面倒ですが音声事故を起こさないためならば致し方ないでしょう。 Windows10より古いものの設定は分かりません。 申し訳ないです。 アプリケーション側のサウンド設定でデバイスが選択できるのであれば、そこで「 CABLE Input VB-Audio Virtual Cable 」を設定すれば、同じ状況になります。 設定は以上となります。 ここからはメリット・デメリットについて メリット ・普段使いの音声デバイスが配信に載らないため、音声関連のトラブルが起きない ・配信者、視聴者の音量を別々で調整できる ・遅延等の劣化がない ・OBSから音が流れるので音声フィルターをかけられる 4つについてですが、上記ではプッシュをしませんでしたが、この設定すると実は、普通ならめんどくさいであろう音声フィルターを簡単にかけれます。 例えばOBSのフィルターにノイズゲートがあるので、FPSで不要な環境音を遮断できる とは思うんですが、めんどくさいの気持ちが勝ちそう。 あとゲーム規約的に大丈夫?って確認する必要も出てきそうなんで僕はめんどくてかけない。 デメリット ・この設定をしたアプリケーションはOBSを起動しないと聞こえない ・ゲーム毎に設定するのが面倒 全体的にめんどいぐらいがデメリットじゃないでしょうか。 起動がめんどいのはOBSをタスクバーに入れたり、スタートアップに登録すれば解決。 登録すると、PC起動後勝手に立ち上がります。 タスクバーに入れる方法は、OBSを起動しアイコンを右クリック後、「タスクバーにピン留め」 スタートアップについては以下の記事が分かりやすいです。 ちなみに、上記の設定はニコニコのNAirって奴の引き継ぎ機能を使うと、この時点で同じような状態になるのでご活用ください。 あとがき 手順としては意外と少なかったと思います。 音声切り分け、分割、配信に載せない とか、ggっても意外と簡単な方法や配信都度設定するものしか出てこなかったのでまとめた次第です。 もっと良い方法があったら教えてください。 それでは設定お疲れさまでした。

次の

なぜこの時期に...ニコ生配信者、富士山で滑落か 「あっ、滑る」最後に動画はストップ: J

配信者 事故

津市の国道で2018年、乗用車がタクシーと衝突して乗客ら4人が死亡、1人が大けがを負った事故で、自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた元ソフトウェア会社社長の末広雅洋被告(58)に対する裁判員裁判の判決が16日、津地裁であった。 柴田誠裁判長は、「制御困難な高速度」だったが事故の危険性の認識があったとまでは言えないと判断。 同罪の適用は認めず、同法の過失運転致死傷罪を適用し、懲役7年を言い渡した。 検察側は、危険運転致死傷罪で懲役15年を求刑。 同罪が認められなかった場合は、過失運転致死傷罪にあたるとして「予備的訴因」を追加。 この罪では懲役7年を求刑していた。 公判では、当時の末広被告の運転が「進行を制御することが困難な高速度」だったか、その危険性を認識していたかどうかが主な争点となった。 この日の判決で、柴田裁判長は、時速146キロでの運転は、今回の国道の法定速度(時速60キロ)を大きく超過し、事故を回避するための適切な車線変更ができないとして「物理的には制御困難な状態だった」と指摘。 一方で、事故の危険性については「『具体的な可能性として、(被告が)現実に頭に思い浮かべていた』、すなわち犯罪の故意があったと認定するには合理的な疑いが残る」と述べ、危険運転致死傷罪は成立しないと結論づけた。 判決によると、末広被告は18年12月29日午後9時50分ごろ、乗用車を運転し、津市本町の片側3車線の直線道路を時速146キロで運転。 注意を怠り、国道沿いの飲食店から中央分離帯の開口部に向かって横断していたタクシーの右側に衝突し、男性運転手(当時44)と乗客の男性3人の計4人を死亡させ、1人に大けがを負わせた。 公判で検察側は、被害結果が重大だったとして「一般道を時速146キロで走行する犯行態様が非常に危険で悪質」と主張。 弁護側は、危険運転致死傷罪について、直線道路を横断しようとするタクシーの動きへの対応までは想定しておらず、「拡大適用であり、不相当だ」と訴えていた。 過失運転致死傷罪は認めていた。

次の