大学 受験 塾 おすすめ。 中学生の塾のおすすめ(具体的な塾名)を現役社会人塾講師が解説【2020最新】

【初心者向け】大学受験の塾・予備校選びマニュアル|おすすめは?いつから通う?費用は?

大学 受験 塾 おすすめ

大学受験で塾なしはNG!400人の大学生が通塾のメリットとリスクを語る 大学受験を控える高校生、そしてその保護者のみなさん、そもそも塾に通う必要はあるのでしょうか?たしかに独学で難関大学に合格している人たちを見ると、「別に塾に行かなくても合格できるのでは?」と思うのも仕方がないことです。 しかし、スタスタが独自に400人ほどの現役大学生に話を伺ってみたところ、以下のような結果が発覚しました。 首都圏の難関大学に通っている現役大学生の大学受験当時の通塾率 大学別の通塾率 これらの数値から 「志望大学の偏差値に関わらず塾に行って受験対策をするのが王道」であると言えます。 もちろん塾に通わずに合格した方もいらっしゃいますが、大学受験対策において通塾することは、志望校合格へと近づく良い手段なのではないでしょうか? 通塾のメリットとリスク 通塾のメリットとリスクとしては以下のようなことが挙げられます。 大学受験にオススメの塾・予備校ランキング|大学生500人の口コミ・評価 「塾に通う必要性はわかったが、一体どのような塾に通えばいいのかわからない」という方も多数いらっしゃることでしょう。 そんな方に、スタスタ独自のランキング調査結果をご紹介したいと思います。 一般的な塾紹介サイトでは「どういう基準でランキング付けされているか」がそもそも不明確だったり、あったとしても「合格実績」といった自分で調べればわかる情報がほとんどです。 しかし、スタスタでは「アンケートに協力してくれたトップ大学の学生たちがどこに通っていたか」を基準にランキングを作成しています。 つまり、「一人の生徒が2つの大学に受かっているのを2人とカウントする」といった問題を排除し、各塾・予備校の指導力を客観的に評価しています。 ランキング 塾名 通塾者数 第1位 河合塾 104名 第2位 東進ハイスクール 100名 第3位 駿台予備校 64名 第4位 Z会 15名 第5位 大学受験ナビオ 13名 第5位 代々木ゼミナール 13名 第7位 四谷学院 12名 第8位 臨海セミナー 10名 第8位 早稲田アカデミー 10名 第10位 鉄緑会 8名 実際に通った人たちの口コミも掲載していますので、詳しくは下記の関連記事をご参照ください。 また、いくつかの塾を比較してほしいといった要望がございましたら、ぜひスタスタ塾コンシェルジュまでご相談ください。 【大学受験】いつから塾に通えばいいの?志望校別の対策期間を解説|スタスタ 通塾の必要性と大まかな塾の指導力や生徒目線での評価がわかったところで、一体いつから通い始めればよろしいのでしょうか? これには多少の個人差はありますが、スタスタが首都圏の大学に通っている学生にアンケート調査を行ったところ、平均で 「高校1年生の中頃」から通塾するようになるという結果が出ました。 (N=184) アンケートに答えてくれた方の中には、「中高一貫校に通っていて、中学生の頃から大学受験を目指す塾に通っていた」という学生や、「高校3年生から本格的に通塾するようになった」という学生もいました。 ここからは難関国立大学を目指す高校生と難関私立大学を目指す高校生の2つに分類して、志望校別に対策期間を解説していきます。 難関国立大学を目指す高校生向け 今回は難関国公立大学の中から 「東京大学」にフォーカスしてまとめていきます。 現在東京大学に通っている学生の多くは、 「高校1年生」の頃から塾に通い始めていることが分かりました。 以下の表で出身高校別に通塾し始めた時期をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。 難関私立大学を目指す高校生向け 難関私立大学に通っている学生の通塾時期について分析してみると、およそ 「高校1年生の後半」ごろから塾に通っていたことが分かりました。 ここから、各大学に合格した現役の学生たちが、いつ頃から通塾していたか確認していきましょう。 春期講習• 夏期講習• 冬期講習 の3つがあります。 それぞれ通塾回数や授業のコマ数によって決まるのが一般的で、その点料金もまばらになります。 傾向としては、授業料が比較的高い塾ほど季節講習費も高く、授業料が安価な塾は季節講習費も安価であるように見られます。 以下はスタスタ編集部独自に集計した、個別指導塾と集団指導塾の季節講習費の相場になります。 そして次に懸念すべきなのが「入塾金」です。 いわゆる塾に入るためにかかるお金で、スタスタ編集部の独自調査によると、 平均20,000円~25,000円程かかる場合が多いようです。 その一方で、• 入塾金を一切取っていない塾• 期間限定で入塾金がかからないキャンペーンをやっている塾 も多数あるため、確認してみる価値はあるでしょう。 その他にも、教材費や模試代、諸経費などが発生しますが、これらについても詳しい解説が聞きたい方は下記の関連記事もしくはスタスタ塾コンシェルジュまでご相談ください。

次の

大学受験で実績のある英語塾

大学 受験 塾 おすすめ

高校生の塾選び3つのポイント 高校生が通う塾を選ぶ際には、知っておきたい3つのポイントがあります。 3つのポイントをおさえることで、自分にピッタリの塾を選択可能です。 自分に合った塾を選べば、それだけ目標達成の確率は上がります。 ぜひ、確認してみてください。 1、目的に合った塾を選ぶ 高校生の塾選び1つめのポイントは、目的に合った塾を選ぶことです。 塾によって、その特徴はさまざまです。 難関校対策が得意な塾やセンター試験に強い塾、マンツーマンで分からないポイントを克服できる塾など、塾によって学習内容や学習スタイルは大きく異なります。 そこで大切なのが塾に通う目的を明確にすることです。 まず 「なぜ、塾に通うのか?」をハッキリさせることで、自然と自分に合った塾が見えてくるでしょう。 2、ペースに合わせて集団塾か個別指導塾を選ぶ 高校生の塾選び2つめのポイントは、ペースに合わせて集団塾か個別指導塾を選ぶことです。 高校生が通う塾は「集団塾」と「個別指導塾」の二つに大別できます。 集団塾とは、学校同様に「先生1人」対「生徒複数」で授業が行われる塾のことです。 高校生が通う塾としては、最も一般的な形態です。 基本的には、同じレベルの志望校を目指している人が一緒のクラスに振り分けられます。 競争心が芽生えることでモチベーションが上がったり、挫折しそうな時に励ましあったりできることが大きなメリットです。 個別指導塾とは、「先生1人」対「生徒1人」のマンツーマン形式を基本として塾のことです。 基本的 には個々人の得意・不得意や学習能力に応じて勉強を進めていきます。 周囲に合わせる必要がなく、自分に最適なペースで学習できることが、大きな魅力です。 3、授業以外のサポート体制に注目する 高校生の塾選び3つめのポイントは、授業以外のサポート体制に注目することです。 塾に通うことのメリットは、成績や学力の向上だけではありません。 塾によっては、進路相談や学習相談に応じてくれる塾もあります。 サポート体制が充実している塾であるほど、親としては安心して子どもを塾通いさせられます。 とくに受験期の高校生は悩みが多いもの。 生徒をサポートする体制が手厚ければ手厚いほど、高校生も不安なく勉強に打ち込めます。 コロナ対策:安心の自宅でできるオンライン学習塾 今現在、 コロナウイルスが世の中を騒がしています。 感染者は日々増加し、学校も休校となり授業も受けれないという状況が続いています。 そんな中、自分一人だけで自習をして成績を向上するのはとても困難です。 しかし受験や模試は待ってくれません。 そんな時におすすめなのが今CMでも話題のオンラインで塾を受けることができるスタディサプリ。 スタディサプリは短期間で成績がぐんと上がるからおすすめなオンライン学習塾だと評判になっています。 そのおすすめされる理由が下記の3点です。 厳選された トップクラスの有名な先生の授業が受けれる• 全国の700校以上の学校で教材として使われている• 14日間無料で体験できる 現在キャンペーンで 14日間無料で体験することができるので自分にあっているのか、お子さんに合っているのか試してみるのもおすすめです。 ベーシックコース 合格特訓コース 担当のコーチがつきます 12ヶ月 月払い 通常料金月額(税抜) 1,980円 1,980円 9,800円 キャンペーン料金月額 1,180円 1,480円 6,800円 無料体験 有り 有り 有り 料金に関しても、通常の学習塾に通うよりもかなり格安になるのでぜひ一度無料期間をお試しください。 大学進学を希望する生徒からよく聞くのが、この質問。 単純にもし高校1年生から塾に通っていた場合、2年間は大学受験に向けての学習、そして最後の一年は丸々大学受験対策に充てられます。 しかし高校3年生から通塾し始めたのなら、 他の人は何年もかけた部分を短期間で終えなければなりません。 予備校などには浪人生もいるので、プラス1年かけて大学受験対策をする浪人生と、その半分の期間で大学受験対策をする高校3年生を見たとき、その学力の差は明らか。 第一志望大学に受かりたいなら、早めに準備をしておきましょう。 まずは、誰にでもある「勉強のやる気スイッチ」を見つけるためにも、無料体験授業に参加してみて下さいね。 まずは 無料でお試し! 高校生におすすめの予備校5選 高校生の塾選びで迷っている方の中には、具体的にどの塾を選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 そこで、口コミ評価の高い高校生にオススメの予備校も厳選紹介します。 各予備校ごとに口コミも掲載していますので、ぜひ塾選びの参考にしてみてください。 1、河合塾 河合塾は、全国トップクラスの知名度を誇る予備校のひとつです。 最大の特徴は、多彩なコースが用意されていること。 「集合型授業の進学塾・予備校」「映像授業+個別指導型の進学塾」「専門学校・大学生・社会人対象講座」など、自分に目的にピッタリのコースを選べます。 また、担当チューターが塾生一人ひとりを親身にサポート。 難関大学への合格実績も多数あり、腰をすえて受験勉強に取り組めます。 河合塾の口コミ.

次の

大学受験で実績のある英語塾

大学 受験 塾 おすすめ

大学受験対策は、大手の予備校や集団指導塾、家庭教師などでも可能です。 しかし、個別指導塾には個人指導塾ならではのメリットがあります。 ここでは、個別指導塾のメリットを改めて確認していきましょう。 自分専用のカリキュラムで勉強できる 個別指導塾の大きなメリットは、 自分専用のカリキュラムで受験対策をすることができる点です。 個別指導塾では、生徒一人ひとりに合ったカリキュラムを作成して指導をしてくれるため、志望大学が決まっている生徒や、大学受験のために苦手教科を集中的に対策したい生徒にはぴったりです。 予備校や集団授業型の塾では、生徒全員に対して指導を行うため、授業の進むスピードに遅れてしまったり、自分の苦手分野に時間をかけることができなかったりすることも考えられます。 その点、 個別指導塾であれば自分の学習状況に応じた計画をたてて勉強を進めることができるため、より効率よく大学受験対策ができるでしょう。 講師に質問がしやすい 個別指導塾では、講師と生徒1対1、もしくは講師に対して生徒2人などの指導になるため、 質問がある場合にはすぐに対応してもらうことができます。 特に大学受験対策では、これまでに学んだ基礎をしっかり定着させたうえで、応用問題もしっかり解ける力を付けなければいけません。 そのためには、問題数をこなすだけではなく、自分が分からなかった点をきちんと解消していく必要があります。 集団授業型の塾や予備校では、質問するために授業が終わってから講師のところに行ったり、他の生徒もいるため十分に質問しきれなかったりすることもあります。 その点、 授業中でも講師に質問がしやすく、他の生徒を気にしなくて済む個別指導塾の環境は非常に有利と言えるでしょう。 大学受験までの学習計画をしっかり管理してくれる 先程も説明したように、個別指導塾では生徒一人ひとりに合ったカリキュラムで指導をしてくれます。 そのため、大学受験までの学習の進捗や、模試の成績などもきちんと管理しれくれるケースがほとんどです。 大学受験は、本命の志望校の2次試験だけでなくセンター試験や私立大学受験もあるため、様々な対策を並行して行う必要があります。 そんな状況の中で、 個別指導塾では、どのタイミングで大学の過去問題やセンター試験対策を始めるのかを個人の状況に合わせてしっかりとスケジュールを立ててくれます。 また、模試の成績に応じてどの対策に力を入れるべきか細かく調整してくれるため、本命の大学受験まで無駄なく対策を行うことが可能です。 塾を選ぶ際のポイント• 自由に使える自習室があるかどうか• 授業時間外にも質問に対応してくれるか• 大学受験対策をしてくれる講師の質は十分か この3点です。 自由に使える自習室があるかどうか 大学受験では、自分で勉強する時間も非常に多くなります。 そのため、集中して勉強できる環境があるかどうかという点は重要です。 学校や自宅よりも、塾の自習室の方がしっかり勉強ができるという生徒もいるため、 通う個別指導塾に自習室があるかどうかはチェックすべきポイントとなるでしょう。 授業時間外にも質問に対応してくれるか 自分で大学受験対策の問題を解いている際に、解答や解説を見てもわからないというケースは多くあります。 そんな時に、次の授業時間まで待たなければわからない点を解消できないとなると、受験対策はスムーズに進みません。 授業時間外にも質疑応答に対応してくれる個別指導塾であれば、そういった心配もなくよりスピーディに勉強を進めていくことが可能です。 生徒の質問に柔軟に対応してくれる個別指導塾を選ぶと良いでしょう。 大学受験対策をしてくれる講師の質は十分か 大学受験の対策指導を行っている個別指導塾では、大学受験専用の質の高いプロ講師を揃えていることが多いです。 しかし、 大学受験専用の対策コースなどがない個別指導塾では、受験対策の指導に関する経験や知見が少ない講師がつく可能性もあります。 そのため、大学受験のために個別指導塾に通う際には、 体験授業や無料見学などを利用して講師の質をチェックするのがおすすめです。 講師の質は評判や口コミで確認することもできますが、講師や塾の雰囲気が自分にあっているかどうか を体感するためにも、実際に授業の場を見てみることは重要です。

次の