パソコン ブルー ライト カット 設定。 ブルーライトカットをパソコン設定で実現!明るさ・コントラスト・ガンマの最適な設定値を解説♪

パソコンやスマホのブルーライトカットするおすすめアイテムをご紹介します。

パソコン ブルー ライト カット 設定

パソコンで目が疲れる原因は? 仕事や、自宅での作業をしていると目の奥が熱くなったり、眠くなったり頭がボーっとしたりしますよね。 パソコンを使っての作業ですと、体を動かすわけではないのに意外と体力を消費します。 目に負担がかけすぎると、 目の中の細胞や筋肉へ気づかないうちに負担をかけてしまっているんですよね。 また姿勢についても知らず知らずのうちに猫背になったりとかすると前かがみになっていて画面に近づいていることも原因の一つと言われています。 パソコンの画面から発光される ブルーライトと呼ばれる非常に強い光が目の網膜まで届くことで目のチラつきや疲れ目を生じさせるようですね。 ブルーライトカット用のメガネやフィルムも発売されていますが、どうやら設定で対策できるようなんですよ。 メガネの人だったら、メガネONメガネにしないといけないしフィルムもサイズを探すのが面倒ですし、経年劣化でフィルム禿げもあると思います。 そこで今回は、windows10の設定できる ブルーライトカットの方法についてまとめてみます。 広告 【windows10】ブルーライトカットの設定方法 windows10でブルーライトをカットする方法って、実は2つほどあります。 夜間モードと呼ばれる画面全体と暖色に見せる方法と ディスプレイプロパティで設定スル方法の2つがありますね。 ブルーライトをカットして暖色を見せることで睡眠への悪影響を改善できますし、夜間3時から夜間にかけてブルーライトを浴びないことで集中力も上がり夜に 安眠しやすくなります。 【ブルーライトカット】夜間モードの設定方法 左下のwindowsボタンの設定から 夜間モードを選びます。 夜間モードのスライドで色合いを調整して完成なのですが、基本的には真ん中から 左に少しスライドさせるだけでいいと思います。 濃すぎると画面が明すぎてしまうので注意がひつようかもしれませんね。 【ブルーライトカット】ディスプレイ夜間モードの設定方法 デスクトップで 右クリックし グラフィックプロパティを開きます。 真ん中の詳細設定モードをクリックします。 左のメニューから 色調整をクリックします。 右のメニューから色を選択し 青を選択します。 明るさの設定バーを -30に動かします。 また、青の設定画終わったら 赤も設定します。 適用を押したら完了です。 まとめ 今回は、windows10でブルーライトカットの設定について書いてみました。 長時間パソコンの前での作業が楽になるだろうし、睡眠にも良さそうですね。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

【最速1分】 Windows7でもブルーライトをカットする設定方法

パソコン ブルー ライト カット 設定

ブルーライトとは そもそもブルーライトとはなにかご存知でしょうか? 可視光線の中で最も強いエネルギーを持つ光だそうで、眼や身体に大きな負担をかけると言われています。 [引用元]ブルーライト研究会 ブルーライトカット機能の設定方法 というわけで早速設定方法の説明に入っていきたいと思います。 設定ボタンを押す PCのデスクトップ左下に「田」に似た形の「Windowsマーク」があると思います。 そのWindowsマークを押して、下から3番目のマークが「設定」ボタンになっています。 まず最初に、この「設定」ボタンを押してみましょう。 システム設定ボタン Windowsの設定画面の右上にある「システム」ボタンをクリックします。 ディスプレイ設定 左メニューの「ディスプレイ」から「夜間モード設定」をクリックします。 夜間モード設定 赤枠内のスライダーでどの程度ブルーライトをカットするかを設定することができます。 その下の夜間モードのスケジュールを「オフ」に設定すると、連続してブルーライトカットを使用することができます。 まとめ ブルーライトは日中もカットすることで眼精疲労に効果がありますが、「夜間モード」というネーミングが災いして、非常にマイナーな機能となってしまいました。 とても良い機能なので知らないととてももったいないと思います。 今回はWindows10の隠れた便利機能として、ブルーライトカッターをご紹介しました。 現在みなさんが仕事でWindows10を利用されているようでしたら、ぜひこのブルーライトカット機能を使用してみてください。

次の

設定変更で簡単にパソコンモニターのブルーライトをカットする方法

パソコン ブルー ライト カット 設定

設定変更によるブルーライトカットの変色が気になる時は Windowsの設定変更によるモニターのブルーライトをカットする方法は、 画面の変色を避けられません。 イラスト作成や動画編集だと変色は致命的でしょうから、Windowsのモニター設定以外の方法でブルーライトをカットするべきでしょう。 変色させずにブルーライトをカットするには 全て実践しても眼精疲労は避けられません ブルーライトカットモニターを使い、設定を変更し夜間モードに変更し、ブルーライトカット眼鏡を使っていても眼精疲労は避けられません。 パソコンのモニターだけ注意しても、スマホの画面や日常に溢れたブルーライト全てを遮断するのは無理だからです。 もちろん無意味ではありませんし、可能な限りブルーライトをカットするのは重要です。 対応を施した上で目を休憩させたり、目の筋肉をほぐしたり、目薬を使ったりしながら、うまく眼精疲労と付き合っていく必要があるでしょう。 まとめ 目への刺激が強いブルーライトのカットは、実はWindows10の設定変更でもできる。 これによりモニターに表示される画面が淡い暖色に変色し、眼精疲労を軽減できる。 しているので参照してほしい。 しかしこの方法ではモニターの変色を避けられないので、画像や動画を使った作業には適していないので、やはり別の方法でのブルーライトカットが必要になります。 ブルーライトカット眼鏡、ブルーライトカットモニターは特に効果が高くおすすめ。 できる対応をすべて行った上で、目を休ませながら上手く眼精疲労と付き合っていく必要があるでしょう。

次の