カビゴン ステルスロック。 カビゴン育成論 : 【あくびカビゴンミラーを制す】うずしおカビゴン|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ブラッキーたわむれ日記

カビゴン ステルスロック

今回はシーズン2で追加されたキョダイマックスポケモンについて。 記事やTwitterで何度か言いましたが、 今回のキョダイマックスは環境にあまり影響がないと思っています。 理由はとびぬけて強い技はないから。 キョダイマックスが追加されることによって環境が変わる要素は、 各々が持つキョダイマックス技のみです。 つまりキョダイマックス技さえ把握しておけば環境に遅れることはないでしょう。 今回はシーズン2における、使えそうなキョダイマックス技を記載します。 使えそうなキョダイマックス技 ・アーマーガアのキョダイフウゲキ 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 ・カジリガメのキョダイガンジン ステルスロックを撒きながら攻撃できる ・カビゴンのキョダイサイセイ 敵と味方は50%の確率で使用した木の実を回収できる。 ・バタフリーのキョダイコワク 相手全体を『どく』『まひ』『ねむり』状態のいずれかにする。 選ばれた状態異常が無効の場合は効果がない。 ・ピカチュウのキョダイバンライ 相手全体の『でんき』タイプ以外のポケモンを『まひ』状態にする この効果は対象の味方の『じめん』タイプにも有効。 考察 キョダイマックス技の魅力は ダイマックス技と同じく、 「高火力で殴りながら追加効果を発動できる」ことにあると思います。 そういった意味で上記5つの「技は」使えると思います。 アーマーガアのキョダイフウゲキは割と便利なんですが ダイジェットという技が強すぎてそっちを使いたくなるので 結局使うことがない。 カジリガメに関しては正直ありかなと思います。 ダイストリームで雨を降らせる代わりに相手の場にステルスロックを撒く。 さらにカジリガメの特性やステータス的にダイマックス権を切る価値もある。 カビゴンに関しては完全に使い得のかなり強めの技。 すてみタックルをベースにすれば威力140で殴りながら木の実を回収しに行ける。 相手の攻撃を抑制したりできるので強いと思う。 バタフリーは本体が弱すぎるためダイマックス権すら切りたくない。 ピカチュウも同様ですね。 サダイジャやマルヤクデのバインド系にはあまり魅力はないと思っています。 バインドが有効に生きる状況というのが意外と少ないことと 追加ダメージが欲しいならそれこそ砂や晴れにすればいいと思うからです。 リザードンもキョダイゴクエンを使うぐらいなら晴れ状態にしたいですよね・・。 まとめ カジリガメなら使ってもいいかなーと思いました。 実はステータスも割と魅力的ですよね。 カビゴンも強いですが自分は使うのが苦手。

次の

【剣盾S2】オールドファッション【最終12位,20位】|asyu|note

カビゴン ステルスロック

カメックス サワムラー エビワラー デリバード カポエラー コータス ネンドール ドリュウズ クレベース アマージョ バクガメス ダダリン ワタシラガ バリコオル セキタンザン モルペコ こうそくスピンのメリット 威力50の攻撃技 ステルスロックなどの対策として、コートチェンジやちょうはつなどがありますが、これらは変化技であり、相手からの挑発で防がれてしまいます。 しかし こうそくスピンは攻撃技であるため、ちょうはつで防がれることは無いのです。 また、今作で威力が20から50に上がったことにより、最低限のダメージは期待できます。 設置技、バインド、やどりぎのタネ解除 こうそくスピンで解除できるものは多くあります。 まずは ステルスロックや まきびし・ どくびし・ねばねばネットといった設置技。 ダイオウドウの キョダイコウジンによる鋼版ステルスロックも解除可能です。 また、 やどりぎのタネを受けた状態も解除することができます。 相手が技を使ってから、こちらのこうそくスピンで解除できるため、自身でちょうはつを使う場合と違い、 変化技を読む必要がありません。 さらには、 しめつけるや うずしおなどによるバインド状態からも抜け出せます。 素早さアップ こうそくスピンには、自身の素早さを1段階アップする効果もあります。 あと一歩の素早さが欲しいドリュウズなどに採用して、残り体力がわずかな相手に対して、 とどめを刺しながら素早さを上げる戦い方も可能です。 PPの多さ 素早さアップする攻撃技として、ニトロチャージがありますが、ニトロチャージは威力50でPP20。 一方こうそくスピンのPPは 40もあります。 ステルスロックのPPは20であり、最大でも32のため、相手が毎ターン、ステルスロックを使ってきても、 こうそくスピンで無効化し続けることが可能です。 こうそくスピンのデメリット 攻撃が無効だと追加効果が発動しない ゴーストタイプに対してだったり、まもるで攻撃を防がれた場合は、技自体が不発になっているため、追加効果が発動しません。 攻撃で自身が倒れると追加効果が発動しない 相手の特性が てつのとげであったり、相手がゴツゴツメットを持っていた場合は、そのダメージで自身がひんしになった場合は、設置技解除の効果は発動しません。 おわりに こうそくスピンはあまり注目されていない技ですが、パーティの苦手を補ってくれる便利な技です。 ステルスロックやねばねばネット、やどりぎのタネなどに苦い思い出のある人は、ぜひ使ってみてください。

次の

カビゴン育成論 : 【あくびカビゴンミラーを制す】うずしおカビゴン|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

カビゴン ステルスロック

最強ポケモン(SSランク) ポケモン 合計種族値/理由 合計種族値680(メガシンカ時780) ・全ポケモンNo. 1の合計種族値 ・2種類のメガシンカが可能 ・天敵の悪タイプが少ない 合計種族値515(メガシンカ時615) ・最速の使い ・ピカブイ環境最速のS150 ・によるひるみの押し付け 合計種族値540 ・ラッキーに次ぐ特殊耐久力 ・で状態異常を対策可能 ・攻撃も十分あり、対面性能が高い 最強ポケモン(Sランク) ポケモン 合計種族値/理由 (相棒) 合計種族値430 ・強力な先制技ばちばちアクセルを覚える ・多くのポケモンを抜くことができる (相棒) 合計種族値435 ・追加効果が強力な相棒技を複数覚える ・相棒技を変えることで、パーティや環境に合わせられる柔軟性 合計種族値540(メガシンカ時640) ・メガシンカ後は貴重なあくタイプ ・火力と耐久力を兼ね備えた種族値 ・メガシンカの有無で、耐性を変更可能 合計種族値490(メガシンカ時590) ・メガシンカ後は圧倒的な物理耐久 ・で状態異常を対策可能 ・天敵の悪タイプが少ない 合計種族値580 ・電気・飛行の優秀な複合タイプ ・という回復技を覚える ・アタッカーも耐久型も可能 合計種族値525(メガシンカ時625) ・攻守共にバランスの取れた種族値 ・、を覚える ・流行のエスパーに対して不利 合計種族値500(メガシンカ時600) ・ピカブイ環境最速のS150 ・天敵の悪タイプが少ない ・技範囲が広い 最強ポケモン(Aランク) ポケモン 合計種族値/理由 合計種族値534(メガシンカ時634) ・2種類のメガシンカが可能 ・Xは竜・炎という優秀な複合タイプ ・ステルスロックが4倍で入ってしまう 合計種族値530(メガシンカ時630) ・攻守共にバランスの取れた種族値 ・一貫性の高い水技を高い威力で使える 合計種族値600 ・通常ポケモンの中で最も高い種族値 ・鋼タイプとフェアリータイプが少ないので、ドラゴン技の一貫性が高い 合計種族値500 ・貴重なあくタイプ ・3色パンチを覚えるため、技範囲が広い 合計種族値450 ・圧倒的な特殊耐久力 ・を覚える ・流行のカビゴンのついでに対策されてしまう 合計種族値450 ・優秀な積み技を覚える ・流行のエスパータイプに有効な虫タイプ 合計種族値580 ・カビゴンとラッキーの対策 ・3色パンチを覚えるため、技範囲が広い ・流行のエスパータイプに弱い 合計種族値495 ・流行のプテラの対策 ・+で抜き性能が高い 最強ポケモン(Bランク) ポケモン 合計種族値/理由 合計種族値500(メガシンカ時600) ・一貫性の高いゴースト技を高い威力で使える ・やといった優秀な補助技を覚える 合計種族値500 ・ピカブイ環境最速のS150 ・とを覚える 合計種族値525 ・メガ進化を除くと2番目に素早さが高い ・を覚えるため、起点作りが可能 合計種族値510 ・カビゴン、ラッキー、プテラの対策 ・流行のエスパータイプに弱い 合計種族値500 ・流行のエスパータイプに有効な虫タイプ ・を覚えるため、抜き性能が高い ・流行りのプテラに弱い 合計種族値495 ・強力な積み技を覚える ・を覚えるポケモンの中で、最もプテラに対して強い 合計種族値520 ・特攻と素早さが共に高い ・技範囲が広い 合計種族値483 ・貴重なフェアリータイプ ・による積ませ性能が高い ・天敵の鋼タイプが少ない 最強ランキングの評価基準 ノーマルルールを前提に評価 最強ランキングは、最もメジャーなノーマルルールを前提に評価しています。 ノーマルルールは覚醒値やレベル上げ等の作業がいらないため、純粋なポケモンの数値のみのバトル形式です。 前作との対戦環境の違いは、以下の記事をご覧ください。 ステルスロックによる影響を重視 ノーマルルールは6vs6なので、恩恵を受けやすいステルスロックが流行中です。 ですので、最強ランキングでは「ステルスロックのダメージが2倍以上で入ってしまうポケモン(リザードンやファイヤーなど)」の評価を下げ、「ステルスロックを使えるポケモン」の評価を上げています。 素早さを重要視 ピカブイには持ち物がないため、補正の有無を度外視すると素早さ種族値で負けているポケモンを抜く手段はありません。 素早さ種族値が高いポケモンは1アクションできる確率が高いため、最強ランキングでは素早さを重要視してランク付けをしています。 流行中のポケモンに対する性能を評価 現在流行中の最強ポケモンは「プテラ」「ミュウツー」「カビゴン」の3体です。 この3体の対策となるポケモンは貴重ですので、評価ポイントとしています。 関連リンク 最強ランキング 一押しの情報• ストーリー攻略 攻略チャート• おすすめ記事• アイテム• 便利な人• お役立ち情報 ストーリー攻略系• 新要素• 前作との違い• システム関連• 掲示板• ポケモン図鑑• タイプ別ポケモン一覧•

次の