消費税 軽減税率いつまで。 消費税の軽減税率はいつまで続く?対象品目や実施理由を徹底解説!

消費税の軽減税率はいつまで続く?対象品目や実施理由を徹底解説!

消費税 軽減税率いつまで

1.日本における消費税の発祥 1989年(平成元年)4月1日、日本ではじめて消費税が導入されました。 導入されてから約30年、平成の歴史とともに歩み続けた消費税は、今の10代・20代の若い方々にとっては物心ついた頃から存在していた税金であり、無い時代が想像できないくらい身近なものとなっています。 今やあたり前のように存在している消費税ですが、30年前の導入当時、世間は大変な騒ぎとなっていたことをご存知でしょうか。 消費税は、一般市民にとても身近な「消費」という行動に課せられる新たな税であり、毎日の暮らしを直撃するであろうその税金に対する拒否反応は凄まじく、各地で反対運動なども起こりました。 テレビや新聞のニュースでも毎日のように消費税のことが取り上げられるなど、消費税に対する当時の国民の関心は相当なものでした。 その後、国民の反発を受けながらも、1997年に5%、2014年に8%と段階的に引き上げられ、2019年10月には10% 飲食料品や新聞は軽減税率適用で8%のまま まで引き上げられました。 では、このような大反発を受けながらも国が消費税の導入を推進した背景にはどのような理由があるのでしょうか。 2.税制全体の公平性の確保 時代は戦後に遡ります。 当時の日本の税制は、昭和25年のシャウプ勧告に基づいた 所得税中心の税体系となっていました。 しかし、戦後の復興期から高度成長期にかけて、日本の経済・社会は著しく変化し、税制についても様々なゆがみが目立ちはじめました。 とりわけ給与所得に税負担が偏ってきたことにより、主な納税者である現役世代の重税感・不公平感が高まっていました。 また、わたしたちの国のように豊かで安全な暮らしを誰もが享受している社会においては、それを支えるための基本的な税負担は、 「国民ができる限り幅広く公平に分かち合うことが望ましい」との考えも広まりはじめました。 3.個別間接税の問題点の解決 消費税は税を納める人と税を負担する人が異なる「間接税」と呼ばれる税です。 課税される物品• 毛皮製品• ゴルフ用具• サーフボード、水上スキー• 普通の家具(けやき製等)• コーヒー、ウーロン茶 課税されない物品• 高級織物(毛織物、絹織物)• テニス用具• スキー• 桐製の家具、漆塗りの家具• 紅茶、緑茶、玉露 しかし、所得水準の上昇や国民の価値観の多様化が進むにつれ、贅沢品として課税すべき物品やサービスを客観的基準で判断することが事実上困難となりました。 また、お金を使う対象が物品(いわゆるモノ)からサービス(いわゆるコト)へと比重が変化する中で、物品とサービスとの間の負担の不均衡(物品ばかりが課税されている)という問題が生じていました。 間接税の代表格である消費税 先に述べたように消費税は、消費者が商品などを買う際に負担した税金を、消費税を受け取ったお店などの事業者が消費者の代わりに納める税金です。 ではなぜ消費税は間接税の方式なのでしょうか。 それは、もし直接税の方式にしてしまうと、消費者は購入したすべての商品やサービスなどを記録しておいて、それに消費税率を掛けた金額を毎年納めるようにしなければなりません。 国民に課せられる事務負担や脱税行為抑止の観点などから考えても消費税が間接税であることは理にかなっていると言えます。 消費税の創設が叫ばれたもうひとつの大きな理由として、高齢化社会への対応という問題がありました。 日本は、世界の主要国においても例をみない早さで人口の高齢化が進んでおり、年金、医療、福祉のための財源確保が喫緊の課題となっていました。 従来のような現役世代(給与所得等)に頼った税制では、今後、働き手の税負担も限界に達するほか、納税者の重税感や不公平感が高まり、事業意欲や勤労意欲をも阻害することにもなりかねないことが懸念されました。 こうした社会問題に対する懸念も追い風となり、1988年(昭和63年)12月30日に消費税法が施行され、1989年(平成元年)4月1日から適用されることになったのです(消費税導入に伴い物品税は廃止)。 5.平成元年に導入され3度引上げ 消費税率は3%からスタートし、これまで3度引き上げられました。

次の

軽減税率とは?いつから、なぜ導入されるのか?

消費税 軽減税率いつまで

令和2年6月末までとなっているポイント還元策など他の景気下支え策と異なり、期限を設けず、低所得者層の家計負担を緩和する。 8%の税率については、今後、仮に消費税率を10%超へ引き上げる場合でも、据え置くべきだとの意見が政府内で上がっている。 今年10月1日からの税率10%への引き上げに合わせた軽減税率導入は、平成28年の消費税法改正で決まった。 対象は酒類や外食を除く飲食料品。 「みりん風調味料は対象で8%」「本みりんは酒類なので対象外で10%」など、線引きが複雑なケースが多く、売り場で混乱が起きる懸念も浮上している。 軽減税率は消費税法を改正しない限り続く制度だ。 同じ景気下支え策でも、ポイント還元策や、額面以上の買い物ができるプレミアム付き商品券は有効期限が来年3月までで、軽減税率はこれらの対策とは異なる。 与党からは「恒久的な軽減税率の効果の方が大きい」との声が上がる。 問題は、今後、仮に消費税率を10%超に引き上げることになった場合、法律を改正し、軽減税率の税率も引き上げるかだ。 消費税の追加増税に関し、安倍晋三首相は7月の党首討論会で「今後10年間くらいは必要ないと思っている」と発言したが、高齢化で膨らみ続ける社会保障費の財源をまかなうため「いずれ10%超への引き上げは必要だ」(自民党関係者)との意見は根強い。 追加増税時は軽減税率の扱いも問題になるとみられる。 税務当局の首脳クラスは「8%から引き上げ、2桁税率などにすることはできないだろう」として、税率の据え置きを有力視する。 低所得者の家計負担を増やし、余分な混乱を招くのを防ぐためだ。

次の

軽減税率はいつからいつまで?制度の目的や対象と対象外の品目についてわかりやすく解説

消費税 軽減税率いつまで

2019年10月から消費税が8%から10%へ増税されましたが、同時に生活に欠かせないものについては税率を据え置きにする「軽減税率」が導入されました。 この記事では、これまでの消費税がどう変わってきたか、また、今回の税率変更で初めて導入された軽減税率制度の対象品やテイクアウト、イートインはどうなるのか、どのくらいの期間で実施されるのかについて改めて確認していきます。 消費税増税にともなう軽減税率って?おさらい 1989年(平成元年)の4月に消費税が初めて導入されました。 このときの税率は商品やサービスの価格に対して3%でした。 筆者は1989年4月に大学に進学し一人暮らしを始めましたが、1000円の商品に対する3%で合計1030円を支払うことに強い違和感があったことを記憶しています。 またアルバイト先の店頭でお客様と消費税に関する話題もよく出ていました。 その後、1997年(平成9年)4月に消費税率は5%にアップ、2014年(平成26年)4月に8%に税率が変わりました。 このように消費税率は段階的にアップして今回の10%になりましたが、増税によって日々の生活における負担がなるべく増えないように、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に、消費税を8%のままに据え置く軽減税率制度が導入されました。 軽減税率による「コンビニイートイン」や「テイクアウト」の混乱は落ち着いた? 【画像出典元】「iStock. 消費者編 軽減税率が導入される前に盛んに取り上げられていた「コンビニでコーヒーを買った場合、持ち帰りなら8%、店内のイートインで飲むと10%」など、同じ商品でも税率が変わるややこしさに関しては「店内飲食と持ち帰りの価格は別」、「店内飲食と持ち帰りの価格を同一にする」など企業によって対応は分かれました。 ただし消費者側では基本的にはレジで請求された金額を支払うだけですので、支払うということに関して大きな混乱はしていないように見えます。 2-2. 事業者編 さて、消費者よりも軽減税率で混乱が起きるのは事業者の皆さんです。 軽減税率(8%)分と、それ以外の商品に適用される標準税率(10%)を分けて、商品管理や経理処理、消費税の申告・納税をすることになります。 また免税事業者の売り上げには、これまでと同じく消費税が課されませんので、消費税の申告や納税を行う必要はありませんが、納品先から適用税率ごとに区分して記載した請求書(区分記載請求書)を求められる可能性もあります。 ようやく現場が落ち着いたと思ったら、今後は消費税申告ということで事業者にはまだまだ大変なことが続きます。 次は、軽減税率の対象となるもの、対象とならないものを、改めておさらいしましょう。

次の