ホット フラッシュ 血圧。 更年期だけじゃない!? 「ホットフラッシュ」徹底解説

Vol.30 更年期高血圧と言われ、血圧が安定しません。【40歳からのからだ塾WEB版】

ホット フラッシュ 血圧

まずは、データを1つご紹介しましょう。 血圧が少し高め(130〜139/85〜89mmHg)の予備群も含めると、女性で高血圧の人は、40代では4人に1人。 ですが、50代になると2人に1人と急に増えます(平成25年国民健康・栄養調査)。 「高血圧の始まりは更年期」といっても過言ではありません。 さて、「血圧」とは、心臓から送られた血液が、血管壁に内側から与える圧力のことを言います。 血圧を決める主な要因は、心拍出量(心臓が1回の収縮で送り出す血液)と末梢血管抵抗(末梢の細い血管での血液の流れにくさ)です。 1つめの「加齢」については、年齢とともに血管が老化して硬くなると血圧の上昇を招くということが言えるかと思います。 女性の場合は、血管の老化に女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少が関係しています。 「エストロゲンには血管を柔軟に保つ・拡張させるなどの働きがありますが、更年期以降はエストロゲンが減少し、閉経を境に卵巣からの分泌は亡くなります。 このころから女性は、血管のしなやかさが徐々に失われ、血圧が上がりやすくなっていきます」(苅尾さん)。 2つ目の要因は「交感神経への刺激」です。 交感神経が刺激されると、心拍出量が増えたり、血管が収縮するために血圧の上昇が起こりますが、ストレスや睡眠不足、寒さなどが交感神経を刺激する要因になるそうです。 「ストレスで血圧が上がる」というのは本当なんですね。 そして3つ目。 塩分の多い食事が血圧を上げてしまうことは、みなさんもご存知ですよね。 ちなみに、高血圧予防のために推奨されている女性の塩分摂取量は1日に6g未満。 塩だと小さじ1杯で5〜7g。 これを知っておくだけでも減塩の目安になります。 上がったり下がったりを繰り返す不安定さが 更年期高血圧の特徴.

次の

更年期障害のタイプ別おすすめ漢方薬をご紹介

ホット フラッシュ 血圧

女性なら誰もが避けては通れない更年期。 今回は更年期を楽に乗り切るためのカラダの整え方とおすすめの漢方薬をご紹介します。 更年期は女性のカラダが大きく変動する時期 更年期は女性のカラダがとても大きく変動し、女性のカラダにとっては大きな転換期です。 しかし、ネガティブにとらえず、更年期は、新しいカラダに生まれ変わる「第二の人生のスタート」「青春の第二章」と考えてみるのはいかがですか? 漢方では、女性のカラダは7の倍数毎に大きく変化すると考えられています。 この時期は女性のカラダの要である卵巣の機能が大幅に衰え、それに伴い、女性にとってとても重要な女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に減少します。 季節の変わり目に風邪をひいたり、生理前のホルモン変化で体調を崩すなど、少しの変化でも揺さぶられてしまうほど繊細な女性のカラダにとって、更年期のこの変化はもはや嵐のようなものです。 そのため、多くの女性がこの変化について行けず、体調を崩し、さまざまなトラブルを起こしやすくなるのです。 一般的にこの時期に起こりやすいさまざまな不調を「更年期障害」や「更年期症状」と呼んでいます。 変化に対応できるかどうかは、あなたの体質が明暗を分ける!? しかし、すべての女性の更年期が辛いとは限りません。 とても辛い日々を過ごす人がいる一方で、大きな不調もなく楽に過ごす人がいるのも事実です。 このように個人差が大きいのも更年期障害の特徴です。 いったいこの違いはどこからくるのでしょう。 漢方では体質の違いが影響していると考えています。 漢方では、カラダは「気(き)」、「血(けつ)」、「水(すい)」の3つの柱で支えられていると考えられています。 (気血水について、詳しくは「」をご覧ください。 ) この気・血・水の3つの柱が太く頑丈であれば、風が吹こうが嵐が来ようが、揺らぐことはありません。 しかし、もしこの柱が傾いていたり、弱っていると、どうでしょう。 3つの柱の状態は一人一人違います。 この違いが体質の違いです。 柱の状態によって、更年期という嵐に耐えられるかどうかが決まります。 漢方では、それぞれの必要なものが不足している状態を「気虚(ききょ)」「血虚(けっきょ)」「津虚(しんきょ)」、また、流れが滞っている状態を「気滞(きたい)」「血瘀(けつお)」「水滞(すいたい)」と呼んでいます。 あなたはどのタイプ? で、さっそく診断してみましょう。 油断は禁物!時を追う毎に症状が変化する!? あなたの3本柱はいかがでしたか?いま大丈夫だったからといって油断は禁物です。 なぜなら、更年期は女性の一生の中でも3本柱がとても崩れやすい時期だからです。 更年期といわれる約10年の間、症状は一定なのではなく、年月と共に新たな症状がでたり、悪化したり、どんどん変化すると言われているのです。 初期 気の不調(気虚・気滞) 憂鬱やイライラなどの精神不安 顔が赤くなる、ほてり、のぼせなどの熱感 急な発汗(ホットフラッシュ)、頻尿など 中期 血の不調(血虚・血瘀) 動悸・息切れ、手足の冷え、手足の脱力感やしびれ、 不眠、焦燥感や不安感、高血圧、頭痛、頭重 月経の乱れなど 後期 水の不調(津虚・水滞) 悪心、嘔吐、めまい、耳鳴りなど いま症状が出ていなくても、加齢と共にこれから症状が出る可能性は大いにあります。 油断せず、いまの内から3本柱をしっかり整えておきましょう。 更年期を笑顔で乗り切ろう! 更年期の症状におすすめの漢方薬をご紹介 更年期を笑顔で乗り切るためには、気血水の3本柱がしっかりと整っていることが大切です。 柱の不具合が見つかったあなたは、いますぐしっかり修繕しましょう。 まずは生活習慣や食生活から改善しましょう。 (それぞれのアドバイスはを参考にしましょう。 )さらにしっかり整えたい!というあなたには漢方薬がおすすめです。 特に、更年期の初期では「気の柱」が崩れがちなので、「気の柱」を中心に整えてくれる漢方薬を選ぶと良いでしょう。 今回は更年期の初期におすすめの漢方薬を3つご紹介します。 乱れた気のバランスを整え、同時に過剰な熱を抑えてくれるため、イライラ、抑鬱などの精神不安を改善するだけでなく、のぼせやほてり、ホットフラッシュなどの熱症状も抑えてくれます。 また血(けつ)を補い、水の巡りを良くするなど、気血水全体を整える生薬がバランス良く配合されているのも加味逍遙散の魅力。 3本柱をしっかり整えてくれます。 更年期に限らず月経不順、月経困難症、不眠、冷え症など女性の主要な悩みに幅広く対応し、改善してくれます。 気を整え、鎮静してくれる生薬がしっかり配合されているため、不安感や恐怖感が強い、眠れないなど更年期の神経症に限らず、さまざまな神経症を改善します。 また動悸や不眠にも対応し、更年期に起こりやすい症状に幅広く対応します。 比較的体格の良い人におすすめの漢方薬です。 特に胃腸の弱いタイプにおすすめで、気と血を補う生薬がしっかり配合され、弱っている気血を整えてくれます。 不安感や悲哀感が強いなどの精神不安や神経症だけでなく、加味逍遙散同様、過剰な熱を抑える生薬も入っているため、イライラやほてりなどの熱の症状も改善してくれます。 また、貧血や寝つきが悪い、眠っても眠りが浅い、すぐ目が覚めるといった不眠症にも効果的。 幅広く改善してくれる漢方薬です。 生理時の悩みや更年期の症状、また便秘からおこる痔などの方に.

次の

ホットフラッシュ

ホット フラッシュ 血圧

ホットフラッシュは、ほかの更年期症状と同じく、女性ホルモンの分泌が急激に減って、バランスが崩れることが原因です。 女性ホルモンは、卵巣から分泌されていますが、その卵巣に指令を出しているのは、脳の視床下部と下垂体です。 更年期になると、脳が一生懸命に指令を出しても、卵巣からホルモンが分泌されなくなり、脳は混乱します。 視床下部には、自律神経(血管、血圧、心拍、皮膚、発汗、体温などの血管運動神経)をコントロールする働きもあるので、ホルモンバランスが乱れると、自律神経も崩れてしまうのです。 ホットフラッシュは、自律神経の調節がうまくいかない状態で、血管の収縮と拡張のコントロールができなくなるため起こります。 女性ホルモンのエストロゲンが最もよく作用するのは、子宮の中と乳房ですが、脳、皮膚、粘膜、血管、腸壁、筋肉、関節、骨でも働いています。 女性ホルモンは全身に影響し、更年期以降、不調が増えやすいのは、エストロゲンが減少するためです。 ホットフラッシュだから…と自己判断しないでください。 もしかしたら、血圧やに異常がある可能性もあります。 婦人科で検査してもらうことが大切です。 高血圧は、上が140mmHg以上、下が90mmHg以上です。 閉経以降、エストロゲンの減少によって血圧が高くなりやすいのです。 高血圧は、脳卒中や心臓病などのリスクが高まりますから注意しましょう。 甲状腺の病気は女性に多く、機能亢進症は甲状腺の機能異常のひとつです。 甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる病気で、代表的なものにがあります。

次の