男性 性的欲求。 性欲

性欲

男性 性的欲求

男性性と女性性とは 男性性と女性性とは、肉体的な性別とは別に、 心理的・精神的な部分における「男性らしさ」や「女性らしさ」のことを指します。 一般的には、男性のほうが男性性が強く、女性は女性性が強いとされていますが、どちらもひとりの人間の中に存在しており、 男女問わず誰しもが持っている感情です。 男性性に分類されるのは、論理性や、リーダーシップ、攻撃性、積極性、決断力などが一般的です。 逆に女性性とされるのは、感情、やさしさ、包容力、柔軟性、共感性などです。 男性性と女性性のチェックや診断方法 男性性は思考や行動力と密着しており、能動的で論理的、そして社会的成長を求めます。 一方で女性性は感情や直観力というものに優れており、社会的な貢献のために行動することができる点に違いがあります。 男性性と女性性のバランスが取れると、考えすぎて行動できなかったり、感情的にふるまったりすることはなくなります。 インターネット上では、自分が男性性と女性性のどちらかをチェックすることができます。 いくつかのチェック項目で、自分が男性性が強いか女性性が強いかがわかります。 チェック項目としては「流行に刺激されやすい」「他人をつい批評してしまう」などといった項目があげられます。 しかし、あくまでも「傾向」がチェックできるだけなので、診断結果を鵜呑みにしたり、決めつけることは止めましょう。 人間の性格は時と場合によって、変化することがあります。 それは男性性と女性性についても同じです。 普段は男性性の強い男性であっても、目の前に捨てられた子猫がいれば、保護してあげるようなやさしさ(=女性性)を発揮する場合もあります。 逆に、ビジネスの世界では男性性を発揮してバリバリのキャリアウーマンと言われる女性が、家に帰ればやさしいお母さんとして、子供の面倒をみるといったこともあります。 初めて当サイトに訪れた方へ 男性性と女性性のバランスとは 身体上の性別に関係なく、人間だれしも男性性と女性性を持っていて、その二つの性質がバランス良く配置されています。 しかしながら 一般的に、男性のほうが男性性が強いという結果が見られます。 女性性についてはその逆で、女性は女性性が強いです。 男性性70パーセント、女性性30パーセントの比率である男性が多く、そのような男性は論理的でかつ成長志向が強いです。 しかしながら一方で、女性に比べて人としての温かみにかけているといった欠点もあります。 女性であっても男性性が強い人もいます。 そのような人はしばしば、おてんば娘などと称されたりします。 女性性が強い男性は、気分屋などと言われたりすることが多いでしょう。 男性性と女性性のどちらが優れているのか、ということではなく自分の特性を知るうえで診断してみるのも面白いことです。 男性性と女性性がバランスをとりながら私たちの行動を日々つかさどっているのです。 男性性と女性性の統合方法とは 男性性、女性性は誰しもが持っているものであり、 女性に男性性が強く表れても、またその逆であっても、何かしら異常があるものではありません。 しかしながら「女性なのに、なぜ男っぽいのだろう」「男性なのに、なぜ上昇志向がないのだろう」と、自分の身体的な性別と違う性が優位に立った人が悩んでしまうこともあるでしょう。 しかし、男性性と女性性は統合できますので、ひどく悩む必要はありません。 自分の性格で悩んでいる人はもちろんのこと、パートナーである男性や女性とうまくいきたいと考えている人は、この男性性と女性性の統合について知っておくとよいでしょう。 男性性が強い人は、自分の感情に向けて理解をしてみることや時には直感に従って行動し、自分の感情や周りの感情に目を向けてみましょう。 芸術に親しむのもよいでしょう。 一方で女性性が強い人は、だれかに依存してしまうことがありますので、小さなことからリーダーシップを発揮するなど、自分で何かを計画遂行することにより男性性を育むことができます。 まとめ|男性性と女性性はスピリチュアル 人間には、感情によって動かされることの多い女性性と、論理的で行動力のある男性性があり、それらがバランスよく配合されています。 どちらが優れているということはありません。 男性性と女性性はとてもスピリチュアルなものであり、どんな人であっても尊重すべき素晴らしい特質です。 そのなかで男性性と女性性は統合可能であり、行動や思考を少し工夫するだけでその統合が可能です。 自分自身の男性性や女性性を知ることで、より自己受容を進めることができます。 この用語を調べた人は、下記の用語も調べています•

次の

欲求不満の男性向け!性欲を解消する5つのテクニックをまとめて伝授

男性 性的欲求

【スポンサードリンク】 霊感に作用されやすい ツインレイではない普通のカップルは、一緒に居る時に性的な欲求を示すものです。 ところが、ツインレイカップルの場合は違います。 ツインレイカップルは、出会ったのちに性エネルギー交流を経験すると、途端に両者の霊的能力が強くなると言われています。 そうすると、電話やメールをしなくても、テレパシー的な霊力で相手に性的欲求を伝えるようになると言います。 例えば二人が一緒にいない時に、男性のツインレイが女性のツインレイのことを考え、性的な欲求をメッセージとして伝えると、すぐに女性側に男性の欲求が伝わるのだそうです。 女性側も、ツインレイの男性の欲求を理解すると男性側の性的欲求を受け入れたくなり、メッセージを波動にのせて返信するそうです。 加えて、ツインレイの女性に男性側が性エネルギーを波動にのせて女性に送ると、女性の腰が自然に動くことがあるそうです。 満月の夜に行われる性エネルギー交流は特別 一般的に、満月の夜は何かしらの興奮と高揚感が起こりやすいと言われています。 そのためか、満月の夜はドライバーが交通事故に遭う件数が増えるというデータがあると言われています。 ツインレイのカップルも例外ではなく、満月の夜にツインレイの相手を思うと、より官能的な気持ちになると言います。 そして、濃密な性エネルギー交流をしたい気持ちが起こると言われています。 通常はツインレイの男性側からの性的欲求のメッセージが女性側に伝えられるものですが、こと満月の夜だけは別のようです。 もちろん男性側からも求めますが、女性側から積極的に強い性エネルギー交流を求める傾向があるようです。 その場合、いつもは男性側の性エネルギーが女性の腰を自然に動かすものですが、この時ばかりは女性側のリアクションエネルギーが、より男性の腰を動かすことになるそうです。 満月の夜に二人が一緒に居られる場合は、直接的な愛の交流を行うので、快楽の度合いが相当強いものになるようです。 とは言え、ツインレイ同士の脳裏に浮かぶ相手のビジョンは、直接的な愛の交流よりもビビッドで、激しく官能的な描写になっていると言われています。 男性はビジョンで興奮を得られやすいことから、遠隔での性エネルギー交流でも快楽が得られやすいと言われています。 【スポンサードリンク】 嫉妬の気持ちが増大する 付き合う前の段階のツインレイカップルが、魅力的な相手が異性にモテる様子を見て、嫉妬することはよくあるようです。 また、自信のないツインレイの男性が、女神のようなツインレイの女性の英知や振る舞いに嫉妬心を持つこともあると言われています。 ところが、性エネルギー交流を経験したツインレイカップルは、互いの信頼感が増したことで、あまり嫉妬心が芽生えなくなるようです。 ただし、例外はあるようです。 性的欲求を満たしたいツインレイの男性が、ツインレイの女性の過去のパートナーに嫉妬をすることがあると言うのです。 それも、やはり満月の夜など、性エネルギー交流が濃密になる時に、起こりやすい感情だと言われています。 また、ツインレイのカップルとして付き合いだして間もない時であれば、既述のように、女性側の子宮のデトックスが完璧ではありません。 その際に、男性側にツインレイの女性の子宮内に残る過去の男性の記憶を、自分色に塗り変えたくなる気持ちが強く募ると言います。 双方か片方が既婚者の場合の嫉妬心 お互いがシングルであれば問題が無いのですが、もしも双方か片方が既婚者であれば、嫉妬心が無くなることはないようです。 一つの魂から二つに割れた運命の相手であっても、現世で伴侶がいれば、相手は誰かのものです。 仮にツインレイの女性が既婚者で、ツインレイの男性に出会う前に伴侶の子供を産み落としていれば、女性の子宮内のデトックスは簡単にはいかないようです。 子供を出産したことがある子宮の細胞内の記憶は、早々簡単に消し去ることが出来ないと言われています。 その上、女性が既婚者であれば、女性の伴侶と関係があることが多いので、簡単に子宮内の記憶を消すことは出来ません。 ツインレイの男性は、性エネルギー交流を通じて、ツインレイの女性の子宮が自分のモノだけになっていないという感覚を持つようです。 そして、相手の過去や子供や現在の伴侶に対して嫉妬心を持つそうです。 同様に、男性が既婚者である場合も同じことが言えます。 女性側はツインレイの男性の女性に完璧にはなれないことに気が滅入ることもあるそうです。 そして、ツインレイの女性の子宮に呼応する男性の第2チャクラが、自分のためだけに存在してもらえないことを悲しみ、時には男性の伴侶に強い嫉妬心を持つと言われています。

次の

欲求不満の男性向け!性欲を解消する5つのテクニックをまとめて伝授

男性 性的欲求

概要 [ ] 一般にを迎えを獲得したとき「性の目覚め」が起きるとされる。 異性のアイドルに対する関心などは、それ以前から抱くこともある。 性欲の高まる時期や強さは、個人差や性差が大きい。 多くの伝統的なで、性欲は慎むべきもの、忌避すべきもの、警戒すべきもの、とされてきた()。 的研究によって、性欲には男女 で異なったピークの時期があることが明らかになっている。 () 人間の性欲は、個人によって多様性を持ち、そのため一口に性欲といっても人によって様々な形がある。 また、「動物でなど生殖に結びつかない性行動もある」という。 キリスト教 [ ] 不適切な性欲をとする宗教は多い。 では「の禁止を戒のひとつに数える」ため、および・もこれにならう。 ローマ教皇、ヨハネ・パウロ2世は「性欲は男女の永遠の魅力を、欲望の満足のために減少させてしまう」と述べている。 のは、実際に性交に及ぶ姦淫のみならず、行為や外面に現わさない内心における姦淫も罪であると強調した。 ただし必ずしも性欲自体を全面否定するものではなく、たとえばでの一つとする色欲は、婚姻関係の外にあるものや、生殖から切り離されそれ自体の快楽を追求するもののことであると説明される。 性欲もまた神の創造の一部とされ、適切な充足は罪とはされないことが一般的である。 のひとつであるではこの点が逆転し、生殖は人間を創造したの意図として忌まれ、生殖を目的としない性欲の方が罪が少ないとされた。 仏教 [ ] ではの一つとされ、不邪淫戒というも存在する。 ただし不邪淫戒は、妻以外の女性と性交渉をしてはならない、という戒である。 の従弟であるが、出家後でも妻に惹かれてなかなか悟りを開けなかったエピソードなどがある。 はその出現以前の仏教をとして低く見るが、密教での性欲の捉え方も従来仏教と大きく異なる。 密教経典のには、「男女の欲望や交合(性交)の妙なる恍惚、また欲望などもすべて清浄なる菩薩の境地である」などと説かれる。 ただし、修行と無関係なが容認されることも多い顕教が以外についてはあまり厳しくなかったのに対し、密教ではむしろ性についての厳格さが求められ、を非常に恐れるような面もあった。 主流などによる解釈では、理趣経における言及の概念を「自性清浄」といい、本来人間は汚れた存在ではなく、欲望は人間として自然なものである、といったという思想を表すものであり、修行者に性交を勧めるような意味ではないとされる。 一方で、 などは「直接的に性交を取り入れる」などしたが、聖俗からの排撃も強く、性的概念を抽象概念とみなした教派が残り、この集団は消滅している。 密教以外の仏教では、に興ったが同様に「性交を儀式に取り入れていた」が、これも弾圧され途絶している。 なお焚書が行われた歴史があるため、弾圧側の文書に依拠するが、それらの記述には誇張があるのではないかとする見方もある。 ではの夢告に基づき僧の妻帯が認められるが、性欲は許されるにせよあくまでとされ、肯定的な意義は与えられていない。 精神分析学における性的欲求 [ ] 19世紀末から20世紀初頭に が創始したでは「」(ラテン語) libido が「性的衝動を発動させる力」とする解釈を、当時心理学で使用されていた用語リビドーにあてた。 フロイトは性欲が空腹や権力への意志に類似していると分析している。 同派の性欲の研究について言えば、によるのが著名である。 フロイトは未発達のにも性欲があると考え、、、(エディプス期)、という段階に分類した。 こうした性行動をともなわない性欲を充足させるか否かが後の人格形成に大きく関わると考えたフロイトは、こうした性欲の()をの原因と想定した。 またそうした性欲を根源的な性欲と名付けた。 フロイトはこうして、人格形成を性欲に起因する欲求で説明しようと考えた。 これをと呼ぶが、近年では多くの批判を受け、妥当性に欠けるとされている。 の考え方を前提とした場合、性欲そのものは非常に単純であり根源的な欲求である。 ただしその性衝動をどう充足するかによって、は個々に変化する、と考える。 フロイト的な解釈によれば、口唇期の欲求不満が固着した場合は、悲劇的で不信感に満ち、皮肉屋なパーソナリティが形成される可能性があるという、いささか「非科学的な結論」になってしまう。 一般に性的欲求が強まるのは、以降と言われるが、個人差が大きい。 は年齢を問わずにおこり、発現の仕方も多様である。 「」も参照 状況によっては、への欲求や所有欲、欲といった別の欲求に置き換わる場合もある。 (性的な欲求を一生自覚せずに過ごす)もまれに存在する。 生物学的・医学的な説明 [ ] 男性の場合 [ ] 一般論として言えば、の性欲はがをつくるリズムと連動している。 睾丸で分泌されるに左右される。 (そのため、を行うと性欲は低下する)。 『ボディ・リズム』の著者リン・ランバーグの指摘によると、男性の性欲は年周期で変化しており、にもっとも多くがつくられ性欲もピークを迎える。 複数の研究者ら の研究でもやの回数が多いのも10月だといい、結果、女性のも増えるという。 逆にテストステロンの分泌が減るのは3月である。 男性の性欲と年齢の関係について言えば、がもっとも性欲が強いと言われ(より具体的には精子製造では15歳前後。 テストステロンの分泌量では19歳がピークだとされ )、ピーク以降年齢とともに漸減する。 女性の場合 [ ] する女性(画。 1913年) 一般論として言えば、の性欲は期間(卵抱期)を頂点として高まり、の周期で変化していると言われている。 つまり 月経が順調な女性であれば 1ヶ月前後周期で増減を繰り返している。 女性の性欲の年齢的な面について言えば、35歳ころにピークを迎え45歳ごろまで10年間ほど続くという。 というのは、性欲を覚えさせるテストステロンのピークがその時期なのだという。 これには異説もあり、閉経時期(50歳前後)には、女性ホルモンが一気に減り、テストステロン量が相対的に多くなるので、更年期に、性欲が増す人もいる。 男女のギャップ [ ] 上記の通り、性欲のピークの時期は男性と女性の間で、15年から20年もずれている。 それが原因となり、セックスレスとなることもある。 脚注 [ ]• 女性の場合、35歳から45歳が性欲のピークとされている• Bruce Bagemihl, Biological Exuberance: Animal Homosexuality and Natural Diversity, St. Martin's Press, 1999;• Pope John Paul II, Mutual Attraction Differs from Lust. L'Osservatore Romano, weekly edition in English, 22 September 1980, p. Available at• 、『チベット密教』ちくま新書(2000年)p. 152• 立川派と混同されることがあるが、別な宗派である• フロイト(1856-1939)は精神分析をおこなった学者• 岩切正介 フロイトとヘルバルト。 とくにリントナー編『経験的心理学教本』について Die Beziehung zwischen Freud und Herbart: Lindners Lehrbuch von Psychologie• Malabou, Catherine 2012. The New Wounded: From Neurosis to Brain Damage. New York: Fordham University Press. 103. のとのミシェル・ラゴギー• 男女の性欲と年齢について 関連項目 [ ]• 大島清『脳と性欲 快楽する脳の生理と病理』、1989年4月、• 『HOW TO SEX』• 謝国権『性生活の知恵』• 『』Kinsey Report• ファンデ・フェルデ(ヴァンデ・ヴェルデ)『完全なる結婚』• 佐藤晴夫『異常性欲:人間だけが変態である』ベストセラーズ、1994• 『毒婦の誕生 悪い女と性欲の由来』、2002年2月、• ホーキング青山『UNIVERSAL SEX : 性欲にももない』海拓舎, 2002、• 河添恵子『セクシャルトリープ 性欲動-30歳の女たち』恒友出版、1994年3月、• 大島清『性欲 日本人はなぜこんなにになったのか』、1997年8月、• ウィリー・パジーニ Willy Pasini 『ありすぎる性欲、なさすぎる性欲』、2002年4月、• キム・ミョンガン『の哲学 ヒトの性欲とのしくみを探る』、2005年8月、• 『業カタログ:性欲あるところにあり』データハウス、2005、• (編集)、永井良和、、、唐権、、川井ゆう、西村大志、露木玲(共著)『性欲の 1』(選書メチエ)、2008年10月、• 井上章一(編集)、梅川純代、申昌浩、劉建輝、原田信男、、、松田さおり(共著)『性欲の文化史 2』(講談社選書メチエ)、2008年11月、•

次の