結婚式招待状 返信 マナー。 結婚式招待状の返信メッセージ<例文・文例とマナーまとめ>

結婚式招待状の返信メッセージはどうする?結婚式の招待状の返信マナーやメッセージ例!

結婚式招待状 返信 マナー

招待状の返信の基本のマナーは知っておこう 近年は結婚式の二次会の招待状なども、メールで一斉送信といったものが主流となっています。 よりカジュアルで自由な形になってきているといえますよね。 ですが、自由な形というのは、本来のマナーがあってこそと言えます。 実際に、メールでの招待ばかりで、急に手紙による招待状が送られてきた場合、その返信に関してのマナーがわからず困ってしまうということもあるのではないでしょうか。 最近はインターネットで検索することでこういったマナーはすぐに調べることができます。 ですが、一般常識として身に着けておくことも必要ではないでしょうか。 結婚式やその二次会の招待状だけでなく、さまざまな場合の招待状において同様のマナーが要求されるのです。 まずは、表のあて名の欄ですが、「行」となっているところを二重線で消して、横に「様」と記入します。 裏面の「御出席」、「御欠席」に関しては、まずは選択したほうの「御」を二重線で消して、「出席」、「欠席」のどちらかを〇で囲みます。 その際に二重線で消した「御」の文字は含まないようにします。 選択しなかった「御出席」、「御欠席」のどちらかに関しては、全てを二重線で消します。 「御住所」、「御電話」についても同様に「御」の文字を二重線で消します。 「御芳名」に関しては「御」だけでなく、「御芳」を二重線で消します。 「御」が「ご」の場合もありますが、この場合も同様ですね。 この二重線に関しては、黒色のボールペン・毛筆・万年筆のどれかを使用し、二重線は定規を使用してきれいに引きます。 これが、招待状における返信時のマナーとなります。 基本は自身の敬語は消去し、相手への敬語をきちんと書くということになります。 それほど難しいものではないのですが、その真意としては、招待状を出す側も、その招待状を返信する側も相手への敬意を忘れないということですね。 近年はメールによる招待が多いですから、こういったことも少なくなってきていますが、このマナーを知って初めてメール等で自由に招待状を送ることができるのではないでしょうか。 結婚式に出席しても二次会の欠席はマナー違反? 一般的に結婚式の招待を断るのは、よほどの理由がなければマナー違反になると言われていますよね。 その二次会も招待されれば出席するのが基本的にはマナーということになります。 ですが、二次会の場合は、結婚式ほどではないですから、必ず出席しなければならないというわけではありません。 結婚式と二次会に招待された場合、また、二次会のみ招待された場合、そのどちらであっても二次会を欠席したからといってマナー違反ということにはならないようです。 実際に結婚式から二次会までとなると、かなりの長時間になってしまいますし、結婚式ですでにお祝いをしているのですから、二次会まで出席しなければならないということはないようですね。 二次会の参加者によっては、ぜひとも参加して欲しいという要望もあるかもしれません。 もちろん、これは新郎新婦との関係によっては参加するのもありですし、参加しないというのもありと言えます。 ですが、実際には行くか行かないかをギリギリまで判断しなかったり、出欠の返事が遅れたりするほうが、二次会に出席しないことよりマナー的にはよくないことなのです。 ですから、出欠は早めに判断し、きちんと出欠の意思表示を早めに行うことが二次会の出欠におけるマナーなのです。 早めに出欠の意思表示をすることによって、二次会の幹事は、その後の調整がしやすくなりますから、欠席であっても早めに返信することが大切なのです。 二次会を不参加する場合の断り方 結婚式の二次会も招待する側としては、出席してもらいたいからこそ招待をしているわけなのですが、様々な理由から参加できない。 参加したくないということもありますよね。 ですが、その断り方も、ただ、不参加、欠席ではそっけなくもあり、冷たい感じがしてしまいます。 やはり、不参加となる場合は、なるべく角が立たないようにというのが、招待状に返信する側のマナーともいえるのではないでしょうか。 その断り方にもいくつかのパターンがあります。 まずは予定がある場合ですね。 すでに予定が入っていて変更ができない場合、その旨を伝えることになります。 「せっかくのお誘いなのに申し訳ない」とか、「本当に残念なんだけど申し訳ない」といった文言が一般的と言えます。 もちろん、予定については詳しく書く必要はないですよね。 他にも、「明日が朝早いから出席できない」といったパターンや、「遅くまでの出席ができない」といったパターンもよくあるようです。 もっとストレートなものとして正直に言う場合もあります。 実際に二次会のゲストに知人が新郎もしくは新婦以外には全くいないという場合があります。 その場合、二次会に参加しても、楽しむどころか逆にストレスになってしまうことも考えられます。 この場合、「知っている人がいない」ということをストレートに伝える場合も多いようです。 二次会だけの招待であれば、こういった文言に加えて「誘ってくれてありがとう」といったものであれば、角が立たないのではないでしょうか。 また、結婚式に招待されており、そちらに参加する場合には、「結婚式楽しみにしています。 」といった文言があればよさそうです。 記入もしくは伝えておきたいこと 招待状に関しては、参加不参加の意思に加え、氏名、住所、電話等を記入することが基本ですが、それ以外にも書いておきたいことがあります。 最近は記入欄が追加されていることも多くなっているアレルギーについての記載です。 見た目にわかる食べ物であれば、それをよけて食べればなんとかなりますが、料理の方法によっては原型をとどめていないものもあります。 すり身であったり、出しやスープに使われていると見た目で判断することができませんよね。 それをもし食べてしまったらどうでしょうか。 披露宴や二次会の最中にずっとアレルギーによる蕁麻疹で不快な思いをしてしまうことになります。 これは、招待してくれた新郎新婦も、参加したあなたにとっても望むところではないですよね。 しかもアレルギーによっては命に係わる場合もあるのです。 蕁麻疹ならまだかゆいのを我慢するくらいでなんとかなりますが、呼吸困難になって倒れたとなると、アレルギーの本人も大変ですし、せっかくの披露宴や二次会も台無しになってしまいかねません。 そういったことにならないためにも、アレルギーに関してはきちんと伝えておいたほうがいいですよね。 最近は食品の表示においてもアレルギーに関する記載がされるようになってきていますから、どんなアレルギーがあるかを伝えることも、お互いにとっての大切なマナーと言えます。

次の

結婚式の招待状の返信マナー&可愛すぎるアレンジをご紹介♡

結婚式招待状 返信 マナー

出欠を迷う理由がない限り、できるだけ早めに返信するのがマナーです。 s 目安は招待状が届いてから1週間以内 e。 早く返事をすれば、それだけ祝福の気持ちも伝わります。 返信はがきで出欠確認をした後、席次を決めたり料理や引出物の数を確定させたりと、新郎新婦の準備にも関わってくることも覚えておきましょう。 事情があってすぐに決断できない場合は、 s 早めに電話などで連絡を入れ、期日までには必ず返事をする旨を伝えておく e といいでしょう。 欠席する場合はあまり早く返事をすると、「検討すらしてくれなかったのかな」と、がっかりさせてしまうので、少し時間を置く心遣いを。 とはいえ、他に招待したいと思っている人もいるはずなので、その人に声を掛けられるよう、早めに連絡をしましょう。 「御」「御芳」の敬称は二重線で消す はがきには、出欠欄や住所・氏名の記入欄に、 s 「御」「御芳」という敬称が印字されているので、返信するときにはこれらを二重線や「寿」の文字で消す e のがマナーです。 また、表面の返信先の名前の下には s 「行(いき)」という字が入っていますが、こちらも二重線で消し、「様」に直す e ことをお忘れなく。 お祝いのメッセージを書き添える 結婚式の返信はがきは、ただ事務的に返せばいいというものではなく、何かひと言添えたいもの。 s 新郎新婦宛てのメッセージ欄が設けてある場合はそこに、ない場合は丸で囲んだ「出席」の文字の下など、余白にコメントを書く e と、お祝いの気持ちが伝わります。 丸で囲んだ「出席」の文字を引用して添え書きをする人もいますが、 s 引用せずにあらためて書く方が丁寧 e です。 新郎新婦は招待状の返信で出席人数を把握し、料理や引出物の最終手配や席次の調整を行うので、返信がないと困ってしまいます。 また、 s 電話やSNSなどで出欠の連絡をしたので、招待状の返信はがきを送らないというのもNG e。 s お祝いの気持ちを表すように丁寧な文字で書く e ことを心掛けましょう。 また、返信はがきにイラストなどを描く人も増えていますが、必要事項やお祝いの言葉がきちんと読める範囲でのデコレーションにしましょう。 s グレー(薄墨)は弔事のとき、不祝儀袋に文字を書くのに用いる色 e なので、ご祝儀袋では絶対に使わないよう注意しましょう。 招待状に同封されていた場合は忘れずに記入して持参を ゲストカードとは ゲストカードとは、 s 芳名帳に記入する代わりに当日受付に出すカードのこと e です。 以前はなかったものですが、最近は受付の混雑を緩和するためや、記念に残せることから、ゲストカードを使用する新郎新婦も増えています。 送られてきた招待状に同封されていて、「当日このカードをご持参ください」と記載されています。 このカードは事前に記入して、当日まで手元に保管しておき、忘れずに持参しましょう。 ゲストカードに書くこと ゲストカードには、以下のような記入欄が設けられていることが多いです。 <記入欄の例> お名前: ご住所: お電話番号: メールアドレス: 新郎新婦へのメッセージ: 記入の仕方は、返信はがきと同様です。 s 「お」や「御」といった敬称は、1文字なら斜めの二重線か、「寿」といった文字で消します e。 2文字以上なら縦の二重線で消すとよいでしょう。 後日連絡するための住所録も兼ねるため、 s 連絡先ははっきりと読めるよう丁寧に e 書きます。 ゲストカードのメッセージ文例 ゲストカードにも招待状同様にメッセージ欄があることがあります。 メッセージはふたりへの率直なお祝いの言葉でよいです。 結婚式直前の期待を伝えたり、ふたりの輝かしい未来に贈る言葉を添えても素敵です。 ふたりしか見ないからといっても、忌み言葉や重ね言葉は避ける、下品な言葉遣いはしないなど、マナーには気をつけます。 自分が新郎新婦の立場だったらどのようなことが書いてあったらげたら嬉しいか考えましょう。 文例1.

次の

結婚式の招待状の返信マナー&可愛すぎるアレンジをご紹介♡

結婚式招待状 返信 マナー

結婚式招待状の返信マナーと書き方 結婚式に出席する場合の招待状の返信マナーをまとめました。 必ず抑えておきたい点をご紹介していますので、しっかりと内容をチェックして漏れのないように気をつけてくださいね。 返信は1週間以内を目安に! 招待状の返信は、明記されている返信期限を守るのはもちろん、なるべく早めに出すのがマナーとされています。 新郎新婦は招待客の人数をもとに、席次や引き出物等の準備を開始するという事情があるため、招待状は早く戻ってくればくるほど助かるんです。 返信期間の目安は、招待状を受け取ってから 1週間以内と考えましょう。 また、予定がはっきりせず期限ギリギリまで出欠がわからないという場合は、 新郎新婦に電話やメッセージ等で状況を説明新しておきましょう。 せっかく招待をくれた新郎新婦に余計な心配をさせないためにも、このような配慮を心がけるとスマートです。 《出席》返信の書き方 【表面の書き方】• 宛て名の 『行』を二重線で消して『様』に 書き直す。 定規を使って 二重線を綺麗に引いて消すようにしてください。 【裏面の書き方】• 『御』や『御芳』は寿消しする 『御』や『御芳』は、上から 『寿』と書いて消す方法があります。 招待してくれたことに対し、お祝いの気持ちがより伝わる素敵な返信です。 前後に「慶んで(喜んで)」 、「させていただきます」 などの言葉を追記すると、よりていねいな印象になります。 連名で招待された場合は、出席者全員の名前を明記する 芳名の欄に、連名で招待された 出席者全員の名前を記載します。 招待状に記載がなくても子どもを連れていきたい場合は、まず新郎新婦に確認を。 問題なさそうであれば芳名欄に子どもの名前を追記します。 子どもがある程度の大きさになると席やお料理(お子さまプレートなど)の手配が必要になりますので、招待状返信の際は必ず記載しましょう。 【表裏共通のマナー】 続いて、表裏共通のマナーをご紹介します。 毛筆・万年筆で書く マストではありませんが、できれば招待状の返信は 毛筆や万年筆で書くのがベターです。 ボールペンでもOKですが不祝儀を表すグレーは避けて、 黒一色で書くように気をつけましょう。 線は定規を使って引く 文字を消す際の二重線など、招待状の返信ハガキに線を引くときは、 定規を使ってまっすぐに引くとていねいな印象になりますよ。 句読点は使わない お祝いごとには終止符を打たないとの理由から、結婚式の招待状には『、』や『。 』などの句読点を打ちません。 招待状返信の際にも、句読点を打たないことを心がけましょう。 返信にお祝いのメッセージを! 招待状の返信をする際は、出欠の返事以外に3行程度の短いお祝いのメッセージを添えましょう。

次の