あさひ 電動 自転車。 「あさひ」戦略車?『エナシスフィール』電動アシスト自転車をどう見る?

自転車人気メーカー「あさひ(ASAHI)」の自転車が熱い

あさひ 電動 自転車

電動アシスト自転車と言えば、 が人気ですが、 メーカー品と言うこともあって若干 お値段が高いようです。 ・錆に強い!ステンレス素材の大型バスケットが前かごです。 ・リアキャリアもしっかり。 タイヤサイズは 26インチ。 の 大きめサイズで、タイヤ1回転の距離が 長いので、ペダルを漕ぐ力と回数が軽減 され、乗りやすいタイプです。 女性の方がちょっと心配なタイヤのパンク。 しかし、ご安心ください。 アサヒのエナシス エルピュール電動アシスト自転車hは 「ハイプロテクションタイヤ(耐パンクタイヤ)」 が採用されているので、ちょっとしたクギを 踏んでも、ゴムが5ミリ厚で太くなっている のでパンクレスです! さらに内装変速が3段ついていますので、 あらゆる傾斜の道路に対応しやすく なっています! これでお値段が 86,800円税込は かなりお得な価格です。 通勤通学、お買い物そしてサイクリング にも様々なシーンで使えます。 自転車人気メーカー「あさひ(ASAHI)」の自転車が熱い関連情報 最新の売れ筋・人気がわかる自転車のシティサイクル限定通販ランキングや激安価格、おすすめメーカーやおしゃれタイプなどについて解説しています。 おすすめの自転車のヘルメットの紹介や、通販売れ筋ランキング情報です。 幼児用、子供用、大人用向けのバイクヘルメットを種類に合わせて素材やブランドなど解説しています。 売れ筋・人気がわかるマウンテンバイク通販ランキングの動向や激安価格、おすすめブランドや体験談などについて解説しています。 人気の電動アシスト自転車の通販ランキングの動向や人気の移り変わり、種類やおすすめブランドについて解説しています。 パナソニックやヤマハ最新情報他。 人気の電動アシスト自転車パナソニックのギュットミニDXを実際に試乗して感じたメリットやデメリットについて口コミをご紹介しています。 1歳の子供を乗せるために人気の電動アシスト自転車探し。 3つの有名メーカーの一つ、ヤマハ電動自転車PAS Kiss mini un(パスキッスミニアン)を試乗した口コミです! 人気の折りたたみ自転車の通販人気ランキングの傾向や種類・メーカーについて解説しています。 最近では自転車同士や、自転車と歩行者との衝突事故が増えています。 ルールさえ知っておけば、 こういった事故を少なくできるので自分にとってもプラスですよ! 街中の放置自転車が増え、歩行者や交通の妨げになっている問題を解決する対策と自転車観光地「京都」を目指す取り組みが積極的に行われています。 ・調査の目的 あらゆる商品の売れ筋・人気ランキング情報や、ジャンルの関連情報、サービス情報のランキングなどをユーザー様にご紹介して、賢く、上手、簡単にお買い物やサービス・施設利用ができるためにサイト運営をしています。 ・調査の方法について 通販商品は楽天市場・ヤフーショッピング・Amazonのランキング情報のご案内。 関連商品・ジャンルもこれらのランキング情報を利用しています。 従いまして母集団数・有効数は「3箇所」、調査時期については、リアルタイムランキングのため当サイトにアクセスされた時点の最新ランキングとなります。 ・当サイトの掲載商品の並び方について 当サイトではランキング情報を参考にして、おすすめ商品や情報などを複数紹介しています。 掲載された商品や情報の並び順については、ランキング(順位付)とは違います。

次の

あさひ、折りたたみ電動アシスト自転車『アウトランクe』発売 モバイル対応の軽量バッテリー搭載

あさひ 電動 自転車

『エナシスフィール』 「あさひ」PB(プライベートブランド)から発売された『エナシスフィール(ENERSYS Feel)』です。 10万円を切った価格で「あさひ」の戦略的なにおいがするモデルです。 1.自転車メーカー 「アサヒサイクル株式会社」 2.自転車販売 「株式会社サイクルベースあさひ」 まず、この二つの会社は別物です。 (資本関係はありません。 ) 1.の 「アサヒサイクル株式会社」は、先般『evol』というブランドでイーバイクを発売もした自転車の製造メーカーです。 2.少なくとも大都市圏のお住まいの方は一度は見たことがあるであろう自転車販売 「株式会社サイクルベースあさひ」です。 『 エナシスフィール(ENERSYS Feel)』は、この2の 「株式会社サイクルベースあさひ」で、企画されたPB(プライベートブランド)の電動アシスト自転車です。 『エナシスフィール(ENERSYS Feel)』の良いところは? 『エナシスフィール(ENERSYS Feel)』の良いところ 特徴)は、 1.10万円を切った価格 2.クラス初の大容量バッテリー(最長アシスト100km) 3.メータースイッチにUSB給電搭載 です。 1.10万円を切った価格 電動アシスト自転車に興味があり、普通の自転車より高いのはわかっていながらも、一桁あがった10万円を超える価格だと、心理的にも高いと感じることでしょう。 それを見越したように、10万円を切った価格の設定をしてきています。 この『エナシスフィール』の前に、 『アウトランクe』という折りたたみ電動アシスト自転車も出しており、それも10万円を切る価格設定になっています。 「あさひ」の戦略と言えるでしょう。 ただ、それらのバッテリーの容量を見ると違いがわかります。 7Ahと大容量クラスで 1ランク上!のモデルのレベルになっています。 <最長100kmアシストしてくれる電動ママチャリ> 価格が安いながら、バッテリー容量も3大メーカーと変わりなく、最長100kmアシストできる設定もあります。 3.メータースイッチにUSB給電搭載 あさひのWEBページにあっさりと機能紹介されていますが、これは電動ママチャリ界では、実は 3大メーカーがまだできていない機能です。 ヤマハのイーバイク YPJシリーズにはUSB給電機能はありますが、PASなどのママチャリ系にはありません。 またパナソニックのイーバイク XMシリーズもメーターにUSBポートはありますが、給電機能はなく診断用のみなど。 パナソニック Panasonic• 3大メーカーもやろうと思えばいつでもできるはずですが、開発費抑制、PL法懸念等会社の事情でできていないのでしょう。 (今後対応してくると思われますが、なかなか実現しません。 ) 動力やライトだけでなく、日常のスマホやタブレッドの充電も、せっかくの大容量のバッテリーなので使えた方が便利なのは間違いありません。 また、停電などの非常時も大容量電池として使うこともできます。 そんな時も結局ライトやスマホの充電になるでしょうが、電源取り出し口がいざという時にないよりは、あったほうが絶対いいですよね。 3大メーカー以外のイーバイクでもUSB給電はかなり普及してきています。 またバッテリー自体にUSBポートを備えているのも出てきています。 まとめ 一見 「あさひ」が電動ママチャリを発売しただけのように見えますが、戦略が詰まったものになっています。 「あさひ」が日本総販売代理権を持つ 「LOUIS GARNEAU(ルイガノ)」のミニベロ(小径車)イーバイク 『ASCENT e-sports』 の投入は延期が続きましたが、その後逆にかなりの勢いでモデルを投入してきています。 この手の大容量の電動ママチャリは、パナソニックが高コストパフォーマンスなのですが、今回はそれに機能で差別化もし対抗していると言えます。 注意点としては、 新開発された静音性の高いドライブユニット(モーター)ということですが、モーター音が気にならないか?試乗した感じに違和感がないか?を確かめることはしましょう。 (筆者が試乗しておらずすみません。 ) また、ハンドルロックは手で回すタイプで、ブリヂストンの鍵をかけるとハンドルロックする「一発二錠」、その他スタンドを立てたときにハンドルロックする連動型ではありません。 速度表示も小数点以下は出ません。 せっかくなら小数点以下も表示できるよう次回モデルは3桁表示あるいは、液晶表示化できるとよいでしょう。 それでも、価格的、機能的に魅力的な部分もあり、充分候補に入れてもよいのではないでしょうか。 追記:この『エナシスフィール(ENERSYS Feel)』は、サイクルベースあさひの各店舗で売られますが、売れすぎると、自分のお店の品揃えである3大メーカーの同じタイプの電動アシスト自転車が売れなくなる、、、というジレンマがありそうです。

次の

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)×電動自転車

あさひ 電動 自転車

Contents• 1.購入した商品 子供を乗せる電動自転車が古くなってきたので、買い直しをしました。 パナソニックのギュットアニーズDXです。 小回りが利いて快適ですので、買ってよかったと妻が満足しています。 今回、あさひの株主優待を使ってお得に電動自転車を購入しましたので、あさひの株主優待について紹介していきます。 2.あさひの株主優待 あさひは東京証券取引所に上場している自転車屋さんです。 以下は、2019年10月31日現在の株価と、権利確定月日です。 管理人は今回あさひの株主優待を147枚手に入れて、電動自転車を購入しました。 管理人は、とてもじゃないですが、147,000円分の株主優待を貰えるだけ株式を購入する資金を持ち合わせておりません。 次は、管理人があさひの株主優待をお得に手に入れた方法についてご紹介します。 3.あさひの株主優待を安く手に入れる方法 今回、147,000円分のあさひの株主優待を使って電動自転車を購入してきましたが、私があさひの大株主なわけではなく、以下の方法で集めてきました。 クロス取引:20,000円• ラクマで購入:127,000円 それぞれについて紹介していきます。 つなぎ売り(クロス取引)という方法を使えば、コストはかかりますがノーリスクであさひの株主優待を手に入れることが出来ます。 私の場合は、1,651円のコストで20,000円分の株主優待をゲットしました。 クロス取引については、以下の記事をご覧ください。 ラクマで購入すると、時期にもよりますが額面の82~84%程度で購入することが出来ます。 下の画像は、4,000円分の株主優待が3,300円で販売されているので、額面の82. 5%になります。 管理人の場合は平均すると83%程度で購入できたのではないでしょうか。 注意 時期によっては、額面の90%程度での販売が大半の時もありますので、購入時期は重要です。 ラクマで「あさひ」の株主優待を買うだけで、通常より17%程度お得に買うことが出来ます。 それだけではなく、ラクマでは購入金額の3%OFF、5%OFFクーポンを配布している時期が頻繁にありますので、それを使えば更にお得に買うことが出来ます。 管理人の場合は、ラクマのクーポンは配布されていない時期だったのですが、LINEpayが購入金額の20%還元(上限1万円)キャンペーンを実施していました。 ラクマの購入代金は、LINEpayで決済をすることが出来ますので、管理人と妻で67,000円と60,000円ずつラクマで「あさひ」の株主優待をLINEpayで購入し、夫婦で1万円ずつ合計2万円お得に買うことが出来ました。 このように、クレジットカードやスマホ決済のキャンペーンを利用すると更にお得に買うことが出来ますので、お得なキャンペーンがある時に「あさひ」の株主優待を買うのも手だと思います。 次は、結局いくら安く買うことが出来たのかについて紹介します。 いくら安く買うことが出来たのか? ギュットアニーズDXは、メーカー希望小売価格が153,780円(税込)です。 「あさひ」ではもともと若干安く販売されていて、お会計は146,980円(税込)でした。 株主優待147枚(147,000円分)で支払いまして、お釣りは無しです。 147,000円分の優待ですが、127,000円分はラクマで平均して83%で買っていますので、83%で計算します。 つまり、実質94,061円で購入できたことになり、あさひの販売価格から考えて36%引きになります。 メーカー希望小売価格(153,780円)から考えると39%引きで買えたことになります。 個人的には、結構安く買えたので満足しています。 他の方法で、ビックカメラの株主優待をラクマで手に入れる方法も考えたのですが、販売価格がほぼ割引がない状況でしたので諦めました。 電動自転車は高額商品ですので、少しでも安く買いたいところですので、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。 最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

次の