フレッツ光 開通。 フレッツ光 設備導入済みマンションの調べ方

フレッツ光 設備導入済みマンションの調べ方

フレッツ光 開通

* インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。 詳しくはお問い合わせください。 なお、「分割払い」を選択されており、工事費の支払いが残っている方について、お支払期間中に残額を一括でお支払いいただくことは可能です。 工事費加算額について• なお、「フレッツ 光クロス」は、夜間・深夜工事に対応しておりません。 3+1,100円• 詳しくは。 工事費に対して、下表のとおり加算した料金を適用します。 なお、時刻指定工事費は夜間・深夜・年末年始の割増工事費の適用対象外です。 なお、「フレッツ 光クロス」は、時刻指定工事に対応しておりません。 時刻帯 時刻指定工事費 昼間 9:00〜16:00 12,100円 夜間 17:00〜21:00 22,000円 深夜 22:00〜翌8:00 33,000円• なお、対象となる工事は新規申込、移転、品目変更の一部に関わる工事となります。 詳しくは。 オプション料金は下表を適用します。 時刻帯 配線ルート構築工事費 開通工事と同日に工事を実施する場合 15,400円 開通工事と別日に工事を実施する場合 29,700円•

次の

価格.com

フレッツ光 開通

フレッツ光への申し込み方法は電話、もしくはインターネットサイトから申込むことができます。 フレッツ光の開通日から利用を開始するまでの詳しい流れ、またその中で注意するべきことをご説明します。 最初にフレッツ光のサービス対応エリアかどうかの確認を行い、その後どういったサービスプランにするのかなどを決めていきます。 そしてお客様の情報などを入力し、入力内容を確認後、申し込みが完了します。 申込みを行うと、NTT東日本、NTT西日本からサービス設定、開始に伴う必要な書類などが送付されてきます。 サービス開始するために必要な工事、設定作業はお住まいのタイプによりお客様自身に行っていただく場合と、工事担当者が行う場合と2通りあります。 その後、パソコン機器やタブレット、スマホなどへの接続設定を行っていただくと利用いただけるようです。 参考元: なお、光回線の契約をお考えの方には、フレッツ光とエリアや速度は同じ回線である 「光コラボ(光コラボレーション」もオススメです。 光コラボでは、スマホのセット割で毎月のスマホ料金が安くなったり、高額キャッシュバックキャンペーンなどを行っているため、 フレッツ光よりもお得に契約できますよ!• まずはお住まいがNTTの管轄するエリアのサービス対応エリアになっているかどうかを確認していきます。 その後、どういったサービスプランに申し込むのかなどを決めていきます。 決定するプランは、戸建て住宅かマンションタイプの集合住宅かで分けられます。 住所を入力した時点でそのエリアの設備上、サービスプランが限定される場合もあります。 プランが決定すると、お得な割引サービスを任意で選べます。 また完全に新規でお申し込みを行う場合には、インターネット接続を行うためのプロバイダを選ばなくてはいけません。 プロバイダにはフレッツ光でセット申し込みができるお得なプロバイダパックが適用されたものと、それ以外のお客様自身でプロバイダにお申し込みをいただくものがあります。 プロバイダ会社によってはフレッツ光のセットにすることで、お得な割引サービスを設けているところや利用できる有料オプションサービス内容が一部異なるため、インターネットでホームページ開設やドメイン取得、複数メールアドレス取得などをしたい場合には、自分に合ったものを選ぶことが重要です。 その後、さらにフレッツ光を通して利用できるさまざまな有料オプションサービスを任意選択します。 フレッツ光を利用するとインターネット接続だけでなく、ひかり電話や映像サービスのフレッツ・テレビやユーネクスト、ひかりTV、Hulu、オンラインストレージサービスのフレッツ・あずけ~る、ウイルス対策のフレッツ・ウイルスクリアなどを利用できます。 また合わせてフレッツ光の有料サポートサービスなどの利用も任意選択が可能です。 その後、お客様の個人情報や工事希望日などを入力し、入力内容を確認後、申し込みが受付されます。 送付書類と事前準備 お申し込みをいただくと、開通工事が行われる日までにNTTから設定に必要なお客様IDやアクセスキーが記載された書類やフレッツサービスのお申し込み内容のご確認書類、セットアップに関するガイドなどが郵送されてきます。 またプロバイダーにお申し込みをいただいた場合にはプロバイダーからもインターネット接続IDとパスワードが記載された書類や登録完了通知書などが郵送されてきます。 これらの郵送書類と合わせて別途、フレッツ光を利用するためにいくつかの機器をお客様自身に用意します。 用意いただくものは、パソコン機器やタブレット端末などのインターネットを利用する端末です。 Wi-Fiルーターを介してインターネット接続を行う場合には、Wi-Fiが搭載された機器を用意します。 有線でインターネット接続を行う場合には、LANポートのある機器を用意します。 またインターネットを利用したい場所によっては電源がない場合もあるため、延長コードなどを用意いただく場合があります。 またインターネットを利用するためにLANケーブルが必要となる場合があり、こちらもお客様ご自身に用意します。 有線で複数台、インターネットを利用いただく場合にはルーターと機器に接続する数のLANケーブルが必要です。 NTTではそのほかに必要な機器の用意を行います。 機器にはインターネット接続に必要な回線終端装置やホームゲートウェイ、申し込みのコースに付属するルーター、ひかり電話対応機器など有料オプションサービスでお申込みいただいた内容に合わせた必要な機器が含まれます。 機器は工事に合わせて工事担当者が持参もしくは事前に宅配便にてお届けされます。 開通工事・設定作業 インターネットを利用いただくためのインターネット開通工事にはお住まいのタイプに合わせて、NTTより工事担当者を派遣する派遣工事と工事担当者を派遣せずお客様自身に行っていただく無派遣工事の2通りがあります。 派遣工事は工事担当者がお客様のご自宅にお伺いし行うもので、所要時間はおおむね2時間程度が目安です。 戸建て住宅の場合には外の電柱より光回線を引き込み後、ホームゲートウェイの設置工事を行っていきます。 屋外からの光ファイバーの引き込みは基本的には電話配管を利用して行われますが、既存設備が利用できない場合にはエアコンダクトを使用したり、壁に穴をあけて光ファイバーを引き込んだりする新たな配管設備等の用意や別途有料での工事を行う場合があります。 その後、部屋に引き込んだ回線終端装置やホームゲートウェイへの接続を行いインターネットができる環境を整えます。 派遣工事の集合住宅での作業は、近くの電柱から集合住宅の共用スペースへの光ファイバーの引きこっみを行った後、集合住宅全体で光ファイバーを分配する作業を行っていきます。 その後、共用スペースから各部屋に分配された光回線を回線終端装置やホームゲートウェイへ接続してインターネットが利用できる環境を整えていきます。 無派遣工事は建物への光回線の引き込み工事が不要な場合に、工事担当者を派遣せずにお客様自身に作業を行ってもらうものです。 この場合、NTTから送られてくるものの中にインターネット利用に必要な機器が同胞されています。 接続は同封されている機器接続手順に従ってばできる簡単なものです。 作業方法はインターネットサイトで動画公開もされています。 NTT東日本サイト NTT西日本サイト まずはホームゲートウェイの設置から行います。 ホームゲートウェイの裏面のカバーを外すと、光配線コードの接続口が現れます。 ここに付属の光配線コードをしっかりと差し込みます。 次に、光配線コードのもう片方を自宅コンセントの「光」と書いてある部分に差し込みます。 ホームゲートウェイに電源を接続すると、ホームゲートウェイのランプがすべて緑色に光ります。 次にホームゲートウェイのLANポートにLANケーブルを接続します。 そしてLANケーブルとパソコンを接続します。 電話を利用する場合にはホームゲートウェイの電話機ポートと電話機を電話線で接続します。 これで接続は完了です。 参考元: 機器へのインターネット接続 最後に宅内機器のインターネット接続設定を行います。 これは派遣工事であっても無派遣工事であってもお客様ご自身で設定いただくものです。 別途セットアップサービスをお申込みいただいている場合は、NTT担当者がすべて設定を行います。 別途用意されているフレッツ光設定ガイドと付属の設定CD-ROMを利用して接続設定を行っていきます。 送付の設定CR-ROMをパソコンのCD-ROM対応ドライブに挿入します。 すると自動的にダウンロード画面が表示されます。 そこで「フレッツ簡単セットアップツール」をクリックし、LANケーブルとパソコンを接続してあるのを確認後、「LANケーブルで接続」をクリックします。 次の画面で「インターネット接続設定」をクリック、NTTから最初に郵送された書類を使い情報を入力していきます。 書面に記載されたお客様のID、アクセスキーの入力を行い、次へをクリック、インターネット接続設定でプロバイダから郵送された書類に記載されているプロバイダ名、接続アカウント、接続パスワードを入力します。 後は表示項目に従い、任意の設定をすれば接続設定は完了です。 参考元: フレッツ光利用開始までの時間算出 フレッツ光の申し込みから利用開始までの期間はおおよそ3週間程度が目安です。 利用開始までの時間算出は、サービス対応エリア内であっても設備状況や工事状況によって必要とする時間が変わります。 またセットアップサービスをお申込みいただいた場合には別途時間が必要です。 フレッツ光への乗り換え申し込みから開通までの流れ 他社でインターネットを利用している場合、新規お申し込みという形でフレッツ光のインターネットへ変更が可能です。 通常の申し込みの流れと同じく、電話またはインターネッサイトからフレッツ光の新規お申し込み手続きを行います。 プラン選択を行い、任意のお得な割引サービスなどを選んだあと、プロバイダ選択を行います。 プロバイダは現在利用いただいているプロバイダを解約して新たに申し込むこともできますが、メールアドレスやドメインなどを変更したくない場合、フレッツ光提携プロバイダーであれば今利用いただいているプロバイダーをそのまま使用することが可能です。 乗り換え継続利用の場合も、プロバイダー会社によってはプロバイダパックに申し込むことができ、プロバイダパック申し込み特典を利用することが可能です。 その後は通常の流れで利用が可能です。 新規申し込みで各種割引キャンペーンを利用する フレッツ光ではお申し込みのタイミングで行われている割引キャンペーンへ同時申込みが可能です。 現在行われている割引サービスは、NTT東西で内容は異なるものの、一定期間利用いただくことを条件に利用できる割引キャンペーンやフレッツ光のコースによって利用できる割引などがあります。 フレッツ光から光コラボレーションへ 光コラボレーションは光コラボレーション事業者がNTTからの光回線を借り受けて提供する独自のサービスモデルです。 通常であれば、NTTとお客さまで直接契約を取り交わしサービスの提供を行いますが、光コラボレーションモデルではNTTと光コラボレーション事業者が契約を結び、お客様と光コラボレーション事業者が契約を結びサービスの提供を行います。 光コラボレーションモデルを利用すると、光コラボレーション事業者が独自に展開する付加サービスを利用することが可能です。 また光コラボレーション事業者が取り扱わないNTT独自の付加サービスもお客様が希望されれば利用できます。 光コラボレーションモデルに申し込むには転用手続きを行います。 フレッツ光を利用されているお客様がフレッツ光を解約し、コラボ光を新たに契約される場合に、その契約の切り替えを円滑にるよう新たに工事などを行うことなく光コラボレーション事業者様に変更することを転用と言います。 光コラボレーションへの転用手続き方法 転用を行う上で、お客様自身に簡単な手続きを行っていただく必要があります。 まずNTTで発行される転用手続きをスムーズに行うための転用承諾番号を発行依頼していただき受け取りします。 発行していただくにあたって、ご契約者本人からの申し込みを確認するためにフレッツ光のお客様ID、ひかり電話の電話番号などをご確認します。 これらはフレッツ光にお申込みいただいた時にお送りした書面に記載されています。 他にフレッツ光のご契約者名、フレッツ光の利用住所、現在の支払い方法などが必要です。 現在の支払い方法は、NTTからの請求のみ、おまとめ請求、プロバイダー請求によって細かくわかれています。 またお支払方法が請求書方式、口座振替方式、クレジットカード方式によっても確認方法が異なってきます。 これらの必要な情報をもとに転用承諾番号の発行を行っていきます。 申し込みはインターネットサイト、電話、メールで行うことが可能です。 年末年始は受付していません。 その後、新たに契約を希望される光コラボレーション事業者に転用承諾番号を伝え、転用手続きを行っていきます。 なお、転用承諾番号の有効期間は発行日から15日間です。 15日を超えた場合、転用承諾番号は無効となるため、新たな番号を再発行いただく必要があります。 転用を行う上での注意事項 転用を行い光コラボレーション事業者でコラボ光を利用する場合にはいくつか気を付けておくべきことがあります。 まずコラボレーション事業者により料金は多少異なるものの、初期費用として転用手数料が発生します。 転用手数料は3000円前後ですが、一部コラボ事業者によってはWeb限定、期間限定申し込みなどで手数料無料キャンペーンを行っています。 またフレッツ光を新規で申し込みし、契約期間中に転用で光コラボを利用する場合、通常発生するフレッツ光の解約違約金は発生しません。 しかし、現在利用いただいているプロバイダー以外でコラボ光を行う場合、現在利用いただいているプロバイダーをご契約していただく必要があり、契約内容によってはプロバイダー解約違約金が発生することがあります。 プロバイダーも変更することなく、コラボ光を利用する場合は、プロバイダー解約にならないため違約金は発生しません。 光コラボレーションも一つの手 光コラボレーションのメリットとしては下記があげられます。 フレッツ光よりも月額料金が安い。 プロバイダ料金がかからない。 キャンペーンが充実している。 フレッツ光の回線と品質が変わらない 回線速度、繋がりやすさ その光コラボレーションの代表的な事業者としてソフトバンクが提供するソフトバンク光があります。 ソフトバンク光とフレッツ光の月額料金比較 ソフトバンク光 プロバイダ料金込み フレッツ光 プロバイダ料金別 5,800円 5,200円 フレッツ光に関しては、上記の料金からプロバイダ料金が1,000円前後加算されます。 見ていただいてわかるように、ソフトバンク光は、フレッツ光をプロバイダASAHIネットで利用するよりも月額料金が1,000円も安くなることがわかります。 ソフトバンク光には、販売代理店が存在します。 販売代理店では、キャッシュバックキャンペーンなども行っております。 ここでオススメするソフトバンク光の正規代理店では、最大33,000円ものキャッシュバックがもらえて、とてもお得です。 ドコモやauのスマホをお使いの方は、以下のキャンペーン情報をご確認ください。

次の

フレッツ光からNURO光へ乗り換えで、10の注意点と失敗しない手順

フレッツ光 開通

店舗・事業所のお客さまにはこちらもおススメ! 詳細についてはお問い合わせください。 【必ずお読みください】 割引などをご利用いただくにあたっては、対象サービスや開通期限などの条件があります。 プロバイダサービス月額利用料 (プロバイダパックの場合) プロバイダパック対応プロバイダ• 詳細についてはお問い合わせください。 土日休日に工事を実施する場合は、上記に加え3,000円がかかります(初回にお支払いいただきます)。 年末年始に工事を実施する場合は料金が異なります。 詳しくはお問い合わせください。 初期工事の内容によっては工事費が異なる場合があります。 初期工事費は分割払いの他、一括払いもお選びいただけます(支払総額は同額です)。 分割払いの途中で残額を一括でお支払いいただくこともできます。 [フレッツ光解約時のご注意]• 分割払いの途中でフレッツ光を解約される場合、初期工事費の残額を一括でお支払いただきます。 フレッツ光の解約時が「にねん割」の利用期間中 更新月を除く である場合、「にねん割」の解約金もお支払いいただきます。 プロバイダパックはNTT東日本の「フレッツ光」とプロバイダの「プロバイダサービス」をセットでお申し込みいただけるパックであり、それぞれの契約に基づき提供されるサービスです。 NTT東日本で取扱い可能なプロバイダパック対応プロバイダは10社(@nifty、ASAHIネット、BB. excite、BIGLOBE、DTI、hi-ho、OCN、plala、So-net、WAKWAK)あります。 ASAHIネット、BB. excite、hi-hoは個人のお客さまのみを対象としたプランとなります。 プロバイダパックの解約については、NTT東日本への解約申込の他、プロバイダへの解約申込も必要となります。 解約月のプロバイダサービス月額利用料は日割り計算いたしません。 【請求方法について】• 「プロバイダサービス月額利用料」は、「フレッツ光月額利用料」と合算して請求となります。 なお、「プロバイダサービス月額利用料」をプロバイダから別に請求することもできます。 詳しくはお問合せください。 料金はユニバーサルサービス支援機関が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、番号単価の変更にあわせて見直します。 詳しくは、をご確認ください。 詳しい料金を知りたい方は、郵便番号をご入力ください.

次の