インスタメッセージリクエストとは。 インスタでフォローリクエストを「されたorした」時はどうすればいいの?

インスタのメッセージの送り方を徹底解説!簡単にできる交流術!

インスタメッセージリクエストとは

スパム的なものを含めて、インスタグラムで知らない人からDMの「メッセージリクエスト」が届いた経験はありませんか? フォローしていない人から届くDM(ダイレクトメッセージ)は、メッセージリクエストという形でそのDMを「承認」するか、「削除」するか、またはDMを送った相手を「ブロック」するか選べます。 ただ、この3つの操作に加えて、ブロックの中には「無視する」「アカウントをブロック」「報告する」とさらに3つの選択肢があり、どれを選ぶべきなのか判断に困る人も多いはず。 そこで本記事では、インスタでDMのメッセージリクエストが届いた場合に取りうる選択肢をすべて試し、それぞれの影響や効果を検証してみました。 実際にDMのメッセージリクエストが届いた時の参考にしてみてください。 appllio. ただ、注意したいのがフィード上での新着の通知は一切ないこと。 そのため、こまめにDMをチェックしていない限り、メッセージリクエストが届いてもかなり気づきにくい仕様になっています。 メッセージリクエストを確認するには、インスタのホーム画面右上の紙飛行機マークをタップします。 メッセージリクエストの一覧から確認するものをタップして開くと、内容を確認できます。 ここでメッセージを開いても、相手の画面に既読はつかないので安心してください。 届いたメッセージリクエストに対する操作と効果 メッセージリクエストが届くと、DMの受信を「承認」するか、届いたDM自体を「削除」するか、またはDMを送った相手を「ブロック」するか選択できます。 それぞれの選択がどのような効果を生むのか、また相手にはどのような影響があるのかを検証してみました。 「承認」するとどうなる? メッセージリクエストの画面で[承認]ボタンをタップすると、すぐに通常のDM画面に切り替わり、返信ができるようになります。 また同時に、承認したメッセージがリクエストの一覧から消えます。 承認後はリクエスト一覧に戻せないので、慎重におこないましょう。 もし誤って承認してしまった場合には、後述する方法でDMの受信を拒否できます。 メッセージリクエストを承認された側の画面 メッセージリクエストを送った側への影響としては、承認されると送ったDMに既読がつくほか、相手がオンライン中かどうかも分かるようになります。 リクエストが承認された旨を知らせる通知などは届きません。 ただ、「承認」といってもあくまでDMの受信のみを承認したのであって、フォロー・フォロワー関係になったわけではありません。 「削除」するとどうなる? メッセージリクエストの画面で[削除]をタップすると、受信したメッセージリクエストが即座に消えます。 知らない人からの不快なメッセージやスパムだったときには、一見解決したように見えますが、削除の効果はそのメッセージリクエストを消しただけにとどまります。 つまり削除したところで、相手が再びDMを送ってくれば引き続きメッセージリクエストに届いてしまうというわけです。 もしリクエストすら受け取りたくないのであれば、後述のを選ぶといいでしょう。 メッセージリクエストを削除された側の画面 メッセージを送った側には永遠に既読が付くことはなく、相手がオンライン中かどうかも表示されません。 また、削除した事実は通知などで知らされません。 「ブロック」「無視」「報告」するとどうなる? メッセージリクエストの画面で[ブロック]をタップすると、さらに「無視する」「アカウントをブロック」「報告する」という3つのメニューが表示されます。 似たような選択肢が並び、どれを選ぶか分かりづらいので、以下でそれぞれがどのような効果を生むのかを紹介します。 なお、以下の「無視する」「アカウントをブロック」「報告する」どれを選択しても、相手に通知などで伝わることはありませんので安心してください。 「無視する」選択した場合 メッセージリクエストの対処法としていちばん使い勝手がいいのは、[無視する]です。 [無視する]をタップすると、メッセージリクエストが削除され、 それ以降は同じ相手からのメッセージリクエストを受信しないようになります。 後述する「アカウントをブロック」とほぼ同じ効果ですが、プロフィールを訪問すれば、DMと関係ない通常の投稿などは確認できます。 つまり、DM機能においてだけ、相手をブロックしている状態だと考えればいいでしょう。 appllio. com 「報告する」選択した場合 あまりにも不快なメッセージやスパムが送られてきたときは、[報告する]を選択して運営に通報するのもひとつの手です。 [報告する]をタップすると、さらに[スパムである][不適切である]の2通りの選択ができるので、内容に応じてどちらかを選択してください。 左:スパム報告をした場合 右:「不適切である」を報告をした場合 スパムであるを選択するとすぐに報告が完了し、「ご報告ありがとうございました」という画面に切り替わります。 報告完了と同時に、相手のアカウントがブロックされます。 不適切であると報告する場合、その理由を2つから選んでください。 選んだ理由によって報告フォーム措置が異なります。 appllio. com 無視やブロックした後にメッセージを確認する方法 前述の方法で相手のリクエストメッセージを無視、もしくはブロックしたとしても、二度と元に戻せないわけではありません。 こちらから相手のプロフィールの[メッセージ]を訪問すれば、[無視する]や[アカウントをブロックする]に設定した以降に、相手から送信されたすべてのメッセージを確認できます。 ここで再び[承認]をタップすると、過去に送られたものを含め相手のメッセージを受信するようになります。 リクエストの承認後にメッセージを拒否する方法 メッセージリクエストを承認したはよいものの、あとからやっぱりメッセージを拒否したくなったらどうすればよいのでしょうか。 このケースでは、一度リクエストを承認した相手を元に戻すことはできません。 しかし相手をブロックしてしまえば、メッセージの受信自体を拒否できます。 メッセージ画面の[i]マークをタップすると、詳細画面に移ります。 相手をブロックするには、赤字の[ブロック]をタップしてください。 確認画面が表示されるので、注意事項を読み問題なければ[ブロック]をタップします。 ブロック状態だと相手からのメッセージをすべて拒否できる効果に加え、相手の投稿やストーリーが非表示になるなどの影響があります。

次の

【インスタ】ストーリーのメッセージ機能とは?芸能人ともやり取りできる?

インスタメッセージリクエストとは

フォルダ分けはビジネスアカウントのみ利用可能 一般とメインのフォルダ分けは、インスタの ビジネスアカウント( プロ・クリエイターアカウント)にすると利用できます。 なので、基本的には仕事関連で来たDMと、友だちや家族など、通常のDMを送ってくる人で分けるなどをすることが可能です。 一般とメインの切り替え方法 実際にDM機能で、一般とメインフォルダを切り替える方法をご紹介します。 ホーム画面右上の紙飛行機アイコンをタップする、もしくは左にスワイプしてください。 DM画面になったら、基本的に「メイン」の方にDMが来るので、DMを左にスワイプし、「一般」をタップします。 そうするとDMが一般フォルダに切り替えられているので完了です。 メインに戻したい場合も同じ方法で戻せます。 ビジネスアカウントにする方法がわからない方は、上記の記事に書いてあるのでご覧ください。 リクエスト時に選択 DMが送られてくる際、リクエストに一度届き、そこで「承認」するか、「削除」や「ブロック」をするかを選択します。 この時に、「承認」するユーザーをあらかじめフォルダ分けすることが可能です。 「メッセージリクエスト」を開き、承認するユーザーをタップし、「承認」をタップします。 メッセージの移動先を選択出来るので、メインか一般を選ぶと、今後その人から来たDMは選択したフォルダに振り分けられます。 詳細な振り分け ビジネスアカウントでは、一般とメインだけでなく、より詳細にDMを開く事が可能です。 通常時は「 受信箱」という詳細フォルダを利用しており、 一般とメインそれぞれのに来ている、全てのDMを表示しています。 しかし、これだけだと、フォロワー数の多いビジネスアカウントでは、まだ読んでいないDMや、大切なDMを見逃したり、見つけ出せなくなってしまう事があります。 そういった場合は、今から紹介する詳細振り分けを利用してみましょう。 未読振り分け 未読振り分けを利用すると、まだ読んでいないDMだけをフォルダ内で表示する事が可能です。 DMを開き、一般かメインのどちらかを選択し、「検索」の右にあるアイコンをタップします。 「未読」をタップすれば、選択したフォルダの未読DMのみが表示されます。 大切なフォロワーからのDMを見逃さない為にも、覚えておくと便利です。 フラグ 大切なDMや、後から見返したいDMは「フラグ」をつける事ができます。 フラグは簡単に説明すると、「お気に入り」のような機能です。 【フラグのつけ方】 フラグをつけたい相手のDMを選択し、左へスワイプします。 「その他」をタップしてください。 「フラグ」をタップすれば完了です。 【フラグ付きDMを見る】 DM画面で一般かメインを選択し、「検索」に右にあるアイコンをタップします。 「フラグ済み」をタップすると、上記の手順でフラグを付けた相手のDMのみが表示されるようになります。 大事なDMなど、 大量のDMの中から探すが大変にならないよう、あらかじめフラグを付けておくと非常に楽になります。

次の

【インスタ】ダイレクトメッセージは既読がつく!削除や拒否方法、ストーリーも解説

インスタメッセージリクエストとは

DMの「メイン」「一般」とは? インスタで受信したDMを見ると、下の画像のように「メイン」「一般」と分かれている場合があります。 これはDMのフォルダーなんです。 移動したいDMを「メインフォルダー」で長押しすると、もう片方の「一般フォルダー」にDMを移動できます。 メインフォルダーのDMを長押しした場合 移動したDMはそのフォルダーに届くようになります。 (フォルダー移動しても相手に通知されません) しかし、DM画面で「メイン」「一般」が表示されていない人もいます。 その理由は…? DMの「メイン・一般」は「プロアカウント」だけにある インスタアカウントによって、DMに「メイン」だけ表示される人と、「メイン」「一般」両方が表示される人がいます。 両者の違いは「プロアカウント」であるかそうでないか。 実は、 プロアカウントのDMにのみ「メインフォルダー」と「一般フォルダー」が表示されます。 下のDMの画像を見ると、インスタの「プロアカウント」にのみ「メイン」「一般」が表示されているのが分かります。 プロアカウントと、一般アカウントのDM画面 DMをフォルダ分けしたい場合は、プロアカウントにする必要があることになりますね。 「メイン・一般」の違いは「通知設定」 それでは「メイン」と「一般」はどう違うのでしょうか。 DMの「メインフォルダー」と「一般フォルダー」の違いは、 通知設定です。 下のDM通知設定画面の通り、通知設定ができる範囲が違います。 DMの「一般フォルダー」の通知をオンにするときは、「メインフォルダー」とセットで通知オンにしないとならないです。 これ以外にDMの「一般フォルダー」「メインフォルダー」の大きな違いは無いと思います。 分け方は自由 DMの「メインフォルダー」と「一般フォルダー」の分け方ですが、ビジネス系のDMを「一般フォルダー」に振り分けるのが良いと思います。 理由は、「一般フォルダー」は 「プロアカウント」にしたときに出てくるフォルダだからです。 インスタで「プロアカウント」にすると、いままでのDMは「メイン」に入ったままで、空フォルダとして「一般フォルダー」が現れます。 これはインスタが「ビジネス系のDMはこっちの一般フォルダーを使ってね」というメッセージのように思えます(笑) しかし、「メインフォルダー」と「一般フォルダー」はDMのフォルダーにすぎないので、自由で良いと思います。 例えば、埋もれさせたくないDMは単体で通知設定できる「メイン」で、比較的重要でないDMは通知が来ないようにできる「一般フォルダー」で管理するなどです。 承認時も「メイン・一般」の振り分けができる メインフォルダーで長押しして「一般フォルダー」にDMを移動する以外に、DMのリクエストが届いて承認するときも、こんなふうに「メインフォルダー」か「一般フォルダー」か選べます。 プロアカウントでDMリクエストを承認した場合 リクエストの時点でフォルダ分けしておきたいDMや、ビジネス系のDMは、この承認のときに「一般フォルダー」を選んでおくと、あとから移動する手間が省けるというわけです。

次の