輸送連合艦隊。 抜錨!連合艦隊、西へ! E

連合艦隊

輸送連合艦隊

ご覧になって分かると思いますが、日本側は史実で想定されていた八八艦隊の編成とは変化しているのが分かると思います。 それに引き替え米太平洋艦隊の編成は、それ程逸脱していないものとなっています。 この辺りの事情を編成を見ながら少し見ていきたいと思います。 ただ、ここでは日米双方の艦隊編成を紹介していますが、「艦隊」としてのシステム面のみを重点的に紹介します。 簡単に言えば、敵地よりはるばる日本近海に襲来する敵艦隊を、様々な戦術、兵器でもって段階的にすり減らし、決戦海域で可能な限り優勢な状態をもって主力艦隊をもって撃滅すると言うものです。 これについては、日本海軍が真の外洋海軍とならない限り決して変わることのない、かなり手前勝手な必勝戦術となります。 そして、ここでもその大前提は変わっていません。 ただし、史実同様内南洋が自らの勢力圏となっているので、ココを防衛するのが目的となってしまい、それよりもやや東側のマーシャル群島沖が決戦海域として想定されます。 これについては、史実とさほど変化はありません。 しかし、史実より多少お金持ちなので、その戦略をより柔軟に実現するために、高速給油艦(オイラー)など支援艦艇も出来うる限り整備されている事が、この海域での機動決戦を可能とする重要な要素となります。 支援艦艇が多数存在するのは、艦隊根拠地の存在しない環礁などに一夜にして拠点を作り上げる、いわゆるサービス部隊を保有しているためです。 (マーシャル諸島を決戦海域とした後の史実の海軍も、本来は整備したかったはずです。 ) 決戦海域は、マーシャル諸島沖。 では、そこでの戦術はどうなるでしょう。 迎撃に際して連合艦隊の基本戦術は、日本海海戦のような、第一段:水雷戦隊による襲撃、第二段:主力艦隊による昼間砲撃戦、第三段:水雷戦隊よる夜襲・・・と、カイザー・ラインハルトも真っ青の、まるでパイの皮のような重厚な機動縦深防御陣(日露戦争での連合艦隊の戦術の場合、この名称こそ相応しいと思います。 )によって、敵艦隊を文字通り消滅させてしまうものです。 これは、日本海海戦においては、第一段が波浪が高いためできませんでしたが、しかし第二段、第三段が日本側の戦術ミスが総合的に最小限に留められた事などから、異常なほどうまくいったため迎撃作戦の半分のところで、敵艦隊が実質的に消滅してしまうという程うまく機能しました。 歴史上これほど海上戦闘が、一方の事前の思惑通り進展した事は稀ではないでしょうか。 特に近代においてはこれはもはや異常とすら言えます。 ただし、近代日本が建設した『六六艦隊』と連合艦隊が、近海迎撃システムとして完成されていたとも言えるかもしれません。 では、1930年代におけるこの作戦はどなっているでしょうか? 仮想敵国は、アメリカ太平洋艦隊に変わりましたが、兵器の進歩と秀才参謀たちにより、戦術はさらに磨きがかかり、演習においてなら、まず間違いなく敵艦隊は消滅するよう練り上げられているでしょう。 それは、何度も何度も行われた舞台の演劇のように、演習では演じられている事と思います。 これは、史実では九段階にもわたる漸減戦術と言う形で完成する事になります。 史実においてですらそうでした。 それなら24隻もの鋼鉄の戦乙女を擁する連合艦隊なら、演習の上なら全く問題なく敵艦隊を殲滅できる事でしょう。 まさに、日本側から見た場合完璧なシナリオであり、水戸黄門のストーリーよりも分かりやすいお話になる事でしょう。 しかし、明治と昭和では、技術の進歩がいささか兵器にも変化を強要します。 する筈です。 ただし、1940年頃と違いまだ航空機は偵察と艦隊上空の制空任務以外では大して役に立たないとされているので、ここでは水雷戦隊と潜水艦と言う事になります。 もちろん、富岡参謀が練り上げたとされる、九段階にもわたる迎撃陣とその中核たる超大型戦艦と航空母艦による迎撃陣はまだ存在しません。 つまり、在るのは相手とほぼ互角の正面戦力を持った八八艦隊を中核とした、実に漢らしい砲雷撃戦を中心に据えた迎撃陣です。 つまり、基本的には高度な機動性を維持しつつ砲雷で敵を撃滅するという点において、根本的な変化は見られないと言うことになってしまいます。 さらにに技術的な変化を見ると、日本において水雷戦術が史実同様八割の比率を克服するために、61cm魚雷の採用と高性能駆逐艦の大量建造で異常なほどの強化が見られます。 これは、日本海海戦における水雷戦隊の活躍が影響しているので、八八艦隊においても補助戦力として最も重視すべき戦術となります。 (ただし、酸素魚雷はもちろんこの時代ではありません。 ) それは、日本側の方が若干戦艦数が少ない事と、軍縮条約によりそれ以上の戦艦が建造できない事により、戦力充実は確実なものとなります。 そうです、史実と同様の流れに沿って水雷戦隊は増強されるのです。 そして、その就役した膨大な数の水雷戦用巡洋艦と大型艦隊駆逐艦たちを、明治の艦隊編成のまま縛り付け、そのまま主力艦隊と共に運用してはもったいないので一つにまとめあげ、初戦における強力な打撃戦力となるのは、史実においてそうだったように、八八艦隊の存在する世界でも似たような経路を辿る事となります(経路は違うが)。 そこで、第一、第二艦隊は従来通りの主力決戦兵力となり、大規模夜間水雷襲撃戦を行うための専門の艦隊が、第三艦隊として再編成されます。 ただ、第三艦隊まで決戦艦隊にしてしまうと、当初兵力としてフィリピンを封鎖・攻略する戦力がなくなる事になりますが、これは、敵主力艦隊の動員と侵攻が始まるまでに、第一か第二艦隊の一部が派遣される事になります。 植民地警備艦隊程度なら、主力艦隊の消耗なしに敵艦隊撃滅は容易い事でしょう。 また、フィリピン攻略船団の護衛は第一次世界大戦で誕生している海上護衛艦隊が引き受ける事になります。 これは、米軍の兵力が平時においては基本的に太平洋と大西洋に分散しており、彼らが太平洋に兵力を集中して太平洋を押し渡ってくるまで時間があると考えられているからです。 なお、第四、第五艦隊は従来の通り、第四艦隊は内南洋警備、第五艦隊は北太平洋警備の為の哨戒艦隊となります。 また、潜水艦については、これも基本的には偵察と漸減のための補助戦力ですので、それぞれの艦隊に従属しており、通商破壊などの目的で統一運用される事はありません。 特に戦闘初期における役割はその偵察能力と、見えない圧力を加える事で敵を心理的に疲弊させる事にあります。 実際の役割分担は、大型潜水艦が艦隊を離れて長躯ハワイなどの哨戒を行い、呂型の小型潜水艦が漸減戦力として艦隊の近在に布陣し残敵掃討に従事するになります。 そして最後に、第二次大戦で大活躍した空母です。 各艦隊に従属している空母には、艦隊上空の制空権奪取と偵察のためにのみ存在しており、艦隊攻撃はほとんど考慮されていません。 それに、1934年では、航空機はまだまだ非力な存在で、まともな攻撃力を持った攻撃機の完成は望むべくもありません。 基地航空隊と連携して、長距離偵察と艦隊防空を任務として艦隊戦力の補助を担います。 こうして連合艦隊は、第一陣は夜間襲撃を担当する第三艦隊、その後敵主力艦隊に決戦を挑む第一、第二艦隊と言う布陣になります。 第三艦隊の一番の獲物は、米艦隊前衛で巨大な偵察艦隊を構成しているであろう、レキシントン級を中核とする艦隊です。 軽防御しか施されていない彼女たちを、魚雷でもって攻略するのがその主な任務となります。 その後、第一、第二艦隊を以て、低速であるが重防御を持つ敵戦艦群を機動力でもって有利な位置を占め、撃滅を図ります。 第二段階がうまくいけば、第一〜第三の攻撃力を残している全艦艇を以て追撃戦を行い、太平洋上からアメリカ太平洋艦隊を殲滅します。 また、この段階で潜水艦は落ち武者を狩るように、損傷してわずかな護衛か場合によっては独力で帰還を目指す艦艇の殲滅を開始します。 なお、戦況によっては第四艦隊も追撃時の予備戦力として、哨戒任務から予備戦力とされ、戦隊単位で追撃戦に参加を行うことになります。 その中の対日戦略を表す「レインボー・プラン・オレンジ」と言う事になります。 これは、4つの段階からなっており、第一段階は日本軍によるグァム島、フィリピンの制圧でここで米軍は防衛的行動にのみ専念します。 続く第二段階でハワイへの兵力集中を行った後、全艦隊を以てフィリピンを救援する部隊を護衛しつつ太平洋を横断し、同時に迎撃に現れるであろう日本艦隊を撃破する事が目的となります。 そして第三段階でグァム島、フィリピンを奪回し、沖縄に橋頭堡を築きます。 最後の第四段階は、日本を海上封鎖して資源面から締め付けるという、単に艦隊撃滅だけを目標とした、日本の艦隊決戦プランよりも進んだ戦略的視野も入った計画です。 また、日本が内南洋を領土に編入した事により、内南洋も中継点として使用できる事から、中部太平洋を押し渡るルートが主要な戦術になります。 なお、米国にとっては、大英帝国も敵対国の一つとなっているので、南太平洋からの進撃と言う事も可能になりますが、大西洋を我が物顔に行き来する英国を完全な敵とすると、いくら戦力があっても足りないので、オプションとしては危険な事から選択される可能性は低いでしょう。 その上、英国とは直接戦争をしなくても、最低限北米東海岸を守備する必要もあることから、最初から全艦隊を太平洋に回すことも出来ません。 さらに、侵攻してくる敵艦隊を撃滅すればいいだけの日本艦隊と違い、できるならフィリピン救援のための輸送船団にもある程度有力艦を割かねばならず、戦力の集中と言う点でどうしても日本に劣るものとなります。 なら、輸送船団など日本艦隊を撃滅した後に連れてくればいいだろうと言う意見が出ると思いますが、それでは単に艦隊を撃滅するだけしかできず、本来の重要な目的の一つであるフィリピン救援が遅れる可能性もあり、米軍の目的にあまり合致しません。 これは、合衆国の領域を敵に委ね、見た目には見捨てたと写ることにより、合衆国国内に厭戦気分が醸成される可能性がある事から、無視できない点です。 また、支那に圧力を加える日本艦隊を牽制するためと、フィリピンで艦隊保全を行いつつ、日本の下腹部を牽制するためにも、フィリピンに少数でいいから戦艦を派遣すれば、日本に対して大きなイニシアチブを取れる可能性も高くなります。 ただ、フィリピンにはあまりに有力な艦隊を派遣すると、日本を刺激しすぎることになり、派遣した時点で開戦となり、ヘタをすれば派遣途中に戦争が勃発し、単なる各個撃破のチャンスを日本に与える事になるので、この派遣は最低限の旧式戦艦数隻程度となります。 アジア艦隊の艦隊決戦での目的は、敵一個戦艦戦隊を拘束する事にあります。 もちろん、いきなり大部隊を護衛しつつ、全艦隊をあげて太平洋を進撃するというオプションもありますが、これでは誰が見てもアメリカ側から戦争をふっかけている様にしか見えないので、戦争の正義を欲しがるアメリカ市民、アメリカ政府としては、選択する可能性は低いと言えるでしょう。 では、実際進撃を行う米艦隊の編成ですが、恐らく低速の有力な戦艦を全て一つにまとめた巨大な打撃艦隊を中核として、レキシントン級からなる重偵察艦隊、輸送船団を伴う護衛艦隊という構成になります。 まあ、戦況によっては、輸送船団はないかも知れませんが、ここでは米軍が短期決戦を目指す戦術を採り、ゆえにマーシャル攻略の船団を伴っていると仮定します。 ただ、日本が巡洋戦艦を主力艦隊と共に行動させている対抗上、レキシントン級を含む艦隊も主力艦隊と共に行動する可能性もありますが、これは本来レキシントン級が本格的な戦艦との砲撃戦を前提としていない事、敵を早期に発見し決戦に及ばないといけない事から、有力な偵察艦隊を前衛に配するしかないという米軍の戦術により、ちまたの小説のような運用をされる可能性は低いのではと考えられます。 また、計画当時のアメリカ海軍のドクトリンにも、巡洋戦艦を戦艦と真っ正面から殴り合う戦力としての運用は、あまり考えられていません。 そう言う意味では、日本の第三艦隊は格好の標的と映るでしょう。 アメリカの巡洋戦艦は基本的に巡洋艦を狩るためのものかでなければ、敵主力を誘い出す為のものだからです。 なお偵察は、米軍も潜水艦の役目と思われるかも知れませんが、敵地のど真ん中で16〜18ノットの高速で動き回る日本艦隊を捕捉し、近距離から敵の概要を詳しく偵察するには、潜水艦ではいかに重厚な偵察を行っても、前線偵察において役不足となります。 これは、日本海軍が史実と違い第一次世界大戦から対潜戦術も重視している事もある程度影響します。 次に、米軍の全体の戦術はどうでしょうか。 これについては、今まであまり論じられているのを見たことありません。 見受けられるのも、大東亜戦争での史実のように、単に米軍お得意の力押しで、全艦隊を日本艦隊にぶつけて敵を撃砕してしまおうと言うものばかりです。 確かに、米軍が旨とするのは、物量戦をもってする横綱相撲ですが、「侵攻海軍」を旨としている以上、偵察と後方支援についても重視する傾向があるので(と言うかそれが当然だが)、この世界では、レキシントン級を中核とする偵察艦隊、過半の戦艦が集められた主力艦隊、輸送船団を伴う本隊が、それぞれそれなりの距離を開けて進撃している事になるのではないでしょうか。 各艦隊がある程度離れている理由は、偵察艦隊はその俊足を活かし前線で広範な偵察活動を行うためで、輸送船団は、万が一敵艦隊に捕捉される可能性をより低くしておくためです。 ですが、偵察艦隊は大きな砲力を持ったレキシントン級を6隻も含む以上、敵主力艦隊発見後は本隊に合流し、決戦においては、遊撃戦力として活躍する事がやはり想定されているでしょう。 簡単に言ってしまえば、アメリカ海軍が目指しているのは、輸送船団の事を考えなければ、英独が繰り広げたジュットランド沖海戦の焼き直しです。 海軍の戦術傾向として、最新の戦闘の例から戦術を構築するという向きがあるので、これはかなり確実なのではと考えます。 これは、第二次世界大戦の史実の地中海で、英伊との間で発生した大規模海戦でも似たような状況があった事から、欧米での一般的な戦術と言えると思います。 日本海軍のように日本海海戦を第一の戦訓として、巡洋戦艦と戦艦を組み合わせた機動(決戦)戦術の方が、いかに有効であったとしてもむしろ異端と言えるでしょう。 File08 : ダニエル・シスターズ File10 :太平洋戦争・戦闘想定(前編).

次の

連合艦隊検証

輸送連合艦隊

道中および輸送地点のボスは制空値を持たないので、軽空母の艦上が活きます。 なお、軽空母に関しては速力「低速」でも問題ないです。 ・には「大発動艇」などの「上陸用船艇」を満載します。 上記の編成と装備の合計からTPの量を算出すると、輸送地点のボス戦S勝利でTP113、同A勝利でTP79となります。 本海域にて必要なTP量は300なので、ボス戦S勝利であれば3回、A勝利であれば4回で輸送作戦成功です。 ただし、輸送地点のボスは非常に硬く、「上陸用船艇」を中心に装備した艦娘では撃破は困難です。 したがって無理にS勝利を狙わず、堅実にA勝利を重ねる方針で攻略します。 A勝利の条件は基本的には敵艦隊を4隻以上撃沈することなので、昼戦で4隻以上撃沈すれば無理に夜戦を挑まないほうが良いかと思います。 TP量計算参考:(ぜねっと様より) より確実にA勝利を狙うため、以下の「決戦支援艦隊」を送ります。 また、本海域では基地航空隊を1部隊使えます。 D地点の潜水カ級flagship対策として「東海」を混ぜた部隊をD地点・ボス地点に1回ずつ振り分けます。 以上の編成にて出撃し、道中2戦とも「警戒陣」で切り抜けます。 ちなみに、自動先制対潜を行える龍田改二を3番目に配置し、「警戒陣」でも対潜能力を維持できるようにしました。 しかし「基地航空隊」が潜水カ級flagshipをしっかり撃沈してくれるので、結果的にはあまり意味はありませんでした。 輸送地点のボス戦では「決戦支援艦隊」と本隊の戦艦・軽空母の火力を発揮するために「単縦陣」一択で。 夏らしくラフな格好の割にめちゃくちゃ硬いです。 周囲の不気味な艤装が本体を護っているのかも? 飲んでいるオイルのような液体といい、ミステリアスとグロテスクが融合している印象。 1回目の輸送にて、夏姫の随伴を昼戦で処理したので夜戦を行いましたが残りHP12が削れずS勝利ならず。 夜戦を行うと燃料・弾薬・コンディション値を消費してしまうので、以降は無駄を省くために夜戦は行いませんでした。 2~4回目の輸送も順調で、「道中警戒陣」「基地航空隊」「決戦支援艦隊」のおかげもありA勝利4回で輸送作戦が成功しました。 なお、ボス戦B勝利以下では戦略物資を破壊され輸送失敗となるので、「決戦支援艦隊」は毎回送ったほうが安定します。 輸送作戦に関しては序盤らしい控えめな難度だったかなと思います。 しかし本番はここからです。 本海域では強力な対空CIを放つ艦娘を編成しづらいので、「」を取ることにより道中安定を図ります。 空母の艦上・は敵の砲台小鬼に落とされやすく、熟練度が剥がれます。 したがって、熟練度の上がりにくい村田隊などのネームド艦載機は採用しませんでした。 本海域での空母には制空値稼ぎを求め、火力はオマケ程度に考えています。 熟練度参考:(ぜねっと様より) 戦艦には「三式弾」を装備し、ボス戦の陸上型に対する大ダメージを期待します。 ・にも陸上型へのダメージが上がる「WG42 Wurfgerat 42 」を装備。 更に「特二式」「大発動艇」もボス戦にて極めて有効なので、必ず装備させます。 およびがボスの集積地棲姫の突破のカギを握るため、ややを旗艦に置き少しでも道中の被弾を減らすようケアしています。 出撃ごとに旗艦のと随伴のを入れ替えると、キラキラを維持しやすくなるので毎回実行しました。 ちなみに、前哨戦は道中安定を優先するために霰改二・霧島改二は以下の装備で出撃していました。 M地点にいる軽空ヌ級flagshipの艦載機を霰改二の対空CIで枯らすこともありました。 また、霧島改二の「」でM地点にいるネ級eliteのワンパンも狙えます。 最終形態では集積地棲姫をより確実に破壊したいので、霰改二の対空CI装備を対地装備へ変更。 それに伴い対空装備が心もとなくなったので、霧島改二の「」を「三式弾」に変更しました。 道中、特にM地点の敵艦隊が強力なので、以下の道中支援を送りました。 また、基地航空隊1部隊は輸送作戦と同様にD地点、ボス地点に1回ずつ振り分けました。 部隊の編成も輸送作戦と同じです。 決戦支援艦隊に関しては、前哨戦では一度も出しませんでした。 最終形態ではボスの集積地棲姫を落とす確率を上げるため、敵随伴の処理を期待し以下の決戦支援艦隊を送りました。 以上の編成にて出撃し、E地点の空襲は「輪形陣」、それ以外は「単縦陣」で道中支援艦隊の火力も維持します。 道中は安定しているように見えましたが、ボス地点手前のM地点が鬼門でした。 大破撤退が4回ありましたが、全てこのM地点の敵艦隊に依るもの。 軽空ヌ級flagship・ネ級eliteの砲撃の確度はかなり高いですが、道中支援と戦艦および空母の砲撃で処理できれば突破が見えます。 M地点での苦戦が響いたものの、10回目の出撃にてボスが最終形態に。 このあとめちゃくちゃ燃やしました。 大潮の988ダメージどーん! ついでに夜戦でS勝利を狙います。 霧島さんの見事な連撃で有終の美を飾りました。 集積ちゃんとのメガネ対決を期待しましたが、今回の集積ちゃんはノーメガネでした。 のほうが強い、はっきりわかんだね。 そして今回のラストS勝利ドロップは 本イベ新艦娘の「岸波」と邂逅しました。 大人びた夕雲型の中でも特に落ち着いたオーラを纏っていますね。 あとで突っついたりして遊んでみます。 戦果 S勝利3回・A勝利2回・A敗北1回 残610 ・撤退4回 M地点 空襲は意外と怖くなく、M地点の軽空ヌ級flagship・ネ級eliteに苦しめられました。 自艦隊が脆いので当然ですが、序盤の海域で苦戦するとは思わなくてハゲそうでした。 ボス戦のA敗北は飛行場姫入り編成で火力不足に陥ったためで、決戦支援を毎回送っていれば良かったかなと思いました。 「零式水上11型乙 熟練 」は水上の中でも最高性能を誇る装備なので、これを入手するためにも本海域は最低でも乙作戦以上での攻略をオススメしたいです。 少々苦戦する海域でしたが、集積ちゃんダメージコンテストでハチャメチャなダメージを出すのが楽しかったですね。 ダメージコンテスト優勝は前哨戦での龍田ちゃんでした。 中破でも圧巻の1333ダメージ。 龍田ちゃんを怒らせたらあかんのや…。 ibalatias.

次の

【艦これ】輸送連合って通常艦隊より安定しなくない?俺の艦隊運営が悪いんか

輸送連合艦隊

元々は高速給油艦として計画され、次に潜水母艦、最終的に軽空母として完成しました。 最大値はLv99の時の最大値を指します。 彗星は彗星で悪くないんだけれど、整備大変なのよー、整備が。 天山はー…って、あれ?んっ。 提督?格納庫まさぐるの止めてくれない?んぅっ。 一応豆は炒っておきました。 やっぱり春はウキウキしちゃいます。 梅雨の季節ですね。 …雨の鎮守府も、静かでいいですね。 私も、クリスマスっぽい玉子焼き、焼いてみたの。 瑞鳳も、行ってきます。 瑞鳳も……帰ります。 ……ありがとう。 ケッコン後母港 反転 提督? あの…私、卵焼きいっぱい焼いたんだけど…食べりゅ? わっ、ほんと? えへへ…よかった。 編成 はい、瑞鳳もご一緒します。 勿論! 編成(決戦) 機動部隊本隊所属、瑞鳳、参ります! 出撃 三航戦旗艦瑞鳳!抜錨しちゃいます! はい、瑞鳳もご一緒します。 少し長湯してもいいかなぁ?…ねぇ? 建造完了 新しい艦娘が来たみたい。 正規空母かな? 戦績表示 戦績とかいつ見るの? 今でっ……いや、別に、いつでも、いいけど。 轟沈 反転 総員…退艦…また…沈むのね… …祥鳳?また…会えるかな… 時報 日付が変わったよ、提督。 現在時刻、マルヒトマルマル 時刻はマルフタマルマル。 眠くない? 提督、マルサンマルマルになりました 時刻は…マルヨンマルマルよ。 朝じゃないのぉ 現在時刻…マルゴーマルマル…。 とうとう朝になっちゃった マルロクマルマル。 おもいっきり朝よ? マルナナマルマルです。 提督、朝ご飯作って? 時刻は、マルハチマルマルです。 現在時刻、マルキューマルマルよ。 一応直掩機飛ばしとく? ヒトマルマルマルです。 さあ、お仕事お仕事 ヒトヒトマルマル。 午後の部です!ヒトサンマルマルよ 時刻は、ヒトヨンマルマルになりました ヒトゴーマルマルよ。 ヒトハチマルマルよ ヒトマルマ・・・あー、つまり、7時よ。 日が暮れたわね フタマルマルマル。 お腹空かない? 現在時刻、フタヒトマルマルよ。 半舷上陸で呑みに行っちゃう? 提督、フタフタマルマルです。 今日も疲れたねぇ。 え?疲れてないのぉ? 現在時刻、フタサンマルマル。 ふぁぁぁ…早く寝て、早く起きようよ… 放置時 近海の索敵や、輸送船団の護衛も、大事よねぇ……って、提督ぅ、仕事、しようよぉ ゲームにおいて• 同イベント開始から数時間後、新たな改二実装があった。 その改二が瑞鳳であること、コンバートであること、およびその名前が瑞鳳改二乙であることは実装直前にされた。 改二からのコンバートに必要なものは弾薬180、鋼材80、高速建造材20、開発資材5。 改二乙から改二への逆コンバートにも同量の資材が必要な代わりに、バーナーや開発資材が潤沢なら、気軽に再コンバートも可能。 設計図やカタパルトも不要で5-4でよくドロップし、育成も同様なので、近代化改修の素材を加味して判断されたし。 両方持つという選択肢も十分ある。 火力・装甲・対空・対潜は改二乙の方が上だが、搭載数や回避は大きく下がっている。 改二乙は素で 射程長である初の航空母艦。 駆逐や巡洋艦と比較すると高い攻撃力を持たせやすいため、連合艦隊・第2艦隊への編成や何かしらの任務で編成に制限のある場合などで、 以下の例のように軽空母を真っ先に行動させたい場合に等を使用せずにスロット4つを自由に構成できる点が強みと言える。 先制して高いダメージを出して敵水上艦を叩き、敵の攻撃機会削減を狙う。 潜水艦が1隻混ざるような敵編成で他の駆逐軽巡あるいは水上爆撃機を搭載した航空巡洋艦等に砲撃を行わせるため、対潜に特化させて早めの潜水艦撃破を狙う。 逆に射程を下げる方法はないため、軽空母の射程を延長した場合に起こる以下の問題がついて回る。 行動順が最下位でないため砲撃戦開始前に中大破した場合に相手が先に行動する恐れが高まる。 瑞鳳改二乙に優先して攻撃させたいわけではない場合、正規・装甲空母や射程長の戦艦と編成すると攻撃順に割り込まれる。 (や等である程度改善が行えるがこういった装備をすること自体が本末転倒であることも)• 上記の潜水艦が1隻混ざるような敵編成で対潜装備をしていない場合や単縦陣を選択している場合等、潜水艦を倒せる見込みがない攻撃で早い攻撃機会を消費してしまう。 さらに 護衛空母となり、輸送連合第一艦隊に編入できるほか、 を行えるようになった 連合艦隊時には第2艦隊の場合に限る。 また現状唯一の 高速護衛空母である。 発動条件には3種類ある。 詳しくはを参照。 また、対潜先制を運用できるやのページも参考になるだろう。 何方か整理して下さい・・・• 艦攻に3スロット割けば複縦陣でカ級elite、単横陣でカ級flagship潜水艦の先制のみでの撃沈が見込め、砲撃戦で同じ敵を狙えば単横陣でソ級flagshipの撃沈も可能。 複縦陣で水上艦に混ざった潜水艦を攻撃する場合、砲撃戦フェイズまで込みでの撃沈を考えるのは上記の通りデメリットもある為注意。 必要対潜値 必須装備 備考 50 ・ソナー かつ ・対潜値 7以上の 艦攻 ・ ・ のいずれか 対潜値7以上の艦攻はを参照 のみ装備可 中大破または艦載機全滅であっても発動する?(要検証) 65 ・対潜値 7以上の 艦攻 ・ ・ のいずれか 中大破または艦載機全滅であっても発動する 100 ・ソナー かつ ・対潜値 1以上の 艦攻 ・ 艦爆 のいずれか 細部は要検証• 以上の特徴を併せ持つため、実際の運用においては、、、(または)のフルセットを最も活かすことが出来る軽空母となっている。 Lv99でちょうど合計対潜値が65に達するため、 先制対潜と強力な を両立できるのが唯一無二の強み。 特に連合艦隊水上部隊の第二艦隊に配置することで、道中で先制対潜をこなしつつ、対連合艦隊では不足しがちな制空値を補い、とどめに夜戦で強烈なダメージを叩き出すといった運用が可能。 敵の連合艦隊がボスマスのみの場合道中で艦載機が減らないのもうれしい。 夜間作戦航空要員+熟練甲板員を装備させても射程は変わらないが、逆に言えばデメリットを気にせず搭載できるということでもある。 当然ながらそこまでに至るまでのレベリング並びに装備をそろえる過程には多大な労力がかかる。 上級提督のみに許された運用だが、見事全ての準備を完了した者に対してには、まさしく器用万能な働きをしてくれるだろう。 同じく護衛空母の大鷹改二と比較すると、主に速力高速、搭載数で優勢。 ソナーと爆雷は積めず(零式のみ例外)夜戦攻撃不可のデメリットもあるが、対潜実効ダメージ以外ではこちらが大きく上回る。 また、試製甲板カタパルトを五航戦姉妹の改二甲やサラトガ等に温存できるので、十分揃うまでは大鷹改と瑞鳳改二乙での並行運用もなくはない。 この場合、初期状態に近い姿の高速護衛空母運用か、迷彩を纏う精鋭軽空母として使い分けたいかで運用を決めても良いだろう。 及びは、エンガノ岬沖海戦時の迷彩塗装がモチーフとなっていた。 だが、この改二乙では未改造時の紅白の衣装に戻ることとなった。 これに伴い、迷彩のと比べ回避は大きく下がっている。 これは・と同じ。 に続く「改二乙」だが、防空特化という訳では無い。 あちらとは違い単純に「2種類目の改二」の意味だろう と同じニュアンス。 史実の瑞鳳は、マリアナ沖海戦後の1944年7月、横須賀から呉へと回航するのにあわせて、同じく横須賀から小笠原方面へと向かう第3729船団の対潜護衛を行った事がある。 第3729船団はマリアナ諸島陥落後に東京~マリアナ間の中間地点に位置する硫黄島への兵員増強輸送を担った一連の輸送船団のひとつであり、同船団の護衛として、乙直接護衛部隊所属の駆逐艦、らが参加していた。 瑞鳳は護衛の、、、とともに7月29日に横須賀を出撃、輸送船団の後方50海里(約93km)の位置から直掩機を飛ばす形で対潜護衛を行った。 8月1日に輸送船団が父島に到着したのをもって瑞鳳の対潜護衛任務は解かれ、予定通り3日には呉に帰投している。 この時、瑞鳳が用いた航空機は自前の653空所属機ではなく、同任務に併せて受け入れていたであった。 対潜掃討のエキスパートである931空の協力もあってか、往路においては敵潜水艦の発した電波の傍受こそあったものの輸送船団への攻撃は皆無だったという。 同船団(復路は第4804船団と改名)は8月4日の父島出航直後からのアメリカ第58任務部隊のスカベンジャー作戦に伴う大規模空襲および軽巡・駆逐艦混成部隊による追撃によって全輸送船および松を喪失する事となるが、資料によってはこの任務部隊の空襲は瑞鳳をターゲットとしてものだったとされている。 ただし、瑞鳳自身は前述の通りこの時点で既に呉にいたのだが。 最新の15件を表示しています。 ソナーと対潜7の機体で先制できるけど、対潜7の機体は対空砲回避が無い(熟練度上がりにくい流星一航戦以外は雷装も低い)。 その場合は対潜へりつんで村田友永江草の方がイイっぽい -- 2020-01-08 水 15:02:24• 対潜先制爆雷攻撃の条件について、対潜値7以上の艦攻にが入っていないのは恐らく古い記述でメンテナンスする人がいないからだと思うのですが、メンテフリーにするため注釈ではなくへのリンクに変えても良いでしょうか? -- 2020-02-13 木 06:26:11• 反対意見がないため変更しました -- 2020-02-14 金 14:48:32• ぐっじょぶ -- 2020-02-14 金 16:10:47• 開幕火力はスロットの搭載数に依存するから改二乙は改二よりも弱くなるという認識でおk? その代わり長射程と高火力と場面によっては対潜という使い分けという感じ? -- 2020-02-21 金 04:06:56• 開幕に関しては最大威力は弱くなる傾向ですが、3スロ目が15スロと改二よりもやや多いので、上位3スロ全てを艦攻艦爆とする場合は少し安定感があります。 素で長射程な分、彗星江草のような対空回避付きの艦爆をそのまま使えるので便利ですね。 -- 2020-02-21 金 07:23:07• 非常に高性能な艦娘だけど、ときどき大事な局面で足を引っ張ってイラッとさせられる。 まぁ、強すぎるから、裏で何らかのバランス調整がされてるんだろうな。 -- 2020-04-29 水 14:59:49• それでもバランスはとれてないんだよなぁ(改造にカタパルトを要求した軽空母を横に並べながら) -- 2020-04-29 水 15:40:44• バランスとるなら、その二人を強くした方がいいと思うなぁ。 -- 2020-04-29 水 15:48:21• ただの運の偏りでは? -- 2020-04-30 木 00:36:36• あざとい。 だが、それがいい。 -- 2020-05-11 月 09:49:43• 今更ながら7周年台詞聞いて脳が蕩けた -- 2020-05-14 木 12:23:49• ケッコンや海防艦投入で対潜値65を満たせるのなら。 -- 2020-05-24 日 02:44:58• あれ、九六艦攻改って九 七 艦攻改のことか。 ちょっと想像してた構成 九六艦戦改と思った と違った。 TBM-3Dは使うの? -- 2020-05-24 日 02:54:16• 第四スロットには何を載せればいいんだ? 2機ってすぐ全滅じゃん。 いっそ電探でも積むほうがましなのか -- 2020-05-26 火 07:10:46• 電探でもいいし艦偵でもいい。 艦戦載せて制空補助 海域によっては本体 にできる。 哨戒機や回転翼機、零式ソナーとかの対潜装備もある。 夜戦要員載せて夜戦参加してもいい。 選択肢はいっぱいあるよ。 -- 2020-05-26 火 08:02:13• 艦攻艦爆は簡単に全滅するけど、艦戦なら制空喪失しない限り減らんよ。 艦戦は対空砲火受けないから。 何載せたら良いかは1枝の言う通り -- 2020-05-26 火 09:28:50• 基本的に殆どの空母がもつ1桁スロットに艦攻艦爆は載せないのが定石。 それは2機も6機も同じ。 -- 2020-05-26 火 17:39:44• うちは6機もあるならデイリーウィークリーとかでは普通に艦攻艦爆も積むなあ。 通常海域だと基本的にツが居ない場所とか制空が十分確保出来る海域なら6機スロットで全滅する様な事はほぼ無いしうちがデイリーウィークリーでまわる4-2、4-4、3-3、2-1~2-5みたいな場所だと全滅する事は皆無だから瑞鶴でクリティカル補正狙いのジェットx2、村田、江草みたいな積み方も良くやってる ウィークリーだと5-2任務だけ不可能。 攻撃機完全封印して艦戦や彩雲のみ積もうと思うスロット数は自分だと3機スロット以下からかな?6~8機くらいのスロットなら基本は艦戦だけど場所によっては攻撃機使うね。 -- 2020-05-27 水 03:47:16• うちも2-1,2-5,3-3,4-4辺りは6~7機スロに射撃回避系の艦攻艦爆水爆乗せてやってるけど全滅したことない。 瑞鶴にジェットジェット村田江草とかうちの2-5瑞鶴まんまだわw そういう海域の攻爆封印の基準が3機ってのも全くもって同感。 海域の制空値やツの有無にあわせて積み方替えるようになるとやっぱ最終的にその辺がラインになるよね -- 2020-05-28 木 03:00:10• ヴァクセン岩井「うぉぉぉぉぉ!!!! 」 -- 2020-05-26 火 18:52:41• 基本的には緑色の艦載機 艦戦 と黄色の艦載機 艦偵 ならどんなに少ないスロットに積んでもまず全滅する事は無い、と覚えておけばいいよ ただしまず無いと思うが制空権喪失状況を連発すると運が悪いと消し飛ぶ -- 2020-05-27 水 03:51:41• 自分はたまに書き込もうとするとすぐ途中送信しちゃうので、今なんとなくここのコメント欄を見て、上の枝の人たちを変に尊敬してしまった -- 2020-05-31 日 02:04:19• メモ帳とかで書いた文章貼り付けるようにすれば途中送信は回避できるよ。 -- 2020-05-31 日 06:10:26• ほぁーなるほど・・・! あたま良! -- 2020-05-31 日 15:54:00• 1回メモとかに文章起こししておくと投稿前にもう一度じっくり見直して「はたして自分は話の流れ的におかしな事言ってないだろうか?」って確認出来たりするから実は結構便利だったりするよね -- 2020-05-31 日 17:50:01• でも枝付ミスは防げないからそこは注意な。 -- 2020-05-31 日 17:53:32• 編集で消したり直せばいいよ。 上記のをクリックして、上欄の編集をクリック。 そして誤ったコメントを削除or訂正。 この程度の編集は勝手にやっても構わないでしょ。 -- 2020-06-01 月 15:31:18• 削除基準は「自分のコメントの誤字脱字 意味合いが変わらない 程度の編集」だから、自分の書き込みでも無断削除はアウトじゃね。 ツリーミス修正や誤字訂正は間違いなくセーフだけど -- 2020-06-01 月 19:35:24• 誤連投も削除でいいと思うけどなー木が流れないし -- 2020-06-02 火 18:33:28• 誤連投は「意味合いが変わらない」の範疇で問題なしでは? 1つだけの書き込みを誤字とかを理由に削除(無かったことにする)のがNGであって -- 2020-06-02 火 22:17:45• 17時の時報を聞いたら、自分ずほとケッコンしてたのかと錯覚したわ -- 2020-07-02 木 17:01:39• 20梅雨イベE4で更に株を上げるとかマジぱない -- 2020-07-03 金 23:42:46• づほ可愛いよづほ。 もう一々可愛い -- 2020-07-04 土 19:28:30• E-4は先に動いてなんぼなので乙の長はありがたい -- 2020-07-05 日 22:33:51• 今回ほどづほを二隻持ちしていてよかったと思ったことは無い -- 2020-07-15 水 23:08:58.

次の