羽生結弦さんちゃん。 羽生結弦のプーさんの行方とその後を徹底調査!どこに寄付するの?|CHANNAI CHANNEL

悪質羽生ヲタになってしまったブロガーさんの話: 羽生結弦くん にわかファンブログ

羽生結弦さんちゃん

羽生結弦の母について まだ羽生結弦さんのお母さんを一切知らない人のために基本情報から整理していきましょう。 何事もキ・ホ・ンが大事ですよね? その後にとてつもない母親の神がかった教育方針について触れていきますので、最後までお付き合いください。 まず羽生結弦さんの母親のお名前は羽生由美(ゆみ)さん。 気になる年齢ですけど…まったく公表されていません。 なので見た目で判断するしかありません。 早速ですけど羽生マザーの顔画像をチェックしてみましょう! 以下、ドキュメンタリー番組に出演していたときの貴重な写真です。 なんとなく予想していた通りの顔つきで、古来から受け継がれた「THE ジャパニーズウーマン」って感じのうす顔ですよ。 ところで、年齢っておいくつぐらいでしょうか? 上記の写真は2016年の写真です。 当時、羽生結弦さんは21歳。 20歳で生んでいたら41歳。 いやいやもっと年取っているでしょって話です。 では、30歳で生んでいたら…4歳年上の姉が26歳ぐらいで生まれてその後に羽生結弦さんが生まれたと仮定すると、現在の母親の年齢は51歳ぐらい。 すると2016年頃は40代後半ぐらい。 どうですか?なかなかしっくりくると思いませんか? あくまで年齢は未公表ですけど勝手に予測しちゃいました。 お母さんの職業は専業主婦。 ただし、一時期は掛け持ちでパートタイムをしていたという情報あります。 ですよね。 羽生一家っていうほど裕福ではないと噂ですし、そうでないとスケートにかかるお金を用意することなんてできやしないですよ。 羽生結弦の母親はメディアに出ない 先ほどドキュメンタリー番組に出演していた時の貴重な写真を載せましたけど、この人。 なんでも羽生一家のお決まり!?みたいで、 『結弦の両親が表に出ないのは、頑張っているのは本人であって、親は関係ないという考えからなんです。 五輪で金メダルを獲得しても『私たちがしゃしゃり出て話すことはない』と言っていましたね。 控え目で多くを語らない、お二人とも、まさに東北人の気質を持った両親です』 このように親が全面的にメディアの前にしゃしゃり出ることはあってはならんと捉えているようです。 少し辛口ですけど東北の土地柄なのか、控えめで多くを語らない人みたいですよ。 ただそんなことを聞くと余計に羽生ママが気になってくるもの。 そこでそろそろみんなが気になっているであろう羽生ママの教育方針について触れていきます。 羽生ママの教育体制はまるで軍隊並み!? いよいよメインディッシュのお出ましってやつです。 この部分が気になっている人はきっと多いのではないでしょうか? もちろん調査していて一番ワクワクしていたのはこの教育体制に関することです。 では羽生結弦さんの母が息子に一体どんな教育を施してきたのか? その全貌をご覧ください。 子供が関心を持ったことに協力する これは日本中の母親が見習いたい着眼点でもあります。 いや母親のみならず「親」とつく者ならスルーは厳禁です。 話を少しだけ羽生結弦さんの幼少期にさかのぼりますけど、 羽生結弦さんって実は幼少期にスポーツを2つ行っていたようなんです。 種目はフィギアスケートと野球。 絶対に相性の合わないスポーツをなぜか羽生結弦さんは習っていました。 理由は単純です。 喘息持ちだった羽生結弦さんでも大いに活躍できる室内競技(スケート)を推し進めていた母親と根っからの野球好きを公言している父親が水面下で対立していたからです。 対立していたというのはやや大げさですけど、まぁーそんな感じです。 少し走るだけで急に咳き込んだり、夜も眠れないほど咳が続く日もあった羽生結弦さんに対して、やんちゃ坊主が多い野球という世界に放り込む父親も父親ですけど、実はある思惑があったんです。 というのも、じつは羽生結弦さんの父親はひそかに「自分に息子が野球に向いていない体格」だとは感づいていました。 羽生結弦さんの父親の家系は決して運動神経に恵まれた家系ではなく、手足も長くはなかったようです。 一方、羽生ママは手足が長く、運動神経も非常に良かったといいます。 それこそフィギュアスケーターとして、誰もが羨むような手足の長さを息子に与えることができた、内心では羽生ママも密かに喜んでいたのではないでしょうか。 で、あまり向いていない(いや完全に向いていない)野球というスポーツをなぜ息子に進めたのか? じつは自分自身が根っからの野球好きなので単純に自分の意向を押し付けただけ、というのが正確なのかもしれませんけど、試していた。 試していたんです。 「ゆず。 お前は何がしたいんだ!父さんに話してみろ」 ・・・ とある晩、羽生家にはこんなシーンが流れていたはずです。 極めつけは、 「野球のほうがお金もかからないし、スケートが嫌なら辞めてもいいんだぞ」 小学生相手に論理的な質問をぶつけてさらに混乱させます。 ちょうど彼がスケートにいきづまっていたときですよ。 費用が圧倒的に安い野球を選べば親も喜ぶだろう…どうすればよいかわからない…多少大人ぶってもいた彼の口からこぼれた言葉は、 「父さん!僕、やっぱりスケートをやりたいよ」 ・・・ わかった。 あとは好きなようにすればよい。 ・・・ 要するに 自分自身で考えさせて最後は本人が決めた道を心から応援してわけです。 現に以下のようなコメントを発見しました。 「羽生家の場合、あるときは密接で、あるときは突き放すという教育をされていた気がします。 子供にやらせるのではなく、子供が関心を持ったことに、可能な限り協力する 野球はカモフラージュみたいなもんだったんですよ。 ただそれだけではありません。 なんせスケートを続けようか悩んだ際にお母さんは必死に食い止めた、と言われています。 4歳年上の姉が同じくフィギアスケートをやっていたことはよく知られていますけど、ちょうどお姉さんがスケートやめたいとブツブツ言っていた時期です。 金銭的に二人がスケートを習い続けるのは難しい、と言われていました。 弟想いのお姉ちゃんがスケートから離れて、息子は野球を捨ててスケート一直線。 とはいってもまだか弱い息子ですので、その後に何を言い出すのかまったくわからない状況だったと思います。 そこで母親はすかさず「フィギア」でホードルしました。 この時点で息子への教育いわば第一段階が終了したともいえます。 色々言いましたけど… だいたい羽生結弦さんってどう見ても野球体型ではないですよね? 子供に全力で尽くす もうなんとなくわかりきったことかもしれませんけど、 羽生結弦さんの母親は、 『度を越した教育ママ』と一部メディアでは報じられています。 彼のためにパートで働きながら栄養管理の勉強をし、メンタルコントロールについても学びんだ上、遠征先のカナダまで同行し食事をつくっているとか。 とてつもない執念です。 いくら子供のためとはいえ、ここまで徹底して尽くすことはできないのではないでしょうか? 当たり前ですけどいくら子供が夢を追いかけようとしても親がサポートしなければ夢は実現しませんので、本気でわが子をハニュークラスに持っていきたいならそれぐらいの覚悟が必要だということです。 文武両道を貫く これはやや定番かもしれませんけど、羽生一家は基本に忠実です。 以下、ご本人のコメントですけど、 「スケートばかりで、他がおろそかになってはいけない」ということを 言われて育ってきた気がします。 例えば、人としての常識や人に対する 感情や想いを大切にするように言われてきました。 常識といっても、 それぞれの家庭によって違うと思いますが、僕が家族に教わったことは 今の自分自身を形成する一部になっているなと思います。 やはり羽生結弦さんの育ちの良さは親あってのもの。 きっとスポーツだけ教えていたら彼のドヤ顔がそのまま内部に移り住んだかのような性格になっていたかもしれませんけど、この辺もきっちりと教育しています。 やっぱり できた母親だったのは間違いない。 当たり前かもしれませんけど、そうでないと王子様には育ちませんよ。 大げさなことをいえば、羽生結弦さんより母親のほうが偉大だと言ってもよいぐらいです。 思い切った選択。 恋愛禁止令。 これもなかなかできることではありません。 青春時代は誰だって意中の女の子とデートぐらいしたいもんじゃないですか。 それこそ無意識的に女性に目がいっては「ニヤニヤと想像する時期」ですけど、そんな彼の思いを母親は蹴り上げます。 「ダメ」 ・・・ なんせスマホ厳禁です。 実質、現代社会において恋愛は不可能です。 簡単に書きましたけど、なかなか言えないしできないと思います。 彼が世界一のフィギアスケート選手に上り詰めたのも「余計なことを考えなかったから」だと捉えることもできますし、やっぱり母親の決意というかわが子に対する愛情そのものです。 羽生結弦と母親がべったりという噂について ところで、羽生結弦さんの母親について調べていると何やらこんな噂が多いのです。 どちらかといえば厳し目の母親っぽいですけど、どうなんでしょうか? で、調べてみると、だいたい以下のようなことがキッカケでそのような噂が広まっていたんです。 物心ついた頃からバレンタインデーを親から貰っていた!• 母親が羽生結弦さんの髪切っている!• 衣装もお母さんが手作り!• 羽生結弦さんが恋愛しないようにマーク! これらがべったりの引き金になっているようです。 今回は羽生結弦さんの母親に関する情報を調べたり、どんな教育を施してきたのか?じっくりと調査してみましたけど、いかがでしたか? 息子が一流なら親も一流。 なんだかそんなところでちょうどよく収まりました。 わが子を羽生クラスに育てたいと願うなら今回の学びをぜひ日常のシーンで活かしてみてください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

羽生結弦選手ノミネートにガッカリ対応!真央ちゃんの結婚観

羽生結弦さんちゃん

最近羽生結弦選手に関するブログで話題の、さんちゃんの 『羽生結弦選手が素敵すぎて困っている人のブログ。 はいぱぁ』と言うブログが有ります。 人気があるブログとのことで、同じ羽生結弦選手に関するブログなので 先輩のブログがどのようなブログなのか、さっそく覗かせてもらいました。 出典:photo-ac. 萌えて妄想するだけのブログです。 Uターンしてください。 それでもいいという人はゆっくりしていってね。 でも「はいぱぁ」とはなんだろうと考えても思いつきません。 まあ、ブログのブランドイメージかなということで。 文章もとっても自由で個性的で散文にも見える書き方。 このブログの個性見習わなければ、、、 でもって写真が28枚もある、文章もいっぱいの昨日の投稿もあれば なんと写真が1枚でコメントも3語しか無い昨日の投稿もある。 通常は写真が大体10枚前後入っているので、 結構長い記事が多いように思いました。 とにかく自由闊達で奔放! でもちょっぴりさんちゃんの横顔らしきが見えてきました。 それは、昨日の写真が1枚の記事で、「ラヤ、カムアでござる」。 写真に写る寄り添う男性二人、 その一人がハビエル・ラヤで、スペインのフィギュアスケート選手。 ラヤはわかったけど「カムア」とは? 知らなかったので調べるとなるほどです。 で、ブログタイトルの「はいぱぁ」に戻りますが、妙に納得かも知れません。 現在の『羽生結弦選手が素敵すぎて困っている人のブログ。 はいぱぁ』のブログの 一番最初の記事は「さんちゃんはここだよ!」と言う記事で、 その日付は2016年2月17日です。 ということはまだ3ヶ月前のことでごく最近です。 引っ越しとあるので、それ以前は別のブログで書いていた事になります。 これがヒントですね。 もしかすると前のさんちゃんの羽生結弦選手のブログではそうした問題があって ペナルティを受けたのかも知れません。 そう思うと調べたくなるもんです。 で、早速調べるとありました、ありましたよ。 『羽生結弦選手が素敵すぎて困っている人のブログ。 Yuzuru hanyu』 「はいぱぁ」ではないけどさんちゃんのブログです。 もう一つのさんちゃんの羽生結弦選手ブログ 出典:photo-ac. com 無料写真素材 引っ越した元のブログはなぜかまだ残っていて普通に読めます。 こちらのもう一つのブログはそもそもブログのデザインが 星空バックでだいぶ印象が違います。 こちらでの最後の記事は「待っています」とだけで、 引越し先の新しいブログのURLが貼ってあります。 最後の記事の投稿日は2016年2月17日。 最初の記事投稿は2014年5月12日で「羽生結弦選手の魔法」と言う記事。 なので、最後の投稿記事の2016年2月17日まで約2年間、 956記事投稿されていて、その読者数は661人。 結構なブログですね! それは何事も無かったように2016年2月16日まで記事が続いています。 とあって、さんちゃんもなぜなのかわかっていないようです。 全部ではもちろんないですが、それ以前の記事を見ても 問題にあるような記事を発見することは出来ませんでした。 さんちゃんは写真をたくさん使っていて その出典が不明なままのものがたくさんあります。 もしかすると著作権者のクレームがあったのかもしれません。 でも写真を拝借しているブログはいくらでもあって 余程の不法なものでなければ問題となることがないのも事実です。 さんちゃんが引越し先の羽生結弦選手ブログの「はいぱぁ」で 懸念していた健全性もあるでしょう。 でも細かくはチェックしたわけではないですが、古い方のブログでも フィギュアスケートに関連する記事内容がほとんどで 健全性が問題になるような記事は見つかりません。 そうするとなんなんだろう??? 同じブログを書いているものとして不安になります。 関連記事•

次の

悪質羽生ヲタになってしまったブロガーさんの話: 羽生結弦くん にわかファンブログ

羽生結弦さんちゃん

ここ最近ずっと気になっていたことを。 あまり楽しい話じゃないので嫌な予感がする方はスルーしてください。 暗い上に長いですw このブログを再開して一ヶ月くらいたったと思うのだけど、ピョンチャン前の1〜2年間くらい?羽生くんから離れていて、羽生関係のブログもほとんど見てなかったんですよね。 で、その離れる前まで割りと熱心に見てたブログがあって。 まあ、もう面倒なんで伏せずに書きますけど、 メイちゃんていうブロガーさんの『羽生選手とベルサイユな日々』みたいなタイトルのブログだったと思うんだけど、その方のブログはけっこう好きでよく見てたんですよね。 今回再び羽生熱が戻ってきて、メイちゃんのブログ久々にのぞいてみるかと思って探してもないんですよ。 羽生くんで検索すると上位に出てきてたのに。 その後いろいろ調べてみると、ベルサイユさん(メイちゃんのこと)は悪質羽生ファンみたいな書き込みがあって。 追っかけが過ぎてストーカー扱いになっていてびっくり。 ヘルシンキのバンケットの出る待ちをしてるファンの動画にどうやら移ってるらしく。 メイちゃんが。 どうやらそれで叩かれてブログを閉鎖したみたいな流れのようです。 (『バンケ 羽生 追っかけ』で検索したら出てきますので興味ある方だけみてください) ブログでは正統派なファンのふりして実際は迷惑行為してるじゃん!みたいな。 ホントかウソか、ヘルシンキの羽生くんがいるホテルの廊下で待ち伏せしといて、すれ違った!とブログには書いたり・・・・とか。 バンケットは基本関係者以外立ち入り禁止なのかな?入っちゃいけないとこに入ってこれはだめですよね。 まあ、入ってよかったとしてもこの様子はちょっと異常にみえる。 が、もし自分がこの場にいたら同じことしてしまうかもという不安も同時にある。 いやもう面倒なんでリンク貼りますわw 興味ある人だけ見てください。 気分わるくなるかもだけど。 とか とか。 でもこれを見てしないどこ!と思う。 東京に住んでたころ某中華料理屋に行った時、隣のテーブルにもっくんファミリーが来て興奮したが、完全プライベートだと思ったので全く気づかないふりをした。 そう、それがマナー!仙台市民も羽生くんを見かけても地元の人は声をかけないようにしてるって仙台の人が言うてたで。 あ、で、メイちゃんの話に戻りますが。 でさ、ヘルシンキの優勝インタビュー(英語)で羽生くんが最後にファンに一言って言われたのに「わかりません」みたいに答えたのよ。 あれ?羽生くんならこういう時ちゃんと答えるのに変だな、英語の質問わからなかったのかなって思ったんだけど、もしかしてこういうエスカレートしたファンについてちょっと思うところがあったのかなと。 そのブログでさ、どんな文章だったか覚えてないんだけど、「あれ?もしかして羽生くんメイちゃんのこと気に入ってるのかな?タイプなのかな?」って思わせるような描写があったことだけ覚えてて。 メイちゃんて8cmのヒールはいてます!ネイルとかもかわいくして、オシャレにはこだわりのある女子です!って書いてたから可愛い女の子イメージだったのね。 ショーとかで羽生くんにプレゼント渡す時に羽生くんがなんていうか・・・・自分にだけちょっと特別な雰囲気だった的な描写があったんだけど、そっか可愛い人なら羽生くんが注目するかもなと思ってて。 でもストレートに『羽生君、絶対私に気がある!』みたいな書き方はしないのよ。 遠まわしに、あれ?そうなのかな?って思わせる書き方で。 具体的な描写は覚えてないので曖昧ですみません。 私はその時は単純にすごーい、羽生くんに覚えてもらってるだけじゃなくて、もしかしたらメイちゃんのことほんとに気に入ってるのかな!?ドキドキ!!みたいに感じてたんだけど、まあ、普通はそれを読んだファンは良い気分じゃなくなるんだろうね。 メイちゃん本人もプレゼントしたものを羽生くんが着てたり、ショーの時になんか自分だけこれこれしてくれたみたいなのがあったら勘違いしていったんじゃないか。 それでエスカレートしてっちゃったのかなと。 ファンと選手の境界線みたいなのがなくなっちゃって、個人的付き合いみたいなことに錯覚していっちゃったのかなと。 その変のブログ閉鎖にいきつく過程を知らないからなんとも言えないんだけど。 メイちゃんのブログ読んでた頃、末っ子(4人目)が産まれて、もう夜中の授乳が辛くて辛くてね。 一人目や二人目の時と体力的にかなり低下してたし、上の子が学校や幼稚園行きだすから、朝はちゃんと起きなきゃだしで(生まれてすぐの赤ちゃんは割りと朝方深い眠りに入ったりするので、上の子たちの時は夜中眠れなくても朝5時とかから9時ぐらいまで一緒に眠れていた)ほんとーーに夜中起きるのが辛かった。 もういっそ泣きっぱなしにして眠り続けたいくらいで。 で、メイちゃんのブログが確か夜中の4時とかに更新される設定になってたんよね。 一日とかじゃなくて、そういうのが2、3ヶ月続く中で、毎日更新してくれるメイちゃんのブログにはほんとに救われたんだよね。。 毎回ものすごい量の羽生くんのキャプチャ画像が(30枚くらい?)がアップされて、かわいかったり美しかったりする羽生くんを見るのも楽しみだったし、またコメント欄に集まってくるファンたちのやりとりも笑えて楽しくて、たぶん世代が同じかちょっと上くらいの人たちが集まってたからか、コメ欄のぞくのも楽しみだったんですよ。 働きながらあれだけ更新するのも大変だったと思う。 だからみんなメイちゃんのこと感謝してたしメイちゃんアンチが現れても応援してんだよ。 後にそのコメ欄に集まったファンたちはメイちゃんの信者と言われていましたが。。 残念ですが、でもまあ、やっぱりファンは行き過ぎて本人に迷惑かけてたら本末転倒だと思うので、今も追っかけしてるのかわからないですけど、自重してくれてたらなと昔のいちブログファンとしては思うのです。 私が見てない間に色々うそがバレていってみたいで、それがどんどん叩かれる要因になってったみたいなんだけど、真相はどうあれあの時私が助けられたのは事実なので、この場を借りてありがとうと言いたいです。 でも迷惑行為はよくないからやめようね!!です。 あ、ちなみに、メイちゃんは割りと年のいってる(といっても30代半ば〜40くらい??)ボディコンを気こなす厚化粧の女性だそうで、なんか私の思ってた20代のゆるふわガールのイメージとぜんぜん違ってたwww あの頃、私がメイちゃんのブログに助けられてたように、私のこんなブログももしかしたら育児を頑張ってるママさんをクスッとさせてるかもしれないし、会社帰りの電車で仕事に疲れたサラリーマン、サラリーウーマンさんが暇つぶしに読んでくれてるかもしれないし、近くに羽生ファンのいない方がそうそう!羽生くんのそういうとこ好き!と共感してくれてるかもなと思うと、少しは存在意義を感じることができるなって話ですかね。 結局のところ。 すみません、支離滅裂で読みにくくて。 最後に記事とは全然関係ない羽生くんを。 ちきしょー!かわいいなああ!! そのカメラ、高いとおもうぞ!! カメラマンさんも、あ・・・・ちょっとちょっと羽生くん・・・はにゅ・・・・まあ、いっか。 ・・・・てかあの羽生くんを撮りたいのにいいいいい! になってたんちゃうかw ニースの世界選手権で西岡さんが言ってた『世界を狂わせる17才の活躍です』がほんとになったね。 世界を狂わせてるわw しかしファンは節度を保って、本人に迷惑をかけない範囲で狂っておきましょw 西岡さんの実況でニースロミオをみたことない方はこちら。 西岡さんの実況いいですよね。 転倒した時の「大丈夫でしょうか・・・・」がほんとに心配って感じがするとことか、コメントも素敵です。 あと、ついでに。 西岡さんが2017年の世界選手権のこともコメントしててこちらも面白かったです。

次の