一 周忌 法要 香典。 一周忌の香典の相場とは?香典袋の選び方と書き方・渡し方のマナー

一周忌、香典の金額や香典袋、お供え物の「のし」の表書きについて

一 周忌 法要 香典

やも大切ですが、一周忌法要も遺族、親族だけではなく、友人、知人もお招きする大切な法要です。 そんな大切な法要だからこそ、失礼のないように法要の内容やお返し物のマナーを覚えておきたいものです。 一周忌法要はどんなもの? を行う時期というのが決まっています。 法要を行うことによって、故人が極楽浄土へ往生できると言われているので、法要は故人をご供養するのに行う大切な儀式となります。 一周忌とは、故人がお亡くなりになられてからちょうど1年目の同月同日(祥月命日)のことを言います。 一周忌法要については、その祥月命日の前に行うようにします。 一周忌法要の一般的な流れとしては、施主による一周忌の挨拶から始まり、、、法話、施主によるお礼の挨拶、お墓参りになりますが、お墓が遠方の場合はお墓参りは省略されます。 また、 納骨は四十九日に行われることが大半なのですが、もしもまだを建立されていない場合は一周忌をめどに建立をし、する場合もあります。 一周忌法要の終了後にお斎(おとき)という会食を開きます。 お斎とは、僧侶や列席して下さった方々への感謝の気持ちを込めたお膳で、会食をしながらにぎやかに思い出話をしたりしながら故人をしのぶことが目的とされています。 お寺でお斎まで全てを準備する場合もあれば、最近ではお寺では法要のみ行い、周辺の料理屋やレストラン等でお斎を依頼される方も増えています。 一周忌法要には何を準備すればいいの? 法要の中でも大切な一周忌。 遺族側は具体的にどのようなものを準備すればよいのでしょうか? 日程を決めよう 法要に列席して頂く方々の都合のことを考え、一周忌の祥月命日の前の土曜日、日曜日等で日程を調整するようにします。 場所を決めよう 自宅、お寺、ホテルなど、どこで法要を行うかを決めます。 お料理の手配をしよう 法要後、お斎を行う場合はお料理の手配が必要です。 お寺でそのままお斎をする方もいますが、会場を変える場合は、ホテルや料理屋などの予約が必要です。 予約する際は、お祝い事に出てくる伊勢エビやタイなどの食材は避けなければいけないため、「法事のお料理」だと言うことを伝えましょう。 お寺に連絡しよう 場所、日時が決定したら、先祖代々のお墓がある菩提寺に連絡をしましょう。 菩提寺がない場合は、でお世話になったお寺に依頼するのがよいでしょう。 案内状を手配しよう 親族のみで行う場合は、電話連絡でもいいでしょう。 人数が多い場合や会社関係の方に声をかける場合は、を出して日時をお知らせするようにします。 なお、出欠の有無の確認を確実に行いたい場合には、往復はがきや、返信用封筒を入れた封書を送付するとよいでしょう。 引き出物の手配をしよう 一周忌法要に列席して頂いた方々におもてなしの気持ちを込めて、そしての意味も込めて を準備します。 お布施を準備しよう 僧侶にお礼のを準備しましょう。 僧侶がお斎に同席して下さる場合、3万円程度のお布施または御経料、5千円~1万円のを準備しましょう。 もし、お斎を考慮される場合はこれに加えて5千円~2万円くらいの御膳料を準備します。 納骨を行う準備をしよう(行う場合のみ) 一周忌法要と同時に納骨を行う場合はお寺、墓地、石材店の手配と、日程を確認しましょう。 お供花、お供えを準備しよう 果物やお花など、ご仏前にお供えするものを準備しましょう。 これは遺族、親族だけではなく、列席者が準備することもあります。 一周忌法要のマナーは? 一周忌にあたり、覚えておくべきマナーがあります。 ここでは大きく 服装と引き出物についてご説明していきます。 服装のマナー 遺族の場合、礼服(喪服)が一般的となります。 男性ならブラックスーツに黒ネクタイ、白ワイシャツに黒の靴下と黒の靴。 女性ならブラックスーツや黒のワンピース、黒のストッキングに黒の靴、黒のかばん。 男性、女性とも、時計やアクセサリーは光る物は避けます。 パールは着用OKです。 ハンカチは白や地味な色をチョイスしましょう。 子どもなら制服があれば、制服で大丈夫です。 制服がない場合は黒、紺、グレーのズボンやスカートに白のシャツ、ブラウスの組み合わせでいいでしょう。 引き出物のマナー 一般的に、後に残らない食品や日用品を準備することが多いですが、一周忌にはやなど後に残るものでも良いと思います。 地域によって違いもありますので、よくわからない場合にはギフト専門店や親族に相談するようにします。 遠方から来られている方の持ち運びも考慮し、を選ぶ方も最近は増えています。 予算は2000円から5000円ほどが一般的となります。 のしは白黒、または黄白の結び切り、もしくは双銀の結び切りを用い、表書きは「志」「」と書きます。 もしお斎を行わない場合であれば、引き出物と一緒に折り詰めのお弁当やお酒の小瓶等をお渡しすることもあります。

次の

一周忌の法事に夫婦や家族で出席する時の香典相場は?欠席の場合も解説|喪主24時

一 周忌 法要 香典

一周忌のご法要での香典袋の書き方で、相手別、関係性別に書き分けを注意していますか。 実は相手別、関係性別に、一周忌のご法要での香典袋に記入する内容に少し違いがあります。 下記で違いについて紹介します。 自身の周りの人に当てはめながら見ていきましょう。 親族 まずは1番機会が多く、関係性も近い身内の場合の一周忌のご法要での香典袋の書き方です。 身内の場合、遠くの身内でない限り、喪主は関係性などの情報を知っています。 ですので中袋の氏名などの欄は、住所と氏名だけで大丈夫です。 ただ、身内になると同じ姓の人が多くいます。 稀に表書きを姓だけを記入する人もいますが、フルネームで明記するようにしましょう。 夫婦、または親子などで参列される場合は、代表の人の氏名だけでかまいません。 妻方の親族の場合は、夫婦連名で妻は名前だけを書くようにしましょう。 成人した兄弟姉妹で参列する場合、香典は別に包むのが好ましいです。 しかし、何らかの関係上、いっしょに包む場合は年長者から順に氏名を並べて連名で書くようにしましょう。 同じ姓の場合は名前だけを並べましょう。 4人以上になる場合は代表者の名前のあとに他何名、または他一同などと記入して、別紙で氏名を記入して中袋に入れておきましょう。 祖父母 祖父母の葬儀や、遠い親族の一周忌のご法要での香典袋の書き方は、関係性を喪主がはっきりとわかっているのであれば親族の書き方と変わりありません。 もし、祖父母との付き合いはあったが、関係性があまり知られていないような場合、中袋の氏名の前書きとして、もしくは氏名の後に関係性を書き加えておきましょう。 故人の長女の子であれば長女氏名方孫、故人の兄の子の子であれば兄氏名方孫など、決まった書き方はありませんが、伝わるように書いておきましょう。 友人知人 友人知人の一周忌のご法要に参加する場合もあるでしょう。 その場合の香典袋の書き方をご紹介します。 友人知人の一周忌のご法要での香典袋には、中袋に住所、氏名の他に、関係性の記入があったほうが良いでしょう。 大学の友人、地元の友人など、わかりやすく関係性を記入しておくと親切です。 連名にする場合、表書きは3人までであれば氏名を連名で書きます。 4人以上になる場合は代表者の氏名と、他何名、他一同と記入し、別紙にそれぞれの住所と氏名、金額を記入しましす。 あまり形式にとらわれず、相手にわかりやすく親切に書くことを意識すると良いでしょう。 会社関係 会社関係の人の一周忌のご法要での香典袋の書き方も、関係性の記入が必要です。 他社の人の場合は表書きにも会社名を記入しておくと受付の方も対処しやすいでしょう。 表書きは会社名と氏名で、中袋には個人の住所と氏名を記入しましょう。 大きな会社の社内の人の場合は部署名まであるとわかりやすいです。 また個人としてではなく会社として参列する場合は、表書きは会社名と代表の氏名のみの記入で、中袋には会社の住所と会社名と代表の氏名を記入しましょう。 参列者が代表本人ではない場合、受付で代理で来たことを伝えるようにするとよいでしょう。 社内で連名の場合、または部署でいっしょに包む場合は、表書きは代表者の氏名と他何名、他一同と記入、または部署名のあとに一同と記入し、別紙に全員の住所と氏名、金額を記入しましょう。 一周忌での香典の金額相場 一周忌のご法要での香典の金額とは、どれくらいが相場なのでしょうか。 お祝い事とは違い、多ければいいというものでもありません。 関係性別に一周忌のご法要での香典の相場金額をご紹介します。 金額はいくら 一周忌のご法要での香典の金額相場は関係性により大きく異なります。 簡単に言えば関係が近いほど多く、遠いほど少なくなります。 ですが故人が会社の上司の場合であったり、自分が上司の立場の場合などは、親族ではないからと言ってあまりに少ないと失礼にあたります。 以下の相場を参考にするようにしましょう。 親族-両親、祖父母、兄弟姉妹など 近い親族の一周忌のご法要での香典の相場金額は、自身の年齢が20代前半などと若い場合は3万円程度、20代後半や30代以上であれば5万円~10万円ほどです。 ただ祖父母の場合は両親から1人1万円で良いなどと言われる場合もあります。 両親に従いましょう。 親族-おじおば、いとこなど おじおばやいとこなど、少し遠い親族の場合の一周忌のご法要での香典の相場金額は、関係性により1万円~5万円です。 よく会うような関係であったなら3万円や5万円で良いですが、あまり会わない遠い親族であれば1万円で大丈夫です。 友人知人 友人知人の一周忌のご法要での香典の金額相場は、5000円~1万円程度です。 関係性の少ない知人であれば3000円でも良しとされています。 香典を連名で包む場合は、合計金額が4や9を含む金額にならないように調整しましょう。 死と苦を連想させる数字です。 親しい友人であれば、葬儀ではなく供養のための一周忌のご法要での香典ですので、多く包みたい気持ちもあることでしょう。 だからと言ってあまり多い金額だと親族にも気を遣わせてしまいます。 年齢にもよりますが、多くても3万円~5万円程度までに留めておきましょう。 会社関係-個人の場合 会社関係の方の一周忌のご法要での香典の相場金額は、個人で包む場合3000円~1万円です。 多すぎず少なすぎず、親族に気を遣わせないようにしましょう。 会社関係-連名の場合 会社関係の方の一周忌のご法要での香典の相場金額は、連名で包む場合1000円~1万円です。 2500円ずつを4人で集めて1万円にするなどということもできます。 細かな端数がでないように、また4や9を含む金額にならないように調整しましょう。 会社関係-取引先の場合 取引先の方などの一周忌のご法要での香典の相場金額は、会社として包む場合1万円~10万円です。 故人が誰かにもよります。 取引先の代表であれば10万円、その家族や、ある程度の役職者であれば5万円~10万円、担当社員などであれば1万円~5万円程度でしょう。 参列するたびに、関係性は同じなのに故人により金額にばらつきがあってもいけないので、会社関係の場合は金額を控えておくようにしましょう。 参列する場合には前回に参列したときの金額も確認して、香典の金額を決定するように注意が必要です。 一周忌での香典におすすめの色 一周忌のご法要での香典袋の表書きは、「御仏前」「御佛前」「御香料」などです。 「お供え」とされる場合もありますが、何にでも使えるのは「御仏前」「御佛前」です。 「御霊前」は仏教の四十九日以前にのみ使われるので注意しましょう。 また、蓮の絵が入っているのもは仏教にしか使えません。 氏名 表書きの氏名部分は、会社名や部署名と、代表者の氏名、または3名までの連名の氏名です。 姓だけを書く方を稀に見かけますが、氏名を記入するようにしましょう。 夫婦など姓が同じ場合は、代表者の氏名のあとに横に並べて名前を記入するようにします。 部署で包む場合などは部署名のあとに一同、4名以上の連名の場合は代表者の氏名と他何名、他一同と記入し、別紙に記入し中袋に入れましょう。 夫婦や家族の場合、代表者の氏名だけでかまいません。 妻側親族の場合などは妻の名前も連名で記入しましょう。 子供の友人や先生などの一周忌のご法要での香典の場合は、代表者の氏名に続けて子の名前も連名で記入しておきましょう。 中袋 一周忌のご法要での香典袋の中袋の書き方をご紹介します。 表側の中央か、裏側の右側に金額を記入します。 金~圓(円)と、漢数字を用いて記入します。 漢数字に関しては下記をご参照ください。 香典袋の中袋には、金額の他に住所、氏名、関係性などの記入も必要です。 裏側の左側に住所、氏名、関係性の順に記入します。 郵便番号は必要ありません。 連名になる場合は代表者のものだけを記入し、別紙に他の人のものを全て記入しましょう。 3人以下であっても個別の金額や住所など、記入する内容が多くなるため別紙に分けたほうが親切です。 よく迷われるお札の向きについてご説明します。 お祝儀は、中袋の裏側から見て顔側が表、かつお札を出した際に顔側から出てくるように入れます。 不祝儀の場合は、裏表はお祝儀の場合と同じですが、お札を出した際に最後に顔の部分が出るように入れます。 今は依然ほど厳しく言われませんが、顔が先に出てくるようにだけは入れないほうが良いでしょう。 新札か古札かも意見が分かれるところですが、現代は薄墨と同じような扱いで 一周忌のご法要は事前に準備をするものなので、新札を好まれる場合が多くなっています。 どちらか迷う場合は新札を準備し、軽く中央に折れ目をつけておきましょう。 親族の場合は可能であれば年長者に合わせておくとよいでしょう。 また、 袱紗の包み方は左側に開けるように包みます。 慶事は右側なので注意が必要です。 袱紗を使わないことは基本的には失礼にあたるので、極力袱紗を使用するようにしましょう。 香典は気持ちです.

次の

一周忌の法事に夫婦や家族で出席する時の香典相場は?欠席の場合も解説|喪主24時

一 周忌 法要 香典

一周忌の香典の金額 一周忌法要に招かたれときは、香典やお供え物を持参します。 一周忌の香典の額は、地域によって異なりますが、基本的に血縁であれば1万円程度で、関係が近いほど多く包みます。 知人や友人であれば5千円程度が目安となり、やはり故人との関係によって調整します。 また、法要の後に食事が振る舞われるかどうかによって、食事代に相当する分を上乗せして、それぞれ1. 5~2倍くらいで切りのよい金額を目安にするとよいでしょう。 あるいは、食事代に相当する分として、香典に加えてお供物をお贈りする方法もあります。 一周忌の香典の目安 故人との関係 会食なし 会食あり 祖父母 1万円~ 1~3万円 親 1万円~ 1~5万円 兄弟姉妹 1万円~ 1~3万円 親戚 1万円~ 1~3万円 職場関係・知人・友人 5千円~ 1万円 故人の孫にあたる場合の香典は? 故人の孫にあたる場合、孫の年齢や社会人かどうかによって変わってきます。 孫が社会人であれば、上記の祖父母の金額が目安となりますが、未成年でまだ働いていない場合は、香典は不要とされています。 香典の額を決める際の注意点 香典の合計金額に、4や9の数字が入らないようにしましょう。 また、金額が中途半端にならないようにキリのいい数字でまとめるのが重要なマナーです。 一周忌のお供え物の「のし」の表書き、書き方について 一周忌のお供え物には、黒白や双銀、または黄白の結び切りの「のし紙」を付けます。 黄白の水引は、四十九日以降の法要に、主に関西を中心に用いられます。 関東では、一周忌までは黒白の水引を用いるところもあり、地域によって異なる場合があるので注意が必要です。 のし紙の表書きの上部には、 「御供」と書きます。 下部には、名前を書きます。 名前は、フルネームか、苗字、下の名前などを関係性に応じて贈り先の方がわかりやすい表記を選ぶとよいでしょう。 また、のしの掛け方には、包装紙をかける前にお供えの箱に直接のし紙をかける「内のし」と、包装紙で包んでから箱の外側にのし紙をかける「外のし」の2つがあります。 法事に参列し、お供えを直接手渡す場合は「外のし」、法事には出席せず、郵送など送る場合は「内のし」にすることが多いようです。

次の