社会 保険 料 コロナ。 コロナ減収で国民年金保険料が減免できる!?

新型コロナ対策 社会保険料・納付の猶予の特例受付開始(日本年金機構)

社会 保険 料 コロナ

税務署に申請することにより、一括納付を分割納付にしてもらう、あるいは納税の猶予が認められる可能性があります。 まずは、所轄の税務署に電話で相談しましょう。 納税の猶予は原則、1年間ですが、状況によりさらに1年間の猶予が受けられる場合もあります。 また、猶予期間中の延滞税は軽減・免除されるほか、財産の差押えや売却も猶予されます。 【対象となる税金】 住民税、事業税、固定資産税、地方消費税、自動車税など。 国は、次のような事業者に対し、支払いが困難な事情がある人に対して支払い猶予などで対応するよう要請を出しています。 ・電気・ガス・水道 ・NHK受信料 ・固定電話・携帯電話 ・公営住宅の家賃など 現在、対応している事業者は下記の通りですが、今後増えていくと思われます。 下記の対応事業者になくても、個々に連絡をとって交渉してみるといいでしょう。 【支払い猶予対応事業者】 ・ ・ <問合せ先> それぞれ契約している事業者などへ NHKでも受信料の支払い猶予など問い合わせへの対応を始めています()。 政府の緊急支援など利用できるものは利用してしのぐとともに、社会保険料の減免のほか、税金・光熱費などの支払い猶予を受けて当面の危機を乗り切るのも1つの方法です。 ただし、「支払い猶予」は先送りです。 いずれは支払わなくてはいけません。 コロナとの戦いが長期化すると予想されるなか、ひと息ついたら、支払い猶予の先の家計のことも考えていく必要があります。 不確実性が高い状況ではあるものの、家計を持続できるよう本格的な見直しを行うことも必要です。 【参照】 ・ 【関連コラム】 ・ ・ ・.

次の

社会保険料の随時改定とは?コロナで社会保険料が下がる?

社会 保険 料 コロナ

今回は労働保険料、厚生年金保険料の社会保険料の納付猶予についてみていきたいと思います。 この猶予制度を活用して、 直近のキャッシュアウトを一定期間猶予し、新型コロナウイルスの終息を待つのも有効な手立てだと思います。 また、この特例が適用されると、 担保の提供は不要となり、 延滞金もかかりませんし、中小企業のみでなく大企業も対象となっています。 なお、労働保険料、厚生年金保険料の猶予の概要・要件・対象等はともにほぼ同一になっていますが、詳細はにて確認をしてください。 猶予の概要 特例猶予制度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、 事業に係る収入に相当の減少があった事業主が申請により労働保険料等の納付を1年間の猶予を受けられるものです。 労働者等が新型コロナウイルス感染症にり患したため、消毒作業等により財産に相当の損害を受けた場合、各種イベントの中止・延期、観光客等の急減等により、売上が著しく低下して労働保険料等の納付が困難になった場合等が想定されます。 猶予の要件 1 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること 2 1 により、一時に納付を行うことが困難であること 3 申請書が提出されていること 猶予対象となる労働保険料等 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する労働保険料等(厚生年金保険料等)が対象です。 申請方法 【労働保険料】 都道府県労働局、労働基準監督署 【厚生年金保険料】 日本年金機構に下記の専用コールセンターが設置されています。 この申請にて根拠となる 書類の準備が難しい場合には、職員の訪問による聞き取りにても対応できますので、まずは申請をしてみましょう。 また、同一の労働保険適用事業において、国税、地方税又は労働保険料等(厚生年金保険料等)の納付猶予の特例が許可された場合には、当該猶予許可通知書及び当該猶予申請書の写しを添付することで、申請書の記載の一部が省略できる場合があります。 (執筆者:松山 靖明) 不動産管理の営業を経て、現在は生命保険に携わる。 一貫して法人に関与し、経営者に寄り添える営業を目指す。 他に地域の市民講師として年金・相続等の講演。 NPO法人 日本FP協会(大阪)の「くらしとお金のFP相談室」2020年 相談員。 スカラシップアドバイザーとして高校にて講演活動など積極的に展開。 <保有資格>:FP技能士1級、CFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)、TLC(トータル・ライフ・コンサルタント 生保協会認定FP)、宅地建物取引士、DCプランナー2級、第2種情報処理技術者、小学校教諭、養護学校教諭、ビジネス法務エキスパート、ファシリティマネージャー、第一種衛生管理者、社会保険労務士、年金アドバイザー2級、生命保険支払専門士 64.

次の

新型コロナウイルス感染症に伴う国民年金保険料の免除・納付猶予および社会保障費に関する猶予について解説 | ガジェット通信 GetNews

社会 保険 料 コロナ

新型コロナ感染拡大で社員からパートになってしまった人や失業した人のケース 新型コロナウイルスの感染拡大で様々な職業に影響がでています。 給与収入が減ってしまい年金保険料が支払えなくなるケースとはどのようなものでしょうか? 例えば会社が業績悪化で従業員の社会保険料(会社負担分)を支払えない状態になり、社員にパートへの変更を打診してきたとします。 その社員は整理解雇よりはマシなので、仕方なくパートに契約を変更。 労働時間が週20時間未満になったので、厚生年金・健康保険からは外れ、国民年金にして健保を任意継続にしたら、自分で支払う保険料が高いことに驚いた、というケースです。 この人が給与月額18万円なら厚生年金保険料は月額約1万6500円、健康保険料は月額約8800円(40歳未満の場合)(令和2年度・東京都協会けんぽ保険料額表より)です。 もし労働時間が減って会社の社会保険から外れて給与が月10万円に下がっても、社会保険料は国民年金保険料だけで月額1万6540円、健保任意継続は倍額の月額1万7600円(国民健康保険料と比較してどちらか)を支払う必要があります。 失業してしまった場合も同じことで失業等手当は給与の約6割ですが、会社員時代より社会保険料がたくさんかかってしまうので、手取りが減り生活が苦しくなります。 国民年金・健康保険、イザという時に、どちらも欠かせないものです もしかして、コロナ? 給与が下がった、失業中などお財布が大変な時でも健康保険は重要です。 万一、新型コロナに感染して有休を使い切ってしまった場合は、加入している健康保険に傷病手当金を請求することができるからです。 コロナが心配なこのご時世には、健康保険証は手放せません。 年金保険料についても、年金受給ができるのは、年を取ったときばかりとは限りません。 万が一のときに役立つ遺族年金や障害年金を受けることができます。 年金保険料を未納(滞納)のままにしておくと受給できなくなるので、免除制度や猶予制度を活用してみましょう。 保険料免除制度とは、所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を支払うことが経済的に難しい場合、申請により、支払いが全額免除または 一部免除(4分の1、半額、4分の3免除)される制度です。 保険料納付猶予制度とは、50歳未満の方(学生特例納付猶予がある学生を除く)で、本人、配偶者(別世帯の配偶者を含む)それぞれの前年等の所得が一定額以下(全額免除の所得基準と同じ)の場合に、申請により保険料の納付が猶予される制度です。 免除や納付猶予で基準となる一定額とは以下の通りです。 を取り寄せ郵送で手続きすることも可能です。 会社にとっても大変な社会保険料の支払い、どんな対策がある? 会社にとっても、従業員の社会保険の会社負担分は、荷が重いものです。 新型コロナ感染拡大を怖れて客足が遠のき、売り上げが下がっているご時世では、社会保険料の支払いによる倒産も考えられるでしょう。 会社が厚生年金保険料等を支払うことにより、事業の継続等が難しくなる場合、厚生年金保険料等を分割納付できる制度が「換価の猶予」です。 会社は、厚生年金保険料等の納期限から6カ月以内なら「換価の猶予」の申請ができ、認められた場合、厚生年金保険料等を一定の期間(猶予期間)内に分割して支払うことができます。 「納付の猶予」とは、災害、病気、事業の休廃業などによって厚生年金保険料等を支払えないと認められる場合や、本来の法定納期限から1年以上過ぎた厚生年金保険料等を支払えないと認められる場合に、申請により支払いが猶予される制度です。 新型コロナ感染拡大の影響で厚生年金保険料等を支払うことが難しい場合、「換価の猶予」「納付の猶予」ともに申請するときに「会社の財産状況」「今後の収支状況」などを確認するための必要書類は、準備が困難な場合、「年金事務所で聞き取りを行う」「担保は不要にする」などの柔軟な対応をしているとのことです。 原則的に1年間支払いを猶予されるとのことなので、社会保険の支払いが厳しい会社担当者の方は、ぜひ年金事務所でご相談くださいね。 【関連記事をチェック】• 【参考】•

次の