楽天 モバイル から 楽天 アン リミット。 続【朗報】実質無料でスーパーホーダイからアンリミットへ移行?楽天アンリミット対応機種も買えるセール活用術

Rakuten UN

楽天 モバイル から 楽天 アン リミット

Rakuten UN-LIMITへの移行は契約解除料不要。 旧プラン継続の場合は最低利用期間は引き継がれる MNOとなった楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT(ラクテン アンリミット)」は、国内海外問わず自由に、誰でも使いやすい料金がコンセプト。 月額2980円で東京23区、川崎市、横浜市(一部)、さいたま市といった三大都市圏の主要エリアをカバーする自社回線のデータ通信と、独自アプリ「Rakuten Link」を利用した国内通話・SMSが制限なく使える。 海外から国内への通話・SMSも無料。 4月8日には日本から海外への通話と海外間の通話がかけ放題となるオプションサービス「国際通話かけ放題」も提供する。 Rakuten UN-LIMITの概要 通常料金月額2980円のところ、先着300万人は1年間無料になる「プラン料金1年間無料キャンペーン」も実施する(1人1回限り)。 まだ規定数に至っていない模様だが、気になるなら申し込みは早い方がいい。 ソフトバンクは、3月27日から商用5Gサービス「SoftBank 5G」を順次開始すると発表しており、楽天モバイルもまた6月から商用5Gサービスを開始する予定。 次世代通信規格への移行を控え、キャリア・通信サービス選びは難しいところだが、先着300万人に入ると、開通日の翌月末までに「Rakuten Link」の初回アクティベーション(SMS認証の完了)を条件に、事務手数料3300円に相当する楽天スーパーポイント3300ポイントがもらえるうえ、店頭ではなくオンラインで契約すると、追加で3000ポイントがプレゼントされる。 つまり、従来のMVNOからMNOサービスのRakuten UN-LIMITに乗り換えるだけで6300円相当のポイントをゲットできる。 なお、ポイントプレゼントに欠かせないRakuten Linkの対応機種は、当初は同社が取り扱うAndroidスマートフォン(スマホ)のみ。 合計6300ポイント、実質3000ポイントがもらえる2つの先行申込特典を用意。 さらに「楽天モバイル 楽天市場店」では、対象端末とRakuten UN-LIMITプランのセットの 先行申込で最大1万4000ポイントプレゼントする Rakuten UN-LIMIT自体は、楽天自社回線対応としてMVNOの楽天モバイルが販売していたほかのAndroidスマホも、ソフトウェアアップデートを適用するとSIMカードを入れ替えて利用できるとしている。 通信と端末料金を分離する「完全分離プラン」と完全に逆行する動きだが、今、もっとも端末ラインアップが多彩で、SIMフリーの機種を選ぶと損をする可能性が高いキャリアは楽天モバイルかもしれない。 (BCN・嵯峨野 芙美).

次の

楽天アンリミットに乗り換えるタイミング|気をつけるべきことはある?

楽天 モバイル から 楽天 アン リミット

スマホを契約するときは、契約書のちっさい文字までしっかり読むのりをである。 そんな私が今回発表された楽天モバイルの新料金プランについて、デメリットを調べてみたので紹介しよう。 こうしたスマホの料金プランは良いところばかりを宣伝するが、不都合な所などは小さな文字で目立たなくこっそりと記載されていることが多い。 安いと思って契約したら通信が遅かったり、不要なオプションがたくさん付いてむしろ高くなってしまったり…オプションの解除方法が分かりづらかったり…と身に覚えがある人がいるのではないだろうか? スマホ・携帯の契約やネットワーク回線、プロバイダの契約はあの手この手で消費者に分かりづらい契約をさせる。 非常に頭を使わなければ損をするように仕組まれているのだ。 一々頭を使用して小さい豆粒な字を読むのも馬鹿らしいので私が調べたデメリットを紹介しよう。 この記事の目次• 新プランUN-LIMIT アンリミット :デメリット 色々と調べた結果わかった大きなデメリットは以下3点だ。 データ使い放題の対応エリアが狭い(東京・名古屋・大阪)• 楽天モバイルの対応端末が分かりづらい。 (iPhoneが利用不可?)• 事前申し込みは新規契約のみ 詳しく見ていこう。 データ使い放題の対応エリアが狭い 新参モノのキャリアなので、対応エリアが狭いのは仕方の無いことなのだが実際にどれほど狭いか見てみよう。 楽天モバイルの公式サイトで公開されている対応エリアは以下の通り。 参照:楽天公式サイト: ピンク色の所が対応エリアだ。 ぱっと見エリアが非常に広く見えるのだが、データ使い放題の対応エリアというのが、このピンクが濃くなっている箇所のみなのだ。 非常に見づらく錯覚させてしまうのがズルいポイントなので、契約を検討する際はこのエリアを入念に確認してほしい。 楽天回線エリアはせめて別の色にしても良いのではないか? 参照:楽天公式サイト: 対応エリアをよーく見てほしいのだが、東京、大阪、名古屋、京都のみしか対応していないので注意が必要ということがわかる。 また、左下辺りに「サービスエリアに関する注意事項」とうのがあるので見ていただきたい。 参照:楽天公式サイト: クリクすると以下が表示サれる。 参照:楽天公式サイト: なにやら難しいことが書いてあるが、要するに通信が悪い場合があるけど勘弁してね、という内容が書いてある。 特に1,2,3、5,6,8,9,10とほぼ通信悪いの勘弁して欲しいという言い訳が書いてある。 新参企業で基地局が少ないため仕方の無いことだと思うが、通信の品質についてはあまり期待しない方が良さそうだということが伺える。 上記注意点を読んで考えられる不便さは以下2点ということだろう。 人が集中するエリア、時間は常に通信が遅い• 気づかない内に楽天エリアから外れてパートナーエリア回線を使用している 楽天モバイルの通信品質はあまり期待しない方が良さそうだ。 楽天モバイルの対応端末が不明確。 (iPhoneが利用不可?) 調べていて非常にわかりづらかったのが、対応端末が何なのか?という点だ。 SIMフリーやSIMロック解除端末でも、楽天モバイル対応端末でなければ使用できないのか?iPhoneはどうなのか?という所がいまいち分かりづらい。 一応動作確認済み端末は以下のサイトで確認できる。 動作確認済み端末: 確認するとおおよそ最近のスマホは利用できそうではあるのでおそらく、SIMフリーやSIMロック解除端末かつ、ここ4,5年で発売された端末であれば問題ないだろう…おそらく。 (ややこしい) この辺の情報がいまいち分かり辛い。 しかも今回のプランではパートナー回線としてau回線を使用するということで、ドコモやソフトバンクのSIMロック解除端末も使用できるのか?という疑問が残る。 また、iPhoneが利用できない。 と言っているブログを見かけるのだが根拠がいまいちわからない。 楽天のサイトを確認するとiPhoneも対応しているので、使用は可能と見て良いだろう。 購入を検討する場合はこの辺を良く確認すると良いだろう。 事前申し込みは新規契約のみ Webの購入手続き画面に行くと下記のような選択項目が出てくる。 下から2番目を確認していただきたいのだが、「新規電話番号のお申し込みのみとなります(必須)」という項目がある。 実はこの端末の先行申し込みは新規でのみしか契約ができない。 つまり、新しく電話番号を取り直さなければ行けないということだ。 これはなぜだか不明なのだが、かなりのデメリットである。 今や電話番号は様々なところの契約で使用しているため、そう簡単に変更などできるわけが無く、変更する場合は相当な気合が必要となるので要注意だ。 新プランUN-LIMIT アンリミット :メリット ここまで、楽天の新料金プランのデメリットを紹介したが、逆にメリットについても触れておこう。 メリット• 一年間無料 300万名対象• 完全データ使い放題(楽天基地局接続時)• 国内通話かけ放題(専用アプリ使用時)• オンライン契約で3,000ポイント• 事務手数料:3,300円相当分全額ポイント還元• SIMロックなし、最低利用期間なし、解約解除料免除 デメリットに比べメリットはかなり多くある。 特に嬉しいのが、「一年間無料」と「最低利用期間」「解約解除料」なし、という所だろう。 新しく進出したキャリアなだけに、前述したデメリットがあるのだが、このメリットによって駄目だと思ってもすぐに引き返す事が可能なのだ。 かなり思い切った戦略であり楽天の本気度が伝わってくる良プランだ。 おそらく「一年無料」プランでユーザーを引き止めている内に上記であげたデメリットを改善していってくれるのだろう。 以下の記事でも書かれているので参考にしていただきたい。 Engadget参照 どうやら衛生通信を利用するようだ。 頑張ってもらいたいものだ。 本当に実現したらすごいことになるだろう。 新プランUN-LIMIT アンリミット :買いなのか? このように楽天モバイルの新料金プランはデメリットだけでなく、それを補うようにメリットが多く存在するが、結局の所買いなのか? 私個人としては買い、である。 ただし現在楽天エリア対象に住んでいる人に限る。 理由としては、以下2点が挙げられる。 一年間利用料金が無料• 解約料なし• 今後対応エリアが増える可能性がある 一年間利用料金が無料 300万人限定)かつ解約手数料がないため駄目ならすぐに逃げられてなおかつ無傷だ。 また、対応エリアがこれからどんどん増える可能性まであるのだ。 これは買わない手は無いだろう。 念の為、保険として現在使用しているスマホは利用し続けるのが良い。 例え失敗して解約しても問題ないし、今まで使用していた電話番号も残しておけるからだ。 ちなみに、私はすでに先行申し込み済みだ。 新料金プランが発表された後、色々と調べた結果上記の理由であまりリスクは無いだろうと考えた結果である。 申し込みをすると送られてくる明細 正直あまり通信品質については期待していないが、今後に期待している。 新プランUN-LIMIT アンリミット :まとめ 楽天モバイルの新料金プランである「UN-LIMIT アンリミット)」について以下分かりにくいメリットを紹介した。 デメリット• データ使い放題の対応エリアが狭い(東京・名古屋・大阪)• 楽天モバイルの対応端末が分かりづらい。 (iPhoneが利用不可?)• 事前申し込みは新規契約のみ また、メリットについては以下を紹介。 メリット• 一年間無料 300万名対象• 完全データ使い放題(楽天基地局接続時)• 国内通話かけ放題(専用アプリ使用時)• オンライン契約で3,000ポイント• 事務手数料:3,300円相当分全額ポイント還元• SIMロックなし、最低利用期間なし、解約解除料なし 通信品質、対応エリアが残念だが一年間無料と解約料なしなのでリスクなしなので即買いレベルの良プランである。

次の

楽天モバイル【アンリミット】は結局どうなの?誰でも分かる様にイチから解説|オラサー

楽天 モバイル から 楽天 アン リミット

でも、全国に通信基地局作るって時間とお金がめっちゃかからない? そうなんです、自前の通信基地局を作るのってめちゃくちゃお金がかかるんです。 ここで問題になってくるのが「楽天モバイルUN-LIMITはちゃんと電波使えるの?全国で?」問題です。 若い人はわからないかもしれませんが、以前ドコモ・auに比べてソフトバンクだけ電波が悪いと言われる時代があり、大手3社の中では一番最後に参入したソフトバンクは何年もかけて通信基地局を建設したり、イーモバイル(現ワイモバイル)を買収したりすることで、電波を改善してきました。 総務省が通信会社各社の基地局数を発表していますが、これは令和元年(2019年度)の資料で、ドコモが375,657基・auが212,602基・ソフトバンク272,603基なのに対して楽天モバイルは29基です。 これは楽天モバイルUN-LIMITの正式サービスが開始される前なので、29基でも良いんですが、正式サービスが始まった2020年4月の時点でも4,700基と他の通信会社に比べて大きく出遅れています。 じゃあエリアが狭いんでしょ?契約する意味あるの?って思うよね?それでも契約した方がいい理由があるんだよね 楽天モバイルエリア以外ではau回線が使える。 楽天モバイルの基地局設置が遅れているのは、当然楽天もわかっているので楽天の電波が届かないエリアの人にはパートナー回線と言ってauの電波を借り受けて提供しています。 つまり、楽天モバイルの自社回線が届かないエリアにいる場合には、au回線でデータ通信を行なう事が出来るということです。 データ通信無制限じゃない・・・?それなら楽天モバイルエリアじゃなければ契約する価値が無い・・・と思いますが、それでも契約するのが絶対お得なんです。 楽天モバイルUN-LIMITが契約必須な理由 ここまでの楽天モバイルUN-LIMITプランの内容をまとめると• データ通信無制限だけど、無制限に使えるは楽天エリアの限られた場所だけ• 楽天エリアの通信基地局設置は遅れている(2020年4月現在で4,700基)• 楽天エリア以外だとパートナー回線(5GB)しか使えない この3つが楽天モバイルUN-LIMITの現状になります。 それでも先程から何回も言っていますが、とりあえず契約をする事が絶対的におすすめな理由があります。 実は、私も楽天モバイルを契約していますが微妙に楽天エリアから漏れた場所に住んでいます。 なので、現在自宅で使う場合にはパートナーエリアのau回線ですが、5GBまで無料で使う事が出来ます。 そして、大きなポイントなのが5GB使い切ったあとでも最大1Mbpsの通信速度で使い放題という点です。 基本的に通信会社の契約データ量を使い切って通信制限になった場合には128Kbpsの速度まで落とされる事が多いですが、楽天モバイルUN-LIMITの場合には、1Mbps(1,000Kbps)の速度で使うことが出来るので、制限がかかった状態でも他社に比べると快適に使うことが可能です。 1Mbpsあれば、LINEトークやWEBの閲覧はもちろん。 動画を見たりLINEビデオ通話などもする事が可能です。 これはRakuten linkという専用アプリを入れる必要がありますが、国内であればどこへ電話をかけても無料でかけ放題する事が可能です。 LINE通話なども無料ですが、LINE通話の場合には相手もLINEをインストールしている必要があるうえに、電話ではないので電話番号宛に電話する事は出来ませんが、楽天モバイルUN-LIMITの場合には、携帯電話でも固定電話でも無料でかけ放題する事が可能です。 現在行われているキャンペーンをまとめると• 300万人限定の一年無料キャンペーン• 事務手数料3,300ポイント還元キャンペーン• オンライン申し込みで3,000ポイントプレゼント• 対象製品同時購入で最大15,000ポイントプレゼント 私の場合には、楽天モバイルUN-LIMITに対応しているスマホを持っていたので、SIMだけで申し込みをしたので、端末購入代金がかからず。 例えば、iPhoneの場合にはSIMカードとeSIMが併用されているので、SIMカードにはメインで使っている番号や契約を入れて、サブ回線としてeSIMに楽天モバイルを入れるという使い方が可能になります。 これはデュアルSIMと言われる機能なんですが、2回線分の契約をひとつにスマホに入れることで、メインの回線以外にデータ通信量が安いSIMなどを組み合わせる事が出来ます。 つまり、今使ってるスマホがeSIM対応のスマホであれば、楽天エリアならデータ通信無制限のスマホを作ることが出来るという事です。 (楽天モバイルエリア外の場合には毎月5GBが余計に使えると考えればOK).

次の