インスタの質問箱は匿名。 匿名質問サービス「BOXFresh」で質問相手を特定することは可能?詳細を徹底解説!

Twitterの質問箱を特定する方法【悪用厳禁】

インスタの質問箱は匿名

Twitterアカウントを連携させて登録する• Peing IDを作って登録する どちらの方法で登録しても、利用できるサービスに変わりはありませんが、今回はTwitterでPeingに登録してみたいと思います。 自分のTwitter IDとパスワードを入力すれば登録完了。 実際に共有されるとこんな感じ。 質問が来ているときは、画面下部の箱のマークに質問の件数が赤く表示されます。 内容を確認して、質問に答えてみましょう! 質問の内容は、箱のマークをタップで確認できます。 また、初期設定のままであれば、Twitterアカウントを作成するときに登録したメールアドレスにメールで通知がくるようにもなっているので、そちらも合わせて確認してみてくださいね。 そのまま下へスクロールすると回答欄がでてきます。 質問に答えたい場合はここから回答しましょう。 回答欄へ回答を記入したら、「回答する」をタップで回答がTwitterへ投稿されます。

次の

Instagram(インスタ)で質問箱のURLを貼り付けたい!設置や回答のやり方

インスタの質問箱は匿名

まず、Peing質問箱 とは、匿名で質問を募集するサービスです。 Peing 質問箱 というサービスの内容自体は、少し前に流行っていた「Sarahah」とよく似ていますが、Peing 質問箱 は、アプリが不要で、よりTwitter向けに作られていることが特徴です。 Peing 質問箱 は、2017年11月に日本でリリースされたばかりですが、今ではすっかりPeing 質問箱 の方ばかりをTwitterで見かけるようになりました。 今回はそんな今大注目のPeing 質問箱 について解説していきます。 *Peingの会員数は100万人を突破する大人気サービス「Peing -質問箱-」がついにアプリリリースです。 Peing(質問箱)では匿名で誰かに質問をしたり、質問への回答をシェアしたりできます。 あなたの好きな有名人やアイドルが、質問に回答してくれることもあります。 アプリならではの機能も実装され、ますます便利になったPeingで、新しいネットワーク構築を楽し見ましょう。 もしかすると、あなたの元にも質問がたくさんきて人気者になれるかもしれないです。 下記でも消化しますが、<使い方例>を紹介します。 ・あなたはPeingのアプリをインストールし、TwitterなどSNSのアカウントを用いて新規登録します ・あなたの友人から匿名で質問が届きます。 例えば「サハラ砂漠にいったことはありますか?」 など ・あなたは質問に回答します。 「サハラ砂漠はありませんが、ドバイにならいったことはあります」 ・あなたの回答は自動でシェアされて、友人たちに見てもらえることになります。 ・これまでの回答は蓄積されて、あなたのプロフィールになっていきます。 まず、Peing 質問箱 とは、何かという解説から始まり、Peing 質問箱 で質問相手を特定方法は?質問は特定される?のかという説明をしてきました。 匿名なので基本的に特定されません。 実際、匿名で、自分の情報が相手に特定されるという心配はないのですが、気を抜いて,メッセージの内容で個人が特定されてしまう場合を除きます。 したがって,匿名だからと言って気を抜かず、内容もほどほどにしないと相手に特定される心配があります。 次に、Peing 質問箱 で質問の内容などによる投稿者の特定の仕方、やり方とは?について紹介しました。 ここでは、匿名とは関係なく、鍵がかかっている場合はフォローワーからと推定できる場合や内容や文章のくせで特定される可能性があると解説しました。 最後に、Peing 質問箱 の使い方~質問される側~とPeing 質問箱 の使い方~質問する側~の解説をスクリーンショットを用いながら行いました。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 匿名なので、気軽に利用できると思います。

次の

インスタグラムに質問箱(Peing)のURLを貼り付けてリンクさせる方法!

インスタの質問箱は匿名

BOXFreshで相手を特定することは可能? 匿名質問サービスの「BOXFresh」では、TwitterやインスタなどのSNSに紐づけておくことで、誰かから匿名の質問が来ることがあります。 SNSでの話題作りや、ちょっとしたエンタメ要素として楽しむことができますが、中には心にもない、アンチのような質問をしてくる人もいるでしょう。 そういった際に質問される側としては、 相手を特定したい、もしくはストーカーのようで怖いなどの思いをすることもあるかもしれません。 BOXFreshではサービスとして、あくまでも「匿名」を第一優先しており、 完全に相手の特定をするのは難しいです。 しかし、場合によっては相手が絞れることもあるので、覚えておくのが良いでしょう。 アカウントで特定 Twitterと連動してBOXFreshを利用している場合、自分が鍵アカであれば相手を限定することは出来ます。 自分が鍵付きのアカウントなのに質問をしてくることができるということは、相手は必ず自分のフォロワー内の人であると言えます。 フォロワー数によってはかなり大きい規模の限定となってしまい、特定までは至りませんが、ある程度絞ることは可能です。 質問内容で特定 質問の内容で一部の人を特定することは可能です。 完全に個人までを当てる事は難しいですが、近い存在までは特定できるかもしれません。 例えば、BOXFreshをTwitterと連動しており、「昨日食べていたカレーおいしかったですか?」という質問が来たとします。 Twitterではカレーの画像や動画を上げておらず、ツイートでも触れていない• カレーは友達のグループLINEで画像を貼りつけた• インスタのプライベートアカウント(鍵つき)で載せた この3つを条件にした際、相手は「グループLINEの友達」or「インスタのフォロワー」というところまではほぼ確定で特定することが可能です。 さらに、ストーリーなどであれば、足跡機能で誰が見たのかまで確認できます。 このように 完全に個人までたどり着くのは難しいですが、質問内容によって、ある程度は人やグループを特定できる可能性があります。 文章で特定 BOXFreshで届いた文章に特徴がある場合、その文脈や顔文字、絵文字などで相手を特定できる可能性があります。 例えば、あるフォロワーは必ず文の最後に「! 」という顔文字をつける、「〇〇っしょ?」などの質問の仕方をしてくるなど、文に特徴がある場合はBOXFreshでも同じように質問をしてくる可能性があります。 ただし、これには致命的な問題があり、 誰かが別の人を装うことができるという点です。 特徴的な人であればあるほど、他の人も真似をしやすいため、偽装して質問ができてしまいます。 そのため、 特定に近いところまでは持っていけますが、絶対ではないので注意が必要です。 時間帯で特定 質問が来ている時間帯で特定することも可能です。 特に深夜帯や、平日の昼間などあまり自由に時間を使える人が少ない時間に来る質問ほど、時間帯での特定はしやすくなります。 例えばインスタなどと連動している場合はわかりやすく、インスタでは設定にもよりますが、相手がどれくらい前までオンラインだったのかを確認することができます。 質問が来た際にすぐスマホを確認したのであれば、インスタで「オンライン」となっている人が非常に怪しいという風に特定することが可能です。 警察に相談する こういった匿名系のサービスでは、行為がエスカレートして、かなり迷惑なことをしてくる人もいます。 あまりにもひどいと感じた場合や、ストーカーのようで怖いとなってしまった場合は、警察に相談をしましょう。 本当に事件性がある場合は、警察が動いてくれるので、 IPアドレス等から個人を特定して問題を解決することが可能です。 しかし、 場合によっては法的措置をとる必要があり、依頼料としてお金がかかることもあるのでご注意ください。

次の