ファッキン ジャップ。 【使用注意】かなり汚い!英語のスラングの20個まとめ

ふざけるなよファッキンジャップが

ファッキン ジャップ

ISO 8601 は、 と の表記に関する の国際規格。 規格の最新版は2019年2月に発行された ISO 8601-1:2019 Date and time -- Representations for information interchange -- Part 1: Basic rules および ISO 8601-2:2019 Date and time -- Representations for information interchange -- Part 2: Extensions の2分冊。 何度も改訂されていて、過去の規格は、ISO 8601:2004 、ISO 8601:2000 、ISO 8601:1988 があり、いずれも正式な題は Data elements and interchange formats — Information interchange — Representation of dates and times であった。 更にその前身は ISO 2014:1976 などがあった。 え~っと、何回も改定されてるって... 日付と時刻の組合せにおいて基本形式と拡張形式との混在は許されず、どちらかに統一されていなければならない。 ISO 8601に則ったシステムにおいては、どちらか一方が利用されるって考えておけば良いですかね。 結論から言いますと、残念がら、標準のparse処理は、ISO 8601 を完全にカバーできていないようです。 なので、の例のような日付文字列が入力値として入ってきた場合、ことごとく落ちます... 残念過ぎる、というか、もう少し頑張ってくれ、が例外処理との相性最悪なのといい、不完全な部分が多すぎる...。 もしかしたら、何かうまい方法があるのかもしれませんが、見つけられず... どなたか良さ気な方法を知ってましたら教えてちょんまげ。 さて、そんでは、絶望を感じたところで、を起動し、適当なプロジェクトを作成し、クラスも作成。 ソースはこんな感じで。 import java. sql. Timestamp; import java. time. Instant; import java. time. LocalDateTime; import java. time. ZoneId; import java. time. out. withZone ZoneOffset. from isoFormatter. ofInstant dateInstant, ZoneId. of ZoneOffset. UTC. getId ; return Timestamp. はい、というわけで、なんとも残念過ぎる結末を迎えてしまったと... というか、基本形式のフォーマット1つもパースできとらんやん... いまのところ、今回の上手くパースができる例みたいな値が来るシステムにしか遭遇してないけど、これ、パースできないような値が来た場合、地獄ですな... そんな今の気持ちを、映画『ブラックブック(監督:)』の主人公のセリフで表してみましょう。 「悲しみに終わりはないの! 」 今回はこのへんで。 というわけで、暫定対応。 import java. sql. Timestamp; import java. time. Instant; import java. time. LocalDateTime; import java. time. ZoneId; import java. time. out. withZone ZoneOffset. from isoFormatter. ofInstant dateInstant, ZoneId. of ZoneOffset. UTC. getId ; return Timestamp. モヤモヤ感が半端ない...。 対応バージョンを実装してみました。 import java. sql. Timestamp; import java. time. Instant; import java. time. LocalDateTime; import java. time. ZoneId; import java. time. ZoneOffset; import java. time. format. out. withZone ZoneOffset. from isoFormatter. ofInstant dateInstant, ZoneId. of ZoneOffset. UTC. valueOf LocalDateTime. now.

次の

ファッキンジャップ ゴーアウト

ファッキン ジャップ

織斑一夏は初めての海外旅行に興奮の色を隠し切れなかった。 修学旅行での移動は新幹線を使った。 なので今回、飛行機に乗るのも初めてだったからだ。 加えて一夏がはじめて乗った飛行機の客席はファーストクラス。 洗練された 客室常務員 キャビンアテンダント の丁重な扱いや、豪華な椅子、そして振る舞われる料理に、一夏は眼を輝かせた。 「すげぇ……」 「一夏、あんまりはしゃぐな。 恥ずかしい……」 「いや、だって千冬姉! 映画見れて、音楽聴けて、ゲーム出来て……って痛って!?」 「…………落ち着け」 「……はい」 千冬は一夏の興奮した様子に人目を気にしてか、恥ずかしそうにその頭を引っ叩いた。 そんな織斑姉弟の様子に周囲の日本人クルーはクスクスと笑った。 「お気に召していただけたようでなによりです。 なんでしたら今度はケーキでもお持ちしましょうか?」 そこへ柔和な笑みを携えた若いキャビンアテンダントが、流暢な日本語で話しかけた。 「え? ケーキまで出るんっすか?」 「えぇ、もちろんです。 こちらのメニューにあるモノは全て、ご利用いただけますわ。 織斑千冬様にもワインでもいかが?」 「いや、結構。 流石に泥酔状態でドイツに降りては、日本の面汚しと言われてしまうからな」 千冬は片手を軽く振って拒否した。 「さようでございますか? では、そちらの……弟さんには?」 「飛行機のケーキとか初めてなんで食べてはみたいですけど……本当に無料なんですか?」 「えぇ。 ご利用いただけるモノは全て、搭乗料金に含まれておりますから」 貧乏生活が長かった影響か、後で変に金を請求されないかと一夏は密かに不安だった。 しかしキャビンアテンダントの言葉を聞いて、少し安堵した表情を浮かべる。 そんな一夏の様子に千冬は苦笑混じりに言った。 「貴重な経験なんだ。 と、その瞬間キャビンアテンダントの瞳が、スッと細くなる。 「いかがなされました?」 「いや、ちょっと弟が直前で具合悪くして留守番してるんですよ。 ホントなら一緒にドイツ行く予定だったんですけどね。 だから、俺ばっかり良い思いするのも悪いなぁって」 一夏は思わず、日本に独り残った秋斗に対する申し訳なさを口にした。 千冬を説得してドイツに来る筈が、出発の前日に具合を悪くして結局日本に残る事になったのだ。 「そういうことですか。 でしたら帰りの便で搭乗員にお申し付けくださいませ。 弟さんの分もお持ち帰りできるよう手配させていただきますわ」 「本当ですか? ならお願いします」 「かしこまりました」 一夏は表情を明るくし、ケーキを注文した。 そんな一夏の様子に千冬もフッと笑みを浮かべる。 そしてキャビンアテンダントは優雅に一礼して、その場を去った。 確かに軍にはISの運用を目的にした特殊部隊が存在する。 しかしその規模は中隊よりも小さいのが殆ど。 未だに戦闘機や空母、イージス艦と言った兵器と、ソレを運用する男の職場は根強く存在する。 故に、世間のISに対する印象は男女共に良好だった。 またそうで無ければ各国のピットに男性スタッフの姿はないだろうし、スタジアムの観客も仲良く男女入り混じってはいないだろう。 ISが登場したからとて、彼ら男の仕事が無くなるわけではなかった。 無論、その兵士の多くは男性で構成されている。 唯一、その部隊を率いるリーダーと、側近が女性であるくらいだろう。 奴を守ってるのはこの国の腑抜けたポリ公だけってことか?」 「そう言うことね」 「はぁ」 スコールの傍らに座るオータムは、小さく溜息を吐いて肩を竦める。 それは仕事に先立ち、事前にあれこれと準備したのがアホらしいと言う様子だ。 「コレなら 準備 ・・ の方が忙しかったんじゃねェか?」 モンドグロッソ開催期間という事もあり、世界の目はドイツに向かう。 しかし日本という島国はそのパスポートの 価値 ・・ が示すように、数ある先進国の中でも最も後ろ暗い世界の住人が動き辛い土地であった。 「……バカンスなら兎も角、仕事に来るには 最低 ・・ の国だぜ」 オータムはスコールに向けて溜息を吐いた。 そしてモノクローム・アバターの面々は、それぞれ独自のルートで日本に集結する様に動いた。 部隊は来日直後に、組織の息がかかる日本のとある高層ホテルの一室に作戦本部を置いた。 そして来日から間もなく、織斑家が存在する住宅地周辺と、その付近を巡回する公安の動きの観察に動く。 またスコールとオータムも、現場の下見に動いた。 二人は通りすがりのOLや保険勧誘員。 または新興宗教関係者を装い、一日掛けて織斑家周辺の地図と特徴を頭に叩き込む。 そんな中で幾度か織斑家を確認した二人は、微かに感じる違和感に首をかしげた。 織斑家は雨戸とカーテンが常に閉め切られ、郵便受けには新聞とチラシが受け取られずに溜まっている。 交代で見張りを続けるが、ターゲットの織斑秋斗自身も一切、その家からまるで出る気配がない。 事前の予定では少なからず、外から家の中の様子が伺えると思っていた。 その上で最低限、ターゲットの顔と所在の有無を 確認 ・・ してから、その確保に乗り出すつもりだった。 が、しかし丸一日の調査を経ても織斑秋斗は一切、その姿を外に見せない。 少なくとも、郵便を受け取るぐらいの事はしていると思っていた。 「外に出た形跡は無い。 で、どうするよ? 試しに アタック 突撃 しかけてみるかい?」 「そうねぇ……。 そして足早に、織斑家の玄関門を潜った。 「っと……」 オータムが玄関の下まで行くとそこでセンサーが働き、織斑家の軒下のライトが点った。 オータムはそのライトの照明時間を計るように呼吸を置いてから、徐に呼び鈴を押した。 そして耳を澄ませた。 呼び鈴の音に微かにだが、何者かが反応するような物音が聞えた。 「どうだった?」 「確実に居る。 まぁ、 勘 ・ だけどな。 情報通り寝込んでるんだろうぜ?」 「そう。 じゃあ今夜、仕掛けましょうか」 タイムリミットはモンドグロッソ終了時まで。 第2回モンドグロッソの開会式は、そんな歴史と伝統あるスタジアムで開催された。 今大会では第1回大会よりも更に5つの国が参加する。 加えて各国が更なる発展系のISを揃って繰り出すという前情報もあり、その興奮は第1回大会を大きく凌いでいた。 また、今回の大会では『高機動戦闘部門』という新しい出場枠が設定された。 その部門において、イタリアとフランスがそれぞれ性能を特化させた新型ISを披露した。 第1回モンドグロッソから、各国はそれぞれ独自にISの発展先を見定め、その国独自の特徴とも言える得手不得手を、より強く明確にしていった。 格闘特化、射撃特化、機動特化。 そんな独特なISが数多く誕生した第2世代機。 それらが初めて世間にその姿を現した事もあり、大会は第1回目を大きく凌ぐほどの熱狂の渦に包まれた。 第1世代型IS『秋桜-改』。 世間の多くがその中継を見るように、織斑秋斗は 独り静かに ・・・・・ その大会の模様をタブレットを使って見ていた。 雨戸を閉じ、カーテンを閉め、部屋の明かりの一切を消した薄暗い部屋の中。 そこには、タブレットの明かりと、 ノートPC トチロー1号 の明かりのみが灯る。 そんな暗い家の中に篭る秋斗の眼には、研磨された日本刀のような、精悍な鋭さだけが残っていた。 血を吐くほどに悩み続けた日々が嘘のような冷静さがそこにはあった。 「……走り出したら、 止まるな ・・・・ 」 秋斗は自分に言い聞かせるように呟き、深く息を吐く。 そして拳を固く握り締めた。 暗く、静寂に満ちた家の中には、カチカチと一定のリズムを刻むレトロな音が響く。 その中にたった一人。 秋斗は檻の中に閉じ込められた獣のように、ジッと息を殺して時を待っていた。 コレより作戦に移る。 オーヴァー」 『了解。 ココはアメリカとは違うんだから丁重に。 ターゲットは大切なゲスト。 傷一つ負わせないように、迎えなさい。 オーヴァー』 「了解、交信終了。 ホテルで待機中のスコールの号令によって、作戦は開始された。 裏口1、表2、控え1に人員を割き、織斑秋斗の捕獲に乗り出す兵士は4人居た。 そして用意した車は二台。 一台はシルビア。 別働隊が織斑家周辺を巡回する公安に対して、浮浪者や酔っ払いを演じて止めている。 準備は万全である。 しかし 心 ・ まではそうでもなかった。 仕事を直ぐに片付けて、 上役 スコール にターゲットを受け渡して、スシでも食いたいと彼らは思っていた。 しかし扉はビクともせず、動かない事に兵士の一人が思わず首を傾げた。 「おい、ココは日本だ。 扉は 引く ・・ んだよ」 「あ、そうか。 ワリィ……」 「しっかりしてくれよ」 相方のドジに呆れた吐息を漏らしながら、もう一人が前に出る。 そして扉を引くと、すんなりと織斑家への入り口は開かれた。 錠を開けば、すんなりと抵抗無く開いた扉に、正面入り口班の二人は日本人の防犯意識の低さを嘲笑う。 そして玄関から突入する一人と、待機のもう一人に分かれて、ブリーフィングの通りに行動を開始した。 夜という時間帯もあるが織斑家の中には一切の明かりがついていなかった。 それを男は少し不思議に思った。 玄関を潜って直ぐ脇にある階段を見る。 子供部屋というのは大抵が二階にあるという経験から、男は直ぐに階段を登って、折り返す様に二階の廊下に立った。 扉が4つあった。 一先ず、男は身近な扉に手を伸ばした。 「あぐぁ?!」 激痛が足に走った。 男は悲鳴を上げて、派手な音を立てながら廊下にすっ転がった。 その物音と悲鳴に玄関で待機する男の仲間は、『捕獲に手間取っているのだ』と思った。 しかしそれはほんの少しだけ違う。 突如男の右足を貫通するように深々と貫いたそれは、 BBQ用の鉄串 ・・・・・・・ である。 それはこの家のある住人が、二階廊下に上がって直ぐの足元に仕掛けたワイヤートラップだった。 踏むと起動するように仕掛けられた、自作 ボウガン ・・・・ によるモノである。 「……ファッキンジャップ!」 なんてモノを家に仕掛けてやがるんだと、男は痛みに呻きながら思わず口走った。 と、そこに 声 ・ が掛かった。 そして同時に電源コードのようなワイヤーで、男は首を締め上げられた。 足の負傷、視界の封鎖、呼吸器への直接攻撃、背後から強襲に耐え切れず、男はそのまま 何者 ・・ かによって、引き摺られるように二階のある 部屋 ・・ に連れ込まれた。

次の

アメリカのスラング『Fuckの使い方』【総まとめ30選】

ファッキン ジャップ

もくじ• まずは以下の会話をごらんください。 Hey dude, did you get laid last night? 」 B:「I screwed up. 」 A:「What the fuck?! She was just fugly. 」 どれくらい理解できましたか? 以下、日本語訳となります。 A:「このビールを待っていたんだよ!あ、そういえば、昨日やったの?? 」 B:「みすった。 」 A:「まじかよ!昨日の彼女とめっちゃいい感じだったじゃん。 」 B:「もうどうでもいいわ。 めっちゃブサイクだったし。 」 上記の会話ではスラングが使われています。 日本の学校ではスラングを学びませんが、海外ではあたりまえのように使われています。 日本でも同じことが言えるかと思います。 そこで今回は、 スポンサードサーチ 『汚い英語のスラング』をまとめました。 まずは、スラングの意味のおさらいから。。 スラング(slang)は、特定のエスニック集団、職業、年代、生活環境、ライフスタイル、趣味、嗜好を共通にする集団の中でのみ通用する隠語、略語、俗語のこと。 ようするに 『日常会話でつかわれる、非正規の表現』ですね。 今回はFuckをつかった汚いスラングを中心にまとめていきます。 英語を話せるようになるには、実際にしゃべることが大切です。 現代ならオンライン英会話でスマホから簡単にトレーニングできます。 ネイティブキャンプならなんと話し放題です。 ぜひ下記よりダウンロードしてください。 I overslept! 」(やべぇ!寝坊した!) 「Fuck! I lost the key! I hate you! 」(このくそったれ!あんたなんて大嫌いよっ!) 3, Fuck me!(ファックミー) 意味…何てことしちまったんだ!・私を犯して。 下ねたな意味もあります。 もしくは「私を殺して」というニュアンス。 (数学のテストどうだった?) B:I fucked up! (全然駄目だよ。 日常的に使ってもOKだと思います。 」 (あのくそやろう、俺のかばん盗んだ!) 8, Mother Fucker(マザーファッカー) 意味…このくされ野郎!(激しい罵りをこめて。 )・クソッたれ!(嘆き。 「自分のお母さんともやっちゃうやつ」=「本当に最低なやつ or 人間のクズ」といった意味。 「Fucker」よりも意味ははるかに強く、公共では絶対に言ってはいけない言葉の一つ。 人に向かって言えば、相手はすごく怒ること間違いなし。 I cannot walk anymore. 」(すげー疲れた。 Just a friend!! 「私の友達。 「ここで何やってるんだ??」 B: Nothing special. 使用例 「Hi bitch. U are fugly」(ようビッチ。 お前はすんげー不細工だよ。 (まちがいねー!) 以上となります〜。

次の