レイモンド ローウィ。 レイモンド・ロー『四柱推命鑑定術』は誰にも真似できない天才の占術│めぐり研究所

今、明らかにされる 「コカ・コーラ」ボトル誕生の舞台裏: The Coca

レイモンド ローウィ

相変わらずロゴのことを考えているようで考えていないような、よく分からない日々を過ごしてますが(とは言いつつちょこちょこ資料作りに励む日々)、そんな風にロゴのことを考えていると、おそらくデザイナーさんにとっては「何を今更?」って感じかもしれませんが、レイモンド・ローウィというデザイナーに興味が湧いたのでした。 レイモンド・ローウィは、20世紀工業デザインの巨匠と言われる方で、「彼の作るものは必ず売れる」と言われるぐらい凄い人らしいです。 たばこの「ピース」のパッケージデザインや、シェル石油のロゴなどを作った人です。 けど、それ以外にも「え?これも!?」というようなデザインも沢山あります。 要するに、生活に嫌味無く馴染むぐらい、優れたデザインを生み出す人なんだなというのは、作品を知って分かるのですが、そんなレイモンド・ローウィを知る本を探していると、これが結構少ない。 けど、全く無い訳ではなくもあるにはあるのですが、なんか高い…と尻込みしてしまったのでした。 けど、ネットで色々調べてると『 』という、こちらも違った意味で尻込みしてしまうタイトルの本が、レイモンド・ローウィを知るうえで良さ気な本らしいので、amazonで 1円!で購入。 内容としては、電通社員であった著者が、昔レイモンド・ローウィの事務所に留学した際に知った、売れるデザインを生み出すノウハウのようなものが記されている。 何気に、目から鱗なことも書かれており、1円ですが良書だと思います(笑) 超簡単に言ってしまえば、売れるデザインは「理屈ではなく現場にある」「嫌われるデザインは売れない」ということ。 そして、「販売とデザインの関係を自覚すること」。 こう書くと「当たり前だろー!」という感じですが、意外にこれが出来ていないデザイナーが多いと指摘する。 (って、相当昔の話なので、もしかしたら現在は浸透してるのかもしれないが) しかも、ローウィが上に書いたような理念のもと売れるデザインを作る為に行った行動がなんとも潔いし、明快である。 通常デザインを選ぶ時など、案をいくつか前にして「どれが良いか?」を基準に選びがちだが、ローウィは「どれが嫌か?」を基準に、社内役員などではなく、消費者に直接選ばせた。 自分が良いと思ったデザインでも、ストイックなまでに消費者の好みを優先させたらしい。 つまり、デザイナーとしての誇りを捨てていた。 この裏には、人は嫌な物に対しては、好きな物より何倍も反応する心理に重きを置いたということである。 あとはまぁ、具体的には実際買って読んだほうが良いと思うので割愛しますが(笑) 何はともあれ、机の上でパソコンを目の前にひたすらイラレやフォトショをいじくり倒したところでも、多くの人に売れるデザインは生まれないと思うし、マーケティング的手法に終始して、数値ばかりに囚われていても、また違うんだと思う。 やはりヒントや正解は現場にしか無いということが分かる。 パッケージデザインであれば、実際に置かれる場所にデザイナーが足を運び、実際に競合商品と並べてみて検証する。 といったような。 という訳で、ロゴについても、今現在でも何故生き続け、愛される所以が納得できた気がする。 レイモンド・ローウィ。 いいですよね。 江戸東京博物館に行くと、その頃のタバコやマッチの切り抜きが沢山安価で売っており、たまらないですよ。 とはいっても4年くらい前に行ったきりで今は知りませんが。。。 あの頃は単純に「人が好む」というデザインの原点でロゴの開発があったのに、80年〜90年代、そして今に至で、「CIブーム」なるものが来て、中途半端に勘違いしたマーケティングによる企業理念を盛り込んだロゴ刷新があって、「なんだかなあ」状態ですね。 あれは、まさしくその例だと思います。 僕も仕事がら、企業の周年ロゴや、商品パッケージの刷新等を受け持つことがたまにあるのですが、依頼するデザイナーは、「それなり」じゃなきゃと思ってます。 実際店頭に置かれた時の、多商品との比較、様々な角度からの見え方、そういったことを前提に追求、まさに「現場のリアル」を考え想像できるデザイナーです。 そういう意識のある「プロ」にはそれなりの正価を払っています。 なんたって、その「デザイン(ロゴ)のコミュニケーション」で、 その企業の顔と、リアルな売り上げが変わりますからね。 haraxの所属団体のロゴは何度も申し上げている様に、大好きです。 手を加える必要がないくらい。 ただ、そのロゴのもとに、各人が誇りを持てるかどうか。。。 あのロゴが浸透すれば、109なんかにバーンと出ちゃえば、 村上隆なんて追い抜けます。 とはいってもお金がかかる世界。 色々悩ましいですが、頑張っていきっましょ。 最近のロゴは、パソコンに頼ったようなモノが多く、結果的にグッとくるものがどういう訳か無いんですよね。 昔のロゴは、まだ人がちゃんと作った感じがするし、イラレで複雑なことなんて出来ない時代だったので、研ぎ澄まされているというか。 ロゴをコロコロ変えるとこ、ありますよね〜。 しかもここ数年多い気がします。 歴史的にアニバーサリーなところが多いんですかね。。 ところで、デザイン(デザイナーさん)は何でも(誰でも)良いと思ってる中小企業が多いのが、非常に残念だと感じます。 「テキトーに綺麗にやっちゃって」って感じだったり…。 何で経営と別の事だと思ってしまうのかなって。 で、思うのが、デザイナーも本来営業任せではなく、クライアントと一緒に顔を合わせミーティングに参加したりするべきだと思ったりします。 もちろん、そういう方法をやっているところもあるとは思いますが、まだまだ少ないんじゃないかなぁって思います。 デザインの重要性をクライアントにしっかり啓蒙出来るのは、デザイナー自身なんじゃないかなって思います。 説得力もありそうですし。 ただ、芸術論ばかり語られても仕方が無いので、デザインと販売の関係性をしっかり語れる人がもっと居ればなぁって。 しかも、会社の規模を選ばず、中小零細企業でもしっかり仕事をする人。 使命感というかなんというか。 って、このへんの話は、また飲みに行った日でも(笑)•

次の

天才レイモンド・ローウィのデザイン哲学

レイモンド ローウィ

レイモンド・ローといえば香港出身の風水師として有名です。 世界中の風水師の頂点に立つ「グランドマスター」の称号を持ち、風水の世界では現時点で最高峰であり、右に出る者はいません。 そのレイモンド・ロー先生は多数の書籍を出版しており、日本でも何冊かが翻訳されています。 その中には風水の本だけでなく、四柱推命の本もあります。 『四柱推命鑑定術』 そのうち、私が最初に読んだのは『四柱推命鑑定術』という本でした。 四柱推命の専門書だというのに、発売当初、書店で山積みにされていて、びっくりしました。 さらにびっくりしたのはその内容です。 その内容は、非常に衝撃的なものでした。 ここまでやるか!と思いました。 複雑な四柱推命の理論を、とても平易に噛み砕いおり、シンプルに読み解いていくプロセスは、他に類を見ません。 ひたすら実践しながら、少しずつ理論を説明してゆく まるでバーチャルに、レイモンド・ロー先生の弟子になったような感覚です。 先生が実際に鑑定を行っている横で、先生の鑑定を見学しているような感覚です。 そして、依頼者が帰った後、少しずつ、「あそこの意味はこうでね」と教えてくれるのです。 そのガイダンスがまた絶妙にわかり易いのです。 こんな本、世界広しといえど、他にありません。 読み物として読める 建前上は四柱推命の専門書なのですが、読み物としても秀逸です。 まさに専門書を超えた専門書といえます。 易でいえば銭天牛先生の『すぐに役立つ銭流易経』を彷彿とさせます。 レイモンド・ロー流、三つの独特な理論• 蔵干を排除し、本気一つに集約• 格局を排除し、命式の分類を従旺格、身強、身弱、従格の四種類に再定義• 十二支のアクセサリーなどの風水的なアプローチによる開運方法を強調 こんな四柱推命見たことない! こんな四柱推命見たことない!というのが、率直な感想です。 日本式の四柱推命でもありませんし、香港・台湾式の四柱推命でもありません。 また、理論が短銃明快なのは、レイモンド・ロー先生が未熟で知識が不足しているわけでは決してありません。 『四柱推命鑑定術』の中では『三命通會(さんめいつうかい)』や『滴天髄(てきてんずい)』にも言及しており、古典を押さえています。 風水のグランドマスターですから、当然です。 古典や子平の基礎を踏まえたうえで、実践データなどを見て、意図的に幾つかの理論を排除していることが窺えます。 凡人には真似できない境地 レイモンド・ロー先生が四柱推命を簡略化した背景には、より多くの人に、広く四柱推命の面白さを知ってほしいという願いが込められています。 しかし、それだけは誤算でした。 凡人は逆にむしろ理論による裏づけがあった上でしか、判断を下すことはできません。 八字の宇宙はあまりにも広すぎます。 その理論を排除すれば、凡人はおそらく、広い宇宙で目的地への手がかりを得ることが出来ず、当ても無くさまようでしょう。 広い宇宙でも迷うことなく、目的地に辿り付く事が出来るのは、一部の超感覚を持った人だけです。 それはニュータイプであったり、ジェダイのような存在です。 彼らのパフォーマンスは見ていて爽快で、真似して見たくなる魅力があります。 実際にレイモンド・ロー先生の四柱推命鑑定術にも真似してみたくなるような魅力があります。 試しに真似をしようとしてみてください。 たぶんムリです。 おおよそ、当たりません。 レンモンド・ロー先生のやり方で、この本に書かれているような的中率を誇れるのは、レイモンド・ロー先生だけです。 それもそのはずです。 レイモンド・ロー先生の四柱推命は、天才の、天才による、天才のための四柱推命だからです。 凡人には理論武装は必須 つまるところ、四柱推命の難しい理論は、八字の広い宇宙で迷わないための理論です。 用神や忌神を判断する際も、凡人には理論と計算が必要です。 凡人は凡人らしく、遠回りであっても、理論をしっかりとインプットして、理路整然と読み解いてゆかねばなりません。 実践例としては非常に参考になる レイモンド・ロー先生の『四柱推命鑑定術』は天才が作った、オリジナルの四柱推命であるため、理論目線で見れば、参考になりません。 しかし、ひょっとしたら、この本の本質は、そういった理論云々の部分ではないかもしれません。 この本の最大の魅力は、世界の著名人の命式を縦横無尽に読み解いてゆく、実践例にあるからです。 ここまでの実践例が示されている本は、他にありません。 著名人の簡単なバイオグラフィーを含めた実践例は、一つのデータベースとしての価値があります。 「伝える技術」を学ぶことができる 四柱推命には専門用語が数多く登場します。 しかし実際の鑑定の中で、それらの専門用語を交えて一般人に説明しても、半分以上は理解されません。 この本は、難しい専門用語が極力排除され、誰が読んでも理解できるように平易な表現に噛み砕いて、書かれています。 そういった、誰にでもわかるように「伝える技術」を学べるテキストとして、非常に優れた本です。 このあたりに関しては特に、上級者~プロが参考にすべき点です。 レイモンド・ロー先生の霊感のおすそわけをもらえる 平たく言えば、レイモンド・ロー先生の四柱推命は、四柱推命ではなく、ほとんど霊感です。 真似をしてもうまくいくはずがありません。 私から見れば、何でそれで当たるの?といった感じです。 それは四柱推命を基礎からコツコツ学び、四柱推命以外にも、風水、易、東洋医学、などの知識のバックグラウンドがあったうえで、初めて身につく「勘」の成せるワザです。 しかし、それだけに、見ごたえがあります。 この本を読み終える頃には、理論を超越したレイモンド・ロー先生特有の霊感を少し分けてもらえるかもしれません。 【実践】四柱推命鑑定術 盧恆立(レイモンド・ロー)(著)・山道帰一(監修)・アマーティ正子(翻訳).

次の

口紅から機関車まで【レイモンド・ローウィ】: Tadaoh! Design

レイモンド ローウィ

「 コカ・コーラ」ボトルは、世界で最も有名な製品パッケージだと言えるでしょう。 それを証明するかのように、伝説のインダストリアルデザイナー、 レイモンド・ローウィは「 コカ・コーラ」ボトルの縦に溝の走る曲線構造のデザインを「液体を包むのに完璧な形状」と評し、それは長年にわたり、美術、音楽、広告などさまざまな分野で脚光を浴びてきました。 アンディ・ウォーホルは大衆文化の象徴として「 コカ・コーラ」ボトルを描いているし、 フォルクスワーゲン社は、1960年代の広告で代表車種「 ビートル」のデザインの普遍性を表現するために「 コカ・コーラ」ボトルを引き合いに出したほどです。 それでは、「 コカ・コーラ」ボトルは、どのようにして誕生し、かくも象徴的な存在となったのでしょうか? 全ての始まりは、今から100年前のあるプロジェクトにありました……。 二人は販売権の及ぶ地理的な範囲が指定された契約書に署名しました。 これを契機に、二人は コカ・コーラ ボトリングカンパニーを設立し、ボトリングのフランチャイズ事業を立ち上げます。 そして1920年には、米国各地で1,200社を超えるボトリング工場が操業するまでになりました。 「 コカ・コーラ」の売り上げはソーダファウンテンとボトル販売の両方で伸び続けましたが、人気の高さが災いして、何十もの競合他社が模造品を製造し、消費者に売りつけようとする事態が発生しました。 当時の「 コカ・コーラ」ボトルは、直線構造のシンプルな形状をしており、色は茶色か無色透明が一般的でした。 全てのボトルには有名な「 コカ・コーラ」のロゴが刻印されていましたが、「 Koka-Nola」「 Ma Coca-Co」「 Toka-Cola」「 Koke」といった紛らわしい名前を冠した模倣ブランドは、「 コカ・コーラ」のロゴをそっくり真似したロゴや少しだけ改変したロゴをボトルにあしらい、消費者を混乱させました。 こうした商標権・販売権の侵害行為に対し、 コカ・コーラ社は法的措置を講じて対処することに乗り出しましたが、問題解決までに何年もかかることもありました。 その間も、ボトリング各社は自分たちの販売権利の保護を求め続けていたのです。 これは模造品との差別化を図るためのものでしたが、一つ欠点がありました。 当時、「 コカ・コーラ」は氷水の入った樽の中で販売されることが多く、水の中ではラベルがはがれてしまったのです。 さらに、ラベルまでそっくり真似する競合他社も出てきました。 1912年、 コカ・コーラ ボトリングカンパニーは傘下各社への通知の中で、「 コカ・コーラ」は独自のロゴを有しているものの、それだけでは販売事業を保護できないことを告げました。 そして、全てのボトリング会社の協力の下に「オリジナルのボトル」の開発を提案します。 コカ・コーラ社では、首席弁護士である ハロルド・ヒルシュとともに、オリジナルのボトルを開発する適切な方法が話し合われました。 ヒルシュは1914年に、ボトリング各社に対して熱意あふれる呼びかけを行っています。 「私たちは、『 コカ・コーラ』というブランドをいま現在のためだけに築いているのではありません。 私たちは永遠に続く『 コカ・コーラ』ブランドを築いていくのであり、『 コカ・コーラ』が未来永劫、国民的な清涼飲料であり続けることが願いなのです。 コカ・コーラ社及びボトリング各社の経営陣は、自分たちの子どもとも呼べるようなボトルを生み出すために、相当な費用をかけてできる限りのことをしています。 オリジナルのボトルが誕生した暁には、どうか、ボトルを変更することによるコスト負担にばかり目を向けるのではなく、このボトルの導入こそが、みなさん自身の販売権の確立に寄与するのだということを覚えておいてください。 販売の権利が守れるかどうかは、ボトルの開発とその利用に協力できるかどうかにかかっているのです」 1915年4月26日、 コカ・コーラボトリング協会は「 コカ・コーラ」オリジナルのボトルの開発に500ドルの予算を配分することを決定しました。 そして、米国各地にある8~10社のガラス業者に「暗闇で触れても地面に砕け散っていてもそれと分かるような特徴的なボトルの開発」というシンプルな条件を記した提案書を送り、ボトルデザインを選ぶためのコンペが開かれました。

次の