エロンガータ リクガメ。 【エロンガータリクガメ】地味だけど初心者にも飼いやすいリクガメの特徴や飼育

エロンガータリクガメの飼い方|販売価格、寿命は?

エロンガータ リクガメ

この記事の目次• エロンガータとは細長いの意味 ちなみにelongataという学名表記はelongated、細長いという意味です。 結構、他の生物でも見られ、ニシンの仲間であるヒラIlisha elongata、 日本にも分布するタイワンクツワムシ(Mecopoda elongata)などにも使われます。 確かにほかのリクガメに比べて細長い印象ですが、 アカアシリクガメChelonoidis carbonariaの甲羅よりは短いような気がします。 東アジアから南アジアの一部まで広く分布 本種は中国に主に中国南部、ベトナム、東南アジア、 さらにネパールからバングラデッシュに広く分布しています。 近い仲間はインドのトラバンコアリクガメ(Indotestudo travancorica)、 そしてなぜか分布の離れたインドネシアの スラウェシ島にはセレベスリクガメ(Indotestudo forstenii)がおり、 Indotestudo属は合計3種からなるリクガメです。 セレベスリクガメは大航海時代に持ち込まれた可能性があるそうで、 船員が持ち込めて増えるほど現地には多くいて、 簡単に捕まえることが出来たのかもしれませんね。 今ではIUCNのレッドリストでは野生下で二番目に絶滅の危険のある 「絶滅危惧種」に指定されるほど減少しています。 (トラバンコアリクガメ 写真引用元:wikipedia) 多様な環境に生息 広い分布域ということは生息環境も多様であると考えられます。 実際にエロンガータリクガメは主に低山地や丘陵地に広がる中湿性から 乾燥した落葉熱帯林に生息しています。 竹林や草地にも見られ、高温高湿の落葉広葉樹林にも見られますが、 トラバンコアリクガメやセレベスリクガメと異なり、 降水量の多い常緑性熱帯雨林には生息しないようです。 このような生息地ですから、乾燥していたり、湿っていたり、寒かったり、暑かったりします。 乾燥にも強いのも特徴です。 そして森林性のカメだからなのでしょうが、多分紫外線要求量もかなり少なくて済むと思われます。 安価であった過去は粗雑な扱い 今から30年くらい前には確か1頭1万円から1万5千円くらいだったように思います。 本種に限らず、アジア産のカメは軒並み一万円未満と安く扱いも粗雑であったように思います。 ここ最近はどうなっているかわかりませんが、 10年ほど前の中国南部の食品市場で芋のようにごろごろと入れられている写真は 爬虫類雑誌のビバリウムガイド誌などで紹介されており、 結構普通にいるのかなと思わされました。 ただ最近は輸入量他のカメと同様に価格も上がり、 輸入も定期的ではなくなり、急騰というほどではないもののちょっと手が出しにくくなっています. 雑食? 本種はリクガメでは珍しく、肉類や配合なども好みます。 しかし、当然与えすぎはよくなく、葉物野菜や果物を中心に与え、 肉類は月に何回か程度と考えたほうが良いと思われます。 うちで飼っているペアは意外と少食ですが、 バナナやイチジクなどの果実類より、煮たかぼちゃやプチトマトをよく食べます。 孵化までは6か月近く 産卵は年に1から2回ほどあり、一回の産卵で1~7個を産みます。 人工孵卵時での孵化までの期間は96日から165日と、長い場合は6か月近くになります。 この間,温度や湿度を一定にしなければならず、 そのあたりが殖えにくい要因になっているような気がします。 現地でも6か月くらいになればそれなりに季節が変化するはずで、 ひょっとすると温度はそれほど神経質にしなくてもいいかもしれません。 リクガメの中では比較的多くの産卵例があるようで、私も目指している一人です。 飼いやすいリクガメ このように殖やすのはそれなりに技術が入りますが、 単に飼うだけならこんなに入門者向けのリクガメはいないでしょう。 温度も湿度も紫外線も食べ物も気を使う必要がありません。 リクガメを飼うというより、セマルハコガメのような陸生水ガメっぽい方法で飼うことが出来ます。 ただ、先述したように絶滅危惧種にも指定されているため、 入手したら大事にしていくことが大事だと思います。 —はじめてのカメと暮らし方— 関連記事: 関連記事: 関連記事:.

次の

エロンガータリクガメ(Elongata陸亀)【かぎけんWEB】

エロンガータ リクガメ

セイロンホシガメが孵化して半年が経ちました。 現在の体重は約100g。 四肢が太く、どこか大型種の雰囲気を感じます。 大きな目と黒っぽい顔つきも特徴的です。 なかなか馴れてくれず、自家産のベビーとは思えないほど飼い主を警戒し続けています。 シャイな個体はメスに多いようですが、そういうレベルでは無いような・・・ まあ、単なる個体差なのかもしれませんが。 独特のフォルムを維持しようと気遣っているものの、 かなりの食欲に苦戦しています。。。 栄養価の高いメニューで育てていれば、軽く150gは越えているかと。 そろそろ繁殖を視野に入れたい季節ですが、なかなか親個体を登録する気になれず、今年は交尾をさせていません。 当面は変化を避け、平穏な飼育生活を続けるつもりです。 といいつつ、最近またビルマホシガメやヒョウモンガメを飼いたいなあと感じています。 ビルマホシガメは予算的なハードルが高いので、やはりヒョウモンガメでしょうか。 ちょっと気になってる個体がいるんですが、やはり増やすのは現実的じゃないだろうなあ・・・ カテゴリー: 投稿日: 投稿者: 2019年も残り僅かとなりましたので、印象的なことを記しておきます。 ・サイテス会議 今回は議題となった動植物の殆どが承認されたことに驚きました。 しっかりと考察や議論が行われた結果であれば良いのですが、ある種の同調圧力のようなものが存在していたのかなと想像してしまいます。 開催地と時期の変更が会議を形式的なものにさせてしまったのでしょうか。 とはいえ、インドホシガメが1類になったことについては反論の余地がありません。 最初から死なせるつもりで飼う人なんていないのでしょうが、それでも大量に消費されてきた現実を見れば飼育に不向きであることは明らかです。 私自身、大好きな種に対して保護どころか消費に加担しているという矛盾を抱きながら飼い続けてきました。 もしも亀の飼育を趣味にしていなければ、間違いなく今の自分のような人間を軽蔑していたでしょう。 法律が変わっても飼育自体は可能ですし、登録さえ済ませれば販売や譲渡まで出来てしまうのは非常にありがたいことです。 ただ、所有を容認されることは密猟・密輸を助長することに繋がるでしょうから、野生個体の保全という観点では中途半端なルールとも受け取れます。 趣味人としてはマイクロチップに対する不満がある一方で、もはやそういう次元の話ではないということも認識しなくてはなりません。 ついでに、今回の決定に際して「昇格」や「格上げ」といった表現を多く目にしましたが、深刻な問題に対してポジティブな言葉を用いることに大きな違和感を覚えました。 まあ、希少性という付加価値を得たことで、商品としては「昇格」を果たしたのかもしれませんが・・・ ・セイロンホシガメ 最も興奮したニュースはセイロンホシガメの入荷です。 これまでのセイロンホシガメはサイズが大きいこと以外に差異を見出せないという印象が強く、はっきりと違いを感じたのは2012年に入ってきた少数のみでした。 それが、今までに見たことのない形状の個体が集団で入ってきたわけですから、これはもう新たなロカリティと捉えて良いのではないでしょうか。 実物を見た時の衝撃は非常に大きかったです。 1月に迎え、3月頃に頻繁な交尾行動が見られた後、6月に産卵 抱卵には気付けたものの、産んでくれる環境が分からずに苦労をかけました。 9月末に孵化 これは日本へ来る前の体内時計によるものでしょうから、飼育下での繁殖とは言えません。 3ヶ月が経過した現在、20gから50gになりました。 甲羅の高さが特徴的で、私の知るインドホシガメの孵化仔とは明らかに異なります。 大きくなることで知られるセイロンホシガメですが、メス親はもちろん、オス親も1kg超の大型個体ですので、どんな育ち方をするのか非常に興味深いです。 まだまだ探りながらの飼育ですが、従来のインドホシガメでは感じたことのないクセがあり、間違った判断をしないように気を付けなくてはなりません。 ・この趣味の継続について 相変わらず飼ってみたい種は沢山ありますが、興味のある種と本当に好きな種は違うのでしょうから、あまり冒険はせずに続けていくつもりです。 亀の飼育を始めて以来、日々のお世話は楽しみであり、癒しでもあったのですが、激務となった2019年の終盤は重荷に感じてしまう時がありました。 これが歳のせいなのか心身の疲れによるものなのかは分かりませんが、この先も同様の感情になり得ることを肝に銘じておかなくてはなりません。 それと、最近になって個体の状態を理解することの大切さに気付くことが出来ました。 便利な世の中において、外の世界にばかり情報を求めがちですが、自然と隔離された環境で飼う以上は個体を観察して考えることが重要なのかなと。 おそらく、長期飼育を実現している人は、それが出来ているということなのだと思います。 最後に、、、 今年も一年間ありがとうございました。 書くことがないのが悩みですが、来年もボチボチ更新していければと思います。 それでは、良いお年をお迎えください。 カテゴリー: , 投稿日: 投稿者: 今更ですが、以前に話題となっていた器を購入しました。 当時は「食べてる姿が家畜みたい」と言って導入しなかったのですが、きっと心の奥底では我慢していたんでしょう。 盛り付けの一例 非常に美味しそうですね。 さっそく使ってみましたが、一度に食べきらない個体でも食材を汚すことなく維持できるのが有難いです。 ここだけの話、もっと早く買っておくべきでした。 さて、こちらはミツオ製の特殊容器です。 まあ、100円ショップで購入したものを切断しただけですけど・・・ こんな薄汚れた器ですが、立ち上げ中の個体には非常に重宝しています。 配合飼料や刻んだ野菜などを入れてケージの角に置くだけで、食べる際に食材が散らかったり溢れたりせず、効率の良い栄養補給が可能です。 「体力のない個体に少しでも多く食べさせたい」という時にオススメ。 さらに、ひっくり返せばシェルターに大変身! まだ使ったことは無いですけど・・・ 他にも、画鋲でミミズを固定する木製台とか、ピンクマウスを吊り下げるクリップ付きのスタンドとか、餌付けに役立ちそうなものを色々と創作してますが、見た目がアレなんで割愛します。 ちょっとしたアイデアで飼育が向上するのは素晴らしいことですね。 カテゴリー: , 投稿日: 投稿者:.

次の

リクガメの種類|販売値段・寿命・大きさまとめ

エロンガータ リクガメ

この記事の目次• エロンガータとは細長いの意味 ちなみにelongataという学名表記はelongated、細長いという意味です。 結構、他の生物でも見られ、ニシンの仲間であるヒラIlisha elongata、 日本にも分布するタイワンクツワムシ(Mecopoda elongata)などにも使われます。 確かにほかのリクガメに比べて細長い印象ですが、 アカアシリクガメChelonoidis carbonariaの甲羅よりは短いような気がします。 東アジアから南アジアの一部まで広く分布 本種は中国に主に中国南部、ベトナム、東南アジア、 さらにネパールからバングラデッシュに広く分布しています。 近い仲間はインドのトラバンコアリクガメ(Indotestudo travancorica)、 そしてなぜか分布の離れたインドネシアの スラウェシ島にはセレベスリクガメ(Indotestudo forstenii)がおり、 Indotestudo属は合計3種からなるリクガメです。 セレベスリクガメは大航海時代に持ち込まれた可能性があるそうで、 船員が持ち込めて増えるほど現地には多くいて、 簡単に捕まえることが出来たのかもしれませんね。 今ではIUCNのレッドリストでは野生下で二番目に絶滅の危険のある 「絶滅危惧種」に指定されるほど減少しています。 (トラバンコアリクガメ 写真引用元:wikipedia) 多様な環境に生息 広い分布域ということは生息環境も多様であると考えられます。 実際にエロンガータリクガメは主に低山地や丘陵地に広がる中湿性から 乾燥した落葉熱帯林に生息しています。 竹林や草地にも見られ、高温高湿の落葉広葉樹林にも見られますが、 トラバンコアリクガメやセレベスリクガメと異なり、 降水量の多い常緑性熱帯雨林には生息しないようです。 このような生息地ですから、乾燥していたり、湿っていたり、寒かったり、暑かったりします。 乾燥にも強いのも特徴です。 そして森林性のカメだからなのでしょうが、多分紫外線要求量もかなり少なくて済むと思われます。 安価であった過去は粗雑な扱い 今から30年くらい前には確か1頭1万円から1万5千円くらいだったように思います。 本種に限らず、アジア産のカメは軒並み一万円未満と安く扱いも粗雑であったように思います。 ここ最近はどうなっているかわかりませんが、 10年ほど前の中国南部の食品市場で芋のようにごろごろと入れられている写真は 爬虫類雑誌のビバリウムガイド誌などで紹介されており、 結構普通にいるのかなと思わされました。 ただ最近は輸入量他のカメと同様に価格も上がり、 輸入も定期的ではなくなり、急騰というほどではないもののちょっと手が出しにくくなっています. 雑食? 本種はリクガメでは珍しく、肉類や配合なども好みます。 しかし、当然与えすぎはよくなく、葉物野菜や果物を中心に与え、 肉類は月に何回か程度と考えたほうが良いと思われます。 うちで飼っているペアは意外と少食ですが、 バナナやイチジクなどの果実類より、煮たかぼちゃやプチトマトをよく食べます。 孵化までは6か月近く 産卵は年に1から2回ほどあり、一回の産卵で1~7個を産みます。 人工孵卵時での孵化までの期間は96日から165日と、長い場合は6か月近くになります。 この間,温度や湿度を一定にしなければならず、 そのあたりが殖えにくい要因になっているような気がします。 現地でも6か月くらいになればそれなりに季節が変化するはずで、 ひょっとすると温度はそれほど神経質にしなくてもいいかもしれません。 リクガメの中では比較的多くの産卵例があるようで、私も目指している一人です。 飼いやすいリクガメ このように殖やすのはそれなりに技術が入りますが、 単に飼うだけならこんなに入門者向けのリクガメはいないでしょう。 温度も湿度も紫外線も食べ物も気を使う必要がありません。 リクガメを飼うというより、セマルハコガメのような陸生水ガメっぽい方法で飼うことが出来ます。 ただ、先述したように絶滅危惧種にも指定されているため、 入手したら大事にしていくことが大事だと思います。 —はじめてのカメと暮らし方— 関連記事: 関連記事: 関連記事:.

次の