渡邊畔。 【結婚相手は誰】若林正恭の嫁(看護師)は渡邊畔?インスタ画像も

博客來

渡邊畔

作者簡介 渡邊淳一 渡邊淳一(1933年10月24日-2014年4月30日) 日本作家。 出生於北海道上砂川町,畢業於札幌醫科大學,曾任骨科醫生。 後棄醫從事專業文學創作,以小說《光和影》獲直木文學獎,接著又以《遙遠的落日》獲吉川英治獎。 2003年獲日本政府頒發「紫綬褒章」。 2014年4月30日因前列腺癌在東京都家中去世,享年80歲。 1995年9月1日開始,在《日本經濟新聞》發表長篇連載小說《失樂園》,描寫不倫中的性愛,引起巨大反響,並相繼被拍成電視連續劇和電影,在日本掀起了「失樂園」熱。 《失樂園》一書在日本暢銷超過三百萬冊。 渡邊淳一一貫堅持正面描寫愛與性,其作品甚至有時會被稱為情色小說,但這正是一位畢生探求生與死的作家所譜出的人間謳歌。 因為渡邊一直探尋包括自己在內的「人性」,他才能將自己的體驗冷靜而透澈地注入作品之中。 他始終對人類的本性充滿了好奇,並將自己的一生奉獻給了小說的創作。 譯者簡介 張智淵 台北人,輔仁大學翻譯學研究所碩士課程修畢,從事翻譯近二十年,譯有《利休之死》、《愛之國》、《艾比斯之夢》等六十餘本小說,以及《無印良品為什麼在全世界大受歡迎?》、《麥肯錫新人邏輯思考5堂課》等四十餘本實用書,現為專職譯者。 E-mail:akiracat seed. net. tw 〈落日〉 「好可怕……」 這句話從凜子的脣瓣脫口而出時,久木下意識地停止動作,窺視她的臉。 如今,凜子確實身在久木的臂彎之中。 嬌小勻稱的身軀被折成兩半,久木寬闊的背部覆蓋其上。 透過床畔的微弱燈光,窺見凜子的臉上,眉心擠出垂直的紋路,緊閉的眼皮微微顫抖,彷彿正在哭泣。 如今,凜子儼然登上歡愉的巔峰,即將達到高潮。 她從鉗制女人身心的所有束縛被解放,貪圖愉悅,漸漸獲得滿足。 在那之前,她說「好可怕……」,是怎麼一回事呢? 久木在此之前,數度與凜子靈肉合一,每次都會聽到她以各種話語,訴說歡愉。 有一次她說「不行……」,呢喃「到了」,也曾呼喊「救命……」。 儘管每次的說法不同,但相同的是,凜子的身體在歡愉的巔峰,像是爆炸似地奔赴高潮。 然而,這倒是她頭一次說:「好可怕……」 久木按捺想要詢問「為何?」的心情,越發用力地緊擁她,凜子在無論怎麼掙扎也逃脫不了的水乳交融中,反覆輕微的痙攣,達到了高潮。 過了幾分鐘之後,久木重新詢問。 上床前,凜子保有人妻的矝持,現在像是以稍早之前的放蕩為恥似地,稍微弓起背部,呈ㄑ字形,拉起被單,蓋在胸口至腰部一帶。 久木將下顎靠在她的圓潤肩頭,從後方低語: 「妳剛才說好可怕……」 或許是久木吐出的氣息觸碰到她的耳根,凜子霎時渾身顫抖了一下,但是沒有回應。 「好可怕是什麼意思?」 久木再度詢問,凜子以高潮過後略帶慵懶的語氣低喃道: 「好像全身上下的血液逆流,噴出體外一樣……」 那是身為男人的久木所無法想像的感覺。 「可是,很舒服吧?」 「當然很舒服,但不只是舒服而已……」 「我想聽妳說說。 」 久木進一步詢問,凜子像是在回想似地,隔一會兒才說: 「呃,忘我地邁向高潮時,感覺全身的皮膚起雞皮疙瘩,子宮像是太陽一樣,變得熾熱脹大,快感從中滿溢,遍布至四肢百骸……」 聽她說的過程中,久木覺得會引發如此多種變化的女人身體,既不可思議又妖冶,甚至感到嫉妒。 「這裡……」 凜子一面低喃,一面將手輕輕放在恥毛上,應是子宮所在的地方,依舊閉著眼睛說: 「你明明應該沒有深入到那裡,但是好像插得又深又猛,直貫腦門,覺得就這樣任你處置也無所謂……」.

次の

更生日報 宜蘭花蓮台東新聞

渡邊畔

オードリー:若林正恭が結婚 若林さんの結婚について「ORICON NEWS」は次のように報じています。 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭(41)が、 23日深夜放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』に生出演し、 きのう22日に、 15歳年下で 看護師の一般女性(26)と結婚したことを発表した。 8月に交際をスタートさせ、 3ヶ月でのスピード婚となった。 交際にいたる経緯については 「8月に付き合うことになったね。 カッコいいなと言われちゃうかも知れないけど 『ダラダラ付き合うつもりはないんだけど、 オレと付き合ってください』 って言ったね」 と報告。 お相手の職業について話題が及ぶと 「看護師やってんのよ。 夜勤もあるし、忙しいじゃん。 全然会えないから、 一緒に住もうってなった」 と言い、 この同居時に、 お相手の女性が 「確かめなくても大丈夫です」 と言ったことがきっかけで 「結婚ということになりますよって言った」 とプロポーズめいたことを発したという。 (2019年11月24日配信) 上記の通り、結婚相手は 看護師の一般人でした。 この女性とは2019年8月から交際をスタートさせており、 10月から同居を開始。 交際期間わずか3ヵ月での結婚となりました。 しかし、彼女の 職業は「広告」関係であり、 看護師ではないのです。 渡邊さんは「株式会社セプテーニ」という会社で働いていることが確認されています。 「このような取り組みを実施したのは、はじめてだった」 と、セプテーニでアカウントプランナーを努める 渡邊 畔氏は語る。 彼女が初めてオードリーの番組に出演した際は「26歳」でしたが、 再出演した際には 「27歳」だったのです。 「職業」と「年齢」が一致していないため、若林さんの結婚相手は「渡邊 畔」さんではありません。

次の

PChome線上購物

渡邊畔

今回は 「弟が菅田将暉に似ています!それを職場で言ったところ先輩に全否定されました。 若林さん、判定してください! 」 「母が合コンをセッティングしてくるのが恥ずかしいです。 若林さん、やめさせるいい方法はないでしょうか?」 「若林さんへ… 私は手汗がひどくて困っています。 バレそうになったときのいい対処法を教えてください。 」 「母が父とラブラブで赤ちゃん言葉を使っていてキモいです。 若林さんから喝を入れてください!」 (渡邊畔・26歳・東京) というクチコミです。 渡邊さんの話し方を聞いて「ずいぶんしっとりしてるね!」と若林さん、「紅茶飲んできた?」と春日さんがすぐにいじります。 渡邊さんは『オドぜひ』に沢山のクチコミを送っています。 あまりの量に春日さんが「いつから送っているの?」と聞くと元旦にまとめて送ったそうです。 なぜ元旦にクチコミを送ったのかと聞かれると、元旦に若林さんの交際報道を知り「やばい!」と思った渡邊さん。 若林さんが結婚すると「終わってしまう」と思い、男性として若林さんが大好きな渡邊さんは一気にクチコミを送ったそう。 ファンだというのを隠して若林さんに会うのが目的の為、『オドぜひ』に出るのはどうでもいいとまで言い切ります。 「ここじゃなくても良い訳じゃない?」という質問に対して、「出待ちをしてしまうと若林さんにファンだとばれてしまう」と答えます。 春日さんに「例えば、東京に住んでるんだったら『ヒルナンデス!』の観覧に行くとか」と他の案を出されると、「ハードルの問題。 (オドぜひは)倍率低そう」とドライな回答をする渡邊さん。 渡邊さんが今までに送ったクチコミが嘘かもしれないという話になりましたが、内容は全部本当の事らしいです。 しかし真偽が分らないので、春日さんがクチコミの真偽を判断してから若林さんに見てもらおうと言います。 若林さんと会話したい渡邊さんは「なぜ?」と表情を曇らせ、春日さんと言い合いになります。 最後に春日さんは「ファンとの交流会の番組じゃないから」と厳しく言いますが、若林さんが「ほぼそうだよ!」とツッコミを入れ、スタジオで笑いが起きました。 若林さんが好きすぎて一緒に番組出演するまでの計画性と行動力は素晴らしいですね。

次の