トイレ が 近い 糖尿病。 糖尿病の初期のような(喉が渇く、トイレが近い、満腹と空腹が早い、なにもしてい...

トイレの回数が増えた:頻尿と糖尿病との関係

トイレ が 近い 糖尿病

ホーム オシッコの回数が増える?オシッコの回数が増えて、トイレが近くなる?(頻尿)の原因は、膀胱内の細菌感染によるものや、ストレスなど心因的要因からだったり、心臓や腎臓の病気からくる事もあります。 しかし、それ以外にも前立腺や、子宮の病気などが原因で膀胱を圧迫している事もあります。 トイレが異常に近くなる病気 膀胱炎 膀胱からの細菌感染が原因で、排尿時の痛みや灼熱感、血尿や 頻尿になったり残尿感もあります。 スポンサードリンク 膀胱がん 膀胱にできる癌で、 頻尿感や尿意圧迫、排尿時の痛みを感じたり、血尿がでる場合もあります。 尿道炎 尿道に細菌が感染し、炎症を起こします。 排尿時の痛みや灼熱感、血尿などがでる事もあり、女性はおりものの量が増えます。 過活動膀胱 膀胱が脳からの指令を待たずして、自分の意思とは裏腹に、収縮してしまう為に強い尿意を感じた後に、がまんできず尿失禁してしまいます。 神経因性膀胱 脳から膀胱までの、どこかの神経が損傷を受けたり、他の病変が原因で排尿障害が起こります。 頻尿や尿失禁が起こり、残尿感があり尿の勢いも弱くなります。 慢性心不全 慢性的な、心臓機能がの低下で、息ぐるしさを感じたり、痰のからんだ咳が出たり、頻尿や発熱することもあります。 夜、布横になった瞬間に、胸が苦しくなり、息ができなくなる事もあります。 腎盂腎炎 膀胱からの細菌感染で、尿管を通って腎盂にまで感染し、激しい炎症を起こす事が原因です。 急性のものは、寒気を感じ発熱します。 腰や背中、脇腹などに鈍痛を感じ、吐き気や嘔吐、膀胱炎のような排尿時の痛み、頻尿になり血尿がでます。 高カルシウム血症 カルシウムや、ビタミンDの過剰摂取が原因で便秘や吐き気、お腹の痛みや食欲不振、多尿頻尿などの症状が現れます。 糖尿病 膵臓から分泌される、インスリンと言うホルモン不足や、インスリンの作用の低下などが原因で血液中のブドウ糖の濃度が、上がってしまう病気です。 喉が渇いたり 、オシッコの回数が増える(頻尿)などのオシッコの異常や、尿の色や、においが変わります。 また倦怠感や、体重が減ってきます。 尿崩症 脳から分泌される、抗利尿ホルモンが減少する事が原因で、多尿、頻尿、口の渇き、皮膚や粘膜の乾燥や、倦怠感などの症状がでます。 急性前立腺炎 尿道の細菌感染が原因で、前立腺が肥大し尿道を圧迫する事で、さまざまな排尿障害がでます。 オシッコの勢いが無くなったり、排尿に時間がかかったり、夜間頻尿が多くなり残尿感や、血尿などの症状がでる事もあります。 慢性前立腺炎 前立腺の炎症が、慢性的に続く事を言います。 尿道や下腹部の不快感、排尿時痛、残尿感などの症状が続きます。 前立腺肥大症 前立腺が肥大する事で、尿道を圧迫してしまう事で、さまざまな排尿障害を起こします。 前立腺がん 前立腺にできる癌で、排尿管や尿が出にくい、細くなる、排尿時の痛み、頻尿や血尿などの症状が出ます。 子宮脱 高齢とともに、骨盤を支える筋肉が衰え子宮下へ下がってきてしまいます。 子宮脱とは、子宮が膣からはみ出てしまった状態を言います。 膀胱等が、圧迫される事で頻尿や排尿困難を伴います。 卵巣嚢腫 卵巣嚢腫とは、卵巣内に液体の入った袋のようなものができる病気で、そのほとんどは良性です。 お腹にしこりができ、下腹部の痛みや腰の痛み、また大きくなったしこりが、膀胱を圧迫するようになると、頻尿や残尿感などの症状も出てきます。 膀胱瘤 出産回数の多い人や、大きめの胎児を出産した人は特になりやすく、膀胱の位置が通常の位置より下がり、膣の不快感や残尿や頻尿、下腹部の違和感などを感じます。 子宮筋腫 子宮筋腫とは、子宮の筋肉から発生する良性腫瘍の事を言います。 月経過多、不正出血、生理痛、貧血、頻尿感や、お腹にしこりを感じる事もあります。 骨盤腹膜炎 卵管や卵巣の炎症が悪化し、骨盤腹膜にまで炎症が広がった状態です。 発熱や下腹部の痛みや、排尿痛などの症状がでます。 悪化すると、周辺臓器と癒着し、しこりができる事もあります。 尿路感染症 尿路の細菌感染が原因で発症し、膀胱炎や腎盂腎炎などの原因にもなります。 排尿痛、頻尿、残尿感、腰の痛みや発熱などを伴います。 副甲状腺機能亢進症 ほとんどが副甲状腺に出来る、良性の腫瘍が原因で発症します。 吐き気や消化不良、お腹の痛みや食欲不振、多尿などの症状がでます。 また骨折しやすくなりますので注意が必要です。 下垂体機能低下症 下垂体にある腫瘍や炎症による、大量出血や、血液の凝固が起きる事で血液供給不足になります。 脳の下垂体ホルモン低下で、身長が伸びない、筋肉の低下、骨折しやすい皮膚の乾燥や、動作が緩慢になるなどの症状を伴います。 スポンサードリンク 一言メモ 頻尿に効く野菜に、 白菜があります。 胃腸の働きも良くしてくれますし、胸焼け等を防ぐ作用もあります。 その他には、 レタスや、 山芋、 ぎんなん等です。 ぎんなんは焼いて、5粒~10粒くらい食べると頻尿には効果的です^^.

次の

糖尿病はどんな病気?腎症、網膜症などの合併症は何があるのか?

トイレ が 近い 糖尿病

尿の量・回数が多い 糖尿病だと診断を受けるまで、まったく自覚症状をもたない方が多いものです。 少し時間をおくとすぐにトイレに行きたくなる「頻尿」。 これは糖尿病であるサインのひとつです。 まずは、糖尿病だと診断された方の体験談をご紹介します。 【糖尿病体験談】頻尿も糖尿病の進行が原因 糖尿病の初期症状だと気づきませんでした 頻尿が続き悩んでいたのですが、その原因が糖尿病だったとはまったく自覚していませんでした。 とにかくトイレが近いんです。 映画やコンサートを見に行っても、途中で必ず何度かトイレに行っていました。 仕事で会議や打ち合わせが長くなると、途中で退席して慌ててトイレへ。 そのあとお客様からクレームを受ける始末でした。 尿のキレも悪くなり、用を済ませた後にズボンが尿で濡れてしまって恥ずかしい思いをしたこともあります。 さらに困るのは、夜中です。 以前は一度眠りにつくとそのまま朝までトイレに行くことなどなかったのですが、いつの頃からか、トイレに行きたくなって目を覚ます日々。 一度きりならまだしも、だんだんと回数が増えてきて今ではだいたい2時間おきに目を覚まします。 ゆっくり眠ることもできません。 尿の回数や量が多くなるのは糖尿病のサイン 糖尿病の初期症状にトイレが近くなる、あるいは尿の量が多くなるといったことが挙げられます。 これは、 体が血液中の余分な糖を体外に排出しようと反応しているサインです。 人の体は血糖値が高くなると、ブドウ糖の濃度を下げるために尿を作り出して体外に排出させようとします。 そのため尿をどんどん量産して体外へ排出。 これにより 頻尿という症状が現れるのです。 また糖尿病は体内の水分量が足りなくなるため、よくのどが渇きます。 頻繁にのどが渇く方は注意が必要です。 夜尿症やキレの悪さも糖尿病が一因に 糖尿病の合併症に、神経障害をもたらすものがあります。 神経障害が生じると尿のコントロールが難しくなり、トラブルを起しやすくなるという症状が。 たとえば 夜間の頻尿や 夜尿症、 尿のキレが悪くなり排尿に時間がかかるといった症状も、自律神経に障害があることが原因で発症すると言われています。 このような症状が出てきたら、 すでに合併症を起しているサインの可能性大!早急に病院へ行き、医師へ相談したり治療を受けたりする必要があります。 また初期症状として頻尿や尿の量が多いなどの症状が現れた場合にも、一時的なものか年齢的なものだと決めつけず、きちんと検査を受けて糖尿病の疑いがないかチェックするようにしましょう。

次の

飲み会でトイレが近い人はお酒に強い人?お酒に弱い人?

トイレ が 近い 糖尿病

「糖尿病予備軍」って聞いたことありませんか? 生活習慣の悪化により、糖尿病予備軍はかなり多くいると言われているんです。 放っておき、生活習慣がさらに乱れていると糖尿病になってしまします。 糖尿病の症状は始めのうち、痛みなどの自覚症状がないため、検査で血糖値が高かったり、治療が必要と言われたことがあっても、そのまま治療を受けない人が多いのです。 一度、糖尿病になってしまうと、完治するのは困難です。 症状を抑えるための辛い闘病生活が一生続いてしまいます。 しかし、「糖尿病予備軍」の段階ならまだ間に合うんです! 糖尿病に対する正確な知識を持って、生活習慣を見直しましょう。 では、糖尿病によく見られる症状を挙げていくので、チェックしてみましょう! 人間の血管は一定の濃度を保つために、細胞から水分が補われます。 インスリンが不足し、血液中のブドウ糖が多いと血液はドロドロになり、細胞からより多くの水分を補給するようになります。 すなわち、体内から水分が多く奪われ、口渇の原因となります。 1の「のどの渇き」が原因で、水分の多量摂取による「尿が近い、尿の回数が多い」頻尿の原因となります。 この場合には、1回の排尿量は正常(150~200ml以上)であるにも関わらず、何回もトイレに行くことになります。 糖尿病が進むと、食欲旺盛でよく食べているにもかかわらず、急に体重が減ることがあります。 急激に減少するのは脱水のためと言われています。 高血糖になると、ブドウ糖の代わりに筋肉や脂肪をエネルギーとして使うようになり、結果として体重が減ります。 栄養が細胞に行き渡っていないから、と言う事になります。 インスリンの作用不足でブドウ糖を利用できず、活動エネルギーが足りないため。 高血糖状態が長く続くと、血糖はたんぱく質の末端と結合して、 別の分子に変化させてしまうことがあります。 目の水晶体は、たんぱく質が変化することで、白くにごってしまい、白内障を引き起こしますし、 血管も、たんぱく質が変化することで、弾力性がなくなり、出血を起こしたり、 網膜はく離を引き起こしたりします。 血液中には、常に一定量のブドウ糖が含まれており、これを血糖といいます。 血糖は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンの働きで分解されてエネルギーに変わり、残りは水と二酸化炭素になって体外に排出されます。 血糖値が一定の限度をこえると、尿中に糖が漏れ出てきます。 高血糖によって自律神経に障害が起こるというもので、血圧の調整がうまくいかずに立ちくらみが起こりやすくなります。 手足のしびれは、血糖値が高い状態が続きますと、感じる事があります。 糖尿病性神経痛は、末梢神経が損傷され、手足の痺れや痛み、感覚異常を示す症状である。 性欲というのは身体が丈夫であっておきるものなので、糖尿病で体力が低下すると性欲の減退という形で表れます。 読んで字のごとく尿に糖が出る病気ですので、尿に甘い匂いがします。 インスリンは卵胞の成長にも必要なホルモンなので、インスリンの分泌が低下している糖尿病では卵胞の成長が鈍くなり、排卵がうまく行われなかったり、排卵まで長い時間かかったりします。 そのため生理の周期がインスリンが高度に低下している状況では卵巣自体の機能が大きく低下し生理が来なくなってしまうこともあります。 インスリンの不足及びインスリンの機能が弱くなることで、糖の代謝が進まなくなります。 糖の代謝が進まないために甘酸っぱい臭いがすることが多いと言えます。 つまり糖の代謝が進まなくなると、体は糖の代わりに、脂肪をエネルギーとして代用するようになります。 その際に、ケトン体という強い臭いの元となる物質が血液に乗って全身に巡ってしまい、それが体臭となるのです。 糖尿病が原因で発症しやすく皮膚の病気には白癬症とカンジダ症が代表格として挙げられます。 まず白癬症は水虫に代表されるカビの一種。 足の裏や手足の指、さらに陰部のかゆみとなってあらわれるのが大きな特徴です。 カンジダ症は性感染症の一種として挙げられることが多い病気です。 とくに女性に発症しやすく、陰部や肛門、あるいは太ももの内側や乳房の下の部分などにかゆみが生じやすくなります。 ぶどう糖をエネルギー源として、充分に利用出来ない為、脂質を利用する代償作用が起こり、血中に遊離脂肪酸を増やし、食欲中枢の働きを妨害して、そのせいで満腹を感じなくなってしまう為。 食後わずか2時間とか3時間しか経ってないのに、甘いものというか炭水化物がが欲しくてたまらなくなるのです。 ここで我慢できずにお菓子などを口にすると、再びインスリンの遅延過大分泌、低血糖が起こり、また甘いものが欲しいと言う悪循環に陥ります。 これがいわゆる糖尿病による異常な食欲の始まりです。

次の