ポケモン go ニンフィア。 【ポケモン剣盾】ニンフィアの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

【ポケモンGO】イーブイの進化先を選ぶ方法!リーフィア・グレイシア追加

ポケモン go ニンフィア

最大CP 攻撃種族値 防御種族値 HP種族値 3055 202 205 216 通常技 候補予想 ゲージ技 候補予想 あまえる でんこうせっか どろかけ チャームボイス サイコショック シャドーボール とっておき 弱点 二重 弱点 なし はがね・どく 耐性 二重 耐性 ドラゴン むし・かくとう・あく 技の考察 原作で覚える主な技一覧 通常技:• とっしん• かみつく• アイアンテール ゲージ技:• すてみタックル、スピードスター、はかいこうせん、ウェザーボール• あなをほる• サイコショック• じゃれつく、ドレインキッス、マジカルシャイン また、過去の新世代ポケモン実装時には「新しいわざの実装」が恒例となっています。 このタイミングで実装が期待される技は以下のとおりです。 マジカルフレイム デバフ効果がつく可能性あり ぶっちゃけ戦力になりそうなの? 技次第ではありますが、 フェアリー代表として活躍することはほぼ確実と推測しています。 特にドラゴンタイプが多い割にフェアリータイプの選択肢が少ない マスターリーグでは必須級の活躍をすると分析しています。 ニンフィアのために今からできること• ・花飾り個体の収集・・・余っている人がいればもらっておきたいところ イーブイは花飾り付きでも進化可能• ・色違いの収集・・・これは運要素なので、頑張れる人は頑張ってください!.

次の

【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン go ニンフィア

基本的にはハイパーボイスを打ち続けて倒す型のため、他の技はフェアリータイプの技が通りにくい相手に使用していきます。 素早さは、素早さに努力値を振っていない、あるいは4振っている「バンギラス」を抜ける調整となっています。 ダイマックス時や、残り体力が少ない時の最後の技として使用する。 対ゴースト用の攻撃技。 ハイパーボイスで無理に攻めるよりもダメージを出せる場合は多い。 耐久ポケモンを流せるようにする技。 こだわりメガネとの相性はいまいちなため、使う場合はのどスプレーなど他の道具を持たせる事。 とつげきチョッキ型 性格 ひかえめ 努力値 HP252 特攻252 特防4 実数値 HP202-防御65-特攻178-特防151-素早さ80 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 実数値は理想個体で計算し、不要ヶ所は省略しています 技構成は上記と似ていますが、「ニンフィア」の高い特防を活かして戦う特殊アタッカー型です。 不利な相手とは無理に戦わずに引きながら、タイプ一致になっている「ハイパーボイス」を主軸に攻撃していきましょう。 いわゆるサイクル戦と呼ばれる、こちらが有利になるように交代しながら戦っていくのがこの型の基本戦法です。 物理アタッカーとは戦わず、物理に強い控えと交代していきましょう。 ハイパーボイスで無理に攻めるよりもダメージを出せる場合は多い。 ニンフィアの役割と立ち回り 高い特攻・特防種族値を活かす 「ニンフィア」は特攻と特防が高く、相手の特殊アタッカーの攻撃を受け止めつつ戦う事ができるポケモンです。 夢特性である「フェアリースキン」と高火力のノーマル技「ハイパーボイス」を組み合わせることで、手軽に高火力を発揮することができます。 ハイパーボイスは音系の技でみがわりを貫通できるのも利点です。 特性による威力上昇はダイマックス技には未適用 「ニンフィア」の夢特性である「フェアリースキン」は、ノーマルタイプの技をフェアリータイプとして扱い、威力を1. 2倍にすることができます。 しかしダイマックス技の場合、ダイアタックはダイフェアリーになるものの、威力を1. 2倍にすることはできません。 ニンフィアの対策 弱点の物理技で一気に倒す 「ニンフィア」は特防は高いものの防御は低めのため、弱点の物理技で攻めていくのが基本になります。 特に鋼タイプには、素早さが高く物理アタッカーに向いたポケモンが多くなっています。 ただしニンフィアは「マジカルフレイム」を覚えている事が多く、倒しきれないと鋼タイプの場合は逆に倒されてしまうことも多いため注意が必要です。

次の

【ポケモンGO】イーブイの進化先を指定する方法

ポケモン go ニンフィア

ニンフィア むすびつきポケモン ぜんこくNo. 700 コーストNo. 085 高さ 1. 0m 重さ• 5kg• けたぐり威力40 タイプ• タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 進化・タマゴで入手 生息地 ORAS• なし 主な入手方法 ORAS• なし 生息地 XY• なし 主な入手方法 XY• 性別が同じ場合や、性別不明の場合は効果がない。 /異なる性別の野生のポケモンと出会いやすくなる。 自分の『ノーマル』タイプの技が『フェアリー』タイプになり、さらに威力が1. 3倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 基本 ノーマル 変化 - 100 30 相手全体が対象。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 基本 ノーマル 物理 50 100 35 通常攻撃。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 5 じめん 変化 - 100 15 相手の命中率を1段階下げる。 9 フェアリー 特殊 40 100 30 通常攻撃。 17 ノーマル 特殊 60 - 20 相手全体が対象。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 25 エスパー 変化 - - 10 自分と相手の特性を入れ替える。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 29 フェアリー 変化 - - 10 5ターンの間、場の状態を『ミストフィールド』にする。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 33 エスパー 変化 - - 30 5ターンの間、相手の特殊攻撃のダメージを半分にする。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 41 ノーマル 物理 140 100 5 この技は自分の持っている他の技をすべて使うと使えるようになる。 45 ノーマル 変化 - - 10 相手にかかっている補助効果を自分にもかける。 3 エスパー 特殊 80 100 10 相手の『とくぼう』ではなく、相手の『ぼうぎょ』の能力値でダメージ計算する。 4 エスパー 変化 - - 20 自分の『とくこう』『とくぼう』ランクが1段階ずつ上がる。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 15 ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 16 エスパー 変化 - - 30 5ターンの間、相手の特殊攻撃のダメージを半分にする。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 20 ノーマル 変化 - - 25 5ターンの間、状態異常にならなくなる。 交代しても効果は続く。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 28 じめん 物理 80 100 10 1ターン目に地中に潜り、2ターン目に攻撃する。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 33 エスパー 変化 - - 20 5ターンの間、相手の物理攻撃のダメージを半分にする。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 49 ノーマル 特殊 40 100 15 毎ターン、誰かが技『エコーボイス』を使う度に威力が高くなっていく。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 67 ノーマル 物理 70 100 5 前のターンに味方のポケモンが倒されていると威力が2倍になる。 68 ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 70 ノーマル 変化 - 100 20 相手の命中率を1段階下げる。 77 ノーマル 変化 - - 10 相手にかかっている補助効果を自分にもかける。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 99 フェアリー 特殊 80 100 10 相手全体が対象。 通常攻撃。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1 ノーマル 物理 50 95 30 通常攻撃。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 遺伝 ノーマル 物理 - 100 15 自分の残りHPが少ないほど威力が高くなる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 遺伝 フェアリー 変化 - 100 20 相手の『こうげき』ランクを2段階下げる。 遺伝 ノーマル 変化 - - 10 次のターンの終了時にHPが最大HPの半分回復する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 遺伝 ノーマル 変化 - - 10 次のターン終了時に相手を2〜4ターン 実質1〜3ターン の間『ねむり』状態にする。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 遺伝 あく 変化 - 100 20 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 遺伝 ノーマル 変化 - 100 20 相手の『こうげき』『ぼうぎょ』ランクを1段階ずつ下げる。 遺伝 ノーマル 物理 60 100 25 相手が持っている道具を自分の物にする。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 遺伝 ノーマル 物理 - 100 15 持っている『きのみ』によって『タイプ』と威力が変わる。 『きのみ』はなくなる。 遺伝 ノーマル 変化 - 100 20 相手全体が対象。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 遺伝 エスパー 特殊 120 100 10 自分以外全員が対象。 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 遺伝 エスパー 特殊 20 100 10 自分のいずれかの能力ランクが1つ上がる度に威力が20上がる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ノーマル 変化 - - 5 すべての味方のポケモンの状態異常を治す。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 ORAS エスパー 変化 - - 15 必ず先制でき、そのターンの間、自分が受ける変化技を使用した相手に跳ね返す。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 ORAS ノーマル 特殊 90 100 10 相手全体が対象。 通常攻撃。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ノーマル 物理 60 100 25 相手が持っている道具を自分の物にする。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 ORAS ノーマル 物理 140 100 5 この技は自分の持っている他の技をすべて使うと使えるようになる。 進化前 イーブイ の時だけ覚える技.

次の