福士蒼汰 横浜流星。 菜々緒と福士蒼汰のドラマ打ち上げ 厳戒態勢の裏に横浜流星との噂か

横浜流星は吉沢亮とそっくり?似てる芸能人がたくさんいたのでまとめてみた

福士蒼汰 横浜流星

10月クールに放送される福士蒼汰主演の金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)の撮影現場にて、横浜流星の誕生日サプライズが行われた。 本作は、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエによる同名漫画を原作としたラブストーリー。 福士が主人公の救急救命士・みことを演じ、彼が一つ屋根の下で暮らすことになる義姉・沙羅役を菜々緒、長男・廉役を桐谷健太、末っ子・藍役を横浜流星が務め、花巻家の母で、海外を拠点に活動するフォトグラファーの理津役で麻生祐未が出演する。 脚本を手がけるのは、『マルモのおきて』(フジテレビ系)、『表参道高校合唱部!』(TBS系)の櫻井剛。 『古畑任三郎』シリーズ(フジテレビ系)、『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系)の河野圭太が演出を担当する。 9月16日に23歳の誕生日を迎えた横浜。 そんな彼のバースデーサプライズが本作の撮影現場で行われ、福士、菜々緒、桐谷が祝福した。 マリーゴールドのデコレーションと劇中の愛犬・シロと2ショット写真がプリント加工された特製ケーキが登場すると、「すごい!」と目を輝かせた横浜。 だが、皆がバースデーソングを歌う前にろうそくの火を吹き消してしまい、桐谷から「早い早い!(笑)」とツッコミが入る場面も。 なお、番組のでは、バースデーサプライズの模様を収めた動画が公開されている。

次の

福士蒼汰、横浜流星に身長の伸ばし方を訊かれて意外な回答⁉︎「母がおまじないを…」

福士蒼汰 横浜流星

福士蒼汰が菜々緒と義理の姉弟役を演じ、桐谷健太、横浜流星らも共演する「4分間のマリーゴールド」の第4話が11月1日放送。 みことは父の再婚で沙羅、廉、藍の3兄弟と義理の兄弟になる。 みことの義理の姉・沙羅を菜々緒さんが、長男・廉を桐谷さんが、末っ子・藍を横浜さんがそれぞれ演じる。 また廉の親友・青葉広洋に佐藤隆太。 藍のことが好きな同級生・遠藤琴に鈴木ゆうかといったキャスト。 みことたちは兄弟として暮らしてきたが、いつしかみことは沙羅のことを想うように。 それと共に幼い頃に沙羅と手を合わせた際に見たものが、沙羅の死のイメージだと気づき1人苦悩を続けてきた。 ご注意ください。 家長としての責任感ゆえに2人の今後を考え苦悩する廉は、みことに「沙羅を好きでいるなら、俺はおまえの家族をやめる」と告げる…。 みことと沙羅、福士さんと菜々緒さんのキスに「福士くんの高身長ならではの斜めからいくキスがたまらない」「福士くんのキスシーンはいつもアゴのラインが最高に美しい」といった声が上がる。 一方、みことと沙羅が付き合い続けることで2人に待ち受ける困難を思うがゆえに、交際に猛反対する廉の気持ちにも「廉兄の気持ち分かるなぁ。 責任あるよね」「廉兄の辛さもみことの辛さも両方分かるからもう悲しくてしょうがない」という感想も。 そしてみことと沙羅に冷たく当たる廉。 険悪なムードになる花巻家のなかで自分だけ事情を教えてもらえない藍は「もう料理を作らない」とすねてしまう。 そんな藍に「横浜流星くん、すねてる可愛すぎ」「膨れてる横浜流星やばい」などの声とともに「藍が拗ねるのも仕方ない。 蚊帳の外の気分なんだろうな」「みことのこと純粋に兄って思ってるから、今の状況に一番驚きそう」など藍の気持ちを案じる声も続々と寄せられる。 ラストで廉に沙羅に待ち受ける未来を伝えたみこと。 《笠緒》.

次の

福士蒼汰、横浜流星に身長の伸ばし方を訊かれて意外な回答⁉︎「母がおまじないを…」

福士蒼汰 横浜流星

福士蒼汰が菜々緒と義理の姉弟役を演じ、桐谷健太、横浜流星らも共演する「4分間のマリーゴールド」の第4話が11月1日放送。 みことは父の再婚で沙羅、廉、藍の3兄弟と義理の兄弟になる。 みことの義理の姉・沙羅を菜々緒さんが、長男・廉を桐谷さんが、末っ子・藍を横浜さんがそれぞれ演じる。 また廉の親友・青葉広洋に佐藤隆太。 藍のことが好きな同級生・遠藤琴に鈴木ゆうかといったキャスト。 みことたちは兄弟として暮らしてきたが、いつしかみことは沙羅のことを想うように。 それと共に幼い頃に沙羅と手を合わせた際に見たものが、沙羅の死のイメージだと気づき1人苦悩を続けてきた。 ご注意ください。 家長としての責任感ゆえに2人の今後を考え苦悩する廉は、みことに「沙羅を好きでいるなら、俺はおまえの家族をやめる」と告げる…。 みことと沙羅、福士さんと菜々緒さんのキスに「福士くんの高身長ならではの斜めからいくキスがたまらない」「福士くんのキスシーンはいつもアゴのラインが最高に美しい」といった声が上がる。 一方、みことと沙羅が付き合い続けることで2人に待ち受ける困難を思うがゆえに、交際に猛反対する廉の気持ちにも「廉兄の気持ち分かるなぁ。 責任あるよね」「廉兄の辛さもみことの辛さも両方分かるからもう悲しくてしょうがない」という感想も。 そしてみことと沙羅に冷たく当たる廉。 険悪なムードになる花巻家のなかで自分だけ事情を教えてもらえない藍は「もう料理を作らない」とすねてしまう。 そんな藍に「横浜流星くん、すねてる可愛すぎ」「膨れてる横浜流星やばい」などの声とともに「藍が拗ねるのも仕方ない。 蚊帳の外の気分なんだろうな」「みことのこと純粋に兄って思ってるから、今の状況に一番驚きそう」など藍の気持ちを案じる声も続々と寄せられる。 ラストで廉に沙羅に待ち受ける未来を伝えたみこと。 《笠緒》.

次の