栗料理 レシピ。 生栗レシピおすすめ17選!人気の栗ご飯からスイーツまで絶品レシピを大公開

大原千鶴さんの栗の渋皮煮のレシピ。きょうの料理で話題。

栗料理 レシピ

美味しい生栗のレシピ『炊き込みご飯』 生栗をつかった炊き込みご飯もとっても美味しくて、 秋を何倍にも満喫できるレシピなのでオススメです。 とてもシンプルな炊き込みご飯だと、上でご紹介した栗ご飯のレシピに、好みでひき肉を入れてもコクが増して美味しく食べることができます。 ひき肉を入れる場合、醤油を隠し味に少し入れて、白ごまを食べる前にパラパラとかけてから食べるのもおすすめです。 他にも、鶏肉やニンジン、油揚げ、シイタケなどと一緒に炊くと、食材のバランスが良く、美味しく食べることができます。 沢山の具を入れて大量に作る場合は、炊飯器で作った方が火の通りが良く成功しやすいので、炊飯器を使うことをお勧めします。 美味しい生栗のレシピ『パン』 蒸しパン 簡単に作れる、生栗を作った体にも優しいパンは、生栗蒸しパンです。 まず生栗を加熱し、柔らかくした状態にします。 その生栗を細かく小さいサイズにカットしておきます。 ボウルに小麦粉、ベーキングパウダー(重曹可)、砂糖、塩を入れ、しっかりと混ぜ合わせ、そこへ細かく切った栗を入れ、最後に水を注ぎます。 さっくりと混ぜ合わせ、蒸しパンのカップに生地を入れ、蒸し器で蒸して完成です。 小麦粉でも作ることができますが、小麦粉の場合薄力粉で作ると食感が良くてオススメです。 グルテンフリーや、 小麦粉アレルギーの人は、米粉に変えることも出来ます。 その場合少しだけお酢を入れることでふくらみが良くなります。 栗クリームパン 生栗を加熱して潰してから、クリームに混ぜて、パン生地の中に入れると、 美味しい秋らしいパンが作ることができます。 まず、小麦粉、砂糖、塩、バター、卵、イースト、牛乳などを入れ、加水を多めにし、柔らかい口当たりの良いパン生地をつくります。 しっかりと捏ねてから生地を休ませて一次発酵を終わらせます。 生地を休ませてる間に、片手鍋に牛乳と卵、砂糖とバニラエッセンスを加えて混ぜ合わせ、弱火でじっくり加熱しながら硬くなるまで混ぜ合わせます。 クリームが固くなってきたら潰した栗を混ぜ合わせておき、一次発酵が終わった生地に包み込みます。 二次発酵まで生地を休ませて、生地をオーブンでしっかり加熱し、こんがりと焼きあげて完成です。 好みで栗の形になるように成形し、栗の下に白ごまを散らすことで更にかわいく美味しく食べることができます。 美味しい生栗のレシピ『パスタ』 秋の味覚といえば、生栗ときのこですよね。 その 生栗ときのこを使ったパスタは、優しい甘さで素材の味が引き立ち、とても美味しいものであります。 まず、下ごしらえとして、生栗を渋皮までしっかりと剥き、ニンニクと玉ねぎを薄切りにし、きのこをほぐし、ほうれん草をちょうどいい大きさにカットしておきます。 パスタを少し固めに茹でておくのも忘れずにしておきましょう。 フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、加熱します。 そこへたまねぎときのこを入れて、塩コショウで下味をつけます。 そこに生栗を剥いたものを一緒に炒め、色が変わったら水とコンソメ等を入れ、味を少し濃いめに整えます。 そこにパスタと生クリームを入れて、ほうれん草も加え炒め煮にしていきます。 生栗に火が通ったら、塩コショウで味を調えて、生栗のおいしいクリームパスタの完成です。 美味しい生栗のレシピ『おかず』 うま煮 煮物といえば、うま煮を想像する人も多いですよね。 うま煮でよく使う、里芋の代わりに、生栗を使っても、とても美味しいレシピになります。 このレシピは、普段作るうま煮の 里芋の代わりに生栗をつかうだけ。 人参、シイタケ、さやいんげん、こんにゃく、鶏肉や、レンコンやゴボウなどをみりんとさとう、醤油とだし汁を入れた味付けで柔らかくなるまでじっくりと煮込みます。 栗のホクホク感が美味しく混ざり合った、うま煮の完成です。 鶏手羽の煮物 しょうゆベースの甘辛煮の手羽元と、生栗の相性がとてもいい、鶏手羽の煮物レシピです。 鶏の手羽元や手羽中、手羽先を生栗と一緒にしっかりと煮込み、味を染み込ませると、おかずにもあう、絶品レシピになります。 鶏の手羽を一度湯通しし、しっかりと水洗いをします。 圧力鍋に鶏手羽と醤油、酒、砂糖を入れて、そこへ鶏手羽、生栗を入れてしっかりと圧をかけながら過熱します。 しっかりと熱を冷ましてからたべると味がしっかりと染み込み最後まで美味しく食べることができます。 ミートボールの煮物 豚肉と生栗の組み合わせは、少し意外さを感じる人も居るかもしれませんが、とても美味しく食べることができます。 豚肉と栗を使った煮物は、ひき肉をつかったミートボールとの組み合わせがとても相性が良く美味しいレシピです。 この生栗を使った豚肉を使ったミートボールの煮物は、フライパンを使って簡単に作ることができるレシピです。 まず、生栗を油を敷いたフライパンで色が変わるまで炒め、そこへミートボールを入れます。 水と醤油、みりんを入れて、生栗が柔らかくなるまでしっかりと煮込んで完成です。 豚肉の炒め物 生栗と豚肉を使った炒め物はも、こってりとした味付けがご飯によく合うレシピです。 このレシピは、オイスターソースの味が美味しい生栗を使ったレシピで、一度食べると中毒性のあるレシピです。 まず、豚肉をこんがりフライパンで両面焼き、バットによけておきます。 フライパンに加熱した栗とカシューナッツやクルミなどのナッツ類を入れて炒めます。 そこへこんがりと焼いた豚肉と醤油、砂糖、酒、オイスターソースなど調味料を入れて、からめて出来上がり。 シューマイ 生栗を使った中華系美味しいおかずのアレンジレシピは、シュウマイです。 シュウマイの上にえびの代わりに小さく刻んだ生栗を乗せて蒸すと、ホクホクとした食感が味わえる、秋らしいおかずレシピになります。 まず、豚挽き肉や長ネギ、塩コショウ、片栗粉、オイスターソース、酒、鶏がらスープを入れて、ボウルで混ぜ合わせます。 そのシュウマイの種をシュウマイの皮に包み、その上に細かく刻んだ生栗を乗せます。 蒸し器で10分前後蒸して、あたたかいうちに食べると、夕食やお昼ごはんのおかずにピッタリな栗シュウマイのできあがりです。 美味しい生栗のレシピ『スープ』 生栗を使ったスープレシピのオススメは、 生栗をぜいたくに使った、栗のポタージュです。 生栗を使ったポタージュは、栗を加熱して調理しやすく柔らかく、舌触りが良くしておきます。 ミキサーに、ポタージュの材料となる栗と牛乳、水、コンソメ、塩を入れて、ミキサーにかけます。 そのミキサーにかけた栗のポタージュを鍋に入れ弱火でじっくりと混ぜながら加熱します。 しっかりと食材がいい具合に混ぜ合わさったのを確認して、生栗を使ったポタージュスープの完成です。 2つ目におすすめなスープは、 中華風の栗スープです。 長ネギを長めの輪切りにカットして、にんじんを千切りに。 小松菜や青梗菜を適度な大きさにカットして、えのきやシイタケも細かく食べやすく切ります。 大きめの鍋に、油をひきひき肉を炒めます。 カットした野菜をすべて投入し、皮をむいた生栗を入れ、軽く炒めてから水を注ぎます。 塩コショウと鶏がらスープで味を調えて、好みで水溶き片栗粉を入れてとろみをつけたら完成です。 ごま油を入れると、さらにおいしい生栗を使ったスープになります。 美味しい生栗のレシピ『スイーツ』 渋皮煮 生栗を使った保存食のスイーツは、渋皮煮です。 生栗を使った渋皮煮は、シンプルな味わいで、 初心者でも簡単に作ることができるおすすめレシピです。 まず、鬼皮を向いた生栗を一度水にさらします。 生栗を鍋に入れ、水と重曹も入れて弱めの中火で加熱し、何度か水を変えながら柔らかくなるまで煮込みます。 柔らかくなったら、砂糖を数回に分けて入れて、砂糖が溶けて冷めたら完成です。 栗の甘露煮 生栗を使った、すぐに色々な料理に使いまわすことができる オススメな保存食のスイーツレシピは、甘露煮です。 まずはじめに、生栗の皮をむき、しっかりとごみを取り除きます。 生栗と砂糖、塩、クチナシ、水を入れた鍋を火にかけ、弱火で加熱します。 20分程加熱して、しっかりと中まで火が通ってることを確認して、出来上がります。 くりきんとん 生栗を使ってつくる簡単にできて 自然の味を堪能することができる美味しいスイーツレシピは、くりきんとんです。 くりきんとんは、加熱して皮をむいた栗をしっかりと潰し、そこへ砂糖や好みではちみつどの甘味料を混ぜて、できあがり。 とっても簡単に美味しくできる、生栗を使った自然派スイーツレシピです。 加えるはちみつは、非加熱のはちみつを使うと、よりはちみつらしい味わいがしっかり効いて体にも優し自然派スイーツとして子供にも安心して食べさえられるおやつになります。 ケーキ 手軽に、 簡単に作ることができる、生栗を使ったパウンドケーキも、美味しく食べることができる、オススメレシピです。 ホットケーキミックス、卵、牛乳、バター、に生栗を細かく切ったものを混ぜ合わせます。 しっかりと混ぜ合わせ、パウンドケーキ型に流し込み、オーブンで30分前後加熱して、生栗のパウンドケーキの完成です。 パイ 生栗使った、 サクサクした食感を味わうことができるパイも、簡単で美味しいオススメレシピです。 生栗を加熱して、荒く潰しておきます。 冷凍のパイシートを10分程度常温において置き、解凍してから綿棒で軽く伸ばします。 適度な大きさにパイシートを切り、パイシートの中心に加熱して荒く潰して置いた生栗に砂糖、バニラエッセンス、ラム酒等を好みで混ぜ合わせて、パイシートの中心に乗せ、周りを閉じます。 仕上げに刷毛でしっかりとといた卵液を刷毛で塗ます。 オーブンで10分前後焼き、きつね色のこんがりとした焼き色がついたら完成です。

次の

スイーツだけではもったいない!秋の味覚「栗」を味わう料理レシピ

栗料理 レシピ

秋の味覚といえば 「栗」! この時期になると、スーパーでも生の栗を見かけるようになりますよね。 栗というと、モンブランや栗羊羹など、栗スイーツを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、海外ではソースなどでも頻繁に使われるほど料理でも大活躍する食材なんです。 秋の味覚を味わう定番料理「栗ごはん」をはじめ、煮物やスープなどにしても美味しい! 栗が美味しい季節に作りたい栗料理を集めました。 おうちで栗の下処理をしてみよう! 生の栗を料理に使うときには、 下処理が必要です。 この下処理が難しそう……と生栗を買うのをためらってしまう方も多いのではないでしょうか。 もちろん、下処理の済んだ栗も売られていますが、これが意外と値段がはってお財布には優しくない……。 そこで今回は、おうちでも出来る簡単な栗の下処理の方法をご紹介します。 難しそうだと思っていた栗の簡単な下処理は、意外にシンプルでした。 すると、包丁もするする入るぐらいに鬼皮が柔らかくなり、簡単に皮をむくことができるようになるんです。 ついでに渋皮もぺロッと取れるので、初めてチャレンジする方でも簡単に下処理ができます。 栗に切れ込みを入れます。 包丁の握り近くの90度のところ 鬼刃? を使うと簡単です。 鬼刃で入れた切り込みを広げます。 手を切らないでねー 3. お手持ちの圧力鍋2センチに水をはり、お蒸かしを仕込みます。 沸騰後10分加圧します。 火を消したら、圧が抜けるまで放置。 火傷に気をつけて、アルミホイルの上に蒸し栗を置き、オーブントースターで10分。 柔らかければ出来上がり。 ビジュアル的には、少し割れ目が広がります。 親指と人差し指で、割れ目の端を強く圧迫すると2分割。 この方法だと、皮を手でつるっとむくことができます。 しかも、ゆでる下処理よりも栗の味が引き立つんだとか。 おうちに圧力鍋とオーブンがある方は、こちらの方法がオススメです。

次の

バレンタインレシピ チョコレート料理 和風麩と栗のチョコレート掛け 芹のハート和え 紅白百合根

栗料理 レシピ

栗の渋皮煮 材料 作りやすい分量 栗 1キロ 砂糖 1キロ 重曹 アク抜き1回につき小さじ1 ブランデー(あれば) 大さじ1 作り方 1、栗は堅い殻のついたものは20分ほど熱湯に浸して粗熱が取れるまでおく。 2、粗熱が取れたら皮をむく。 皮の柄の境目に包丁を入れ、とがったほうに向かって皮をむく。 そのあとおしりの方の皮もむく。 渋皮煮なので、渋皮に傷がつかないように注意する。 3、鬼皮をむいたあとは水に浸してアクを抜く。 1回目あく抜きの後、筋を取り、2回目のあく抜きの後砂糖で煮て完成という流れになります。 1回目のアク抜きは、ヒタヒタの水と重曹小さじ1を加えて強火にかける。 沸騰したら中火にし、アクが出てくるので丁寧に取る。 弱火にしてさらに10分茹でる。 途中でアクが出たら取る。 4、そのあと流水で洗い流す。 栗が傷つかないように直接当てず、流水をヘラなどに当てながら作業する。 5、筋を取る。 手で取れるものは手で取り、取りにくいものは竹串などで取る。 渋なのこらないように細かい部分までこすりながら丁寧に取る。 6、2回目のアク抜きをする。 鍋に新しい水を入と重曹小さじ1を加え1回目と同様にゆでる。 アクを取りながらゆでる。 食べてみて渋が抜けているか確認する。 渋い時はもう1度アク抜きをする。 7、1回目と同様に流水で洗い流す。 続いて砂糖で煮る。 鍋にきれいにした栗、ひたひたの水、半分の量の砂糖を加え紙タオルで落し蓋をして煮る。 煮立ったら弱火で5分煮る。 8、沸いたら2回目の砂糖を入れ再び落し蓋をして10分煮る。 あればブランデーを加えてもよい。 9、煮汁ごと冷まして味を芯まで含ませる。 さらにひと晩置くと味が染み込む。 煮沸消毒をした保存瓶に入れて冷蔵庫で3~4か月保存可能です。 煮汁と一緒に保存します。 水切りをした絹ごし豆腐、練りごま、塩、砂糖を滑らかになるまで練り混ぜる。 2、渋皮煮を加えてあえる。 最後に黒ゴマをふり完成です。 是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 こちらもおすすめです。

次の