ビル ゲイツ 逮捕。 【速報】「ビル・ゲイツ氏の逮捕」伊政治家が要求! ワクチンが不妊・麻痺を招く!?

ハリウッドセレブの大量逮捕!トムハンクスの息子とアドレノクロム

ビル ゲイツ 逮捕

トランプ政権が、何らかの調査を実施したいとしています。 すでに訴訟が数件提起 されています。 情報筋によると、 本ウイルスの実際の作成ではビル・ゲイツが指揮するチームが関与 しています。 フランク・プラマーは、ウイルス作成に関与した国立微生物学研究所の前所長で、自らが本ウイルス作成に関与しており、本人はカバールによるMKウルトラ洗脳の被害者で自分の意思に反してウイルスを作成した後に、 口止めのためにカバールに殺害 されました。 情報筋によると、 アンソニー・ファウチも本ウイルス作成に関与 していました。 プレアデス人 が、本ウイルスの中国株の封じ込めに成功した後に、 カバール工作員が韓国とイランとイタリアに3種類の株を散布し ました。 韓国株とイラン株の封じ込めは成功しましたが、イタリア株に対してまだできていません。 現在の世界的感染はイタリア 株 です。 興味深いのは、武漢在住のコブラのライトワーカーチーム約60名がだれ一人として感染していないことです。 チームメンバーは毎日、コマンドRCVスターダストを使用していました。 カバールはEU各国に対してイタリアとの国境を閉鎖しないように命じて感染が欧州全体に拡散し、後にはミラノからニューヨークへの直行便の運航を継続させて米国にウイルスが拡散しました。 カバールはまた、米国でのコロナウイルスのテストが長期にわたって出来ないようにして感染拡大を工作しました。 そして移動制限に反対しました。 これによって、 ビル・ゲイツ、アンソニー・ファウチ、テドロス・アダノム、ジョージ・ソロス、ジャレッド・クシュナー、江沢民らによる次の計画となる全世界対象の予防接種と18か月間のロックダウンへとつながりました。 ビル・ゲイツが本計画の首謀者で、人々にマイクロチップを埋め込む算段です。 ビル・ゲイツは、ジェフリー・エプスタインと強いつながり がありました。 WHO事務局長のテドロス・アダノムにも、かなりいかがわしい過去があります。 以上に述べた人たち全てが、ウイルス拡散とその後のワクチン開発に対する強い経済的利害関係者です。 ウイルスに関するデータ操作その計画に対しては強い反対があります。 白い貴族のケネディー家のメンバーであるロバート・ケネディーJrは、反ワクチン運動を止めさせるために親族2名の殺害という間接的な脅迫を受けました。 一方、ロバート・ケネディーJrは反撃して、ビル・ゲイツのことを暴露しました。 以下の署名運動も広がりを見せています。 その気のある方はどうぞ。 そしていま、 ビル・ゲイツによるカバール派閥はすでに敗北しつつあります。 コロナウイルスについての信頼のおける医療情報と証拠が開示されました。

次の

流行の黒幕説も…ビル・ゲイツ氏、新型コロナ陰謀論の標的に:時事ドットコム

ビル ゲイツ 逮捕

【パリAFP=時事】新型コロナウイルスの流行が始まって以来、米マイクロソフトの共同創業者で慈善活動に熱心なことで知られる富豪のビル・ゲイツ氏を標的にした誤った主張が、インターネット上で増加している。 専門家らは、こうした流言飛語は新型ウイルス感染予防対策を妨げる可能性があると警告をしている。 (写真は米マイクロソフトの共同創業者、ビル・ゲイツ氏) 陰謀論者らが作成した加工写真や偽ニュース記事の中には、ゲイツ氏が新型ウイルス流行の黒幕だと非難するものもある。 世界保健機関(WHO)は、新型ウイルスによるパニックと混乱が巻き起こしたデマを「インフォデミック」と呼び、対処を続けている。 だが、新型ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)対策のために2億5000万ドル(約270億円)の寄付を約束したゲイツ氏は、このインフォデミックの最新の標的になってしまった。 偽ニュースの研究とジャーナリスト向けの研修を提供する非営利団体「ファースト・ドラフト」の研究部門責任者ローリー・スミス氏は、「ビル・ゲイツ氏は常に、ある種の陰謀論者の標的になってきた」と語る。 ゲイツ氏の「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」は過去20年以上にわたり、開発途上国の医療向上のために数十億ドル(数千億円)を投じてきたが、同氏は「抽象的な『ブギーマン(子どもをさらうお化け)』のようなもの」になってしまったと話すのは、米ニューヨークのシラキュース大学でデジタル倫理を教えるホイットニー・フィリップス助教だ。 ゲイツ氏がワクチン接種とマイクロチップによって「人口の15%を減らすこと」を望んでいると主張するユーチューブ動画は、200万回近く再生されている。 これらのうわさは英語やフランス語、スペイン語、ポーランド語、チェコ語などの多様な言語で広まっていた。 米連邦捜査局(FBI)がバイオテロの容疑でゲイツ氏を逮捕したという主張や、アフリカの人々を毒殺しようとしている欧米諸国の陰謀を同氏が支持しているというものなど、いくつかのデマには共通点がある。 一様に、ゲイツ氏が「人々を支配」したり、ワクチンで金もうけしたりするために、新型ウイルス危機を利用していると非難しているのだ。 フィンランドのヘルシンキ大学で社会科学を研究するキンガ・ポリンチュクアレニウス氏は大学のブログで、ゲイツ氏は表立ってドナルド・トランプ米大統領を批判している他、ワクチンの開発支援もしていると指摘。 これによって同氏は「テクノロジーと(医療)科学の交差によって生じた危機において、うってつけのスケープゴート(責任転嫁の対象)」になったと書いている。 ゲイツ氏が陰謀論者らの犠牲になるのはこれが初めてではない。 2015年にブラジルでジカウイルスが流行した際には、流行に対する責任があるとして複数の欧米諸国の有力者が非難されたが、この中にゲイツ氏も含まれていた。 また、ネットで昔から人気があるうわさには、ゲイツ氏の正体は実はトカゲだったというものもある。 【翻訳編集AFPBBNews】 〔AFP=時事〕.

次の

【速報】「ビル・ゲイツ氏の逮捕」伊政治家が要求! ワクチンが不妊・麻痺を招く!?

ビル ゲイツ 逮捕

ビル・ゲイツ氏は、ゲイツ財団の全てのリソースを新型コロナウイルス(武漢ウイルス)対策に集中させると。 さらに「チャイナは数多くの正しいことを行った」と親中姿勢を隠さない 一方で、WHOへの拠出金を一時停止したトランプ大統領を批判している。 ゲイツ氏がこうした発言を行ってから約1ヶ月後、米連邦政府機関の一つ食品医薬品局(FDA)は、ゲイツ財団が支援している『シアトル・コロナウイルス査定ネットワーク(Seattle Coronavirus Assessment Networks: SCAN))』の活動を一時停止する通達を行っている。 これをニューヨークタイムズ紙が5月15日に。 『シアトル・コロナウイルス査定ネットワーク(SCAN)』は、シアトルを拠点に活動する新型コロナウイルスの検査プログラム。 食品医薬品局(FDA)はSCANに対するその通達の中で次のように記している: 適切な認可を受けるまで、患者への検査、そして診断結果を患者たちへ返却することを中止していただきたい。 一方、『シアトル・コロナウイルス査定ネットワーク (SCAN)』は、5月14日に自らのウェブサイト上でFDAから検査活動を「一時停止」する要請を受け取ったことを。 この中で、SCANは次のように記している: (FDAは)最近、COVID-19の検査を行うために自宅で個人が自ら検体を採取することに関して、ガイダンスを明確化した。 我々は、各個人が自ら検体を採取して行う検査の結果を(個人へ)送付するには、別途、連邦政府に対して緊急利用認可(EUA)が必要であるという通知を受けた。 FDAは、SCANが行っている検査の安全性や精度については一切懸念していないが、我々が追加の認可を受けるまで検査を一時停止するよう要請した。 しかしFDAの広報官は、ニューヨークタイムズ紙の取材に対して、 自宅で検体を採取し行う検査キットには、「FDAが審査する必要があるような安全性と精度に関するいくつかの懸念がある」と語っている。 * * * これまでにも、ビル・ゲイツ氏と彼のゲイツ財団が推進している発展途上国へのワクチン投与などの医療プロジェクトについて、その。 今月には、 ナイジェリアで強制的に新型コロナウイルスのワクチン投与を実施する見返りに、ビル・ゲイツ氏はナイジェリアの国会議員たちに合計 1000万ドルの賄賂を提示していたことが明らかとなり、ナイジェリアで大論争に発展していると。 さらに今月、イタリアの国会議員が、ビル・ゲイツ氏を逮捕するようイタリア議会に登壇し要求した。 GreatGameIndiaがこれを。 イタリアの国会議員であるサラ・クニアル(Sara Cunial)議員は、 ビル・ゲイツ氏が「ワクチン犯罪」を行っていると非難し、イタリア議会はゲイツ氏を人道に対する罪で国際刑事裁判所に提訴するよう要求した。 クニアル議員は、ゲイツ氏がインドやアフリカで行っているワクチン普及運動について、その内実を暴露する発言を行なっているほか、ID2020と呼ばれるデジタルIDプログラムによって人類にチップを埋め込もうとする計画についても糾弾している。 約7分間にわたって行われた国会演説の中で、クニアル議員はイタリアが「偽りの科学に対する聖なる宗教裁判」を受けていると語った。 彼女の演説は議会で賛同の拍手を浴びている。 クニアル議員は、この演説の中で、グローバリストによる計略を推進するために、イタリア国民に対して不必要な都市封鎖(ロックダウン)が行われているという批判も行なっている。 さらに、他の国会議員たちに対して、腐敗したエリートの支配に屈して新型コロナウイルスのワクチンを強制投与しようと国民を説得するいかなる計画も阻止するよう呼びかけた。 この演説の中でクニアル議員は次のように語っている: 今では我々全員が知っている。 ビル・ゲイツは、2018年にすでにパンデミックを予言しており、2019年10月に開催された「イベント201」において(スイスの)ダボス(会議)と共にそのシミュレーションを行なっていた。 ゲイツは、数十年間にわたって人口削減政策に取り組んできており、農業、技術、そしてエネルギー分野で主導権を握るために世界の政治を独裁的にコントロールしようと活動している。 ゲイツが行ったスピーチを文字通り紹介しよう。 彼は次のように語っている: 「 もし我々がワクチン、保健医療、生殖について良い仕事をすれば、我々は世界の人口を10〜15%削減することができる。 大量虐殺だけが世界を救うことができる」。 ・・・(中略)・・・ 我々人民は、あなた方(グローバリスト)が我々全員を抑圧できないよう、対抗の炎を拡大させるだろう。 私は大統領に(我々人民の)代弁者となるよう要請し、そして我らがコンテ首相に次のように提言することを要請する: 親愛なるコンテ首相、次回、あなたが慈善活動家のビル・ゲイツから電話を受け取った時は、人道に対する罪で、彼の電話を直接、国際刑事裁判所に転送していただきたい。 もしあなたがそうしないのならば、犯罪者からの命令を受ける「友人弁護士」であるあなたを、我々がどのように命名すべきかご教示いただきたい。

次の