大学無償化法案。 対象は全世帯の1%、消費増税による「大学無償化」の矛盾…大卒者のみを勝ち組に固定化

高等教育の修学支援新制度:文部科学省

大学無償化法案

大学職員の面接のポイント• 大学無償化ってどんなニュース 弊ブログからは、2019年だけでも6月23日時点で28名が大学職員へと転職しました。 2018年の16名と合算すると、累計44名が大学職員へ内定しています。 そんな実績の弊ブログが、大学職員の面接対策として最近ホットなニュースをお伝えします。 2019年10月から「幼児教育の無償化」が始まる予定ですが、2019年5月10日に、大学無償化法(大学等における就学支援に関する法律)が成立、2020年4月から実施となっています。 日本学生支援機構(JASSO)が改定した「新給付型初学金制度」との組み合わせにより、大学などの高等教育にかかる入学金・授業料を減免するとしています。 新しくできた制度での「大学無償化」とはどのようなものでしょうか? 現役の大学職員が、解説させて頂きます。 大学無償化とはどういう仕組み? まず、今の大学などに通う学生の現状を見ましょう。 平成28年度に日本学生支援機構が発表した「大学生活調査」によると、「学生生活費(学費と生活費)」について、1年間で約188万円という結果が出ています。 学費負担の割合についても調べたところ、• 奨学金利用:約19%• アルバイト:約18% という結果報告が出ています。 2年おきの調査ですが、「家庭からの負担」と「奨学金利用」は減少傾向なのに、アルバイト代で学費を出そうとしている学生が増えているという傾向が強くなっています。 家庭の経済事情などで「高校よりさらに勉強をしたいけれどあきらめようか」という学生を支援する為に「大学無償化法」が成立しました。 この制度は、国からの減免と日本学生支援機構が行う「給付型奨学金の利用枠拡大」によって、行われます。 大学無償化の基本的な措置について 大学無償化としていますが、正確には「減免」措置です。 大学無償化の対象になる学校は、大学・短期大学・高等専門学校・専門学校としています。 専門学校については、大学とほぼ同じ学費となる学校がある為に対象となりました。 無償化とする対応としては、• 住民税非課税世帯(年収基準として約270万円)• 非課税世帯に準じる世帯(約300万〜約380万円) を対象としています。 なお、基準年収については、両親・本人・中学生の4人家族をモデルとし、各家庭構成は考慮されます。 現在のところでは、私立高校などでは世帯年収などによって県や市から授業料の補助が行われています。 ただ、大学では日本学生支援機構の毎月の貸付がメインであり、いままで授業料の補助というのは特段行われていませんでした。 ただ、今回の法案が成立したことにより、大学進学がいままで厳しかった方々に、サポートが行われるようになったと言えます。 【面接対策】『大学無償化』を大学職員の視点から読み解くコツ 大学職員の面接で大切なのは、『その政策を理解すること』もそうなのですが、『事務職員としてその政策が仕事にどう影響してくるか』を理解することです。 『大学無償化』における大学職員としての仕事• 『減免』と『給付』があり、『減免』は大学への申請となっているので、事務職員が対応することになる。 成績不振者は打ち切りとなるが、その警告は大学(事務職員)が行うと決められている。 成績で打ち切りが決まる為、その成績を決めるまでのプロセス(シラバスや講義内成績の管理)を厳密に管理し、証憑として残しておく必要がある。 (ほとんどが事務職員の仕事。 学生が打ち切りとなった場合、保護者・学生の一次対応は大学(事務職員)が行う可能性が高い。 ざっと考えただけでも、事務職員が関わる分野が非常に多いのが、今回の『大学無償化法案』です。 例えば、減免措置を打ち切る条件としては、には、以下のように記載されています。 次のいずれかの場合には、大学等が 「警告」を行い、それを連続で 受けた場合には支援を打ち切る。 そなると、これらの集計や学生の通知は、事務職員がやることになります。 また、GPAの管理やシラバスが証憑となりうるような整備と点検も事務職員の仕事です。 つまり、大学無償化法案は、事務職員の仕事が確実に増えるということを意識しながら、経済的な問題で大学に進学できなかった学習意欲の高い層を確保できるというメリットを理解する必要があります。 ただ、本来なら潰れたほうがマシな大学がこの法案で救済される可能性もあるため、文科省では対象となる大学を指定することになっているため、そのリストの確認は必須です。 事務職員がどんな仕事をしているか、以下も併せて読みながら本法案について勉強してみてください。 給付型奨学金併用によって注意したいこと! 「大学無償化」での給付型奨学金については、返済不要のかわりに高校の成績だけで判断せず、レポートなどで評価されます。 すでに5月から高3生が「自分が給付金型を利用できるか」を日本学生支援機構の特別サイトから確認でき、親御さんと一緒にサイトを見ることができます。 対象者で親御さんの了承を得れば、学校で申込書をもらい必要事項記入の上、提出となります。 しかし、給付型奨学金が使える大学などは、2019年夏以降に公表としています。 「国からの確認を受けた学校」としていますが、進学予定先が適用かわからないまま申し込みとなります。 減免措置が適用の金額は? 非課税世帯に準じる世帯は? 「住民税非課税世帯(約270万円)」を例にします。 私立大・自宅外通学とした場合での初年度分の内訳は• 減免を受けられる適用範囲は要注意! 大学無償化については、「住民税非課税世帯およびそれに準ずる世帯」という所得制限があります。 すでに大学などに進学している学生は、条件があえば、利用可能です。 しかし、適用されるのは、入学金と授業料のみで、施設費や教科書代、部活費用などは適用外です。 また、大学へ進学した学生が「大学院にも進みたい」としても、今回決まった「大学無償化」では大学院の学費は、適用外となります。 適用を受けられても、素行次第で打ち切りとなることもあり! 大学無償化は、「金銭面で厳しいけれど、進学はあきらめたくない」と考える高校生を救済する制度です。 厳しい審査の上で、減免措置を受けるので、「大学無償化」の主旨上、「成績不振である」とみなされると、一度警告が行われます。 それでも、改善されない場合は、減免を打ち切るもしくは学費を徴収するとしています。 停学や修学年限を超える場合も、打ち切り対象となります。 財源が消費税増額分であることと、厳しい審査を行って選ぶという制度上、打ち切りを行うことがあることは忘れてはいけません。 『大学無償化法案』のまとめ 2020年から始まる「大学無償化」は、非課税世帯や低所得者の家庭にとっては救いの手になることでしょう。 しかし、減免対象となるのが、入学費とその後の授業料のみです。 授業料減免を維持していくには、入学後は勉学に励むことが重要になります。 非課税世帯のみに適用となっていますが、共働きでも大学などの進学に悩む家庭は多いので、適用条件を広げて欲しい制度であるとも言えます。

次の

【2019年10月から】教育無償化(幼保・発達支援・大学)の内容とは?

大学無償化法案

「Gettyimages」より 政府与党は、この秋に予定されている 消費増税の税収分の使途の目玉として、高等教育の学費私的負担の低減策を掲げ、関連法案の国会審議が始まった。 いわゆる「 大学無償化」政策である。 この制度は、住民税非課税世帯(親子4人世帯で年収およそ255万円以下)から子どもが大学・短大・専門学校に進学する場合に、給付型奨学金を支給し、授業料を免除する(政府が肩代わりする)というものだ。 ただこれを「無償化」と呼ぶのは誇大表現で、既存の奨学金制度と授業料減免制度を拡充し、低所得層の学費負担を軽くするというに過ぎない。 支援を満額受けたとしても、一般的な進路である私立四年制大学文科系の学費全額はとても賄えない。 そもそも日本の高等教育への公的支出額は国際的にみて極めて少なく、その分だけ大学学費の私的負担が重い。 そこでこの政策は、低所得層に進学のチャンスを拓くことと絡めながら、この学費問題を改善しようとするものだ。 格差是正の大義を前に、野党も正面からの批判の糸口を見つけられず及び腰になっている。 だが、この政策が拙速に施行されようとしていることに、本当にこれでいいのか?との声も上がっている。 いくつかの矛盾や疑問点が挙げられる。 簡単にいえば、18歳人口120万人のうち、所得が低い3分の1ほどを対象に、大卒などの学歴の「購入」を扶助しようという制度なのだ。 アメリカにはフードスタンプという公的扶助制度がある。 1960年代以来、低所得層に対して、栄養摂取に不可欠な食料品を購入する場合に限って使えるバウチャー(現在は電子カード)を支給しているのだ。 「大学無償化」は、所得を基準にした公的扶助であるという意味において、このフードスタンプ制度と似ている。 だが決定的に違うところがある。 フードスタンプの場合は、扶助の対象となるのは5000万人ともいわれる低所得世帯全体だが、「大学無償化」の場合は、子どもがちょうど高校を卒業するという世帯で、かつその進路が就職ではなく大学などへの進学である場合に限られるということだ(初年度はすでに在学中の学生も対象)。 学費が貸与ではなく無償給付されるのは、多くみても各学年30万世帯ほどだろう。 そのために消費税増税分の1割強にあたる年度総額7600億円の予算を確保しているという。

次の

大学無償化、在学生はどうなる?【対象者や対象大学、支給額など法案内容まとめ】

大学無償化法案

授業料及び入学金の減免• 給付型奨学金の支給 具体的には以下を参考にしてね。 【大学無償化】1. 授業料及び入学金の減免とは? 授業料や入学金を払わなくて良い制度なんだ。 対象の学校種類によって支払額が違うのも特徴的だね。 出典:文部科学省 【大学無償化】2. 給付型奨学金の支給とは? これは日本学生支援機構から「生活費」を支給してもらえるイメージだよ。 生活のためにバイトなどをすることなく、学業に専念する目的なんだね。 出典: 出典:文部科学省 【大学無償化】支給額は所得額に応じて決定される 支給額は世帯の所得額に応じて異なる事も特徴的なんだよね。 出典:出典:文部科学省.

次の