ペルソナ 5 スクランブル 評価。 【ファミ通レビュー】『ペルソナ5スクランブル』9999の36点。「クリアボリュームは45時間」「共闘感が増したバトルは最高レベル」「細かなカットシーンはテンポを削ぐ」

【ペルソナ5スクランブル】ボリュームはどのくらいある?やり込み要素やレビューまとめ

ペルソナ 5 スクランブル 評価

旅行で行ったのが懐かしい ただ、『P5S』はコープがなくアイテムを買うぐらいしか探索することがなかったのがちょっともったいなかったかな。 もうちょっと何か(ミニゲームとか観光?)できることがあればより楽しめたんじゃないでしょうか。 管理人が一番良かったのがラストシーン。 旅が終わり、夏休みも終わり、それぞれの場所へ帰っていくあの感じはたまらん。 騒がしくて無鉄砲な竜二だけど、あの時だけはまじで最高&最高。 ペルソナ5って基本的に暗めのストーリーなのに、エンディングだけは爽やかで良いですよねー(ザロイヤルよりは無印派)。 ペルソナ5が好きなら間違いなく買いです。 怪盗団メンバーとキャンピングカーで旅できるとか最高じゃないですか? そういえば、なぜか本作について大衆認知では「ペルソナ無双」ってことになっていますね。 「アクションRPG」ですのでご注意ください。 気になること 続編がプレイできるだけで大満足&ペルソナシリーズ初のアクションRPGとしては及第点だったんですが、単体で見ると気になる点が数点あることも事実。 というわけで気になる点は以下の通り• 前作未プレイ者は置き去りのストーリー• ラスボスは無印&ロイヤルに続いて同じような展開• UIのテンポの悪さ• ロード時間の長さ• ベルベットルームの使いづらさ• 前作コープキャラ不参加 <前作未プレイ者は置き去り> はっきり言って、無印版orザロイヤルのどちらかはプレイしないとストーリーは理解できません。 最悪アニメの視聴はしてください。 <ラスボスへの展開> ネタバレ防止のため詳しくは書きませんが、無印版&ザロイヤルとほとんど同じなのは残念…。 とはいえ認知訶学を題材にしていることをを考えると仕方ない…かも。 <UIのテンポ> シリーズ特有のおしゃれさは引き継いでいてかっこいいです。 ただ、動き終わるまで若干長い。 よく使う部分なので気になりました。 前作はシャキシャキ動いていて気持ち良かったのに…。 SSD換装or外付けでロード時間の短縮するしかありません。 <ベルベットルームの使いづらさ> ペルソナ合体の時、手持ちのペルソナを確認させてくれ! 各属性一体ずつ持っておきたい派なので、いちいち強化画面に行って手持ちペルソナを確認するのはかなり面倒。 あとペルソナの種類がかなり減ってるのも気になりましたね…。 <前作コープキャラ不参加> 費用(声優起用・モデリング)の問題があったんでしょうけど、ほぼいないのは違和感満載です。 出てきたのは惣治郎ぐらい。 同じ町に住んでる武見先生ぐらいはいてほしかったなー。 トロコン難易度 『ペルソナ5S』トロコン!(約52時間) ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ 真の大怪盗 プラチナ 全てのトロフィーを取得 — ずぶ@ゲーム垢 zubugame プラチナトロフィーの獲得は簡単な部類に入ると思います。 ただ、一つだけ作業感が半端ないトロフィーがあります。 管理人はそのトロフィーのためだけに約10時間作業してました…。 それだけは辛かった…。 『P5S』概要.

次の

【ペルソナ5スクランブル】評価レビューと評判【P5S/ペルソナ5S】

ペルソナ 5 スクランブル 評価

2020. 26 クリア済からトロコン済の情報に修正 始めに 「ペルソナ5 ブル ザ ファントム ストラーズ(P5S)」をクリアした筆者が、感想・評価・レビュー等をまとめたいと思います。 ネタバレはありません。 ゲームについて 発売日:日本版 2020年2月 機種:4 ジャンル: 販売元:アトラス 開発元:アトラス、・ゲームス 本ゲームは、 ぺルソナ5の続編で、 ペルソナシリーズ初のということで、話題となりました。 本ゲームの雰囲気等については、をご覧ください。 (なげやり) 感想 感想は一言 「ペルソナ5を楽しめた人は買いなさい」です。 このような感想を持った理由を各項目ごとに説明します。 ストーリー ストーリーの詳細については、上記に記載している PSブログを引用します。 物語は、『ペルソナ5』で描かれた"改心事件"解決から半年後が舞台。 地元に戻っていた主人公は、高校3年生の夏休みを仲間たちと過ごすべく、東京を訪れ、四軒茶屋の純喫茶ルブランで仲間たちと懐かしの再会を果たす。 共に楽しい夏休みを過ごす予定であったが、買い出し先の渋谷で未知なる「ジェイル」に迷い込んでしまう。 そこは、王 キング と呼ばれる主の命令により、迷い込んだ人々の「ネガイ」が抜き取られる異様な世界だった。 改心事件は解決したはずではなかったのか? さらに事件は日本各地で発生しているという。 主人公と仲間たちは心の怪盗団として事件を追うことを決意。 日本中をキャンピングカーでめぐりながら、各地に出現したジェイルに挑んでいく。 そのとおりです。 ペルソナ5から半年後のキャター達の様子が見られるのは感慨深いものがあり、 本作から追加されたキャターも非常に魅力的です。 ロイヤルの追加キャラの数倍魅力的です。 新キャラ・ソフィア いいキャラしてます ソフィアの戦闘衣装 ボン〇ーマンみたい 新キャラ・長谷川善吉 渋いです 善吉の戦闘衣装 渋いです また、大学生と高校生がキャンピングカーで日本を巡るという 清々しい程のっぷりに忘れかけた青春を思い起こさせてくれます。 こんな夏休みを過ごしたかった… ストーリーの展開やエンディングについても、ほとんどの方が満足いく形になっていると言えるのではないかと思います。 ゲームシステム等 筆者は事前情報をあまり見ていなかったため、 「どうせペルソナ無双っしょ?ステージを選んで、そのまま倒していくだけでしょ?でしょ?」と思っていた節がありましたが、実際にプレイしてみると驚きました。 これ、ちゃんとペルソナ5ですやん!! 戦闘がコマンド方式から、アクション方式になっていること以外は、若干簡易化されていたり、変更はされているものの、キャター、会話、日常パートのデザイン等は ペルソナ5に準じたものが採用されていました。 これにより 「ペルソナ5の続編」ということが、本ゲームからひしひしと伝わって来て、違和感なく入り込むことが出来たように思います。 目玉である戦闘面については、若干難易度が高めではありますが、コマンド方式とは異なり、 キャターを自分で操作している実感が湧きました。 演出も派手で、爽快感を味わうことができました。 もちろん、変にストレスがかかるようなところも見当たらなかったです。 とにかく超カッコいい ペルソナ5以上にフィールドを縦横無尽に駆け回ることができる 攻略難度 難易度を選ぶことができますが、「易しい」でも ちゃんとしないと普通に全滅します。 個人的には簡単すぎるよりも、このくらいが一番しっくり来るので楽しめましたが、アクションが苦手な方はしっかり強化して臨まないと厳しいかもしれません。 実際、筆者も何度か全滅しましたが、操作キャラの武器と防具を強いものに更新していけば安定するようになりました。 武器、防具、アクセ、アイテムは通売で購入できる トロコン難度 全体的に難しいものはありません。 しかし、 時間がそれなりにかかるトロフィーが存在します。 永遠の絆:全部BANDスキルをレベルMAXにした です。 結論から言うと、 BANDレベルを99まで上げなければなりません。 BANDレベルは単純に敵から経験値を得れば得るほど上がりますが、後半になるにつれて全く上がらなくなってきます。 よって、 短時間でより多くの経験値を得られる敵をひたすら倒し続ける必要があります。 最も効率の良いとされている方法は次のとおりです。 (見たくなければ飛ばしてください。 本編を一度クリアする• ベルベットルームでリクト「 降り立つ」を貰う• 上記のリクトをクリアすると得られる強敵討伐リクトをクリアしていく• リクト「契約の天使 後輪」の「神の深き影」を倒す• キャンピングカーのリクトから上記のリクトを再度受託し、クリアする• 5を繰り返す です。 普通に戦うと非常に時間がかかるので、 ペルソナをしっかり強化してからマした方がいいです。 (それでも数時間かかりますが) 基本的に主人公のペルソナで電気属性の技をひたすら繰り返して倒しましょう。 MPが切れても倒せなかったらペルソナを強化し直した方がいいです。 筆者はこのペルソナでマした ボリューム クリアタイム及びトロコンタイムは次のとおりです。 「ペルソナ5」及び「ペルソナ5ザ・ロイヤル」と比較すると短めです。 筆者のクリアタイム :18時間程度 筆者のトロコンタイム:38時間程度 まとめ 1億点満点とした場合、このゲームは 93,367,555点 です。 本ゲームは 「まごうことなきペルソナ5の続編」 です。 ペルソナ5を楽しめた方は、彼らの物語の続きを是非その目で確認してください。 みんな大好き マーラ様.

次の

PS4『ペルソナ5スクランブル』トロコン後感想レビュー|想像以上に続編らしい続編

ペルソナ 5 スクランブル 評価

内容的にもしかしたらP5Rの新キャラはどこかへ遠征に出かけていたのかもしれません、完全に存在しないのかするのかは語られない 当たり障りのない内容でした。 それはさておき、大好きだった P5のその後が見れたことは嬉しかったです。 事件解決から約半年弱経過し、また集合した時は P4Gの時みたく、みんなの髪が変わっているものかと思いましたがパツキンモンキーは変わらずパツキンでした。 作中の要所要所でそれぞれが会話し、楽しめる場面を作ってくれたのもよかったかなと思います。 (ちょっと緊張感なさすぎとも思いましたが) まだ半年なので皆の成長があまり見られなかった(むしろ若干幼くなってた?)のは残念でしたが、ペルソナが進化していなかったところを見てもコープは最後まで進んでいなかった状態のみんななのかもしれませんね(笑)。。。 終わり方を見るにこれ以上 ペルソナ5の正統な続編は望めそうになさそうですが、もしあるとしたら「 海外編」か過去作とのコラボ編ということになりそうでした。 正直P5Rで明かされなかったことやP5Rであまり活躍できなかったキャラクターの活躍をもっと見たかったですが仕方がないですね。 〇ペルソナのあらたな試み ペルソナシリーズはP4から ダンスを始めてみたり、 格闘ゲームを始めてみたりと、 様々な分野にアプローチを仕掛けていっています。 正直個人的にはそのどれもが 本編にはかなわない作品ではあると思っていますが、それでもペルソナの新しいことへのチャレンジを行うことで ペルソナシリーズに触れる機会を増やす、また逆にペルソナシリーズから他の分野への架け橋となるのはとても良いことだと感じました。 今作でもアクション要素と今までのP5の要素をよく混ぜ合わせていて、様々なキャラを自分で操作できるのはとてもよかったです。 私自身かなり昔に真三国無双みたいなゲームをプレイしただけで、 大人になってからは無双系のゲームをプレイしたことがありませんでした。 ペルソナとは違うシリーズ、だけど ペルソナの良さもしっかり出そう。 という意気込みが作品から伝わってきました。 もう少しな点 愚痴ばっかりになってしまうかも、、、ごめんなさい。 〇戦闘が難しく、敵が硬い アクションRPGということで自分で動かさなくてはならない戦闘方法です。 今作でも難易度を イージーモードにもできるので、苦手な方も安心してプレイできるのはとても良いと思います。 ただ、 配慮のなさを少し感じてしまいます。 私の不注意かもしれませんが、 技の出し方が特に序盤は全く分かりませんでした。 そして慣れてきたと思ったら 戦闘中に追加で技を習得してきます。 更に 停止画面みたいなところで技一覧表を出してくれると助かるのですが、出し方がわからない技を見るためには長いUI演出に耐えながらもチュートリアルまで見に行かなくてはなりません。 それが キャラごとに存在するので覚えるのが面倒で私はメンバーをほとんど固定していました。 ペルソナ5の人気の要素の1つに操作性の良さがあると私は思います。 普段アクション系のゲームが苦手な方でも遊べる所が良かっただけに、 操作性が落ちていたことは少し残念でした。 その救世主としてのベルベットルームでの合体ができればよかったのですが、 今作のベルベットルームは非常に使いにくかったです。 そもそも ペルソナを入手しづらかったり(改善可能)、ペルソナ自身のレベルが足りないと合体できなかったりと、結局最後まで自分のレベルよりかなり低いペルソナで敵に挑むことになり、結果として バトルが長引いてしまいました。 コープも一切ないのでボーナスがないのも痛いです(今までのコープはどこへ??) あと敵に嫌な硬さがあるのももう少し改善してほしかったかなと思っています。 これは無双系のゲームなはずで、戦っていて爽快感の得られる戦闘ゲームなはずです。 私が不慣れだっただけなのかもしれませんが、個人的に硬い敵(特に中ボスクラス)と戦うのはしんどかったです。 せっかくのアクションでも行動が制限・固定化されてしまうので工夫が欲しかったです。 でも ラスボス戦はとても良いと感じました。 あれを他のボスでもやってくれればもう少し評価も変わったかもしれません。 〇テンポの悪さ それは システム面を含めほとんどだったかなと思います。 (ス トーリー中盤は流れも速く楽しめました) 少し多くなりますので箇条書きで書かせてもらいます。 やるなら最後までしっかりとやってほしい。 UIの動く時間が長すぎる。 (今作は相手もトラウマを抱えていて可哀そう、、、、みたいな展開を攻略の途中で入れてくるのは物語のテンポを悪くしていた印象です。 (うまく言えないですが、幼稚に見えた。 詳しく書くと怨念みたいになってしまうので書きません。 全体的な感想 まず愚痴みたいなことばっかり書いてしまい申し訳ないです。 (あと怪盗団の好感度が少し下がった) 所々で とてもいい場面ももちろんありました。 たとえば2面で 祐介がボスへかける言葉の1つ1つは本当に感情がこもっていてこちらの目頭があつくなるような内容だったと思います。 しかしその感動の場面への 過程で台無しにしてしまっている印象でした。 全ての要素自体は悪くないはずなんですが、システム面、フィールド面、会話など、それぞれの 少しだけ残念な部分が重なってしまって、せっかくいい話であるところがまともに聞けなくなってしまったのかなと思います。 UIもとても良いという人が多いですが、個人的には アニメーションが長すぎです。 特に武器変更が面倒です。 P5でなぜUIがよかったのか、それは単にアニメーションをつけるだけではなく、 アニメーションをつけているのに見やすく操作しやすいからだと私は思っています。 私としてはペルソナシリーズにはもっと 心という重い題材をしっかりと描いてほしいです。 人気が出て色んな人にペルソナシリーズを触ってもらえるのは非常に嬉しいですが、少し幼稚な内容になってこないかが心配です。 といってもこれはあくまで P52ではなくP5Sという後日談なのでそこまで求めるのも お門違いなのかもしれません。 いけないですね、ネガティブなことばかり書いていて(笑) 新キャラはどれも魅力的で特に善吉とソフィアはとてもいいキャラクターでした。 愛着も沸いてくるのでもし続編があるのなら出てきてほしいですね。 今作のおかげで 無双ゲーの入り口にたてたのは良かったです。 ペルソナ4の格闘ゲームのときも他の格闘ゲームに手を伸ばしましたし、これをきっかけに他の無双系のゲームも触ってみたいと思います。 あとペルソナ5の覚醒ではP5Sの 誰かさんの覚醒が一番良かったです。 まとめ• P5のその後が知りたい人におすすめ!• 無双ゲーをプレイしたい人におすすめ! ここまで読んでくださりありがとうございました!•

次の