有名 ギタリスト。 ギタリストの一覧

【後編】マーティ・フリードマンに聞く

有名 ギタリスト

クラシックギターに限らず、優れたギタリストは多くのギタリストの演奏を「見て」「聴いて」学んでいるものです。 今では好きなアーティストの音源をダウンロードすることも可能となっておりますので、プロの演奏をいつでも聴くことができます。 演奏するのはもちろんですが、プロの演奏を聴くことも立派な練習の一つです。 そこで、こちらでは絶対に知っておきたいクラシックギター奏者についてご紹介いたします。 初心者の方もベテランの方も、是非彼らの技巧をご覧になってください。 アンドレス・セゴビア まずは、精力的なコンサート活動でギターを クラシック音楽界の檜舞台に押し上げたことで有名なアンドレス・セゴビア 1893-1987 です。 映画「禁じられた遊び」の音楽をギター一本で担当したナルシソ・イエペス(1927-1997)と並んで20世紀を代表する巨匠です。 その大きくふくよかな手から生み出される「セゴビアトーン」と呼ばれる甘くロマンチックな音色はとても魅力的です。 多くのギター以外の作曲家に働きかけて曲を書いてもらい、それらは今日の重要なレパートリーを形成しています。 セゴビアがいなかったら現在のギター界は全く違ったものになっていた、と言えるほどに大きな存在です。 ジョン・ウィリアムズ 前出のセゴビアをして「音楽の世界にギターの貴公子が降り立った」と言わしめたジョン・ウィリアムズ(1941-)も現在では「キング オブ ギター」と称されています。 安定感の高いテクニックに支えられた彼の演奏は、流麗且つ雅致であり、クールな演奏が特徴的です。 ロバート・デ・ニーロ主演の映画「ディア・ハンター」のテーマ曲の演奏を担当したり、イギリスのギタリスト、ジュリアン・ブリーム(1933-)とのデュオも人気がありました。 橋口武史を初め、多くのギタリストが好んで演奏する横尾幸弘(1925-2009)作曲「さくらの主題による変奏曲」はジョン・ウイリアムスがその日本らしい曲調を精力的に取り上げたところから世界に広まったと言われています。 日本国内でもファンの多いクラシックギタリストの一人です。 山下和仁 最後にご紹介するのが、日本のクラシックギタリストの中で一際異彩を放ち、そのスケールの大きさからギターという枠を大きく超えた「天才」といっても過言ではない山下和仁(1961-)です。 山下和仁は、超絶技巧を駆使したギター独奏によるオーケストラ曲の編曲・演奏で有名です。 常人の想像を絶するテンポでの速弾きや、協奏曲でのオーケストラをバックにしてマイク無しでキッチリ聴こえるほどの大きな音量などが注目されがちですが、神懸かった表現力は深遠な美しさを持っています。 その独自の演奏スタイルは多くのスタープレイヤーを魅了してきました。 演奏技術が非常に高く、世界的に評価されています。 因みに,橋口武史は、山下亨氏主宰)に師事し、ご子息であられる和仁氏と幼少の頃は毎週のようにお会いしていました。 そして、今や、世界の山下和仁のギターリサイタルを主催をさせていただくようになりました。 左から、アンドレス・セゴピア、ジョン・ウイリアムス、山下和仁のCDジャケット ほんの一部のクラシックギタリストをご紹介させていただきましたが、文章では伝わりづらい部分が多々あると思います。 「百聞は一見にしかず」という言葉にもあるように、一度彼らの演奏を、その目で、その耳で楽しんでみてください。 そして、楽譜を入手して、彼らが弾いている曲にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 フルート:大村友樹、ギター:橋口武史 曲目:タンゴの歴史より(A. ピアソラ) 協奏風大二重奏曲(M. ジュリアーニ) ニューシネマパラダイスより(E. モリコーネ) 間奏曲(J. イベール)ほか すたじおG ランチタイムコンサート 次回は7月13日 月 12:15-12:45 です 橋口武史のソロと、中野義久氏とのデュオもあります。 引き続きツイキャスでのライブ配信もしようと思います。 ツイキャス配信はライブ終了後14日間は視聴できますので、その時間に見れなくても都合のいい時にお楽しみください! レッスンについて 4月、5月とネットでのレッスンのみでお願いしていましたが、6月からは教室でのレッスンを再開しています。 コロナウイルスは撲滅はしていませんので、ネットレッスンで対応していただける生徒さんは引き続きよろしくお願いします。 ブログ• 橋口武史のギターレッスン.

次の

ギターが上手い日本人男性特集!憧れのギタリストランキングBest10!│新時代レポ

有名 ギタリスト

そう言えばなんですが、ジプシージャズのギタリスト、偉人たちを書いたものってあまりないですよね? 日本語だと情報量が少ないし、発音や読み方が日本語バージョンになっていて全然違う名前になったりしていますよね。 これは英語で、フランス語では Jazz manouche(ジャズ マヌーシュ)、日本語では マヌーシュ ジャズといった感じで変わってるんですよね。 私はジプシージャズ関連の練習は殆ど英語かフランス語(仏はあんまり喋れないですけど)でやってたので、ジプシージャズ入門のレッスンを始めて、日本語の言い方を調べると 日本独特の発音になってたりして驚いています。 日本語の言い方でもいいと思いますが、海外での発音を知ってても損はないと思いますので、海外で通じる現地の発音でも名前を書いています。 さて、今回は歴史的な偉人と、ジプシージャズのギタリストたち、過去、そして現役のプレイヤーを含めてご紹介していきますので、今後の練習に役に立てて下さい。 また、目次の年代は活動を始めた時期で分けています。 Stephane Grappelli (1908年 フランス生まれ) ジャンゴの相棒であるヴァイオリニスト ステファングラペッリ。 亡くなる前の1990年頃に ジミーローセンバーグと一緒に演奏しました。 名前からもわかるようにイタリアからの移民で、幼少期は食べていくために路上で演奏をしていました。 通称ニンニン。 ジャンゴが亡くなった後、もう2度とギターを弾かないと言って引退したけど、その後友人に誘われてソロを弾いてレコーディングしてます。 1930~ Mondine Garcia (1936年 フランス生まれ) モンディーン ガルシア。 有名なギタリストで、トニー ガトリフ(Tony gatlif)の映画 Swingに出演しています Dorado Schmitt (1957年 フランス生まれ) チャボロのいとこで ドラド シュミット。 以前パリの伝統あるジプシージャズバーla chope des pucesに言った時に彼がちょうど演奏していたのでラッキーでした。 1979年から2011年くらいまで、毎年のようにCDをリリースしていました。 フラメンコにも影響を受けたスタイルです 1960~ Lulu Reinhardt (1961年 ドイツ生まれ) ノト レナードの息子で ルル レナード。 ジプシージャズソングの Noto swingとLulu swingの作曲者です Bireli Lagrene(1966年 フランス出身) 言わずと知れた ビレリ ラグレーン。 14歳の時にレコーディングしたライブCD〜Routes to Django 〜で、デビューしました。 ジャンゴの弟のニンニンがこれをきいた時に 「ジャンゴが帰ってきた」と言ったのは有名ですね。 日)ストーケロ ローゼンバーグ 私のジプシージャズ入門のレッスンでも彼の曲やビデオを紹介しているのでご存知の方も多いと思いますが、 ジャンゴの後継者って感じのソロを弾きます Angelo Debarre(1962年 フランス出身) 色々な名曲を生み出しています、 アンジェロ デバレ。 パリの有名なジプシージャズバーで演奏していたので何度か彼を見に行きました。 よくストヘロローゼンバーグと一緒に弾いています。 私は彼とストヘロが一緒に弾いているライブ動画が好きです。 Frank Vignola(1965年 アメリカ生まれ) フランク ヴィニョラ。 若い頃は ジミーローゼンバーグと演奏もしていましたが、その後ジャズの方に行ってしまいました。 2017年に大事故にあってしまい今だに治療中の様です。 Stephane Wrembel(? フランス生まれ) ステファン レンベル。 このジプシージャズ入門でも紹介した Bistro Fada の作曲者で今はアメリカ在住です。 Robin Nolan(1968年 ベトナム生まれ) ロビン ノーラン。 ベトナム生まれで香港などで育ち、その後ロンドンに移住。 今はアムステルダム在住。 gypsy jazz secretsなどでギターを教えています Samy Daussat(1972年 フランス生まれ) サミードサット。 この偉人伝に出てくる人物でロマ(ジプシー)じゃないのは彼と他数人です。 私は今だにパリに行ったら、彼からレッスンを受けます。 うまいし、理論を説明できるし面白い人です。 超絶テクニックのギタリストです。 Joscho Stephan(1979年 ドイツ生まれ) ジョショー シュテファンは神業的なテクニックを持っています。 他のジプシージャズプレイヤーとは違うスタイルですが、メチャクチャすごいです。 ロックっぽいピッキングを使う数少ないジプシージャズプレイヤーです Yorgui Loeffler(1979年 フランス生まれ) ビレリラグレーンの遠い親戚の ヨーギ。 David Reinhardt(1986年 フランス生まれ) ダヴィド レナード。 ジャンゴの息子のビビクの息子。 ジャンゴの孫です。 Noe Reinhardt(1979年 フランス生まれ) ノエ レナード。 上記のダヴィドの親戚で、ノエ、ダヴィド、サミーでDavid Reinhardt Trioというバンドをやってました。 Jimmy Rosenberg(1980年 オランダ生まれ) ジミーローゼンバーグ。 ストヘロ ローゼンバーグの従兄弟です。 若くして有名になり、15〜16歳でドラッグにはまってしまいました。 最近はちょこちょこやっているようですが、昔のキレが無くなってしまっていますが、是非youtubeでチェックして見てください。 Sebastien Giniaux(1981年 フランス生まれ) セバスチャン ジニュウ。 かなり特徴的なジプシージャズを弾きます。 是非チェックして見て下さい。 Diknu Schneeberger(1990年 オーストリア生まれ) ディクヌ シュニーベァーガー。 オーストリア、ウィーン生まれ。 父親はJoschi Schneeberger(ヨシ シュニーベァーガー)でHarri Stoika(ハリーストイカ)と一時期バンドを組んでいました。 ちなみに、ハリーストイカはジプシージャズっぽい音楽をやっていますが、かなり独特です。 Olli Soikkeli(1991年 フィンランド生まれ) オーッリ ソイッケッリ。 超絶テクニックを持った若いタレントです。 私が最初に見たときは14〜15歳くらいの時で、この頃にはすでにパリ南部のサモアで毎年6月に開かれるジャンゴフェスティバルに出ていたので有名でした。 最後に いかがでしたでしょうか? 知ってる名前もあれば、知らない名前も多かったと思います。 ジプシージャズの練習には、色々なミュージシャンの曲を聞く事は重要なので是非上記のプレイヤーをチェックして見て下さい。 ジプシージャズの練習ならこちらの「」をご覧ください•

次の

ブルースギタリスト16曲

有名 ギタリスト

クラシックギターに限らず、優れたギタリストは多くのギタリストの演奏を「見て」「聴いて」学んでいるものです。 今では好きなアーティストの音源をダウンロードすることも可能となっておりますので、プロの演奏をいつでも聴くことができます。 演奏するのはもちろんですが、プロの演奏を聴くことも立派な練習の一つです。 そこで、こちらでは絶対に知っておきたいクラシックギター奏者についてご紹介いたします。 初心者の方もベテランの方も、是非彼らの技巧をご覧になってください。 アンドレス・セゴビア まずは、精力的なコンサート活動でギターを クラシック音楽界の檜舞台に押し上げたことで有名なアンドレス・セゴビア 1893-1987 です。 映画「禁じられた遊び」の音楽をギター一本で担当したナルシソ・イエペス(1927-1997)と並んで20世紀を代表する巨匠です。 その大きくふくよかな手から生み出される「セゴビアトーン」と呼ばれる甘くロマンチックな音色はとても魅力的です。 多くのギター以外の作曲家に働きかけて曲を書いてもらい、それらは今日の重要なレパートリーを形成しています。 セゴビアがいなかったら現在のギター界は全く違ったものになっていた、と言えるほどに大きな存在です。 ジョン・ウィリアムズ 前出のセゴビアをして「音楽の世界にギターの貴公子が降り立った」と言わしめたジョン・ウィリアムズ(1941-)も現在では「キング オブ ギター」と称されています。 安定感の高いテクニックに支えられた彼の演奏は、流麗且つ雅致であり、クールな演奏が特徴的です。 ロバート・デ・ニーロ主演の映画「ディア・ハンター」のテーマ曲の演奏を担当したり、イギリスのギタリスト、ジュリアン・ブリーム(1933-)とのデュオも人気がありました。 橋口武史を初め、多くのギタリストが好んで演奏する横尾幸弘(1925-2009)作曲「さくらの主題による変奏曲」はジョン・ウイリアムスがその日本らしい曲調を精力的に取り上げたところから世界に広まったと言われています。 日本国内でもファンの多いクラシックギタリストの一人です。 山下和仁 最後にご紹介するのが、日本のクラシックギタリストの中で一際異彩を放ち、そのスケールの大きさからギターという枠を大きく超えた「天才」といっても過言ではない山下和仁(1961-)です。 山下和仁は、超絶技巧を駆使したギター独奏によるオーケストラ曲の編曲・演奏で有名です。 常人の想像を絶するテンポでの速弾きや、協奏曲でのオーケストラをバックにしてマイク無しでキッチリ聴こえるほどの大きな音量などが注目されがちですが、神懸かった表現力は深遠な美しさを持っています。 その独自の演奏スタイルは多くのスタープレイヤーを魅了してきました。 演奏技術が非常に高く、世界的に評価されています。 因みに,橋口武史は、山下亨氏主宰)に師事し、ご子息であられる和仁氏と幼少の頃は毎週のようにお会いしていました。 そして、今や、世界の山下和仁のギターリサイタルを主催をさせていただくようになりました。 左から、アンドレス・セゴピア、ジョン・ウイリアムス、山下和仁のCDジャケット ほんの一部のクラシックギタリストをご紹介させていただきましたが、文章では伝わりづらい部分が多々あると思います。 「百聞は一見にしかず」という言葉にもあるように、一度彼らの演奏を、その目で、その耳で楽しんでみてください。 そして、楽譜を入手して、彼らが弾いている曲にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 フルート:大村友樹、ギター:橋口武史 曲目:タンゴの歴史より(A. ピアソラ) 協奏風大二重奏曲(M. ジュリアーニ) ニューシネマパラダイスより(E. モリコーネ) 間奏曲(J. イベール)ほか すたじおG ランチタイムコンサート 次回は7月13日 月 12:15-12:45 です 橋口武史のソロと、中野義久氏とのデュオもあります。 引き続きツイキャスでのライブ配信もしようと思います。 ツイキャス配信はライブ終了後14日間は視聴できますので、その時間に見れなくても都合のいい時にお楽しみください! レッスンについて 4月、5月とネットでのレッスンのみでお願いしていましたが、6月からは教室でのレッスンを再開しています。 コロナウイルスは撲滅はしていませんので、ネットレッスンで対応していただける生徒さんは引き続きよろしくお願いします。 ブログ• 橋口武史のギターレッスン.

次の