大相撲 動画 今日 nhk。 大相撲の中継をネットで見るには?動画や見逃し配信を無料視聴する方法

大相撲の中継をネットで見るには?動画や見逃し配信を無料視聴する方法

大相撲 動画 今日 nhk

iOS版は、本日3月14日より配信を開始します。 幕内の全取組ムービーをリアルタイムで配信 本場所期間中は、幕内の各取組終了後、毎日アプリ内でムービーを公開します。 相撲に精通したライターによる各取組の解説とともに、無料会員であれば1日1動画限定で、その日の取組の様子を振り返る事ができます。 また、取組ムービーは平成22年5月場所の取組結果まで振り返る事ができ、見逃してしまった本日の取組はもちろん、話題を呼んだ過去の取組まで、スマホでいつでもどこでも相撲観戦ができます。 お気に入り力士の取組結果をリアルタイムでお知らせするプッシュ通知機能 タイトル:「大相撲」 対応端末:Android4. 0以上、iOS6. の商標または登録商標です。 の商標です。 その後予告なしに変更されることがあります。 インストール方法 日本相撲協会公式アプリ「大相撲」をダウンロードしてお楽しみになりたい方は、インストール手順をご確認ください。 iOS及びAndroidのインストール方法を手順を追っての説明になります。 , Ltd.

次の

大相撲の中継をネットで見るには?動画や見逃し配信を無料視聴する方法

大相撲 動画 今日 nhk

さあ、お目当ての相撲茶屋の場所を確認して国技館の中に入りましょう。 ずらりと並んだ20軒の相撲茶屋。 ここは通称「茶屋通り」と呼ばれています。 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)が日ごろ口にしている「国技館に入ればそこは江戸時代」というのは、力士や行司、呼出しのことだけでなく、こうした相撲茶屋の江戸情緒も含まれていると思われます。 浅草寺の仲見世を思わせる風情がある相撲茶屋は、それぞれの「屋号」を染め抜いたのれんを下げて、相撲観戦のお客さんを待っているのです。 季節に合わせた飾り物で年に3回、1月、5月、9月に国技館で本場所が開かれる45日間だけ営業しています。 本場所中は、十両や幕内の取組が始まる前の午後の時間帯にお客さんが集中して忙しくなります。 親しみを込めなじみのお客さんから「お茶屋さん」とも言われていますが、20軒すべての相撲茶屋は親方や力士の子孫だったりして相撲界とさまざまな縁を持ちながら、今日の大相撲人気を支える裏方として活動しているのです。 おみやげだけでなく、その席で楽しめるものを提供したいです。 例えばイス席でセット販売のおみやげがあるのですが、イス席で飲んだり食べたりするのは楽なのでお客さんに提案してみたりとか、お客さんが面倒でないようにして大相撲を楽しめるようにできたらいいと思っています。 正直言って狭くて大変なんですが、雰囲気、臨場感だと思います。 昔の芝居小屋とか寄席もあったのですが、今は升席で見られるのはお相撲くらいですね。 それにお茶屋も相撲と京都の花街くらいしか残っていません。 江戸時代から続いているような雰囲気を楽しむことを知ってほしいと思っています。 どの世界でも同じだと思いますが、伝統を大事にする部分と、今の時代に合う部分で折り合いをつけないといけないと思います。 お茶屋でも昔はおみやげを風呂敷で包んでいたそうですが、今は手提げ袋に変わりました。 時代に合わせながらも伝統を感じる折り合いを大切にしないといけないと思います。 何でもそうですが、ライブ、生のものとテレビで見るものは全然違います。 特に相撲は雰囲気がまるで違うので、若い人に是非来ていただき、大相撲の迫力を体験していただきたいです。 升席は狭くて身動きが取りづらいので、お客さんの荷物はなるべく預かるようにしています。 お茶屋が私たちの世代になったら、もう少し変えたほうがいいことを言っていきたいです。 例えばコインロッカーもないですし、フリーのWi-Fiをつけたらどうかとか提案したいです。 ほかの観光地や歌舞伎の会場などで整備されているものが、まだまだ国技館にはないと思います。 提案した方がいいのかなと思います。 ぜひ、平松さんの自由な発想で新しい相撲茶屋を目指していただきたいと思います。

次の

すもちゃん〜大相撲チャンネル〜の最新動画|YouTubeランキング

大相撲 動画 今日 nhk

さあ、お目当ての相撲茶屋の場所を確認して国技館の中に入りましょう。 ずらりと並んだ20軒の相撲茶屋。 ここは通称「茶屋通り」と呼ばれています。 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)が日ごろ口にしている「国技館に入ればそこは江戸時代」というのは、力士や行司、呼出しのことだけでなく、こうした相撲茶屋の江戸情緒も含まれていると思われます。 浅草寺の仲見世を思わせる風情がある相撲茶屋は、それぞれの「屋号」を染め抜いたのれんを下げて、相撲観戦のお客さんを待っているのです。 季節に合わせた飾り物で年に3回、1月、5月、9月に国技館で本場所が開かれる45日間だけ営業しています。 本場所中は、十両や幕内の取組が始まる前の午後の時間帯にお客さんが集中して忙しくなります。 親しみを込めなじみのお客さんから「お茶屋さん」とも言われていますが、20軒すべての相撲茶屋は親方や力士の子孫だったりして相撲界とさまざまな縁を持ちながら、今日の大相撲人気を支える裏方として活動しているのです。 おみやげだけでなく、その席で楽しめるものを提供したいです。 例えばイス席でセット販売のおみやげがあるのですが、イス席で飲んだり食べたりするのは楽なのでお客さんに提案してみたりとか、お客さんが面倒でないようにして大相撲を楽しめるようにできたらいいと思っています。 正直言って狭くて大変なんですが、雰囲気、臨場感だと思います。 昔の芝居小屋とか寄席もあったのですが、今は升席で見られるのはお相撲くらいですね。 それにお茶屋も相撲と京都の花街くらいしか残っていません。 江戸時代から続いているような雰囲気を楽しむことを知ってほしいと思っています。 どの世界でも同じだと思いますが、伝統を大事にする部分と、今の時代に合う部分で折り合いをつけないといけないと思います。 お茶屋でも昔はおみやげを風呂敷で包んでいたそうですが、今は手提げ袋に変わりました。 時代に合わせながらも伝統を感じる折り合いを大切にしないといけないと思います。 何でもそうですが、ライブ、生のものとテレビで見るものは全然違います。 特に相撲は雰囲気がまるで違うので、若い人に是非来ていただき、大相撲の迫力を体験していただきたいです。 升席は狭くて身動きが取りづらいので、お客さんの荷物はなるべく預かるようにしています。 お茶屋が私たちの世代になったら、もう少し変えたほうがいいことを言っていきたいです。 例えばコインロッカーもないですし、フリーのWi-Fiをつけたらどうかとか提案したいです。 ほかの観光地や歌舞伎の会場などで整備されているものが、まだまだ国技館にはないと思います。 提案した方がいいのかなと思います。 ぜひ、平松さんの自由な発想で新しい相撲茶屋を目指していただきたいと思います。

次の