青森 出身 有名人。 青森県の県民性

青森市出身の有名人

青森 出身 有名人

>青森県立青森高等学校出身の有名人 このサイトに登録されている有名人の数:56,807人 このサイトに登録されている「青森県立青森高等学校」出身の有名人の数:80人 スポンサーリンク 青森県立青森高等学校の出身者 1 飯田美花 飯田 美花(いいだ みか、女性、1992年3月23日 - )は、日本のプロレスラー。 プロレスリングWAVE所属。 青森県東津軽郡平内町出身。 2 奈良岡希実子 青森市の出身 東京女子大学へ進学 奈良岡 希実子(ならおか きみこ、1985年6月21日 - )は、セント・フォース所属の気象予報士。 3 小塚歩 元仙台放送:青森市の出身 横浜国立大学へ進学 小塚 歩(こづか あゆむ、1979年9月19日 - )は、青森県青森市出身のラジオNIKKEIアナウンサー。 4 宮下宗一郎 むつ市の出身 東北大学へ進学 宮下 宗一郎(みやした そういちろう、1979年5月13日 - )は、日本の政治家。 青森県むつ市長(公選第16代)。 5 春日井静奈 春日井 静奈(かすがい せいな、1978年4月10日 - )は、日本のタレント、女優。 6 田邊優貴子 青森市の出身 京都大学へ進学 田邊 優貴子(たなべ ゆきこ、1978年12月13日 - )は、日本の生態学者。 博士(理学)。 国立極地研究所助教。 専門は、植物生理生態学、陸水学、生態系生態学。 南極・北極など世界の極地で生きる植物と湖沼を対象に生態学的な研究をしている。 7 横濱聡子 青森市の出身 横浜市立大学へ進学 横浜 聡子(よこはま さとこ、1978年 - )は、日本の映画監督、脚本家である。 青森県青森市出身。 8 大柳錦也 青森市の出身 駒澤大学へ進学 大柳 錦也(おおやなぎ きんや、1976年4月27日 - )は、日本の元プロレスラー。 9 山谷亨 成蹊大学へ進学 山谷 亨(やまや あきら、1976年5月8日 - )は日本の映画監督、演出家、脚本家。 青森県青森市出身。 10 小野寺晃彦 八戸市の出身 東京大学へ進学 小野寺 晃彦(おのでら あきひこ、1975年7月25日 - )は、日本の政治家、総務官僚。 青森県青森市長(1期)。 11 奈良岡聰智 京都大へ進学 奈良岡 聰智 (ならおか そうち、1975年10月 - )は日本の歴史学者、京都大学大学院法学研究科教授。 専門は日本近代政治外交史。 青森県出身。 12 三上弥 さいたま市南区、生まれは青森県の出身 東北大学へ進学 三上 弥(みかみ わたる、1971年3月2日 - )は、NHKのシニアアナウンサー。 13 栄長泰明 東京大学へ進学 栄長 泰明(えいなが やすあき、1971年10月28日 - )は、日本の化学者、工学博士。 慶應義塾大学教授。 研究分野は、機能性材料・光化学・電気化学・ダイヤモンド電極。 14 鳴海真希子 東京芸術大学へ進学 鳴海 真希子(なるみ まきこ, 1969年1月14日 - 2002年4月30日)は日本のメゾソプラノ・コントラルト歌手。 ジュリアード音楽院に留学、世界的なキャリアを期待されていたが、2002年軟部肉腫のため、33歳で死亡した。 15 対馬孝之 宮城教育大学へ進学 対馬 孝之(つしま たかゆき、1969年11月8日 - )は、青森朝日放送(ABA)の元アナウンサー(報道記者・報道デスク・スポーツデスク兼務)。 血液型はA型 16 福士睦 早稲田大学へ進学 福士 睦(ふくし あつし、1969年 - )は、日本テレビ放送網編成局編成部長。 青森県青森市生まれ。 身長160cm。 18 葛西賀子 葛西 賀子(かさい よりこ、旧名:原田 賀子、1967年7月6日 - )は日本のフリーアナウンサー、元青森放送アナウンサー。 19 佐藤竹善 青森市の出身 神奈川大学へ進学 佐藤 竹善(さとう ちくぜん、1963年5月5日 - )は、日本のシンガーソングライター、キーボーディスト、音楽プロデューサー。 青森県青森市出身。 血液型O型。 20 山谷清志 青森市の出身 中央大学へ進学 山谷 清志(やまや きよし、1954年4月25日 - )は、日本の政治学者。 同志社大学教授。 専門は行政学、政策評価論、行政責任論。 今村都南雄に師事。 21 田澤拓也 早稲田大学へ進学 田澤 拓也(たざわ たくや、1952年3月1日 - )は、日本のノンフィクション作家。 22 鹿内信善 名古屋大学へ進学 鹿内 信善(しかない のぶよし、1950年 - )は、北海道教育大学札幌校教授。 23 鹿内博 鹿内 博(しかない ひろし、1948年3月4日 - )は、日本の政治家。 元青森県青森市長(2期)。 そのほか青森県議会議員(5期)、青森市議会議員(3期)を務めた。 24 大里洋吉 青森市の出身 立教大学へ進学 大里 洋吉(おおさと ようきち、1946年8月22日 - )は日本の芸能プロモーター。 芸能事務所・アミューズの創業者で現在は同社代表取締役会長。 25 相馬宏男 現在もシニアスタッフとして東北各局で番組を担当:青森市の出身 法政大学へ進学 相馬 宏男(そうま・ひろお、1945年10月16日 - )は、NHKの元アナウンサー。 26 鈴木ユリイカ 明治大学へ進学 鈴木 ユリイカ(すずき ユリイカ、1941年10月30日 - )は、日本の詩人、翻訳家。 岐阜県岐阜市出身。 明治大学文学部仏文科卒業。 本名、鈴木雅子。 27 木村隆文 日本大学へ進学 木村 隆文(きむら たかふみ、1940年 - 2011年11月28日)は日本の教育者。 学校法人青森山田学園の理事長や青森山田高等学校の校長を務めていた。 スポーツに力を入れ、卓球や野球、サッカーなどで青森山田高等学校の名前を全国に知らしめた。 日本卓球協会副会長を務めており[4]、10段を授与されている[5]。 28 たむらまさき たむら まさき(1939年1月26日 - )は、日本の撮影監督。 青森県出身。 29 沢田教一 青森市の出身 沢田 教一(さわだ きょういち、1936年2月22日 - 1970年10月28日)は、日本の報道写真家。 ベトナム戦争を撮影した『安全への逃避』でハーグ第9回世界報道写真コンテスト大賞、アメリカ海外記者クラブ賞、ピューリッツァー賞を受賞した。 30 佐々木敬介 函館市の出身 慶應義塾大学へ進学 佐々木 敬介(ささき けいすけ、1936年(昭和11年) - 1998年(平成10年))は、日本の工学者。 工学博士(慶應義塾大学)。 慶應義塾大学名誉教授、千歳科学技術大学初代学長。 北海道函館市出身。 31 寺山修司 三沢市の出身 早稲田大学へ進学 寺山 修司(てらやま しゅうじ、1935年12月10日 - 1983年5月4日)は日本の歌人、劇作家。 演劇実験室「天井桟敷」主宰。 32 海渡英祐 目黒区の出身 東京大学へ進学 海渡 英祐(かいと えいすけ、1934年9月24日 - )は、日本の小説家・推理作家。 日本推理作家協会現会員。 本名広江純一。 筆名は「成吉思汗=源義経」(海を渡った英雄)にちなむ。 33 吉田義昭 青森市の出身 吉田 義昭(よしだ よしあき、1932年1月8日 - 1989年5月9日)は、日本の脚本家、劇作家である[4][5][6][7][8][9][10][11][12]。 初期の別名に吉田 貴彰(よしだ たかあき)がある[4][5][9][13]。 日本脚本家連盟信託者[14]。 『山ねずみロッキーチャック』、『アルプスの少女ハイジ』、『フランダースの犬』等のテレビアニメーションの脚本のメイン作家として知られる[8][12]。 34 川崎祥悦 青森市の出身 東京芸術大学へ進学 川崎 祥悦(かわさき しょうえつ、1932年(昭和7年)9月29日 - )は、日本の作曲家。 青森県出身。 東京藝術大学音楽部作曲科卒業。 多くの合唱曲を作曲している。 作曲家の川崎絵都夫は息子にあたる。 35 佐々木誠造 早稲田大学へ進学 佐々木 誠造(ささき せいぞう、1932年10月30日 - )は、日本の政治家。 前青森市長。 旧青森市長を4期(新設合併により途中失職)、新設合併した青森市長を1期務めた。 コンパクトシティ構想を推進。 36 三浦雄一郎 青森市の出身 北海道大学へ進学 三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう、1932年(昭和7年)10月12日 - )は、日本のプロスキーヤー及び登山家である。 クラーク記念国際高等学校校長、全国森林レクリエーション協会会長、札幌市手稲区親善大使。 青森市5代名誉市民。 37 猪谷千春 日本体育大学へ進学 猪谷 千春(いがや ちはる、1931年5月20日 - )は、日本のアルペンスキー選手、実業家。 38 間宮芳生 旭川市の出身 東京芸術大学へ進学 間宮 芳生(まみや みちお、1929年6月29日 - )は、日本の作曲家。 血液型 は B型。 39 成田亨 武蔵野美術大学へ進学 成田 亨(なりた とおる、1929年9月3日 - 2002年2月26日)は青森県出身のデザイナー、彫刻家。 40 竹内黎一 東京大学へ進学 竹内 黎一(たけうち れいいち、1926年8月18日 - 2015年9月5日)は、日本の政治家。 勲章は勲一等旭日大綬章。 41 坂本慶一 京都大学へ進学 坂本 慶一(さかもと けいいち、1925年5月20日 -2017年3月24日)は日本の経済学者。 京都大学名誉教授。 農業経済学を専門とし、農政問題について活発に発言した。 またフランスの初期社会主義研究でも知られる。 農学博士(京都大学、1965年)。 青森県生まれ。 42 古寺宏 青森市の出身 東北大学へ進学 古寺 宏(こでら ひろし、1925年5月 - 1989年7月26日 )は、日本の政治家。 公明党衆議院議員(2期)。 43 関晴正 五所川原市の出身 関 晴正(せき はれまさ、1923年11月26日 - 2008年10月26日)は、日本の政治家。 元日本社会党衆議院議員(4期)。 44 高木彬光 青森市の出身 京都大学へ進学 高木 彬光(たかぎ あきみつ、1920年9月25日 - 1995年9月9日)は日本の推理小説作家。 本名は高木 誠一。 津軽方言詩人・医師の高木恭造の甥に当たる。 45 竹中修一 青森市の出身 東北大学へ進学 竹中 修一(たけなか しゅういち、1918年4月20日 - 1997年7月31日)は、日本の政治家。 自由民主党衆議院議員(5期)。 青森県出身。 経世会所属であった。 46 成田友三郎 青森市の出身 専修大学へ進学 成田 友三郎(なりた ともさぶろう、1917年6月6日 - 1989年10月17日)は、青森県青森市出身のプロ野球選手、政治家。 47 小館善四郎 青森市の出身 武蔵野美術大学へ進学 小館 善四郎(こだて ぜんしろう 1914年(大正3年)11月29日 - 2003年(平成14年)10月8日)は青森県出身の洋画家。 梶井基次郎の作品「檸檬」に因んで檸檬をモチーフにした静物画が多く、「レモンの画家」と呼ばれる。 48 小野正文 北津軽郡の出身 東京帝国大学へ進学 小野 正文(おの まさふみ、1913年 大正2年 1月4日 - 2007年 平成19年 9月21日)は、日本の教育者、太宰治研究家。 青森県北津軽郡生まれ。 1938年東京帝国大学法学部卒業。 青森県で教職につく。 青森県立図書館長、1963 - 69年青森県立弘前南高等学校初代校長、青森中央短期大学教授、1982年同学長。 青森中央学院大学客員教授。 長年にわたる太宰治研究を評価され、2005年弘前大学から名誉博士号が授与された。 多くの学校の校歌を作詞した。 49 田中敏文 九州大学へ進学 田中 敏文(たなか としぶみ、1911年11月9日 - 1982年12月20日)は、日本の政治家。 北海道知事。 青森県出身。 50 中村拓道 青森市の出身 中村 拓道(なかむら たくどう、1911年(明治44年)4月 - 1974年(昭和49年)5月28日)は、日本の政治家。 青森県八戸市の12代目市長。 51 阿部なを 青森市の出身 阿部なを(あべ なを、1911年10月1日 - 1996年9月27日)は青森県青森市出身の料理研究家。 本名は阿部チヨ。 52 小野隆祥 京都大学へ進学 小野 隆祥(おの りゅうしょう、1910年 明治43年 - 1986年 昭和61年)は、日本近代文学研究者。 太宰治研究家の小野正文の兄。 53 相沢良 青森市の出身 相沢 良(あいざわ りょう、明治43年〈1910年〉5月15日 - 昭和11年〈1936年〉1月28日)は、日本の女性平和運動家、共産党活動家。 54 太宰治 1909年 - 1948年 五所川原市の出身 東京大学へ進学 太宰 治(だざい おさむ、1909年(明治42年)6月19日 - 1948年(昭和23年)6月13日)は、日本の小説家である。 本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。 自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。 没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。 その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。 主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。 55 柴田治三郎 青森市の出身 東北帝国大学へ進学 柴田 治三郎(しばた じさぶろう、1909年2月17日 - 1998年7月27日)は、日本の文学研究者、ドイツ文学者、東北大学名誉教授。 56 淡谷のり子 東京音楽大学へ進学 淡谷 のり子(あわや のりこ、1907年8月12日 - 1999年9月22日)は、青森県青森市出身の女性歌手。 57 三浦敬三 青森市の出身 北海道大学へ進学 三浦 敬三(みうら けいぞう、1904年(明治37年)2月15日 - 2006年(平成18年)1月5日)は、日本のプロスキーヤー。 58 高木恭造 青森市の出身 満州医科大学へ進学 高木 恭造(たかぎ きょうぞう、1903年10月12日 - 1987年10月23日)は、日本の方言詩人(津軽弁)、医師。 59 長谷川才次 青森市の出身 東京帝国大学へ進学 長谷川 才次(はせがわ さいじ、1903年(明治36年)10月1日 - 1978年(昭和53年)3月10日)は、時事通信社の初代代表取締役。 時事画報社、内外ニュースの創業者。 勲一等瑞宝章受章。 60 北畠八穂 青森市の出身 北畠 八穂(きたばたけ やお 1903年(明治36年)10月5日 - 1982年(昭和57年)3月18日)は青森県出身の作家、児童文学者、詩人。 本名、北畠美代。 61 菊谷栄 青森市の出身 日本大学へ進学 菊谷 栄(きくや さかえ 1902年11月26日 - 1937年11月9日)は青森県東津軽郡油川村大浜(現在の青森市)出身の画家、喜劇作家。 62 石館守三 青森市の出身 東京大学へ進学 石館 守三(いしだて もりぞう、1901年1月24日 - 1996年7月18日)は日本の薬学者、薬理学者。 日本の薬学界のパイオニア。 ハンセン病治療薬「プロミン」を合成し、多くのハンセン病患者を救った。 また、日本初のがん化学療法剤ナイトロミン(ナイトロジェンマスタードN-オキシド)を創製した。 東京大学薬学部初代学部長、名誉教授、薬学博士、元日本薬剤師会会長。 63 柳田泉 早稲田大学へ進学 柳田 泉(やなぎだ いずみ、男性、1894年(明治27年)4月27日 - 1969年(昭和44年)6月7日)は、明治文学研究者、翻訳家。 64 平野信助 平野 信助(ひらの しんすけ、1891年5月19日 - 1965年12月12日)は、将棋棋士。 贈七段。 大崎熊雄門下。 青森県出身。 65 山田幸五郎 青森市の出身 東京帝国大学へ進学 山田 幸五郎(やまだ こうごろう、1889年9月10日 - 1982年7月23日)は、日本光学界の先駆者、海軍軍人、理学博士。 最終階級は海軍技術少将。 主に幾何光学中心に、光学機械、光学兵器の開発に寄与した。 66 福士幸次郎 弘前市の出身 福士幸次郎(ふくし こうじろう、1889年11月5日 - 1946年10月11日)は、日本の詩人。 67 高橋潔 Wikipedia未登録 最高裁判所判事 68 菊池庚子三 Wikipedia未登録 大審院判事 69 槇哲夫 Wikipedia未登録 医学者、東北帝国大学医学部長、日本消化器病学会長、日本外科学会長 70 木村文男 Wikipedia未登録 衆議院議員 71 鷹山宇一 Wikipedia未登録 洋画家 72 阿部合成 Wikipedia未登録 画家 73 米内山義一郎 Wikipedia未登録 衆議院議員 74 関野凖一郎 Wikipedia未登録 版画家 75 村上輝夫 Wikipedia未登録 卓球選手、世界卓球選手権優勝 76 宮下順一郎 Wikipedia未登録 前むつ市長 77 藤田千章(統合32回・1982年) 歌手 SingLikeTalking 78 柿崎元子 昭和女子大学へ進学 柿崎 元子(かきざき もとこ)は、日本のフリーアナウンサー、メディア・トレーナー、企業研修講師。 青森県出身。 79 福士珠美 Wikipedia未登録 青森テレビ元アナウンサー 80 渋谷五郎 明治大学へ進学 渋谷五郎(しぶたに ごろう)は日本の元卓球選手。 戦型はカット主戦型。 息子は元卓球選手の渋谷浩。 明治大学卓球部監督を長年務めた。 1961年の第26回世界卓球選手権北京大会では荻村伊智朗、村上輝夫、星野展弥、木村興治と共に銀メダルを獲得した。 第12回日本卓球人賞指導者賞受賞。

次の

三沢市出身の有名人

青森 出身 有名人

女性の有名人・芸能人 秋吉 久美子(女優) 静岡県富士宮市出身。 福島県いわき市で育つ。 白羽 ゆり(女優) 元宝塚歌劇団(84期生)星組・雪組トップ娘役。 福島市出身で桜の聖母高校卒業。 伊東 美咲(女優・タレント) 所属事務所は研音、インセント。 福島県いわき市出身。 高校生(福島県立遠野高等学校中退、千代田高校に途中編入し卒業)から短大生の期間は大坂府に在住。 相楽 晴子(女優・タレント・元女性アイドル) 福島県郡山市出身。 彼女の代名詞は「スケバン刑事2」のビー玉のお京。 旧芸名:相楽ハル子。 野村 沙知代(タレント) 元プロ野球監督として知られる野村克也の妻。 福島県西郷村出身。 血液型はB型。 門倉 有希(演歌歌手) 桜庭 あつこ(女性タレントグラビアアイドル) 柳沼 淳子(元スケート選手) 女性タレント・アナウンサー。 新島 八重 幕末から昭和初期の日本女性・同志社創立者の新島襄の妻として有名な人物。 芦名 星(女優・元ファッションモデル) 福島県郡山市出身。 ホリプロ所属。 日出女子学園高校卒業。 男性の有名人・芸能人 野口 英世(細菌学者) 1876年(明治9年)11月9日-1928年(昭和3年)5月21日は、戦前の細菌学者。 黄熱病や梅毒等の研究で知られる。 加藤 茶(ドラマー・歌手・男性コメディアン・俳優) ザ・ドリフターズの一員である。 本名、加藤英文(かとうひでゆき)。 愛称は「加ト茶」、「カトちゃん」、「ヒデ坊」、「チャー坊」。 西田 敏行(俳優役者タレント・歌手・司会者) 福島県郡山市小原田出身。 【代表作】 映画「釣りバカ日誌」、「池中玄太80キロ」、「おんな太閤記」等。 猪俣 公章(作曲家・作詞家) 【代表曲】 会津坂下町出身「港町ブルース」、「おふくろさん」、「冬の旅」などを提供する。 円谷 英二(映画監督・撮影技師・発明家) 福島県須賀川市生まれの特撮監督。 ご存知ウルトラマンやゴジラの生みの親。 春日 八郎(男性歌手) 福島県河沼郡会津坂下町塔寺出身。 【代表曲】 「赤いランプの終列車」、「お富さ、」、「別れの一本杉」など。 佐藤 慶(俳優・ナレーター) 福島県会津若松市生まれ。 代表作「白い巨塔」など。 斎藤 清(日本を代表する木版画家) 福島県河沼郡会津坂下町生まれ。 独学で独自の木版画技法を確立。 浮世絵版画の技法や西洋作家の近代的造形を取り入れ、日本的感情を表現した。 市川 昭介(作曲家) 福島県郡山市出身。 郡山工業高校卒業。 昭和36年「恋しているんだもん」(島倉千代子)。 第3回日本レコード大賞・作曲奨励賞受賞。 佐藤 B作(俳優役者・CM・舞台俳優) 福島県福島市出身の俳優。 芸名は佐藤栄作から(A作に対抗してB作とした)。 妻は女優のあめくみちこ(2001年に再婚)、息子は佐藤銀平。 劇団東京ヴォードヴィルショー所属。 なすび(お笑いタレント・俳優) 本名・浜津智明(はまつともあき)。 所属事務所はワタナベエンターテインメント。 バラエティー番組『進ぬ! 有限会社角田兄弟社代表取締役。 次兄に漫画家のつのだじろう、四兄にリュート奏者のつのだたかし。 三瓶 さんぺい(お笑い芸人) 福島県安達郡本宮町(現本宮市)出身。 梅沢 富美男(俳優・歌手) 福島県福島市出身。 女形で名声。 政治家 伊東 正義(政治家) 祖父・健輔は会津藩士。 農水省・局次長より政界入り。 第2次大平正芳内閣で官房長官、さらに急死した大平にかわり臨時首相代理を務めた。 「首相の椅子を蹴った男」としても有名。 渡部 恒三(政治家) 衆議院議員。 勲一等旭日大綬章。 南会津郡出身。 早稲田大学文学部卒業。 福島県第4区総支部長、厚生大臣、自治大臣、国家公安委員長、通商産業大臣、衆議院副議長などを歴任。 民主党内では政界の黄門さまとしてご意見番。 スポーツ・女性 鈴木 博美(長距離走・マラソン選手) 1990年代に活躍した元陸上競技選手。 福島県出身。 1996年アトランタオリンピックに女子1万m代表として出場。 1997年の世界陸上選手権アテネ大会女子マラソンでは金メダルを獲得した伝説の名ランナー。 スポーツ・男性 江川 卓(野球解説者) 福島県いわき市出身の元プロ野球選手。 作新学院から甲子園に出場し、剛速球と落差のあるカーブを武器に三振の山を築き「怪物」と呼ばれた。 巨人入団後も エースとして活躍し、9年間で135勝を挙げた。 日本球界の宝である。 人によっては、日本球界で最高のストレートを投げていた投手であるとも言われてい る。 今井 正人(陸上競技選手) 福島県小高町(現・南相馬市)生まれ。 169cm、55kg。 箱根駅伝では5区山登りで、ぶっちぎりの独走を見せ、初代「山の神」と呼ばれた。 柏原 竜二(陸上競技選手) 長距離走。 福島県いわき市出身。 173cm、54kg。 愛称:「新山の神」。 日本男子陸上界のホープ。 血液型はA型。 佐藤 敦之(陸上競技選手) 福島県会津若松市出身。 中国電力陸上競技部所属の男子陸上競技(長距離種目・マラソン)選手。 ハーフマラソン日本記録保持者。 2009年8月22日世界陸上ベルリン大会の男子マラソンで2時間12分5秒で日本人最高の6位入賞。 本田 武史(プロフィギュアスケーター) 福島県郡山市出身。 プロフィギュアスケーター、フィギュアスケートコーチ、解説者。 2002年、2003年世界選手権3位。 2004年ソルトレークシティオリンピック4位。 中畑 清(元プロ野球選手) 福島県西白河郡矢吹町出身。 内野手。 愛称「ヤッターマン」、「絶好調男」。 現役時代は13年間で1294安打171本塁打、621打点。 通算打率は. 290。 平 忠彦(元オートバイ・ロードレースライダー) 福島県南相馬市(旧原町市)出身。 全日本ロードレース選手権500ccクラス3年連続チャンピオン。 1980年代に日本のエースライダーとして君臨。 映画「汚れた英雄」の草刈正雄演じる主人公・北野晶夫のレースシーンのスタントを務めた。 玉乃島(力士) 西白河郡泉崎村出身。 186cm159kg。 522勝528敗片男浪部屋所属。 円谷 幸吉(長距離走・マラソン選手) 福島県須賀川市出身。 東京オリンピックで男子マラソン3位。

次の

青森山田高等学校出身の有名人(芸能人・歌手・スポーツ選手など)

青森 出身 有名人

青森県出身者の性格 男性の性格 芯が強くて頑固。 西部(津軽)の人は特に頑固です。 西部(津軽)はでしゃばる人も多く、南部(東部)の口数が少なくて引っ込み思案な性格と比べると真逆と言えます。 西部は頑固ででしゃばりなうえ、津軽弁もきつく聞こえるため、敵を作りやすいかもしれません。 南部は口数が少なくて気難しい人と勘違いされることもありますが、中身は誠実で優しい人。 人に頼まれるとNOと言えないお人好しで、照れ屋でもあります。 また、西部も南部も根は真面目。 女性の性格 芯が強くて頑固、我慢強いです。 西部は悪く言えばでしゃばり、良く言えば世話好き。 南部は温和で照れ屋。 また、女性も男性と同様、根は真面目です。 青森県出身者の恋愛・結婚観 男性の恋愛・結婚観 シャイで消極的な男性が多く、確実にうまくいくくらいまでいかないと告白しません。 また、女性の好みは見た目より内面で判断する傾向があります。 根が真面目なので、浮気や不倫はNG。 相手がいるのを知っててアプローチしてきていることがわかると離れていくでしょう。 女性の恋愛・結婚観 青森の女性は男性に尽くします。 浮気や不倫があっても表沙汰にはせず、じっと耐えているなんてこともあるでしょう。 でも、何をされても許しているわけではなく、我慢強く耐えているだけなので、ある日突然怒りが爆発することもあるので許されていると勘違いしてはいけません。 また、西部の女性は世話好きなので母性本能をくすぐるようなちょっと頼りない男性を好きになる傾向があり、ダメンズ好きとも言えます。 南部の女性は真逆で、頼りがいのある男らしい人を好きになる傾向。 青森県出身者と都道府県別の相性 男性から見て相性が良い女性• 青森県• 岩手県• 宮城県• 石川県 男性から見て相性が悪い女性• 神奈川県• 千葉県• 福岡県• 宮崎県 女性から見て相性が良い男性• 北海道• 福島県• 東京都• 新潟県 女性から見て相性が悪い男性• 千葉県• 神奈川県• 宮崎県• 沖縄県 青森県出身者の金銭感覚 東北人らしくお金には堅実。 農業や漁業に従事している人が多く、お金は自分で生み出すものという感覚が身についています。 その代わりに、公的な資金に対する考えも緩めで、私的流用する政治家も出てきやすいでしょう。 また、大阪府民のように値切ることはありませんが、「ゆるくない」という独特な言葉で「察して安くして」と値引き交渉をすることがあります。 でも、仲間内でも値引きは認めないことが多く、本当に堅実です。 ちなみに、仕事を手伝うなどの助け合いはしますが、金銭を援助するというのはほとんどしないでしょう。 青森県出身者の仕事 男性の仕事 西部も南部も真面目な頑張り屋。 西部は頼られるとパワーを発揮し、南部は仕事内容をじっくりと教えて納得ができるとパワーを発揮します。 西部は上司になるとちょっと厄介で、理不尽に怒るタイプの上司になりやすいです。 南部は上司になっても人見知りなところがあり、人間ができている部下を評価しやすく、調子に乗っている部下はダメ。 女性の仕事 女性も西部、南部関係なく、真面目で頑張り屋。 西部はしっかり者で、南部は黙々とコツコツ仕事をこなします。 そして、西部も南部も上司になると姉御肌でリーダーシップを発揮。 青森県は女性社長の輩出率が全国1なだけはあります。 青森県出身者の好きな話題と嫌いな話題 好きな話題 温泉やお酒の話が好きです。 温泉でなくてもお風呂の話題は好きな人が多いでしょう。 そして、西部出身の人相手なら話を聞く方に回り、南部出身の人相手の場合はトークを適度にふって会話に入りやすいようにすると話が盛り上がりやすいです。 また、地元の話題である津軽出身ならりんご、弘前出身ならねぶた祭りや桜、八戸出身ならイカの話などもGood! 嫌いな話題 根が真面目なので浮気や不倫の話題はNG。 また、西部と南部で別の県といっても過言ではなく、仲も良くないので西部出身に南部の話、南部出身に西部の話はよくありません。 例えば、ねぶた祭りの話を南部の人にしても反応は悪いです。 青森出身の人と話す場合は「青森のどこ?」と先に聞いておき、西部か南部か把握しておいたほうがいいでしょう。 3万人 平均寿命(男性):77. 3歳 平均寿命(女性):85. 4歳 最低賃金:790円(全国33位) 女性社長比率:1位 リンゴ生産量:1位 リンゴ消費量:1位 イカ消費量:1位 魚介類消費量:1位 もやし消費量:1位 サンマ消費量:1位 食塩消費量:1位 人口1万人あたりの公衆浴場数:1位 年間降雪量:1位(2018年度) 男性の喫煙率:1位 ゴルフ用具普及率:47位 携帯電話普及率:47位 ミネラルウォーター消費量:47位 海外旅行者数:47位 ブロードバンド契約数:47位 外食費用:47位 参考資料の出典: など 青森県出身の有名人 男性有名人• 新井浩文• 古坂大魔王(ピコ太郎)• 松山ケンイチ• 泉谷しげる• 吉幾三• 三浦雄一郎• 舞の海• 振分親方• ELLY(三代目 J Soul Brothers)• HISASHI(GLAY) (敬称略) 女性有名人• 新山千春• 伊調馨• 三上枝織• 水谷ケイ• 細川ふみえ• 大場純子• 仲村みう• 菊池陽子• 今井陽子• 淡谷のり子 (敬称略) 青森県民あるある• 水温が低いため、プールの授業は中止• 函館までは行く人も多いが、札幌まで行く人は少ない• メン子ちゃんゼリーやイギリストーストが無性に食べたくなるときがある• 源タレには飽きている• にゃんごすたーのドラムテクがやばい• 方言しゃべってみてと言われても1人じゃ無理• アップルストアがあちこちにある(リンゴの無人販売)• リンゴは買うものというよりもらうもの• 茶碗蒸しは甘くて栗の甘露煮入り• 「今日あのドラマ入らないよ」.

次の