徴用 工 現金 化 いつ。 徴用工判決に基づき、韓国は資産を現金化しますか?

韓国が資産現金化なら対抗措置 「徴用工」判決1年半

徴用 工 現金 化 いつ

韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟で差し押さえられた資産の現金化。 日本政府が対抗措置に踏み切るのは必至で、日韓関係を破綻に導きかねないカウントダウンが続いている。 ソウルの光化門 2020年2月22日、最高裁が日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟で差し押さえられた資産が現金化される時期が近づいているとみられる。 日本企業に実害が発生すれば、日本政府が対抗措置に踏み切るのは必至。 日韓関係を破綻に導きかねないカウントダウンが続いている。 日本製鉄(旧新日鉄住金)を相手取った元徴用工訴訟で、2018年10月に勝訴した原告側は翌19年5月、差し押さえた特許料などの韓国内資産を現金化するため、売却命令を裁判所に申し立てた。 大手工作機械メーカー・不二越を相手取った元挺身(ていしん)隊員訴訟で、控訴審での勝訴を受けて差し押さえた韓国内資産についても、売却命令を申請した。 原告側は「賠償判決確定から半年が経過し、これ以上、現金化手続きを遅らせることはできないと判断した」と説明。 一方で「企業との包括的な協議の意志がある」として、賠償に向けた協議に応じるよう日本企業に求めていた。 この構想は「記憶・和解・未来」財団を設立して、日本企業の民事上の賠償責任を事実上免除する案で、「判決の強制執行」を基金支給に代えることができる仕組みだった。 しかし、韓国の被害者団体などは「企業と市民のお金で日本に免罪符を与えるということか」などと反発。 日の目を見ることはなかった。 その後、訴訟に関わってきた日韓の弁護士や市民団体は問題解決に向け、日韓合同の協議体創設を提案した。 「協議体は強制動員問題全体の解決構想を一定期間内に提案する」「両国政府は協議体の活動を支援し、協議案を尊重しなければならない」などの内容だ。 韓国大統領府は一定の理解を示したが、「元徴用工問題は1965年の日韓請求権協定で解決済み」とする日本政府は取り合わなかった。 元徴用工問題の解決に関して韓国の大統領は「被害者の同意」を繰り返し強調。 外相は現金化される場合について、「時期がカギになるが、司法手続きの一部分のため、政府が介入できない」と述べ、「政府が(現金化)時期を遅らせたりできない」との立場を改めて示した。 韓国内では日本からの独立運動を記念する3月1日の「三一節」や4月15日の国会議員選挙などが控える。

次の

元徴用工問題、韓国「ゼロ回答」で日本は“対韓制裁”準備! 識者「これまでの日本政府は腰砕け…今回は1ミリも譲るな!」 日韓首脳会談:イザ!

徴用 工 現金 化 いつ

いわゆる徴用工訴訟をめぐり、韓国最高裁が新日鉄住金(現日本製鉄)に賠償を命じる確定判決を出してから30日で1年半となる。 判決は日韓関係の基盤である1965年の日韓請求権協定を覆しただけに、政府は韓国側の責任で解決策を示すよう強く求めてきた。 だが、文在寅(ムン・ジェイン)政権は「三権分立」を理由に主体的な関与を避け続け、原告側による日本企業の資産の差し押さえと現金化に向けた手続きが進んだ。 「旧朝鮮半島出身労働者(元徴用工)の問題は日韓の最大の懸案であり、今後も韓国に国際法違反の状態の是正を強く求めていく」 菅義偉官房長官は16日の記者会見でこう訴えた。 とはいえ、これまで不作為を続けてきた文政権が、にわかに動くとは考えにくい。 むしろ、15日の韓国総選挙で与党が圧勝したことで、文政権は対日姿勢をさらに強める可能性がある。 安倍晋三首相は昨年12月の日韓首脳会談で、文氏に韓国側の責任で解決策を示すよう直接求めた。 しかし、文氏は今年1月の記者会見で「ともに知恵を集めれば、十分に解決できる余地がある」と述べ、日本側にも解決策を示すよう促した。 念頭には、原告への慰謝料として日韓両国の企業が出資する案や、企業と国民から寄付を募る案があったとみられる。 しかし、日韓請求権協定は、両国民の財産や請求権に関する問題の「完全かつ最終的」な解決を確認している。 国交正常化交渉の過程で韓国側は、徴用を含む補償に関し、日本側が提案した個人への支払いを断って、韓国政府への一括供与を求めた。 その結果、政府は韓国政府に5億ドルの供与を約束し、実行した。 PR 日本の企業が拠出すれば、請求権協定との矛盾が生じる。 政府に韓国が提示した案を受け入れる余地がないのはこのためだ。 韓国側が、判決で生じた国際法違反状態を是正しない間に進んだのは、原告による日本企業の財産差し押さえと現金化するための手続きだった。 資産売却は、原告の申請を受理した裁判所の判断に委ねられているが、「いつあってもおかしくない」(日韓外交筋)とされる。 現金化に至った場合、日本政府は速やかに対抗措置を講じる考えで、韓国側の資産差し押さえや輸入関税の引き上げなど二桁に上るオプションを検討している。 「どの措置を発動するか、最後は政治の判断」(外務省幹部)で、首相が文政権の対応や日本経済への影響を見極めた上で決断するとみられる。

次の

元徴用工訴訟、どうなる日本企業の資産現金化、日韓関係を破綻に導きかねないカウントダウン続く (2020年2月22日)

徴用 工 現金 化 いつ

韓国は、やばくなったらすぐ逃げる。 徴用工裁判で、差押までしたが、それ以上は、怖くてやれない。 なぜなら、日本政府が制裁すると言っているからだ。 じゃあ、いつ節目が来るのか。 中国もそうだが、韓国は、日本の総選挙の結果が見たい。 韓国は、首相が変わるたびに、通例の様に、日本に謝らせている。 首相が安倍でなくなったら嬉しい。 だから、そこまで様子を見るだろう。 つまり7月までは、事が動かない。 これが普通の見方。 しかし、もっと長いスパンで見たとしても韓国はヘタレだ。 構造的には制裁されるまで突き進むだろうが。 ヘタレ過ぎて、ずっと現金化できないかもしれない。 元々これは、韓国が裁判所を使って韓国の日系企業を恫喝して、交渉テーブルに出させるのが目的だった。 そして、財団を日本政府に拠出させて設立するというシナリオ。 これに対して、日本は、慰安婦とは、まったく違う反応をした。 韓国は、戦々恐々としてしまった。 もし、このまま現金化しなかった場合、制裁か、崩壊の流れはどうなる。 アメリカは、北朝鮮の制裁解除をしなかった。 南朝鮮は、併合が許されない。 日本は、北の制裁を当分(3年延期)続けると宣言した。 つまり、今の状況は、当分変わらない。 韓国は、サムスンがダメになれば、経済が大きく傾く。 現在、傾いている最中。 これで外資が引けば、打つ手がない。 韓国の、日本を部品メーカーにしたてた韓国組み立て工場というビジネスモデルは、中国にとられた。 これは、中国以外でも真似できるビジネスモデル。 例えば、日本が、国内の岩板規制の酷さの性で、国内生産を諦めて、国外に組み立て工場を持って世界と自由にやり取りするというモデルを確立したら、中国さえ、必要でなくなる。 たぶん日本がアメリカに進出したら、この機種は、アメリカモデルだと言い張るだろうし、中国も一緒。 組み立て工場とはそういうもの。 現在、台湾がそれにあたる。 アメリカが安全保障の為、先陣を切っているし、そうなりつつある。 じゃあ、取り残される韓国はどうなるのか。 そうなれば日系企業は、在韓するより、在中するより、在台する方が、安心だし、民度も高い。 何より、親日だ。 そして、日本から近い。 アメリカ軍も進駐してくれる。 このように、韓国が、日本政府の報復を恐れて、徴用工裁判で差し押さえた日本企業の財産を現金化しなくても、節目は来る。 一番わかりやすいのは、日台同盟成立。 ここまで行かなくても日台国交正常化。 民間はとっくだけどね。 旗色(きしょく)を鮮明にしろと言う言葉がある。 日本と台湾が手を携えると、韓国は、民主国側の唯一日本に近い国という立場を失う。 この時、日本企業は、リスクの高い韓国に、これ以上肩入れするだろうか。 むしろ、台湾に引っ越すのではないだろうか。 韓国リセット.

次の