メッサー シュミット。 メッサーシュミットBf

メッサーシュミットBf109は最強?

メッサー シュミット

1対1で戦ったら、勝負にならないと思います。 零戦が有利な点は水平面での運動性で、109は垂直面の機動力と速度です。 発見が遅れなかったら零戦は109の攻撃を容易にかわせますし、109の側はうしろに付かれたら速度を活かして引き離せます。 昭和16年に、109のE型と二式単戦の模擬空戦が行われました。 日本側は陸軍審査部の荒蒔少佐、ドイツ側は実戦経験者でエースのロージヒカイト大尉。 一撃離脱に徹するロージヒカイト大尉と、格闘戦に持ち込もうとする荒蒔少佐の間ではまともに勝負になりませんでした。 運動性に劣るとは言え、速度にすぐれる二式単戦ですらこうなのですから、水平速度に急降下制限速度でも劣る零戦ならどうなるかは推して知るべしといったところでしょう。 たとえて言うとするならば、レスラーとボクサーが戦うようなものではないかと思います。 つかまえればレスラーの勝ち、不意をついてパンチを入れればボクサーの勝ちですね。 真珠湾攻撃にも使われた、ゼロ戦は結構、攻撃的な用途に 使われることが多く、航続距離性能が良いところもあって 遠距離の敵地へ出張するのに向くところがあったからでしょう。 それに対してメッサーシュミットの109シリーズは スペイン内戦でデビューしたときには、スペインには他に航空で 脅威が少なかったので地上攻撃に使われたが どちらかというと防空軍用機として多く使われ 撃墜数300機以上をやったハルトマンは、主に迎撃任務が ソ連の地上攻撃機を駆逐する任務が多かったそうです。 あまり遠くまで飛べないので、その性能はゼロ戦が卓越しているが 二つの機種は、用途が微妙にズレているところがあるので どっちが優れているのか総合的には甲乙つけがたいと思います。

次の

メッサーシュミット Bf

メッサー シュミット

このクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。 それがこのクリーチャーがこのターンはじめて勝ったバトルなら、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。 このクリーチャーとその選んだクリーチャーをバトルさせる。 のおかげで、出てすぐに相手をすることができ、に勝つとが行えるというオマケ付き。 しかも各に初めてに勝つと連続でを仕掛けることができるというボーナスも追加され、そのにも勝つとさらにもう1枚のが見込める。 さらにはで相手を打ち負かしやすく、とのに特化した性能となっている。 要するに、に似たであり、相手のパワー12000未満のを壊滅させつつ大量が狙える。 だがこちらにはのようなはなく、も このがに勝った時だけ、そしても連鎖的に引き起こせない為、あちらほどの戦果を望むのは難しい。 の命名規則が不明である為何ともいえないが、考えられる由来として挙げられるのはかつてドイツに存在した航空機・自動車メーカー「メッサーシュミット」(Messerschmitt。 中点がつかない)。 かつて世界初の実用ジェット戦闘機「Me262」を生み出したメーカーであり、も納得である(ただしMe262に マッハ=音速は出せない)。 戦後の一時期は自動車の生産も行っており、どちらかというとを想起させる名前でもある。 もう一つ考えられる由来は、姓の原義であるドイツ語でナイフを意味する「messer」と、同じく鍛冶屋を意味する「schmitt」、つまり「刀鍛冶」。 いずれにしても、ドイツ系の由来である事は間違いないようだ。 過去ののしかないと思われていたで初登場という異例の扱い。 また、このはでありながらのマークがちゃんと付いており、でも問題なく使える。 漫画・アニメでの活躍 [ ]• アニメ「デュエル・マスターズ!」に登場 声は櫻井トオル氏が担当。 自然文明を守るであるはずだが、にて闇文明の用心棒となっている。 「狙った的は必ずぶち抜く主義」を持つ。 初登場の第26話での帽子を見て何かを知ってるような反応をするなどとの関連を匂わせていた。 その後の28話ではと真のデュエルで対戦。 自身とのコンボで場を制圧して勝利するも弱いという理由で見逃した。 関連カード [ ]• このクリーチャーが描かれているカード• 戦績 [ ] アニメ「デュエルマスターズ!」 [ ]• 通算成績:2戦1勝1敗.

次の

メッサーシュミット Me163

メッサー シュミット

開発 [ ] ロケット飛行機の誕生 [ ] ロケットエンジンを動力源とした航空機の開発はには各国で行われていたものの、初期のロケットエンジンは燃焼の制御が難しく、実験は常に爆発の危険が伴うものであった。 にドイツのがとを推進剤とした推力300kgの液体燃料ロケット A1を開発すると、これに着目した社の博士により、との制式採用争いに敗れた自社の単発単座レシプロ機 にこれを搭載した。 には離陸から着陸まで全てをロケット動力のみで行う純粋なロケット飛行に世界に先駆けて成功し、ロケット飛行機の実用化に先鞭を付けた。 実用化と開発 [ ] Me163誕生のきっかけは、のが製作した無尾翼機 DFS 39に、の開発するを主成分とするととを主成分とするを使用する HWK-R1搭載テストをが申し入れたことによる(逆にリピッシュ側から売り込んだとする資料もある)。 このロケット機は DFS 194と命名されると、、空軍の計らいで部下10名を引きつれて社に入社したリピッシュは、自らの頭文字から命名したL部門なるロケット機開発部門を組織して製作にあたることになった。 社によって同時期に開発が進められていたはに初飛行を成功させたものの、からは開発打ち切りを告げられている。 これに対しDFS 194はメッサーシュミット社で開発が続けられ、末に初飛行を成功させるとドイツ航空省は続いて試作機3機の発注を行い、これらには Me 163AV1〜V3という制式名称が与えられた。 ロケット戦闘機開発においてハインケル社とメッサーシュミット社で明暗を分けた形になった。 このことには多分に政治的な理由も考えられるが、He 176の直線翼などの従来の航空機とあまり違いのない設計に対し、無尾翼機というリピッシュ博士の設計の先進性が発注の理由となったとも考えられる。 DFS 194の改良型であるMe 163Aは、の滑空テストではダイブ時に最大速度855. この当時としては破天荒な高速性能を受け、ドイツ航空省は実用化を決定し先行量産型 Me 163B-0を70機発注した。 研究機の域を出ていなかったMe 163Aに対しとしての実戦配備を前提とされたMe 163Bは、Me 163Aと機体サイズはさほど変わらないものの全面的に再設計が行われた。 ロケットエンジンの強化、燃料タンクの大型化、無線装置など諸装置の設置、機関砲の搭載などが行われ、制式番号は同じものの全く別の機体である。 ロケットエンジンの開発は遅れていたが、にはMe 163B-0の1号機が完成した。 ところが開発者であるリピッシュ博士とメッサーシュミット博士は意見の違いから衝突を繰り返し、にはリピッシュ博士は部下と共にメッサーシュミット社を退社してしまう。 だがその後も開発はメッサーシュミット社のスタッフによって続けられた。 リピッシュ博士はその後の航空研究所の所長に就任して無尾翼機の研究を続け、彼の提唱した機は第二次世界大戦後のジェット機開発に大きな影響を与えることになる。 実用性 [ ] YouTubeの動画 離陸した後切り離される投下式の主輪 連合軍はMe 163の驚異的な上昇力と高速に驚愕したものの、航続距離が極端に短い事が判明し、Me 163が配備されていた2つの飛行場を避けて通るようになった。 こうしてMe 163は会敵することも出来なくなった。 飛行場を移そうにも、Me 163は高温の燃焼ガスを噴出するため滑走路はその対策を施したものでなければならず、燃料と酸化剤も特別の保管施設が必要なため移動は困難であった。 また、その燃料と酸化剤は爆発性と腐食性が極めて強く、搭乗員や整備員は非戦闘時も生命の危険にさらされていた(パイロットが不時着そのものでは無傷だったが、燃料漏れが発生して、強酸さながらの腐食性を持つ推進剤(と)を浴びて全身に重傷を負った例もある)。 ロケットエンジンの信頼性も低く爆発や故障による不時着や墜落が続発した。 空中戦の際には急角度上昇から水平飛行に移る際の機動に非常に気を使わないと配管内の燃料に懸かる加速度の影響で燃料の供給が途絶してロケットエンジンが失火することがあり、また接敵できても敵機との相対速度差があまりにも大きいため射撃のタイミングを捉えるのが難しいと言う欠点があった。 更に、エンジンの燃焼時間が短いため一度攻撃が失敗すると再攻撃は困難で、燃料を使い切った後のMe 163は単なる鈍重なグライダーに過ぎないため、ダイブで振り切れる高高度滑空中はともかく、一旦着陸態勢に入ると敵戦闘機の好餌となった。 機体下部には着脱式の主輪が装着され、これは重量と空気抵抗を軽減させるため離陸後に投下され、着陸時には収納されていた橇 そり で滑走しつつ着陸する方式となっていたが、この橇は細く絞った機体下部に収納する都合上幅が狭いために接地時の安定性が低く、着陸時にバランスを崩して滑走路に激突する事故が多かった。 さらに着陸後は自力で移動・避退できないため、対地攻撃の絶好の標的とされた。 ただし、搭乗員たちはその高速飛行性能を極めて高く評価し、上記の致命的な諸欠陥さえも「悪女の魅力」とみなして本機を愛好した。 その後 [ ] 戦後、軍に接収されたMe 163は詳細な調査が行われ、航空技術史的には高い評価を受けたが、の発展の前に「ロケット推進航空機」というジャンルの機種は衰退し、実用機としてはMe 163、など数えるほどしか存在しない。 またソビエト連邦でも1942年にが飛行した。 他にも、、等があったがどれも実験段階で終わった。 970 kmの最大到達速度/最大到達高度記録を保持しているのように、実験/記録機としては「ロケット推進航空機」はその後も存在し発展を続けている。 また、一部の愛好家によって実用機では無いものの社ののようなロケット飛行機が開発、飛行されている。 バリエーション [ ] Me 163A ロケット動力の研究機であるDFS 194の改良型。 実用型のMe 163Bとは異なる外観を持つ。 HWK-R2-203(推力750kg)を搭載。 Me 163B-0 (推力1,700kg)を搭載した先行量産型。 70機生産。 主に2門(弾薬各100発)を装備。 V46号機以降は30mm2門(弾薬各60発)を装備した。 Me 163B-1a (推力1,700kg)を搭載。 279機生産。 2門(弾薬各60発)を装備。 Me 163B-2 標準量産型でクレム社で生産が予定されていた。 武装・無線機ともB-1と同じだが、エンジンは巡航燃焼室の無いの予定だった。 燃料搭載量を増やして航続時間の延長を目指した。 涙滴式風防、与圧キャノピー、30mm機関砲を4門に増やすなどの改良を加え、試作機が3機ほど完成していたと見られるが、Me 163Dの方が有望であると判断されて生産は中止された。 Me 163S B-1aの武装、ロケットエンジンを撤去して複座化した練習機。 社によって大幅な再設計がなされている。 橇式だった降着装置は前車輪式の油圧引込脚が装備され、胴体も真円断面構造に変更されている。 MK 108 30mm機関砲2門(弾薬各40発)を装備。 試作機が動力飛行テストなどを行ったが、量産には至らなかった。 秋水 [ ] 所蔵の (2015年2月撮影) 現存する機体 [ ]• 番号の欄の数字番号はドイツ空軍における機体番号 Werk Number、WkNr. AMから始まる番号はイギリス空軍における機体番号。 FE-500、8480Mはそれぞれアメリカ空軍、イギリス空軍における鹵獲機登録番号。 型名 番号 機体写真 国名 所有者 公開状況 状態 備考 Me 163B 120370 ドイツ 公開 静態展示 Me 163B 191095 アメリカ 公開 静態展示 Me 163B-1a 191301 FE-500 アメリカ 別館 公開 静態展示 Me 163B-1a 191316 イギリス 公開 静態展示 Me 163B-1a 191614 AM207 イギリス コスフォード館 公開 静態展示 Me 163B-1a 191659 AM215 イギリス 公開 静態展示 Me 163B 191660 アメリカ 公開 静態展示 Me 163B 191904 AM219 8480M ドイツ 公開 静態展示 Me 163B 191907 AM222 オーストラリア 公開 静態展示 Me 163B 191914 AM220 カナダ 公開 静態展示 Me 163B-1a D-1636 レプリカ ドイツ 詳細は。 参考文献 [ ]• 藤平右近海軍『機密兵器の全貌;わが軍事科学技術の真相と反省(II 』、と「」の試作より進発、興発社、1952年• William Green『ロケット戦闘機;Me163 と秋水』北畠卓(訳)、サンケイ新聞社出版局、1972年• Stephen Ranson, Hans-Hermann Cammann Me 163 Rocket Interceptor Vol 1, 2, Classic Publications, 2003• M・ツィーグラー『ロケット・ファイター 文庫版航空戦史シリーズ 50 』朝日ソノラマ 、1984年12月、ISBN-13: 978-4257170501 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 外部リンク [ ]•

次の