損保 ジャパン ドラレコ。 解説|損保ジャパン|ドラレコ特約「DRIVING!」

【4社比較】自動車保険のドライブレコーダー特約(ドラレコ特約)|比較・おすすめ・割引

損保 ジャパン ドラレコ

事故時の報告・対応をより迅速、的確に。 万が一の事故発生時には、衝撃の検知や位置情報を手動・自動で転送。 事故発生から対応までの時間を短縮するとともに、正確な事故状況の把握が可能となります。 事故サポートセンターとの連携でスピーディーな事故対応 事故相当の衝撃を検知 (注1)した際は、損保ジャパン事故サポートセンターから迅速に管理者へ安否確認の連絡を行います。 管理者のご要望に応じてドライバーに直接連絡し、自動車保険の事故受付を行います。 (注1)車どうしの衝突事故相当の強い衝撃を検知した場合に自動通報が行われます。 強い衝撃が発生しないような事故の場合は「緊急ボタン」を利用した手動通報が可能です。 動画アップロード SDカードには動画も記録され、事故相手との過失認識の差異を解消するための客観情報などに、任意にご活用いただけます。 動画はサーバーにアップロードして保管できるので、社内や損保ジャパンの保険金サービス課と共有することができます。 万が一の事故時に損保ジャパンへ共有いただくことで、事故対応がスムーズになります。 また、社内でも共有いただくことで、日常の事故防止活動にもご活用いただけます。 ドライバーさま個人の識別は、専用SDカードによって行います。 車両の数よりも多くのドライバーさまについて走行データをフィードバックする場合、専用SDカードの追加利用が必要となります。 (注1)ドライブレコーダーには1名分の専用SDカードが付属しています。 ドライブレコーダーと専用SDカードは貸与品になります。 (注2)料金にはドライブレコーダーなど損保ジャパンが提供する機器の利用料、データセンターの通信費、その他サービス運営費が含まれます。 ただし、ドライバーの皆さまがお持ちの携帯電話のパケット通信料や、PC回線の通信費は含まれません。 (注3)12か月の最低利用期間を設定しております(最低利用期間内に解約された場合は、所定の違約金が発生します。 (注4)本サービスの導入には一定の条件があります。 詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。 保険料の削減効果も期待できます。 さらに、事故が少なければ優良割引率が上がる「フリート契約」によって保険料の削減にも効果を発揮します。 割引適用にあたっては、損保ジャパンが定める一定の条件がありますので、詳細につきましては損保ジャパン営業店または取扱代理店までご照会ください。

次の

【速報】2018年1月改定の自動車保険『ドラレコ特約』が凄いです!

損保 ジャパン ドラレコ

「THE クルマの保険」は、損保ジャパンが販売する自動車保険です。 インターネットや通信販売では加入できない「代理店型」と呼ばれる保険のため、保険料はやや高めです。 「対人賠償」「対物賠償」「人身傷害」「車両保険」を基本としており、一般的に必要な補償としては十分な内容でしょう。 脇を固める特約も過不足ないどころか、車両保険にいたっては十分すぎるほどの印象です。 事故対応や故障対応にも強みがあり、相手方が日本語を話せない場合の通訳対応も可能としています。 しかしながら、事故にはさまざまなケースがありますから、内容によっては厳しめの評価もあるでしょう。 いざというとき頼りになる自動車保険なのか? 率直な声が気になります。 ここには、実際に契約した人のリアルな声が投稿されていますので、加入前の参考にしてください。 本当に最低最悪な保険会社。 貰い事故をした時の対応が本当に最低でした。 優先道路を走る自分の車に、前方左の脇道からこちらを確認する事なく出てきた車がそのまま衝突。 こちらは気付いていた為、急ブレーキとクラクションを鳴らしたお陰で幸い酷い事故にはなりませんでした。 優先道路を走っていたとは言え、こちらも走行中だったので簡単に責任割合を10:0に出来るとは思っていませんでしたが、その時の対応が本当に最悪。 こちら側の保険会社なのにも関わらず、相手側と最初から争う気ゼロ。 むしろこちらに過失がある様な言い回しをしてきて、納得がいかないと伝えると最終的には逆ギレの様な対応。 自社の顧客よりも保険会社同士との関係を大事にしている様です。 この事故対応で他社への切り替えを決意。 契約満期を機に他社と契約をしたことを代理店に伝えると、損保ジャパンの方から契約更新しないと言われたと伝えられました。 この会社は顧客を守ることには興味がなく、それについて少しでもクレームをつけてくる顧客は契約を切る最低最悪の会社です。 絶対にこの保険会社には入らないでください。 万が一の事故の時に本当に後悔することになります。 事故後の対応は、顧客のためではなく同業社同士のためであると、これまでの投稿からも疑いなく断言できる。 2020年の事案。 当方 バイク 相手方乗用車 当方直進、相手方右折から侵入、接触。 時間帯右折禁止の道路。 過失割合95:5(当方5) バイクは全損。 相手方は全労災、当方は損保ジャパンの栃木。 一笑に付されて構いませんが、相手方の運転手の真摯な態度に感じ入る所あって、流血する怪我ではなかったため、何とか物損事故で収めてあげたい気持ちになり、その方向で進める気持ちで保険会社の対応を待った。 両会社の対応の悪さは、近々の評判を見ても周知の通りだが、 相手方全労災は事故後2か月以上を経てようやく車両保証額を提示。 (保険会社の常套手段通りの展開)修理見積から90万以上安い額で、到底承服できる額面ではない。 こちら損保ジャパンの動きは、中古車市場を確認し、算定したところ全労災の出した額面とピッタリ1円も違わない額で、それで承服するようにと促すような文言で攻めてきた。 修理見積額に遠く及ばないため、全労災と交渉を開始する、とでもあれば頼もしいのだが、一発目で相手方保険会社と足並みが揃ったあたり、保険会社同士のズブズブの悪質な関係が透けて見えた。 知己の自動車修理会社が何社かあるが、異口同音に損保ジャパン宇都宮、全労災の質の悪さはどこもが認めており、当事者になって初めて加入を後悔している。 自分の事ゆえ、加入してしまった事に責任は持てるが、今後誰かに問われたら、口を極めて他社を勧める。 しかし、2020年に入ってこの方、かようなまでに悪評が立つにも関わらず、信頼回復のための行動が起こせないのだろうか。 先々月、 山道で道路の舗装作業について業者の不手際による自損事故を起こしました。 山の中という事もあり、 電話が通じるか不安だったが電話については直ぐに繋がった。 初めての事故で自損なので対応がどうかと思ったら対応については優しめ。 優しめとは親切・丁寧ではなく、ただ単に言葉が優しいだけ。 レッカーを手配してもらい、 しかし、 車を修理業者まで運んでもらうのに業者に自分から今日対応が出来るかを聞き、そして移動についても自分で手配して下さい。 との事だった。 山道はだいたいが電波が繋がらず、電話は繋がってもまず業者を調べようにも検索が出来ず。 担当者の方に、 山の中で電波が通じない。 検索できない。 と伝えると修理業者を調べ、電話番号を教えてくれたのだが、移動手段についてはタクシーは自分で呼んで下さい。 と再度言われました。 電波が通じないと伝えたのだが?と思い、再度電話出来ない事を言うと、そこから少し渋られました。 最終手的には私1人だけという事もあり レッカー車に乗せて頂けたんですけど、 保険屋さんの方でタクシー会社の電話番号を教えて頂けたら良かったと思います。 電話対応だけで1時間以上かかり、もっとスムーズに出来たのではと思いました。 損保ジャパンさんは初めて利用させて頂いたので、他保険会社さんと比べるとあきらかに対応が弱いですね。 私個人の事にはなりますが、 入籍し、苗字が代わったのでこれを機に保険会社さんの方も変えさせていただきます。 昨年の6月18日に車ごと36メートルも飛ばされるひき逃げ事故にあってしまい、犯人も逮捕され、加害者車両の保険会社>損保ジャパンの対応が最悪で、被害車両や治療費も払わないような事を言っている、損保ジャパン側の弁護士のおかしい言い分に、逮捕した警察、拘留した検察庁も驚いていました。 全くこちらに過失がない事故に過失を押し付ける弁護士、治療費が払ってもらえずケガで収入が無く3ヶ月ほども病院に行けない時もありました。 悪質な損保ジャパンと 保険不払いで紛争中 相手 損保ジャパン側の ひき逃げ事故ですから、こちらに過失の押し付けは不可能でしょう。 悪質な会社、損保ジャパン 訴えて、消費者庁の行政処分を又してもらいたい、 ケガを負わせて治療費代の支払い不払いは、ほぼ犯罪です このような悪質保険、損保ジャパンです。 まずは自分のお客様が損保ジャパンで相手が無保険の時にあっさり回収は無理ですね〜で泣き寝入り。 特約の問題もあるかもしれんが頼りになるとは言い難い。 相手が損保ジャパンの時は、まず10中8. 9値切ってくる。 多数店舗のある会社だったが、他の店舗は安くしてくれましたよ!って言うからそれ大問題ですが何処の店舗?って聞くと黙る。 毎回損保ジャパンは値切ってくるので、最終的には損保ジャパンが値切ってきたらお客様に直接修理代まけてくれって交渉してくれと黙らせるようにしてた。 怪我が伴う場合警察に処罰を望むかどうか被害者には聞かれるし、それこそ人身事故扱いにするかどうかも事故相手の対応次第で感情が変わる部分で、不要な請求は絶対にダメだけど値切ることは契約者にメリットは全く無い。 損保ジャパンのアジャスターが揃いも揃って値切ってくるのは、会社から指示があるとしか考えられないので、料金は詳しく分かりませんが、事故の被害者にも加害者にもならないなら良いけど、いざという時に選びたいかと言えば私なら絶対選ばない。 「対人賠償」「対物賠償」「人身傷害」「車両保険」の4つの基本補償のほか、充実した特約が評判の損保ジャパン。 無料で提供しているアプリは、カーナビ機能や事故時に慌てずワンタッチで事故連絡ができる機能などがあり、テレマティクスサービスにも力を入れています。 ユーザーの声からは「大手で安心」「説明が丁寧で親切だった」と安心と信頼度が高く評価されていました。 損保ジャパンの自動車保険は、補償内容やサポート面で充実しているせいもあり、保険料は少し高めとなっています。 自動車保険は保険会社によって保険料の差が大きい保険です。 まったく同じ条件でも5万円以上もの差が出ることも。 また、保険会社によって事故対応やロードサービスに違いがありますから、保険料と合わせて比較検討するためにも、複数見積もりは必須です。 安い保険会社を見つけるには、一括見積もりサイトを使うことをおすすめします。 自動車保険の見積もりは、車種・年式から利用条件まで、入力する項目が多いので、一括でやるのが効率的です。

次の

ドライブレコーダーを活用する自動車保険を比較!各社の事故対応の仕組みや割引の有無も

損保 ジャパン ドラレコ

衝撃検知前後録画 各10秒以内設定可• 前方車両近接アラート• 前方車両発進お知らせ• 衝撃検知レベル設定可 0. 1〜1. 緊急連絡先自動表示• 交通標語通知• 車種に応じたカメラ高さ調節• カメラ方向調節 このなかで特に期待している機能は前方車両発進お知らせですね。 よく信号待ちで目をつぶって休みたいときってありますから。 前のクルマが走ったら知らせてくれればそれだけで十分という気がします。 こういうアプリって充電しながら使いたいと思いますが、デフォルト表示で使おうとすると充電ケーブルは右から刺さなければならないため微妙に使い勝手が悪い気もします。 ただiPhoneの場合カメラの位置が右上にあるのでこれを左に90度回転するとそのまま上に来るので仕方ないかなとも思います。 このクルマだとここの位置でもダッシュボードの一部が下に写ってしまいます。 でもこれ以上前に置くと操作が全然できなくなってしまうので限界です。 先日2個スマホホルダーを設置しましたという記事を載せましたが、1個はこのアプリsafety sightで1個はGoogle Maps用です。 といってもまだ2個は持っていません。 iPhone5あるいは5Sを買ったら両方でそのような使い方をしようと思っています。 脇見運転を防止するためだそうです。 そりゃそうですね。 このアプリ見ていて脇見運転で事故ったら元も子もありません。 さらに安全運転でポイント Safetyマイル を貯めることができてたくさん貯めると何かもらえるみたいです。 さらにGPSとも連動していて走ったら道とその経路でどこで安全運転だったか、どこで危険な運転だったかなど細かく記録を見られます。 これもかなり優れたものだと思います。 安全運転への啓発になるといいです。 安全運転状況に応じてマイルが貯まるというサービスもあるらしい。 ざっくり感想 少し走ってみましたが、前方のクルマ検知と発進通知は体験できませんでした。 設置位置がまだ悪いのかもしれません。 あと最後に紹介した安全運転の啓発機能は良いと思いますが、つい穿った見方をしてしまします。 つまり、このアプリを利用して安全運転するようになって事故が減っても保険料は下がらないだろうということですw まあ事故を起こさないのがベストではあるんですが、それに伴って保険料も下がってほしいと思うのは自分だけではないはず。 ドライバー人口が減って保険料収入は減少しているはずです。 それを補うため究極的には損保会社は利益を守るためにこういうアプリを配布するのだと思います。 それはそれでビジネスですから悪いとはいいません。

次の