君の神様になりたい 歌詞。 カンザキイオリ エモーショナルなボカロソング「君の神様になりたい。」

amazarashi そういう人になりたいぜ 歌詞

君の神様になりたい 歌詞

君の神様になりたい。 今回紹介いたしますのは聞いた誰もが感動するであろう名曲です。 この楽曲がニコニコ動画に現れたのは今年の10月1日で、かなり新しい曲です。 この楽曲を聞いたとき私は「とんでもねぇ名曲に出会っちまった」と本心から震えました。 強く心に語りかけるその強烈なインパクトのある歌詞に注目です。 無力で、非力な僕という存在 歌で誰かを救いたいと願った僕という存在。 しかしその実、彼の歌は共感が欲しかっただけの汚れに満ち満ちたエゴの塊だった。 それでも彼は、誰かを救いたいと願ってしまっていた。 歌詞のストーリー性が凄まじいですね。 歌という媒体に自らを表現する力を求めるのは、シンガーソングライターを志す人なら誰でも一度は考える事だと思います。 しかしそこに「誰かを救う」という崇高な理想が生まれた時、その歌はエゴの塊となるという矛盾が生まれます。 人は自分のやり方ひとつで幸せになれる生き物だからです。 この歌の「僕」という存在は、自らの歌で誰かを救い、守りたいと願った。 しかしそれは、自分自身を救いたいと願ったものでしかなかった。 なぜなら歌は自分を表現するものであって、できることはあくまで共感を誘う事だけだからです。 歌に共感し、感動した人はきっとこう感じます。 「貴方の歌に救われた」 しかしそれは違うのです。 歌を聞いて、自分を変えたのは聞き手である人だから。 最後は自分の力なんです。 それに気が付いてしまった「僕」は足場を失ってしまいます。 目指したものには必ず届かないと知ってしまったから。 無力で、非力。 自らのエゴに押しつぶされそうになりながらも叫び、歌い続ける「僕」という存在。 この不思議な力強さは恐ろしくもあり、美しいと感じました。 強烈で、悲しくも美しいラスト 注目すべきはラスサビでしょう。 一度歌詞のみで読んでみていただきたいです。 手紙のように、語りかける強い意志と思いと、その中にある諦めにも似た絶望。 この何重にも積み重なって折り重なった強い思いは、きっと誰かの心を打つ力強さを持っています。 ミクの調整もかなり個性的なもので、それも相まって涙を誘います。 私は不覚にも涙がこぼれました。 私のことを歌ってくれているわけじゃない。 それでも心に語り掛けてくる「救いたい! 守りたい!!」という思いが津波のように押し寄せてきます。 この表現力は圧巻の一言です。 泣きたいときは泣いたっていいんだ この曲はもちろんオリジナルで神曲なんですがこちらも併せて紹介させていただきます。 メガテラ・ゼロ様の歌ってみたverでした。 歌声も相まって表現力が増しています。 メガテラ・ゼロ様の歌ってみたはその歌唱力で人気がありますが、選曲のセンスも素晴らしく、アレンジもかっこいいので大好きです。 「君の神様になりたい。 」この楽曲は、誰かの背中を押すように、包み込むように聞き手の心を揺さぶる名曲です。 泣きたいとき、辛いとき、そんなときは弱くなってもいいのです。 この曲はそんなときに抱きしめてくれる。 そんな包容力を秘めています。 泣きたいときは泣いたっていいんです。 辛いとき、この曲を聞きながら大きな声で泣いて、叫んでみれば、きっと新しい明日が広がっています。 最後に 最後になりましたが、カンザキイオリ様に一言「素晴らしい楽曲でした。 涙を流したのは久しぶりで、なんともすっきりした気持ちになれました。 これからも素晴らしい楽曲を作り続けてください。 そして、いろんな人の力になれる、そんな楽曲を生み出し続けていってください。 応援しています」.

次の

君の神様になりたい。 という曲を知ったのですが、この曲は誰が歌...

君の神様になりたい 歌詞

君の神様になりたい 「僕の命の歌で君が命を大事にすればいいのに」 「僕の家族の歌で君が愛を大事にすればいいのに」 そんなことを言って本心は欲しかったのは共感だけ。 欲にまみれた常人のなりそこないが、僕だった。 苦しいから歌った。 悲しいから歌った。 生きたいから歌った。 ただのエゴの塊だった。 こんな歌で誰かが、救えるはずないんだ。 だけど僕は、君の神様になりたかった。 こんな歌で君のジュグジュグ腐った傷跡が埋まるもんか。 君を抱きしめたって、叫んだってなにも現実なんて変わるもんか。 がむしゃらに叫んだ曲なんて、僕がスッキリするだけだ。 欲しかったのは共感だけ。 でも君も救いたかった。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 ボロボロに落ちて落ちて落ちてかさぶたになった傷で 誰かと喋ってみたかったんだ、馬鹿みたいな話。 「あなたに救われました」と「生きたいと思いました」と ああそうかい、変わったのは自分のおかげだろ。 よかったな。 子供の頃は自分も素敵な大人になると思っていた ていうか素敵な大人になって自分を救いたいっておもってた 時が経ち僕が成すのはボロボロの泥だらけの自分で 生きるのに精一杯。 ゲロ吐くように歌う日々だ。 何度だって歌った。 かさぶたが剥がれるほど歌った。 生身の僕で、君の神様になりたかった こんな歌で君のジュグジュグ募った痛みが癒せるもんか。 君を抱きしめたって、叫んだって君が苦しいことは変わらないや グラグラで叫んだ曲なんて、僕も実際好きじゃないや 欲しかったのは共感だけ。 それじゃ誰も救えないや。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 生きた証が欲しいとか、誰かに称えて欲しいとか、 そんなのはさほど重要じゃない。 どうせ落ちぶれた命だ。 誰かを救う歌を歌いたい。 誰かを守る歌を歌いたい。 君を救う歌を歌いたい。 無理だ。 君は君が勝手に君のやりかたで幸せになれる。 こんな歌で君のジュグジュグ腐った傷穴が埋まるもんか。 君を抱きしめたい、叫んであげたい君の傷跡も痛みも全部。 でも所詮君は強い。 君はきっと一人で前を向いていくんだ。 それならばいい。 だけどもし涙がこぼれてしまう時は、 君の痛みを、君の辛さを、君の弱さを、君の心を、 僕の無力で、非力な歌で、汚れた歌で歌わしてくれよ。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 僕は神様にはなれなかった。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 無力な歌で、君を救いたいけど、救いたいけど。

次の

1/2 川本真琴 歌詞情報

君の神様になりたい 歌詞

若い人にこそ聴いて欲しいボカロ曲 将来のこと、自分が暮らしている環境のことを考えて病んでしまう若い方は多いはずです。 そんなあなたにぜひとも聴いて欲しいボカロ曲がこの「君の神様になりたい。 胸が熱くなり、悩みなんてどうでもよくなり、部屋から飛び出したくなる。 とにかくエモーショナル。 この曲を聴いて、自分の心を解放してしまいましょう! 「君の神様になりたい。 」とは? 「君の神様になりたい。 」は2017年9月30日にYouTubeで、10月1日にはニコニコ動画で公開されたボカロ曲です。 使用VOCALOIDは初音ミク。 ダイナミックな音像と人の感情の芯を捉えるような歌詞が聴く人の心に刺さり、たちまち人気曲に。 2019年1月時点での各動画サイト合計再生回数は200万回以上! まるで独白のような、畳み掛けてくる歌が刺さります。 また、ピアノとストリングスの切なくて泣けてくるフレーズが心の奥底まで染み込んできます。 歌ってみた動画などのカバーも数多い、カンザキイオリの代表作のひとつです。 作者はアニメ主題歌も手がけているカンザキイオリ ではここで、作詞作曲者であるカンザキイオリをご紹介させて頂きます。 ボカロPとしてのデビューは2014年に公開された「プロテクト」。 初期は黒柿という名義で活動していましたが、2015年2月に投稿された「哀伝ティティ」から、カンザキイオリに名称を変更しました。 若い世代が抱える不安、葛藤、苦しみを代弁するような歌詞が共感を呼び、徐々にその名を知られるように。 2019年にはアニメ「同居人はひざ、時々、頭のうえ。 」の主題歌を、ミュージシャン、コトリンゴと共に担当。 代表作のひとつ「命に嫌われている。 」はボカロソングのカラオケランキング上位に位置する人気作品でもあります! 「命に嫌われている。 」については、また別にUtaTenサイト内で特集していますので、ぜひそちらもチェックしてみてください! 心の奥底に訴えかけるような歌詞のメッセージ性 それでは「君の神様になりたい。 」の魅力について、ここから存分に書いていこうと思います! やはり、まず注目したいのは歌詞。 この曲が好きになった理由は歌詞だ、という方は多いはずです。 誰かの気持ちを代弁するような、自分の思いを全て曝け出すような言葉選びに、読んでいるだけでも胸が熱くなってきます! 時には強さが感じられ、時には弱くも見えて、そして人間味に溢れている。 ---------------- 「僕の命の歌で君が命を大事にすればいいのに」 「僕の家族の歌で君が愛を大事にすればいいのに」 そんなことを言って本心は欲しかったのは共感だけ。 欲にまみれた常人のなりそこないが、僕だった。 「君の神様になりたい。 」の内容にはこのあとじっくりと触れていきますので、お楽しみに! 壮大でエモい!サウンドのかっこよさ では次にサウンドについて! 「君の神様になりたい。 」のサウンドは簡単に言うと、ピアノロック調です。 まず、アコースティックギターの音とエレキギターの歪んだ音が疾走感あるドラムフレーズとともに曲の芯を支えています。 そこにピアノのエモーショナルで切ない旋律が重なり、胸がぎゅっと締め付けられるような味わいを生み出しています。 さらにストリングス!ストリングスパートの柔らかいハーモニーが曲全体を包み込んでいますね。 ストリングスパートがないと愚直なまでにまっすぐなピアノロックになりますが、あることによって奥行き感、壮大な雰囲気、曲調を形作っています! 「君」への思いが詰まった歌詞 さて、ここからは歌詞の内容をじっくり紐解いていこうと思います。 ---------------- 「僕の命の歌で君が命を大事にすればいいのに」 「僕の家族の歌で君が愛を大事にすればいいのに」 そんなことを言って本心は欲しかったのは共感だけ。 欲にまみれた常人のなりそこないが、僕だった。 まずタイトルにある「君の神様になりたい。 」という言葉通り、歌詞は「君」に対してのメッセージが綴られています。 ここで言う「君」は聴く人のこと。 そして歌詞に出てくる「僕」は作者自身だと察せられます。 というのも、おおまかに歌詞の中身を説明すると「歌の力で君を救いたい」という内容だからです。 「歌を作る自分」つまりカンザキイオリから「君へ」言い換えるとリスナーへのメッセージソングだと言えます。 冒頭からとても胸締め付けられる歌詞ですね。 曲を聴いた人に、命の大切さ、家族の大切さを分かって欲しい…なんて言いながら、実は共感して欲しかっただけ。 つまり、良いことを言って承認欲求を満たしたいだけなのが「僕」だということです。 創作している中で、なかなか言い出しづらい本音、ではないでしょうか。 たくさんの人から共感を得たい。 もちろん本音なので「命を大切に、家族を大切に」は嘘ではありません。 しかし自分の中にある承認欲求に気づいていて、後ろめたさに悩んでいます。 ---------------- 苦しいから歌った。 悲しいから歌った。 生きたいから歌った。 ただのエゴの塊だった。 こんな歌で誰かが、救えるはずないんだ。 だけど僕は、君の神様になりたかった。 」とあります。 さきほども書きましたし、ここでも「ただのエゴの塊だった。 」と綴られているように、自分を満足させたいがために「僕」は歌を作っています。 そして、そういう気持ちでは誰も救えない…なんて思っています。 しかし、僕の歌で聴いている人の心を救いたい、という思いはあるのです。 創作全般に言えることですが、自分が作ったものに対して「これを作った人は、私を救ってくれた神様だ」なんて思われたら、それ以上の喜びはありません。 でも自分にはそんな才能はないし、救えるとも思えないけど、でも「君」を助けたかったからこの歌を作った、というのがここのフレーズです。 「君の神様になりたい。 」のメッセージ性が凝縮された部分と言えますね。 ---------------- こんな歌で君のジュグジュグ腐った傷跡が埋まるもんか。 君を抱きしめたって、叫んだってなにも現実なんて変わるもんか。 がむしゃらに叫んだ曲なんて、僕がスッキリするだけだ。 欲しかったのは共感だけ。 でも君も救いたかった。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 でも救いたい。 でも無理だ。 「僕」の葛藤が如実に現れているのがサビの歌詞です。 さらにこのあと「僕」がどういう感情を抱いているのかが綴られていきます。 ---------------- ボロボロに落ちて落ちて落ちてかさぶたになった傷で 誰かと喋ってみたかったんだ、馬鹿みたいな話。 「あなたに救われました」と「生きたいと思いました」と ああそうかい、変わったのは自分のおかげだろ。 よかったな。 子供の頃は自分も素敵な大人になると思っていた ていうか素敵な大人になって自分を救いたいっておもってた 時が経ち僕が成すのはボロボロの泥だらけの自分で 生きるのに精一杯。 ゲロ吐くように歌う日々だ。 何度だって歌った。 かさぶたが剥がれるほど歌った。 誰かを救うことに憧れたところで、結局はボロボロの自分がここにいるだけ。 それをどうにかしようと「ゲロを吐くように歌う日々」。 余裕はありません。 でもそうして必死に歌って、等身大の自分で誰かを救えないかと「僕」は考えています。 ---------------- 生きた証が欲しいとか、誰かに称えて欲しいとか、 そんなのはさほど重要じゃない。 どうせ落ちぶれた命だ。 誰かを救う歌を歌いたい。 誰かを守る歌を歌いたい。 君を救う歌を歌いたい。 無理だ。 君は君が勝手に君のやりかたで幸せになれる。 「僕」の歌で救うのは無理かもしれない。 でも「君」は幸せになれる、と。 「僕」の歌があろうがなかろうが、幸せになれるよ、と。 人は弱くない、「君」は強いんだ、という真っ直ぐで真摯なメッセージです。 どうでしょう。 どこか悲しくて、でも心揺さぶられる歌詞ではないでしょうか。 ---------------- こんな歌で君のジュグジュグ腐った傷跡が埋まるもんか。 君を抱きしめたい、叫んであげたい君の傷跡も痛みも全部。 でも所詮君は強い。 君はきっと一人で前を向いていくんだ。 それならばいい。 だけどもし涙がこぼれてしまう時は、 君の痛みを、君の辛さを、君の弱さを、君の心を、 僕の無力で、非力な歌で、汚れた歌で歌わしてくれよ。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 僕は神様にはなれなかった。 僕は無力だ。 僕は無力だ。 無力な歌で、君を救いたいけど、救いたいけど。 まず、自分の強さに気づいて欲しい。 そして、ほんのちょっとでも、僕の歌が立ち直るためのきっかけになれれば嬉しいな…という終わりです。 生々しいとも言える、溢れ出す思いで締めくくられていますね。 特に、将来への不安を抱えた若者、自分がどういう風な人間になりたいかを考えている学生にじっくり向き合って欲しい歌詞の中身でした。 「君の神様になりたい。 」のオススメ歌ってみた動画を3つご紹介! ではここで、「君の神様になりたい。 」のオススメ歌ってみた動画をご紹介させて頂きます! メガテラ・ゼロ もしカラオケで歌うのであれば、メロディーを意識するよりはいかに感情を込められるかを考えた方がいいかもしれません。 多少外れていても、この歌詞のメッセージ性が再現できるかどうかに重きを置いた方が、曲の雰囲気が出るはずです。 ぜひとも全力で、ぜひとも大声で! 曲の雰囲気とは真逆?な作者本人にも注目! 先ほども書きましたし、動画ページの作者コメントを読んで頂ければ分かりますが、やはりこの曲の「僕」とはカンザキイオリ自身だと思われます。 誤解を恐れずに言うと、ネガティブ思考な曲です。 きっと彼自身が抱えている悩みなのでしょう。 ですが実は、カンザキイオリはとてもユーモア溢れる人物としても知られています。 彼のそういった側面を見たい方はぜひ、Twitterの公式アカウントをチェック! それを踏まえた上で、またぜひ「君の神様になりたい。 」の歌詞も読んでみてください! また違った捉え方ができるはずです!.

次の