目 は 口 ほど に 物 を 言う。 目は口ほどに物を言う

目は口ほどに物を言う!!!目元の印象をチェンジ

目 は 口 ほど に 物 を 言う

「 目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、人間は言葉を交わさないで自分の感情を伝えたり、相手の感情を読み取ったりすることができます。 非言語によるコミュニケーションを英語で「 ノンバーバル・コミュニケーション(non verbal communication)」といいます。 ノンバーバル・コミュニケーションがわかると、今よりもちょっとだけ日常が楽しくなるかもしれません!• 政治家がネクタイの結び目を直す• アイドルが唇を噛む• 役者が頭を掻く など、これらの無意識の動作には心理がよく表れているんですよ。 ノンバーバル・コミュニケーションとは? ノンバーバル・コミュニケーションとは、 情報をボディー・ランゲージなどで伝達する非言語コミュニケーション手段のこと。 実は、ノンバーバル・コミュニケーションが 対人コミュニケーション全体の60%~65%を占めているそうです。 多い!過半数を占めています。 言葉よりもボディー・ランゲージのほうが正直なことが多く、信憑性が高い情報を得られるでしょう! なぜなら、 言葉は話し手の目的を達成するために意図的かつ巧妙に作られるものですが、ボディー・ランゲージは反射的に出てしまうものが多いから。 また、ノンバーバル・コミュニケーションは、言葉と違って全世界で通用する素晴らしい手段なのです。 よく観察して相手の心理を読み取る ノンバーバル・コミュニケーションは、とにかく人の心を正しく読み取ることが重要! ノンバーバル情報をできるだけ多く集めて、相手が考えていることや感じていること、これからやろうとしていることを判断する必要があります。• 相手の顔の表情• 身振り手振り• 体の動き• 互いの距離感• 服装 基本的な行動や情報を研究し、知識を応用しながら、人が何を考えているのか、何をしようとしているのか、本当のことを言っているのか、を読み取っていきます。 日頃から観察力を高めなければ、行動から心理を読み取る精度は上がりません! ノンバーバル行動から読み取れる心理の例 では、ネクタイを直す、唇を噛む、頭を掻く、という冒頭で挙げた仕草から読み取れる心理を紹介します。• ネクタイを直す 男性のネクタイの結び目を直す仕草には、 不安や不快を解消したいという心理が隠れています。 どう行動すべきか悩んだり、心が落ち着かなかったりなど、精神的に不安な状態です。 場合によっては、 嘘を隠そうとしているかもしれません! 例えば、これから謝罪会見に臨もうとしている人がネクタイを直してから会見場に向かうという映像を見たことはありませんか? これは、まさに不安で心が落ち着かないという心理が表れています。 一方で、政治家が堂々と発言した後にクイクイッとネクタイを直したならば、何か嘘を隠そうとしていると疑ったほうがいいでしょう。 このように、 同じ行動でも状況に応じて心理の読み取り方を変える必要があります。• これらは、 緊張感や準備不足によって、ストレスを感じた際によくあらわれる行動です。 面接やプレゼンなどで失敗をして頭をポリポリ掻いている学生や社会人を見かけたことはありませんか? 試合に負けた悔しさで唇を噛んでいるスポーツ選手の姿を目撃したことはありませんか? 唇を噛んだり、頭を掻いたりというのは非常にわかりやすくて、頻繁に見かけるノンバーバル行動でしょう。 【参考記事】 最後に 言葉では楽しいと言っているけど、目が全然笑っていない。 足踏みをする、指をトントンする、などの行動からは簡単に相手の心理を読み取ることができます。 非言語コミュニケーションを理解することができれば、ビジネスでも日常でもきっと役立つでしょう。

次の

「目は口ほどに物を言う」の意味・類語・対義語【使い方や例文】

目 は 口 ほど に 物 を 言う

人がどの位の真剣さを持って物を言っているかは、その人の目を見れば分かるということはあります。 「…情のこもった目つきは、口で話すのと同じくらい気持ちを表現する」と昔から言われますが、そういう意味で之は正しい表現であろうと思います。 例えば、親が子を説教している時その子がよそ見をしていたら、「ちゃんと目を見なさい!」と子を叱っている光景を見ることがあります。 目を見て本気になって親の言うことを聞いている子は、そこに強い意志が働いて、後にそれを守って行こうとします。 逆に、碌々目も見ずに親の話を聞いている子は、「(ばじとうふう)…かぐわしい春風が馬の耳を吹きぬけても、馬になんの感動もないこと」の如く、それが直ぐ右から左へと抜けて殆ど消え去ってしまうという感じがします。 その人の本気度や相手に与える印象という意味でも、目は確かに非常に大事なものであり、目も見ずに話をする人は、ある意味信用できないのだろうと思います。 それからもう一つ人の目を見ていて思うのは、ちょろちょろして落ち着きがない目と輝きがあって力が感じられる目があることです。 私が投資判断する場合で例示しますと、そこへ投資するか否かは、最終的にその人の顔とりわけ目を見て決めることが結構あります。 つまり、「あの人の目はとても輝いている」とか「彼は目で一生懸命訴えてるなぁ」といった印象を受けた時、結果「では、投資をしましょう」となるわけです。 中国『梁の張僧繇(ちょうそうよう)が、金陵の安楽寺の壁にかいた竜に睛(ひとみ)を入れたら、たちまち雲に乗って昇天したという「歴代名画記」七の故事』、「画竜(がりょう)点睛(てんせい)を欠く」というがあります。 之は「よくできていても、肝心なところが欠けているために、完全とはいえないこと」を意味しており、やはり目を入れて初めて竜も動くような感がしてくるのです。 目の重要さに関しては、昔から様々な表現で語られていて、実際問題その人を信じられるか否かを判断する場合、終局その人の目を見てせざるを得ません。 「こいつ、いい加減なことを言ってないか」とか、「彼は嘘を言っているのではないか」といった類も、私は目を見て判断しています。 そして、之は動物たとえば犬なども、人間の目を見て飼い主の気持ちを察するとか、自分の所に来る人が危害を加えるか否か・可愛がってくれるか否かを判断します。 あるいは、熊と遭遇してしまったら目を合わせてはいけないというような話もありますが、目というのは動物ですら大変意識するものであります。

次の

『目は口ほどに物を言う』

目 は 口 ほど に 物 を 言う

「目は口ほどに物を言う」という言葉が当てはまるのは、霊長類の中でも人間(ヒト)だけのようです。 なぜなら、霊長類の中ではっきりわかる白目を持つのはヒトだけだからです。 ヒトの白目にあたる部分は「強膜(きょうまく)」と呼ばれますが、チンパンジーなどのヒト以外の霊長類では、そもそも強膜がそれほど露出していません。 色も茶色で、黒目との違いがはっきりしません。 白目があると、どこを見ているのかがはっきりわかってしまいます。 自分を襲う相手に、自分がどこを見ていてどこに逃げるのかがわかってしまうのは都合がよくないのです。 いっぽうヒトは、道具を使うことができるようになったため、どこを見ているのかを敵からカモフラージュする必要が少なくなりました。 同時に集団で狩りや採集をするため、視線によるコミュニケーションの必要性が高まりました。 このため、どこを見ているのかがはっきりわかる白目を持つようになったと考えられています。 この研究は、1999年に小林洋美さん(こばやしひろみ:京都大学霊長類研究所系統発生分野)と、幸島司郎さん(こうしましろう:東京工業大学生命理工学部)の論文により発表されました。

次の