足止め の 虫 かご。 100均ダイソーの虫かごはサイズ豊富!夏の昆虫採集を楽しもう!

かご収納って虫わきませんか?

足止め の 虫 かご

ひとつひとつ職人さんが手作りで製作しているアタ製品。 例えば、ひとつのティッシュケースを作るのに13日ほどかかります。 そんな手間隙かけて作り上げられるアタ製品の製作過程をご紹介いたします。 アタは主にインドネシアで自生するシダ科の植物で、アトゥとも呼ばれています。 その茎の部分を裂いて、編み込んでいきます。 ティッシュケースを一つ編むのに3日程かかります。 編み込み後、約1週間程、日干しをおこないます。 次にココナッツの実を裂いて、これをチップにしたもので燻します。 3時間ごとに裏返すという作業を2日〜3日繰り返します。 これが燻すのに使うにココナッツの実の殻です。 燻すのは防虫・防カビが目的ですが、燻すことによりアタ製品独特の香りとアメ色に仕上がります。 そして出来上がったアタをひとつひとつ確認し、ささくれなどを取っていきます。 ベテランの職人さんにオーダーしているので本当に綺麗な編み目です。 -アタ製品の特徴- ・アタ製品はとても丈夫で長持ちし、また害虫にも強いのが特徴です。 ・使えば使い込むほど深いアメ色に変わっていきます。 ・燻した時の匂いは、使用していくうちに、徐々に薄くなっていきます。 -お手入れ方法- 普段は柔らかい布で乾拭き程度でOKです。 汚れが目立つときは中性洗剤を使って水洗いし、日陰でよく乾燥させます。 アタって何? アタは主にインドネシアで自生するシダ科の植物で、アトゥと呼ばれています。 その茎の部分を使って編み込んで作られるものがアタ製品です。 ラタンとの違いは? アタはインドネシアで自生する植物のため、インドネシアでしか採れません。 ラタンは中国などでも作られていて安く、色付けされて売られているものもあります。 アタはラタンより目が細く編むのに時間がかかります。 塗装しているの? 塗装はしておりません。 自然の色です。 燻すことによりアタ製品独特のアメ色に仕上がります。 黒色の模様の部分は、アタの黒い根の部分を使っています。 においは何? ココナッツの実を裂いてチップにしたもので燻していて、その時につく香りです。 燻すことによってアタ特有のアメ色になり、独特の香りに仕上がります。 また、燻すことによって、防虫・防カビの効果もあります。 どこで作ってるの? 一部商品を除き、バリの東南部に位置するトゥガナン村(クタから2時間ほどの)でオーダーしています。 トゥガナン村は、昔からアタ雑貨の製作が盛んな村で、そこで作られた製品は非常に編み目が細かく美しいと言われています。 比較的簡単なモノは、ロンボク島で製作することが多くなっております。 ただ、バリ島の職人さんの方が、人件費が高いため、今後、ロンボク島で製作することが多くなってくると思われます。 水に濡れても大丈夫?(お手入れ方法) 水気はなるべくすぐに拭き取ってください。 ご使用後は、風通しの良い乾いたところで、陰干しをしていただくと長持ちします。 洗ってもいいの? 水洗いもできますが、アタ製品の魅力である「ツヤ」「薫り」がなくなってしまいます。 なるべく避けていただくほうが無難です。 何で高いの? ラタンなどと比べて目が細かく、編みこむのに時間がかかるためです。 また上質な製品を編むことのできる職人が減ってきています。 さらに自生のアタ自体も採取しにくくなってきています。 ふつうとスーパーハイクオリティの違いは? アタ製品のグレードは、一般的に編目の細かさと丁寧さで決まってきます。 当店で扱っている「ふつう」はハイクオリティ商品で、バリ島の高級ホテル内のショップや日本の大手デパートで取り扱っているレベルです。 スーパーハイクオリティはごく限られた熟練の職人が時間をかけて製作しており、通常は入手が困難です。 ハイクオリティはノーマルクオリティ(バリ島のお土産屋で取り扱っている一般的なレベル)の約2倍、スーパーハイクオリティは4倍の製作時間がかかります。 網目にごみがはさまったらどうすればいいの? 硬めのブラシを使ってかき出してください。 なお、使っているうちにささくれができたら、 爪切りで処理してください。 バリの職人さんもそのようにしています。 においの取り方は? 使っているうちににおいは薄くなります。 どうしてもという場合は風通しのいいところで陰干し、またはファブリーズなどを使っていただくと多少よくなります。 <当社のモノづくりへのこだわり> バリのインテリア雑貨の商品企画や製作を始めて15年以上になります。 バリのインテリアに関しては業界No. 1、オリジナル商品の制作に関しては実績No. 1であると自負しております。 今では、プロのインテリアコーディネーターや店舗デザイン会社とも多数お取引させていただくようになり、世界的有名な超一流ホテル、世界に展開するセレブ御用達のスパ、新築マンションのモデルルームなど多数の施設で、当社のインテリアやスパ用品が採用されております。 <実店舗のご案内> 東京から20分、横浜から15分のアクセス便利な「武蔵小杉 神奈川 」のでも販売しております。 お店の正面に駐車場、側面に駐輪スペースもございますので、お気軽にお越しください。 <プレゼント用ギフトラッピング> プレゼントやギフト用のラッピングも無料で承っております。 詳細はをご覧ください。 【1】 商品発送のタイミング ご注文確認後、2営業日以内に出荷いたします。 当店では基本的に当日の出荷を行っておりません。 なぜなら出荷前にも1つ1つしっかりと品質をチェックしてからお送りしてるからです。 そのため発送までに少しお時間をいただいておりますがご了承下さい。 【3】 メール便(ゆうパケット) 受取人さまの郵便受け ポスト へ投函するサービスです。

次の

末永く使いたい、日本の竹かご|ずっと使い続けたいモノを集めたセレクトショップ

足止め の 虫 かご

物によるのか、うちは大丈夫です。 トピ主さんは、食べものの収納についておっしゃってますか? だったら参考にならないかも知れませんが…。 私は、ドライヤーや化粧品類、パジャマ、小物、バッグ類…などをそれぞれに、かご収納しています。 六年間、かご収納していますが、虫はいないです。 もちろんホコリは払ったり、定期的に中をきれいにしたりしてますが…。 あとかごは、ザーッと水洗いして干しておくお手入れもいいんですよ〜。 すぐ乾きます。 今は引っ越しが多く、家具があまり買えないので、もち運びにも軽く、その辺に置いても可愛いので、天然素材のかごを活躍させています! ユーザーID: 6020881001• カゴに虫がついた経験はないです 家族がカゴ好きで、昔から家にたくさん籐や竹のカゴがあります。 カゴは通気性がいいので、カゴそのものに虫がついたのは見たことがありません。 料理に使う竹のカゴを干し忘れていると、カビがつくことはあります。 妹が、布を内側に貼付けられたカゴに衣類等を入れて倉庫に放置していて その衣類に湧いたことはあります。 あとは中に入れてたタマネギに…とか。 どちらもカゴ本体は無事でした。 中になにか虫のつくものを入れっぱなしにしたときが危険な感じです。 (見えないので発見が遅れる) それさえしなければ大丈夫と思います。 私は中が見えないと嫌なのでプラスチックもよく使いますが ゴミ入れや化粧品入れだけカゴにしてます。 部屋に馴染む感じでよいです。 ユーザーID: 0868397297• わきます.

次の

RimWorld攻略サイト 防衛の仕方

足止め の 虫 かご

小さな穴は虫が食った穴だと考えられます。 竹虎の扱います竹製品、竹細工は虫害の少ない旬の良い時期の竹を使い製造されていますが防虫剤など薬剤処理をしていない自然の竹をそのまま使っていますので、いくら時期がよくても虫が入る事があります。 (反対に旬の悪い時期でも虫害の無い事もあります) 小さな穴が開いていても対応が早ければご使用には問題の無い場合がほとんどです、穴の開いた部分を中心に熱湯をかけて様子を見てください。 (小さな製品だと熱湯につけ込む事も有効です)一度で退治できる事もありますが、竹の中に入っていますので数回繰り返す事をオススメしています。 熱湯を扱いますので火傷には十分ご注意ください。 また、竹製品を濡らした後は良く水切りをして水気を拭き取り、直射日光を避けて風通しの良いところで十分乾燥させてください。 詳しい熱湯消毒の仕方についてはこちらのページを参考にしていただけたらと思います。 【お客様からの質問】 縁台の両脇の太い竹から竹かすが出てきて、おかしいな?と購入直後から思っていました。 竹の中に、何か虫がいるのかな?(小さな穴が有り竹屑が出てきます)購入してからの使用方法は、室内のリビングでのみの使用です。 【竹虎よりの返信】 竹屑の原因は、おそらく竹の虫ではないかと思います。 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためどうしても虫が入る場合がございます。 竹の虫対策としましては竹に入る虫は比較的熱に弱い為、熱湯を虫の穴に注ぐイメージでゆっくり、たっぷりかけて頂きます方法がございます。 また、虫の穴がある場所にもよりますが虎竹縁台には竹や木を固定する為に幾つか穴を開けておりそこの隙間から熱湯を注いで竹の中へ熱湯を溜めて頂き暫くしましてからお湯を抜いて頂く方法もございます。 (竹に入る虫は繊維の柔らかい竹の内側にいることが多いです。 )上記の方法をお試し頂く際には熱湯のお取り扱いに十分ご注意ください。 また、熱湯をかけたりや、内側に注いで頂いた後はしっかりと水気を抜き取り、また拭き取って頂いてから風通しの良いところで自然乾燥させて頂けたらと思います。 また、高温になるドライヤーをお持ちでしたら穴が開いている部分を中心に熱を与えて頂きますと退治できることもあるようですのでよろしければお試し頂けたらと思います。 【お客様からの質問】 昨年、御社からエビラを買って梅干し干しに使い、今年になって使おうとして仕舞っていて段ボールの箱から出したら、竹の粉が沢山付いていました。 【竹虎よりの返信】 竹製品に入っている虫は恐らくチビタケナガシンクイムシという小さな虫かと思います。 竹は旬の良い時を選んで伐採し出来るだけ虫の入らないようにしておりますが自然素材ですのでどうしても虫が入る事がございます。 対処法といたしましては穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますのでその際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 木材の家具などを食うという事は今まで当社でも一度もありませんのでその点はご安心いただきたいと思っております。 【お客様からの質問】 えびらに小さい虫が這ってましたが洗えば取れる物ですか?竹に入り込んでいるのですが日光に当てたらいけませんか? 【竹虎よりの返信】 食材を干されるえびらですのでよろしければ熱湯消毒をして頂けたらと思います。 熱湯のお取り扱いには十分ご注意ください。 熱湯をかけて頂いた後はしっかりと水気を切り、また拭き取って頂いてから風通しの良い場所で自然乾燥をして頂けたらと思います。 えびらは食材等を干す為の入れ物ですので直射日光を受けるのは主に食材となります。 ご使用以外で直射日光に当てますと乾燥などで割れてしまう恐れがございますので、お使いになりません場合は日の当たらない風通しの良い場所で保管して頂けたらと思いますので何卒よろしくお願いいたします。 白い粉の原因は、おそらく竹の虫ではないかと思います。 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためどうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください。 完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますのでその際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 【お客様からの質問】 メゴ笹の脱衣かごを購入して少したった頃から、白い粉が気になっていたのですが、最近は、白い粉の量が増えて、小さな茶色の虫が、かごのしたに落ちています。 笹に穴が開いているところがところどころにあります。 【竹虎よりの返信】 当社の竹製品は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが、薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためどうしても虫がくる場合がございます。 対処法といたしましては、穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください。 完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますのでその際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして、水気をしっかりと拭き取って頂き風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 【お客様からの質問】 スズ竹市場かごを愛用して2年位になりますが、最近かごから竹の粉のようなものが収納している棚に落ちています。 底の部分の内側と外側を見ると虫が食べたような跡があります。 どのような対処法があるか教えて頂けますか。 【竹虎よりの返信】 白い粉の原因は、おそらく竹の虫ではないかと思います。 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のため、どうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては、穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください。 完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますので、その際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き、風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 【お客様からの質問】 最近、根曲竹脱衣かご(底付き)から頻繁に白い粉がでます。 水洗いしてもまた2~3日経過後、発生します。 何なのでしょうか?また対処法を教えてください。 【竹虎よりの返信】 白い粉の原因は、おそらく竹の虫ではないかと思います。 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが、薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためどうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては、穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください。 完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますので、その際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き、風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 【お客様からの質問】 バスケットの底に黄色い(バスケットの竹の色)粉が大量に落ちていたり、中にも粉がつもっていたりすることが度々起こって困っております。 これは、通常起こる現象なのでしょうか?どうしたら粉の発生を止められるでしょうか? 【竹虎よりの返信】 白い粉の原因は、おそらく竹の虫ではないかと思います。 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが、薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためどうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては、穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください。 完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますので、その際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして、水気をしっかりと拭き取って頂き風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 なお、一度では効果が見られない場合がございます為、大変お手数をお掛け致しまして誠に申し訳ございませんが上記の課業を繰り返し何度か行って頂けましたら幸いです。 また、ピクニックバスケットが入るくらいの桶などに熱湯を入れ、粉の出ている部分を30分程浸け、その後、十分乾燥させて頂きますよう何卒よろしくお願いいたします。 小さい虫が付いてしまったようで対処法と致しましては、スズ竹弁当箱へ熱湯をかけて頂くもしくは熱湯の中へ入れて頂きますと小さな虫も退治できるかとおもいます。 熱湯をかけられる際は火傷等には十分ご注意下さいませ。 かけられた後は水切りが良いところに置いて頂いており、持っても熱くない程度になりましたらしっかりと水気を拭き取って頂き、風通しの良いところで十二分に乾燥をさせて頂けたらと思いますので何卒よろしくお願いいたします。 【お客様からの質問】 鬼おろしのセットに小さな穴が空いているのに気付きました。 あっという間に小さな穴だらけになり、よく見ると虫がいました。 毎回水洗いをして良く乾燥させ、風通しの良い所に閉まっていたのですが、これは使い方・手入れ方法が良くなかったのでしょうか? 【竹虎よりの返信】 おそらく竹の虫ではないかと思います。 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが、薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためどうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては、穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますので、その際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き、風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 【お客様からの質問】 新築祝いに贈った靴べら入れの下から粉が出るようになったそうです。 丁度キクイムシの粉のようで、穴も空いている様でした。 お子様やペットも飼われており、あまり薬剤は使いたくないとの事。 対処の方法はありませんか? 【竹虎よりの返信】 白い粉の原因は、おそらく竹の虫ではないかと思います。 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用しており、こちらの商品は防虫、防カビ効果を高める炭化加工をしておりますが、薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためどうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては、穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけて頂くもしくは、バケツなどにお湯を注ぎ、つけ込んで頂きましたら完全ではありませんが防虫効果がございます。 その際は熱湯を扱いますので、火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き、風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 【お客様からの質問】 真竹市場かごを購入して間もない頃から、かごを置いている場所に粉が落ちていて、じっくりと、かごを見たら内側も太い竹部分に小さい茶色っぽい虫がいました。 虫にやられて粉が出たみたいです。 このような時どうしたらよいですか?対処法を教えて下さい。 【竹虎よりの返信】 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが、薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためキチンと管理しておりましても虫が入る場合がございます。 竹の虫対策としましては、竹に入る虫は比較的、熱に弱い為、熱湯を虫の穴に注ぐイメージでゆっくり、たっぷりかけて頂きます方法がございます。 竹の虫の穴が開いている部分を中心にできれば数回熱湯処理をされてみてください。 なお、上記の方法をお試し頂く際には熱湯のお取り扱いに十分ご注意ください。 また、熱湯をかけて頂いた後は、しっかりと水気を切り、また拭き取って頂いてから風通しの良いところで自然乾燥させて頂けたらと思います。 高温になるドライヤーをお持ちでしたら、穴が開いている部分を中心に熱を与えて頂きますと退治できることもあるようです。 【お客様からの質問】 真竹市場かごがキクイムシの被害により、穴だらけで枠部分がボロボロになりかけています。 購入して2年弱だと思いますが、使おうとしたところ周囲が粉だらけです。 どのような処置をするのが適切か、アドバイスをお願いします。 【竹虎よりの返信】 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためどうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますのでその際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 【お客様からの質問】 御社の竹笊を愛用しております。 卵が孵化したようで、四匹五匹と発見しました。 また卵を産んでいるかもしれないので、対処法がありましたら、ぜひ教えてください。 【竹虎よりの返信】 おそらく竹の虫ではないかと思います。 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが、薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のため、どうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては、穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください。 完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますので、その際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き、風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 【お客様からの質問】 真竹市場かごがキクイムシの被害により、穴だらけで枠部分がボロボロになりかけています。 購入して2年弱だと思いますが、使おうとしたところ周囲が粉だらけです。 どのような処置をするのが適切か、アドバイスをお願いします。 【竹虎よりの返信】 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためどうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますのでその際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 【お客様からの質問】 御社の竹笊を愛用しております。 卵が孵化したようで、四匹五匹と発見しました。 また卵を産んでいるかもしれないので、対処法がありましたら、ぜひ教えてください。 【竹虎よりの返信】 おそらく竹の虫ではないかと思います。 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが、薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のため、どうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては、穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください。 完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますので、その際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き、風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 【お客様からの質問】 真竹市場かごがキクイムシの被害により、穴だらけで枠部分がボロボロになりかけています。 購入して2年弱だと思いますが、使おうとしたところ周囲が粉だらけです。 どのような処置をするのが適切か、アドバイスをお願いします。 【竹虎よりの返信】 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためどうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますのでその際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 【お客様からの質問】 御社の竹笊を愛用しております。 卵が孵化したようで、四匹五匹と発見しました。 また卵を産んでいるかもしれないので、対処法がありましたら、ぜひ教えてください。 【竹虎よりの返信】 おそらく竹の虫ではないかと思います。 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが、薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のため、どうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては、穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください。 完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますので、その際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き、風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 【お客様からの質問】 白竹三段ピクニックバスケットを買いまして、すぐには使わず、いざ使おうとしたら粉がふき虫がわきました。 【竹虎よりの返信】 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためキチンと管理しておりましても虫が入る場合がございます。 竹の虫対策としましては竹に入る虫は比較的熱に弱い為、熱湯を虫の穴に注ぐイメージで竹編み部分に、ゆっくり、たっぷりかけて頂きます方法がございます竹の虫の穴が開いている部分を中心にできれば数回熱湯処理をされてみてください。 また、熱湯をかけて頂いた後はしっかりと水気を切り、また拭き取って頂いてから風通しの良いところで自然乾燥させて頂けたらと思います。 高温になるドライヤーをお持ちでしたら穴が開いている部分を中心に熱を与えて頂きますと退治できることもあるようです。 【お客様からの質問】 消毒は熱湯をかけるだけでいいか、又はドブ漬けが良いですか? 【竹虎よりの返信】 大きな容器等がございましたら全体を浸けて頂きましても大丈夫です、熱湯が穴の中へ浸透することにより虫も退治できるかと思います。 【お客様からの質問】 熱湯消毒をして、歪みなど出たりして重ねられない事は発生しないですか? 【竹虎よりの返信】 今のところ歪みが出て重ねられないという事例は出ておりませんが水気をしっかり切り風通しの良い場所で十二分に乾燥をして頂けたらと思います。 【お客様からの質問】 熱湯消毒をして、一度で虫を除去出来なかった場合、再度試みて全て除去出来る日は来るのか? 【竹虎よりの返信】 もし一度で退治できない場合は熱湯をかけて頂きますか、容器へ浸けて頂き乾燥という作業を行って頂くようになります。 竹の虫は竹材の柔らかい部分に卵を産みつけ卵から孵化した幼虫が食害を及ぼします為、今回、黒い細長い虫(幼虫)が食害をもたらしたと思います。 当社では、お客様に安全、安心してご愛用頂きたいと思っておりますので、防虫対策としては、先にご連絡させて頂きました、熱湯消毒を数回繰り返して行って頂くことをオススメしております。 お手間、お時間を撮らせることとなりますが、ご参考にして頂けましたら幸いです。 【お客様からの質問】 棕櫚箒の柄部分に穴が空きました。 テープで補強して使っていましたが、とうとう力がまったく伝わらないくらいぐねぐねに。 別の棒をさして小箒に使おうかと外しますと、中は白くなっていて粉が出ました。 他の箒もなると辛いので、防虫方法はありませんか。 【竹虎よりの返信】 当社の竹製品は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが薬剤処理(防虫処理)等をしていない自然素材のためどうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては、もし穴が見つかりました場合、穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください。 完全ではありませんが防虫効果がございます。 熱湯を扱いますのでその際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 白い粉の原因は、おそらく竹の虫ではないかと思われます。 当社の竹細工は旬の良い時期の竹を使用してはおりますが薬剤処理 防虫処理 等をしていない自然素材の為、どうしても虫が入る場合がございます。 対処法といたしましては大きい商品ではございますが穴が開いている場所を中心に熱湯を十分にかけてください。 完全ではありませんが防虫効果がございます。 もしくは、熱湯に浸ける事が出来る大きな容器等がございましたら浸けて頂けると良いかと思います。 熱湯を扱いますのでその際は火傷などされませんよう十分ご注意くださいませ。 熱湯をかけて頂いた後は熱くない程度に冷まして水気をしっかりと拭き取って頂き風通しの良い日陰で十二分に乾燥をして下さい。 竹の虫についてもっと詳しく知りたい場合はこちらから 名前(ニックネーム) メールアドレス(非公開) ご質問 ご質問はページに掲載させていただく場合がございます。 またメールにてご返答させていただきます。 ページに掲載する際は、一部編集させていただくことがございますのでよろしくお願いいたします。

次の