パッチ アダムス 映画。 パッチ・アダムス の レビュー・評価・クチコミ・感想

パッチ・アダムス の レビュー・評価・クチコミ・感想

パッチ アダムス 映画

画像引用元: パッチ・アダムスとは、本名「ハンター・キャンベル・アダムス」というアメリカの医師で、映画「パッチ・アダムス トゥルー・ストーリ」のモデルとなった人物です。 入院中の患者さんや子どもたちの心を、遊びやコミュニケーションを通じてケアする活動、ホスピタルクラウン、クリニクラウン(日本語では臨床道化師と呼ばれている)活動の先駆者です。 現在も世界中で活動しており、講演活動も行なっています。 日本にも講演のために来日しています。 ホスピタルクラウンを始めたきっかけ 16歳のときに父親や親愛していた伯父との死の別れ、学校でのいじめや社会問題に絶望し、自殺未遂を繰り返し、精神病院に入院することになります。 入院中に出会った友人を通して、「笑い」が人の心と体の病を癒やすことに気づき医師になることを決意します。 退院後、医学について学び1977年に医学学士号を取得します。 1年間の小児科研修を経て、「愛とユーモアを根底に、人に優しい医療」という自分の目指す医療を無料で行う病院「ゲズントハイト・インスティテュート」を設立しました。 そこで「愛とユーモア、医師と患者との友情」を取り入れた診療を行い、のべ15万人以上にも及ぶ患者のケアにあたりました。 ひとをケアする理由はただひとつ。 人間を愛しているからです。 ケアは愛を動詞化する。 ケアは概念ではなく、行動です。 ひとを思いやるという人生を送ることによって、あなたは自分のなかで一番深い平和と安らぎを得る。 例えば、米国がアフガンに爆弾を落とし始めたとき、私はアフガンの人々を愛したいと思い、即座に現地に飛んだ。 平和のためにクリエイティブになる。 例えば、死の床でアメイジング・グレイスを歌う。 情熱を持ち、不可能だと思っていた夢を見る。 ひとをケアすることは、科学的見地からしても、あなたのためにいいことがある。 日本に講演のため来日した際に、パッチ・アダムス本人が「7つの信条」について述べています。 その中でも1番目の信条「ひとをケアする理由はただひとつ。 人間を愛しているからです」という言葉に、彼の活動の根底にあるものを見ることができます。 人への「愛」です。 7つの信条の中にも示されていますが、「愛」という感情は人を行動へと促し、思いやりや親切を示すことに繋がります。 愛を根底に行動するとき、人は平和や安らぎを得、自分自身にも良い効果があるのです。 まとめ ホスピタルクラウンの始祖「パッチ・アダムス」について取り上げました。 自身の経験から笑いの効果を治癒に生かそうと考え始めた活動が、今や世界中に広がっています。 強い薬は副作用が心配されますが「笑い」は副作用のない薬で、だれでも手に入れることができます。 その「薬」に目を留めたパッチ・アダムス。 彼をモデルにした映画も是非ご覧ください。

次の

絶望には映画『パッチ・アダムス』が効く?その理由について紹介!

パッチ アダムス 映画

画像引用元: パッチ・アダムスとは、本名「ハンター・キャンベル・アダムス」というアメリカの医師で、映画「パッチ・アダムス トゥルー・ストーリ」のモデルとなった人物です。 入院中の患者さんや子どもたちの心を、遊びやコミュニケーションを通じてケアする活動、ホスピタルクラウン、クリニクラウン(日本語では臨床道化師と呼ばれている)活動の先駆者です。 現在も世界中で活動しており、講演活動も行なっています。 日本にも講演のために来日しています。 ホスピタルクラウンを始めたきっかけ 16歳のときに父親や親愛していた伯父との死の別れ、学校でのいじめや社会問題に絶望し、自殺未遂を繰り返し、精神病院に入院することになります。 入院中に出会った友人を通して、「笑い」が人の心と体の病を癒やすことに気づき医師になることを決意します。 退院後、医学について学び1977年に医学学士号を取得します。 1年間の小児科研修を経て、「愛とユーモアを根底に、人に優しい医療」という自分の目指す医療を無料で行う病院「ゲズントハイト・インスティテュート」を設立しました。 そこで「愛とユーモア、医師と患者との友情」を取り入れた診療を行い、のべ15万人以上にも及ぶ患者のケアにあたりました。 ひとをケアする理由はただひとつ。 人間を愛しているからです。 ケアは愛を動詞化する。 ケアは概念ではなく、行動です。 ひとを思いやるという人生を送ることによって、あなたは自分のなかで一番深い平和と安らぎを得る。 例えば、米国がアフガンに爆弾を落とし始めたとき、私はアフガンの人々を愛したいと思い、即座に現地に飛んだ。 平和のためにクリエイティブになる。 例えば、死の床でアメイジング・グレイスを歌う。 情熱を持ち、不可能だと思っていた夢を見る。 ひとをケアすることは、科学的見地からしても、あなたのためにいいことがある。 日本に講演のため来日した際に、パッチ・アダムス本人が「7つの信条」について述べています。 その中でも1番目の信条「ひとをケアする理由はただひとつ。 人間を愛しているからです」という言葉に、彼の活動の根底にあるものを見ることができます。 人への「愛」です。 7つの信条の中にも示されていますが、「愛」という感情は人を行動へと促し、思いやりや親切を示すことに繋がります。 愛を根底に行動するとき、人は平和や安らぎを得、自分自身にも良い効果があるのです。 まとめ ホスピタルクラウンの始祖「パッチ・アダムス」について取り上げました。 自身の経験から笑いの効果を治癒に生かそうと考え始めた活動が、今や世界中に広がっています。 強い薬は副作用が心配されますが「笑い」は副作用のない薬で、だれでも手に入れることができます。 その「薬」に目を留めたパッチ・アダムス。 彼をモデルにした映画も是非ご覧ください。

次の

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー : 作品情報

パッチ アダムス 映画

ジョークを連発するユニークな療法で人々の心と体を癒す実在の精神科医パッチ・アダムスの若き日を描いたヒューマン・ドラマ。 監督は「ライアーライアー」のトム・シャドウイック。 製作総指揮はシャドウィック、「ミセス・ダウト」のマーシャ・ガーデス・ウィリアムス。 製作は「ニッキーとジーノ」のとマービン・ミノフ、「ロミーとミシェルの場合」の、「フェノミナン」の。 脚本は「ナッシング・トゥ・ルーズ」(監督も)の。 撮影は「マウス・ハント」の。 音楽は「イン&アウト」の。 美術は「ウルフ」の、編集は「ライアーライアー」のドン・ジマーマン。 衣裳は「モンタナの風に抱かれて」のジュディ・ラスキン=ハウエル。 出演は「グット・ウィル・ハンティング 旅立ち」のロビン・ウィリアムス、「コン・エアー」のほか。 映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 1969年。 自殺未遂の果て、精神病院に入院したハンター・アダムス(ロビン・ウィリアムス)は、ジョークで患者たちを笑わせ、心を癒す能力に目覚める。 そんな彼に富豪で天才病の患者アーサー(ハロルド・グールド)は「パッチ(傷をなおす)」というニックネームをつける。 2年後、パッチは精神科医を目指し、バージニア大学医学部に入学。 同級生トルーマン(ダニエル・ロンドン)と白衣を着て病院に潜入し、患者たちの心を掴んでいく。 パッチの笑いの療法が次第に功を奏で、ベテラン看護婦たちも温かな目で見守ってくれるようになる。 しかし、学部長のウォルコット(ボブ・ガントン)はパッチを快く思わず、放校処分に。 常に成績がトップクラスのパッチに学長が理解を示し、学校に残ることが許される。 一方、冷淡な同級生カリン(モニカ・ポッター)へ思いを募らせるパッチは彼女の誕生日を温かく祝い、いつしか心を通わせるようになる。 パッチは病院や医療制度の理不尽さから無料の病院を作りたいと考えるようになる。 精神病院で患者同士として出会った富豪のアーサーの出資により、夢が現実となる。 トルーマン、カリンと共にさまざまな患者を無料で受け入れてきたが、ある患者がカリンを殺し自殺するという事件が起こる。 ショックから診療所を閉め病院もやめる決心をするが、再び患者の心を捉えたことをきっかけにやり直すことに。 しかし、そんな時、医師免許も無いうちに無料で診察していたことを理由に退校が申し渡される。 医師会の裁定に判断を仰いだパッチは、裁定の場で医者と患者は対等であることや心をほぐすことが何よりの治療になることを主張。 認められ無事大学を卒業し、独自の治療方法を広く伝えることになるのだった。

次の