甲賀 かをり。 スタッフ紹介|東大病院産婦人科 研修医募集サイト

スタッフ紹介|東大病院産婦人科 研修医募集サイト

甲賀 かをり

手術では、症状の改善と、子宮筋腫を根本的に治すことが可能です。 大きく分けると「 子宮筋腫だけを切除する手術」と、「 子宮を摘出する手術」の2つがあり、子宮筋腫だけを切除する手術では、将来妊娠することも可能です。 手術法には、 開腹手術、 腹腔鏡[ふくくうきょう] 下手術、 子宮鏡下手術があります。 開腹手術は、どの子宮筋腫にも対応できますが、傷あとが大きく、回復に時間がかかります。 腹腔鏡下手術は、おなかに小さなあなを4つほど開けて、そこから内視鏡や鉗子[かんし]を挿入する方法です。 傷が小さくて痛みが少なく、入院期間も短くなりますが、筋腫が大きい場合や、数が多い場合には、この手術ができないこともあります。 子宮鏡下手術は、腟[ちつ]から子宮鏡という内視鏡を入れて、子宮内膜近くの筋腫を切除する方法です。 おなかや子宮に傷ができず、回復が早いのが特徴ですが、適応となる子宮筋腫が限られていて、一度の手術では取りきれないこともあります。 近年、妊娠・出産の時期と、子宮筋腫が見つかる年齢が重なってきたため、子宮筋腫の妊娠への悪影響が注目されるようになってきました。 妊娠・出産を希望する場合には、早めに婦人科の検査を受けておくとよいでしょう。 この記事は以下の番組から作成しています•

次の

KAKEN — 研究者をさがす

甲賀 かをり

各項目の意味合い 臨床実績 専門患者数(手術数)• 現在の患者数が多いほど技術・知識の維持・向上が見込まれ、また、患者数自体が患者からの総合評価のバロメーター• インタビューやウェブリサーチからの推定値含む 専門医資格• 各学会の指定した症例数・経験年数・論文数などの基準を満たしており、一定以上の臨床技術を習得している証 学術活動 論文・学会発表数• 自分の専門領域をより深めるために基礎研究・臨床研究・論文抄読などを積極的に行っており、最先端の知見を獲得• 確認可能な日本語論文・学会発表数を記載 最終論文・学会発表年• 論文・学会発表などを行っている間は、継続的な勉強をしていると想定される• 確認可能な最新日本語論文・学会発表の年 学術機関• 大学院や海外の医療機関への留学などで、日常の臨床知識を超えた幅広い知見を獲得 受診しやすさ 初診(手術)までの待機期間• 初診(手術)までの待機期間が短いほど、タイムリーに医療を享受可能 医師指定受診• そもそもその医師を受診できるかどうか、紹介状が必要かどうか 外来待ち時間• 待っている間の感染リスクや精神的・肉体的負担という点で、院内での待ち時間は短いほど良い 情報公開• ホームページを通じて診療実績や疾患情報を発信しているところは、診療においても患者への情報共有に積極的と想定される.

次の

現時点で挙児希望のない子宮内膜症性卵巣嚢胞に対する手術適応に関する検討

甲賀 かをり

手術では、症状の改善と、子宮筋腫を根本的に治すことが可能です。 大きく分けると「 子宮筋腫だけを切除する手術」と、「 子宮を摘出する手術」の2つがあり、子宮筋腫だけを切除する手術では、将来妊娠することも可能です。 手術法には、 開腹手術、 腹腔鏡[ふくくうきょう] 下手術、 子宮鏡下手術があります。 開腹手術は、どの子宮筋腫にも対応できますが、傷あとが大きく、回復に時間がかかります。 腹腔鏡下手術は、おなかに小さなあなを4つほど開けて、そこから内視鏡や鉗子[かんし]を挿入する方法です。 傷が小さくて痛みが少なく、入院期間も短くなりますが、筋腫が大きい場合や、数が多い場合には、この手術ができないこともあります。 子宮鏡下手術は、腟[ちつ]から子宮鏡という内視鏡を入れて、子宮内膜近くの筋腫を切除する方法です。 おなかや子宮に傷ができず、回復が早いのが特徴ですが、適応となる子宮筋腫が限られていて、一度の手術では取りきれないこともあります。 近年、妊娠・出産の時期と、子宮筋腫が見つかる年齢が重なってきたため、子宮筋腫の妊娠への悪影響が注目されるようになってきました。 妊娠・出産を希望する場合には、早めに婦人科の検査を受けておくとよいでしょう。 この記事は以下の番組から作成しています•

次の